« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

ひろく〈国語/ことば〉についての教育を考えなおす会

昨日,上記の会に行ってきた。
会場は,「早稲田速記」。
人数は,50名ほどもいた。

実は昨日この記録を書き,
写真も3枚載せて気合が入っていたのだが,
容量を越えてしまったとのことでオシャカに!
ということでシンプルに写真とその解説のみにします。

001_4

まとめ符〈  〉などについて語る板倉さん

002_4

PISA型読解力について語る木村さん

Photo_4

教材のあり方について質問する小泉さん

ミニガリ本「30年間の「はみだしたの」」

一昨日の『たの授』公開編集会議では,
大阪の予備校の先生である橋本さんにお会いし,
「選挙は何歳から?」と
「兆が出てきたら億(日本の人口)で割って万に!」
の2つが話題になった。
いずれも,私が『たの授』の「はみだしたの」に投稿し,
それを長年愛用していただいているものだ。

また,昨日仮説社フェアに寄ったところ,
前々日に「〈邪馬台国〉はどこだ!」の授業をやってくれた
群馬県の小学校の先生であるmineさんにお会いし,
「お世話になりました。隣のクラスでもいいですか?」
とお礼を言っていただいた。
もちろん「どうぞどうぞ!」ということになり,
うれしかったので,金印ゴム印(福岡市立博物館)をお分けした。
(この授業プランと教材のレプリカ類は,
三重県の柳澤さんからも連絡が来ている)

以上の2つの話は,本当に現実のできごとで,
板倉さんの言う「衣食足りれば他人の笑顔」
というのを実感するところだ。

また,サークルや研究会で,
「夢ブログ,毎日読んでますよ」とか,
「元気をもらっています」と言っていただくのもうれしい。
いや,そのひと言で,逆に私も元気をいただける。
そんな「いい循環」をこれからも意識的に作っていきたい。

今考えているのは,これまで『たの授』誌に
掲載された「はみだしたの」を,
ミニガリ本に再録してみようということだ。
(最初に掲載されたのは,1984年12月号で
「文化祭でプラ板をやって好評!」というものだった)
その作業は日数もかかるのことなので夏休みにやるつもりだが,
10~20回くらいの「夢ブログ」の連載も兼ねてやる予定だ。
どんなものが出てくるか,乞う御期待!

やみつき塩ドレッシング

先日の遅花見の際,
何種類もの野菜の入ったサラダが
振舞われたことを書いた。
実は野菜の種類が多かっただけではなく,
ドレッシングの数も多かった。

その中でも,気に入って
その後愛用しているのが,
上記のものだ。
「キャベツ,レタスによくあう!!」
「粗焼きにんにくでおいしい!!」
と2つも副題が並んでいる。

まあ,ものは試し。
だまされたと思って食べてみてほしい。
「やみつき」になるかどうかは個人差があると思うけど,
「新食感」って感じはします!

フードレーベルという会社が作っていて,
西友などのスーパーで売ってますよ。

003_2

2012年4月29日 (日)

「定番」学級通信の利用

現在15授業日で15号まで発行している学級通信。
(修学旅行が5月半ばにあることも手伝っているが)
その秘密は「定番」の利用だ。
だいたいの予定は,以下の通りだ。

1号・・・新学期のあいさつと担任自己紹介
2号・・・今年度の年間計画と生徒数の変遷グラフ
3号と4号・・・クラスの組織を作っていこう
 (班内分担。朝の会と帰りの会。日直。委員・係)
5号・・・生徒と担任の誕生日一覧
6号・・・形式作文記事と作文例
7号・・・最初の室内レク「財産ゲーム」の様子
8号と9号・・・最初の仮説実験授業の様子
10号・・・家庭学習ノートの提案
 (学期末には「たのしい授業カレンダー」で振り返る)

だいたい10号くらいまでの内容は毎年同じで,
ゼロから考えることはあまりない。
もし何かいいことがあれば,随時載せる。

とにかく連休までは毎日のように発行し,
「このクラスで頑張っていこう!」
という雰囲気を盛り上げることが大切だ。

その際過去に作ったことがあり,
いい流れを作ってくれるエッセンスの詰まった「定番」が
忙しい4月の毎日の中で力を発揮するのだ。

人間的な迫力で勝負することをあまり期待できない私としては,
「定番」の学級通信を中心にした学級経営は,
新学期最初にして最大のテーマなのである。

『たの授』公開編集会議 2012年4月

昨日は,午後から上記の会議に参加した。
仮説会館は「仮説社フェア」で使われているため,
場所は「早稲田速記」の4階の会議室だった。

参加者は,20名ほど。
一昨日の『たの授』公開編集会議の参加者が半分で,
新たに加わった人があと半分だ。
なお参加者は『たの授』5月号を1冊いただいた。
(「はみだしたの」に2つ載せてもらっている。ヤッター!)
そして,東日本大震災の影響から表紙の紙質が
変わっているのがわかった。(こんなところにも・・・)

裏表紙のグラフは,竹田かずきさん「電子レンジの生産台数」。
20年前の自動車のグラフのように,
「海外生産」によって補われているように思えた。
井藤さんの議論(日本は今も「加工貿易」の国か?)がよくわかる。

エゴマ油やオリーブ油を燃やす阿部さんの授業プランは,
ここでも話題になった。(これは最近一番のヒットかも)
エゴマを燃やす時に出る煤(すす)は,
やはり墨の原料になるとのこと。

人名の漢字化は増化の傾向にあり,
地名のひらがな化のも増加の傾向にある。

革命での変化は急すぎるので,
教育を通してゆっくり変えていくことが大切。
そのためには学ぶこと。

由良さんの3年間の目標は,「理科の時間で,
理科嫌いをふやさないこと」。
小学校の先生は,「理科嫌い」を作るほど,
専門的には教えていないという。(自信がないから)
すると,理科嫌いを増やしている張本人は誰か?

午後2時までおじゃまして,「早稲田速記」を出発。
一路,昭島で行われているサークルをめざした。

昭島サークル 2012年4月

昨日は,上記のサークルに参加した。
(正式名は,「たのしい教師入門サークル」)

会場は昭島市民会館で,人数は20人あまり。
『たの授』公開編集会議に午後2時まで参加したため,
午後3時過ぎからの参加となった。
以下,主な資料。

まず,私が到着以前に発表されたと思われるもの。

(0ー1) 伴野さん「最近の悩み事」
(0ー2) 佐竹さん「ふしぎな ふろしきづつみ」
(0ー3) 小沢さん「ダンディ先生のニコニコ教室日記」
(0ー4) 小沢さん「転勤1年目の心構え」
(0ー5) 小沢さん「切り紙で作る「夢」の卒業装飾」
(0ー6) 小沢さん「おすすめの本『月のえくぼを見た男』」

ここから私が登場した。

(1) 田辺さん「〈子ども同士のよくあるトラブル処理〉に失敗したボク」
(2) 中野さん「しゃべれなかった西谷君がしゃべり始めるとき」
(3) 中野さん「イグアナ・ブラザーズのこじつけ口上」
(4) 山路さん「4月18日の授業感想文から」
(5) 山路さん「上手なテスト問題の作り方」

(6) 小原さん・中林さんテープ起こし「「言語力の育成」とたのしい授業」
(7) 小原さん「朝の学活で~「それでは問題です」で,にこにこコミニュケーション」
(8) 佐竹さん「ぐで~だら~の福山君」
(9) 佐竹さん「ごめんね ゆうかちゃん~漢字の苦手な女の子?~」
(10) 佐竹さん「漢字 いいかんじ ~木下さんのお道具ばこ~」

(11) 奥さん「コルクのプレパラートの宣伝」
(12) 私「ミニ授業書《オリンピックと平和》をやりました!」                               (13) 私「肥さんのホームページ&夢ブログの紹介パンフ」
(14) 小川さん「最高のクラスは,どこにある?」
(15) 小原さん「授業の感想文から~笑顔・意欲的など」                                                                                                   

老若男女,大学生から定年後まで年の差40年以上の20人が,
1つのサークルで集まりを持っているって幸せなことだと思う。
みんなを結びつけているのは,もちろん仮説実験授業。
そこには,それぞれの充実した1ヶ月が感じられた。
次の世代の幼児たちの元気な泣き声が時々混じりつつ,
たのしい時間はあっという間に流れた。

2012年4月28日 (土)

授業書・総合読本開発講座 2012年4月

昨日は振替休日の金曜日だったので,
「これなら久しぶりに夕方からの
授業書・総合読本開発講座に出られるぞ」
と思っていて,実際その通りになった。

午後8時の夕飯までは板倉先生もご参加いただき,
元気な姿を拝見することもできてよかった。
4月のスタートということもあって,
参加者は15ほどもいた。
今年は私もできるだけ参加したいものだ。
主な資料は,以下の通り。

阿部さん~もしも油を燃やしたら
       もしも炭素がうねったら
 (この2編は大変好評であった。
 板倉先生も高く評価しており,『たの授』掲載必至)

市原さん~教師が知っているといい「オモチャ」
 オモチャは私も興味があるが,
 どの程度までとしておくべきかが第1の関門かな。

井藤さん~日本の企業?世界の企業?
 日本を「加工貿易の国」とするのは,時代遅れ。
 新しい時代に入っていることをどう表現するか?

岸さん~世界史と日本
 「問題1」の入り方は大切なので,
 そこに議論が集中したが,
 質問から簡単に入っていくのも一手かも・・・。

私も授業書の「消費者」であるだけでなく,
「生産者」でもありたくなってきた,
刺激の多い講座だった。

昨日の部活動 4/27

昨日は午前11時~午後2時のコマだった。
(卓球部が半面使用なので,
実際は午前10時から半面でスタート)

新入生の入部届は,男子3名,女子11名とのこと。
せっかく新2年の男子が力をつけてきている時だけに,
わずか3名なのは残念だ。
女子はミニバスをやっていた子たちが半分いるらしく,
体も大きめのような気がする。
ともかく今は新入部員のめんどうをみつつ,
協会長杯・県大会(5/12・13)に挑まなければならない。

2012年4月27日 (金)

ユダヤ人のジョークの中に「二倍年暦」

今朝読書をしていて,「二倍年暦」※ の実例と思われるものを
見つけたので,ここで紹介しよう。
京都の歴史研究者・古賀達也さんにお知らせする形式
となっているのは,先ほどメールを差し上げたからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也様

お世話になっております。
埼玉の肥沼孝治です。

今読んでいる本(マーヴィン・トケーヤー著,加瀬英明訳,
『ラビトケーヤーの校長日記』徳間書店)の中に,
二倍年暦と思われる箇所を見つけましたのでお知らせいたします。
P158~160にかけての「ユダヤ人のジョーク」の中の一節です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう1つのジョークは,次のように始まる。
「イスラエルが一九四八年に建国された直後に、北イエメンから多くのユダヤ人が戻ってきた」
正しくいえば第二次大戦後、イスラエルはユダヤ王国が紀元七十年にローマ帝国によって
滅ぼされることによって、ユダヤ民族が世界に四散してから、
千八百七十八年ぶりに再建国されたのだった。
北イエメンはアラビア半島の紅海の沿岸にあって、もっとも発展が遅れ、
今日でも秘境といわれる国である。
「イスラエルに着くと、北イエメンから来たユダヤ人の多くの者が、
自分たちの年齢が百四十だとか、百六十だとか言って申告した。
ところが北イエメンには戸籍がないなかったので、移民局の係官も信じるほかなかった。
ある日、イエメンから来たユダヤ人が生命保険会社に現れて保険に入りたい、といった。
『おとしは何歳になられますか?』
『七十三歳じゃよ』
『七十三歳?ちょっとおとしをとられすぎていますから、無理ですよ』
『それは、ないでしょう。先週、私の父親があなたの会社の保険に入ったんです』
男が抗議した。
『えっ?それで、お父さんはおいくつですか?』
『九十四歳だよ』
『まさか!』
『信じないのなら、調べてみなさい』
そういわれて調べてみると、何かの間違いなのか、
父親はたしかに三十年満期の生命保険に入っている。
記録をみると、医師が診断して健康そのものだ、というお墨付きまでついていた。
『わかりました。では、あなたのお申込みも、お受けすることにしましょう。
来週の水曜日に医者の診断のためにお越しいただけますか?』
『水曜日?水曜日はちょっと都合が悪いな』
『どうしてですか?』
『おじいさんが結婚するんだよ』
『えっ?おじいさんが結婚するって?いったい、おいくつですか?』
『百二十一だよ』
『百二十一ですって!』
『おじいさんは連れあいをなくしてから、両親から早く再婚するように
やかましくせきたてられているんだよ』」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父と子の年齢差が少ない(21歳→10.5歳)というのが引っかかりますが.
話全体を見れば二倍年暦と一倍年暦の間の違和感がよく表れているように思います。
ご検討いただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 「二倍年暦」とは、古代に世界各地で行われてきた暦の数え方で、
今の半年を1年と数えるものです。
日本でも古代の天皇の年齢の数え方がそれだったと思われ,
また魏志倭人伝の中にも平均90歳ほどであるとの記述がある。
(一倍年暦だと、半分の45歳となり弥生時代としてはリーズナブルである)

PS その後古賀達也さんより,
「二倍年暦かどうか微妙な案件ですが、
興味深いと思います」
と返信メールをいただきました。

3年2組合唱団!?

担任クラスには指揮者候補が何人もいると先日お伝えしたが,
昨年度の木管六重奏と金管八重奏で合計5名の生徒たちが
吹奏楽の大会で入賞していることが判明した。
(廊下に貼ってある賞状に彼女たちの名前があった)
つまり,音楽的センスが最初からあるクラスだということだ。

それゆえ,音楽の時間の合唱もなかなかいいらしい。
何人もの生徒が音楽の時間にほめられたと
「生活のあゆみ」(連絡帳兼日誌みたいなノート)に書いてあったし,
音楽のS先生自身も直接私に「2組の合唱,なかなかいいですよ」と
言って下さっているので本当なのだろう。

これなら,いつも合唱コン前に見せる「ハモネプ9」のビデオも
高視聴率必至で,大いに期待できるものとなりそうだ。
(番組を見ながら,生徒たちに審査員になってもらう)
合唱コンは11月でまだまだ先だが,
未来が明るく思えるって幸せなことだよね!

肥さん「大移動」

昨日は,いろいろな用事のため
自転車で「大移動」した。

(1) 新所沢公民館の説明会

今年度の更新のために出席。
やり方は全部わかっているのに,
昼間の1時間拘束は痛いぜ。

(2) 勤務校での「総合」の授業

これは仕事なので当たり前だが,
3時間年休をいただいた後通勤した。
修学旅行の奈良の班行動が進まなかったのが,
ちょっと時間ロスだった。
(「腐っても担任」だなあ!)

(3) 市教研・教科領域部会(人権教育)

上記の出張で北秋津小まで行った。
雨の間隙をついて自転車で30分の速攻移動。
今年度の役員は順番で決まっていて,
その6人の役割分担だけで30分もかかった。
タイムテーブルによると,このまま勤務校にいる限り,
あと6年間役員もなし,研究授業もなしらしいよ。

(4) 所教組の定期大会

こちらは委任状と今年度の分会体制表を
届けるために寄った。
開会は午後6時からだし,
2時間の討議は私の体力がもちまへん。
(最近午後6~7時が一番眠くてつらいのだ)

(5) 肴やで新潟キャンプの打ち合わせ

クマちゃんは4月29日から出発するらしい。
先に行って法事的なこともするとのこと。
私は5月3~5日で2泊3日の予定。
この間部活動には出られないが,
年に一度の「命の洗濯」ですので・・・。

ハルウタ

昨日,いきものがかりの「ハルウタ」のCDを買った。
(一昨日の4月25日が発売日なのが頭にあった)
AKB48は別として,いきものがかりの歌は,
中学生たちと共通に語り合えるものを持っている。
今回の「ハルウタ」もそうだ。
(「名探偵コナン」でも,
この曲が使われているらしいよ)

ボーカルの吉岡さんの声は,
いつもさわやかで聴く人に元気を与えるものだ。
少し早めのテンポで切々と歌い上げられると,
さすがに「昔,若者」の私も
青春時代の胸キュンを思い出すのだった。

♪ 伝えたくて届けたくて あの日の君へ
いつの日かのサヨナラさえも 胸に仕舞って
いつか僕ら大人になる そして出逢える
君とここで約束するよ だから笑顔で だから笑顔で ♪

今思い出したが,往年のフォークソングのグループに,
「青い三角定規」というのがあった。
そのグループもやはり女性1人と男性2人で,
「太陽がくれた季節」というヒット曲があったっけ。
なんとなくそれを思い出した。(ちょっと似てるかも?)

♪ 君は何を今見つめてるの 
若い悲しみに濡れた眸(ひとみ)で
逃げていく白い鳩 それとも愛
君も今日からは僕らの仲間 
とびだそう青空の下へ ♪

2012年4月26日 (木)

5月の楽しみ

4月があまりにも充実していたので,
忘れていました。
5月の楽しみをお届けしましょう。
(4月の最後から)

4月28日・・・仮説社フェア
       『たの授』公開編集会議
29日・・・言葉の研究会

5月3~5日・・・新潟キャンプ
6日・・・古田武彦氏講演会

8日・・・社会科サークル
(私の《オリンピックと平和》の報告です)

10~12日・・・修学旅行(京都&奈良)
(夜の出し物大会も楽しみ)
※ただし,12日の飯能・日高サークルや
協会長杯・県大会には参加できない

19日・・・昭島サークル

26日・・・『たの授』公開編集会議
      夜,K中時代の先生方と「同窓会」

6月2日・・・新所沢たの授サークル

これから約1ヶ月。
楽しいことのオンパレードかな!

教科書の授業

仮説実験授業は「たのしさ」も「わかりやすさ」も
保障されているので心から楽しめるが,
教科書の授業はだいたいこんな進め方でやっている。

(1) B5判の紙に「予習プリント」を作り,印刷する。
(2) 授業の終わりに,次回の「予習プリント」を配る。
(3) 「予習プリント」と「発展質問」で授業を進めていく。
(4) 「予習プリント」はノートの左側に貼り,板書は右側に写す。
(5) 指示通りノートが作られているかどうか,
 テスト返しの後半で「ノート点検」ほしてチェックする。

「ノート見開き」で1時間の授業を構成し,
板書も消さず「1時間で1枚」を基本とする。
(量が多いときは,たまに消すこともある)

教科書の授業は,仮説実験授業とは違うので,
ウンチクを傾けたり,入試対策をしたり,
作業を取り入れたり,アンケートを取り入れたり,
スペシャル(1時間もの)を混ぜたり,
目先を変えて飽きさせないようにサービスをする。
(これで給料をもらっているわけだし)

ちなみに,スペシャルにあたるものは,
「社会科かるた(3年間で7種類)」,「〈いろいろな種〉の標本づくり」,
「人体解剖図」,「株を買ってみよう・売ってみよう」,
「縄文土器と弥生土器の判別」,「〈邪馬台国〉はどこだ!」,
「刑事裁判~有罪か無罪か」,「裁判所へ行こう」,
「地図でさがしっこ」,「国名,県名さがし」などである。

家で「観戦」 楽天VSオリックス 4/25

昨日は下柳が先発だったが,
2点を先制されたところで早々に代えたのがよかった。
その後3ー3の同点の6回裏に大量4点をあげて,
両軍合わせて22安打が乱れ飛ぶ打撃戦を制した。

オリ 0 2 0 0 1 0 1 0 0 計4
楽天 0 0 0 2 1 4 0 0 X 計7

これで8勝目をあげ,「借金」は2。
この3連勝をさらに伸ばせるかどうかで,
今後の順位が変わってくる。
5月1日(火)に西武ドームに応援に行くまでに,
勝率5割になっているといいのだが・・・。

PS 昨日は大リーグでダルビッシュも
「奪三振ショー」(10個)の報。
楽しくスポーツニュースが見られそうだ。

2012年4月25日 (水)

やばいよ3年2組(このクラス)

上記の題名で,昨日の学級通信を発行した。
「記録はいつか途切れるが,それに向かって努力した記憶は
いつまでも心に残る」とか,ちょっとカッコイイ台詞も付け加えて。

1年2組もすごく良かったが,
3年2組もなかなかやるぜ。
毎朝クラスに向かうのが楽しみだ。

【家庭学習ノートの提出冊数】

4/19(木) ○○○○○ 5冊
4/20(金) ○○○○○○○○○○ 10冊
4/21(土) ○○○○○○○○○○○ 11冊
4/23(月) ○○○○○○○○○○○○○○○ 15冊
4/24(火) ○○○○○○○○○○○○○○○○ 16冊

                                                       

おたまじゃくし

しばらく前にビオトープに
カエルの卵がたくさんある話を書いたが,
昨日見たらおたまじゃくしがいっぱい泳いでいた。

動画ならわかりやすいのかもしれないが,
水面下の「黒いかたまり」がおたまじゃくし(たち)だ。
みんな元気に育つといいな。
でも,生存率の高くない生物ほど
卵をたくさん産むという話もあるし,
私はただ祈ることしかできないが・・・。

005_3

004_3

家で「観戦」 楽天VSオリックス

2年目の左腕・塩見が,
オリックスを相手に8回を5被安打
9奪三振1四死球と好投した。
ラズナーが最終回をしめ,2人で「完封」。

オリ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0
楽天 0 1 1 1 0 1 0 0 X 計4

とにかくエース田中が戻るまで,
総力で頑張らなければならないという意識で,
塩見は2勝目(2敗)をあげた。

他の若手もその気持ちで頑張れば,
勝率5割も難しいことはないだろう。
(現在7勝10敗で,「借金」3)
これでオリックスを抜き,4位に浮上した。

2012年4月24日 (火)

今年度 私の一字

上記の掲示物が,廊下に貼ってある。
今年度になってすぐ,国語でやったようである。

003_2

(写真をクリックすると拡大します)

私は「再出発」の意味も込めて正月にやることが多いが,
3年生ということで,スタートにやらせたのだと思う。

私は「信」にしようかな。
自分を信じて,3年2組の生徒たちを信じて,
頑張っていきたいと思うので・・・。

なんなんだ・・・このクラスは!

家庭学習ノートを開始して,昨日で4日目。
提出数は日に日に増加している。

4/19(木) ○○○○○ 5冊
4/20(金) ○○○○○○○○○○ 10冊
4/21(土) ○○○○○○○○○○○ 11冊
4/23(月) ○○○○○○○○○○○○○○○ 15冊

テスト前でもないのに,
別に脅かしたわけでもないのにこの増加ぶり,
なかなかすごいものがある。

イマ風にいうと「やばい」です。(いい意味ですごい)
そこで,昨日の学級通信の題名も上記のようにした。

「なんなんだ・・・このクラスは!」
普通ならマイナス表現に使われるものだが,
この状況を表現するために,あえて使ってみたのだった。

昨日の部活動 4/23

昨日は月曜日で社会体育の日だったので,
午後7時まで活動があった。

昨年度は残る生徒が半分という日もあって,
その効果はなかなか出てこなかったが,
今では残るのがフツーの状態となって
切磋琢磨の状態が続いている。

新人戦からは間違いなく県大会上位が
狙えるチームにしたいから,
春(協会長杯)と夏(学総体)では
県大会での勝利(できたら複数の勝利)をめざしたい。

まだまだムラり見られるかれらだが,
社会体育の活用でさらに伸びていくように思う。

2012年4月23日 (月)

社会科~今後のラインナップ

《オリンピックと平和》が終了した今,
しばらく「主食」の教科書やかるたをやることになるが,
時々はまたたのしいミニ授業書や授業プランをやりたい。
そのラインナップは?

【政治編】

《入門・日本国憲法と三権分立》
《裁判所へ行こう》
「有罪か?無罪か? 刑事裁判」肥さん

【経済編】

《おかねと社会》
「株を買ってみよう・売ってみよう」肥さん
「私の「商品」開発」肥さん

3年生たちと週4時間に増えた「公民」を
たのしんでいけたら幸いである。

家で「観戦」 楽天VSソフトバンク

昨日は夕方から雨の予報だったので,
部活から帰っておとなしく家でパソコン「観戦」した。

一昨日は1ー11の10点差で敗れた楽天だったが,
昨日は高須のタイムリー二塁打であげた3回表の1点を,
先発・戸村(2勝0敗),片山,小山伸,ラズナー(セーブ)と継投でかわし,
1ー0で今季6勝目をあげた。

楽天 0 0 1 0 0 0 0 0 0 計1
ソフト0 0 0 0 0 0 0 0 0 計1

昨年度担任したF君が私にくれた
戸村投手のサインを皆さんに見ていただこう。
今季3年目の戸村の飛躍が期待される。

002_2

昨日の部活動 4/22

昨日は午前8~12時半のコマだった。
私は実家経由で遅れて参加した。
昨日もちょうどサーブレシーブのところからだった。

チャンスボールからの展開で,
表のエースN君,裏のエースY君に続く,
3番手のW君のアタックが決まるようになってきた。
以前はネットにかけたりエンドラインを越えていたが,
多くの玉がコンパクトにコート内に落ちる。
2枚でもいいが,3枚なら言うことがない。
ぜひこのまま成長していってほしい。
そして,それにつなげるためにも確実なレシーブだ。
これがあれば,セッターのK君がトスをあげられ,
変幻自在の攻撃が可能になるからだ。

先週来ていただいた方が,またも来てくれた。
実にありがたいことだ。
アドバイスでは,今回も「声」の大切さを言っておられた。

2012年4月22日 (日)

五万回斬られた男

表題のエッセーが,今学年で話題となっている。
名脇役・福本清三さん(69)の書いたエッセーが,
2012年度の中学3年生用の道徳の副読本・
「キラリ☆道徳」(正進社)に掲載されているのだ。

昨日の学校公開日で2人の学年の先生が授業にかけたので,
「あとの2クラスでも同じ教材を使おう」と盛り上がっている。

私としては時代劇の俳優さんなので,
やはり動画を使いたいと思う。
殺陣(たて)のシーンをぜひ見せたいのだ。

そこでインターネットで検索してみたところ,
ありましたありました。
東映太秦撮影所(映画村)でのチャンバラショー。

また,夜中に目が覚めてまた検索したところ,
「ラストサムライ公開直前特番」(6分)や
福本さんが見出されるきっかけとなった
「探偵!ナイトスクープ」(3分)など,
YouTubeのお宝映像が・・・。

これで私の作戦は,ほぼ決まった。
副読本の途中に動画を挟(はさ)んで,
福本清三という人間を浮かび上がらせるという手法だ。

これがうまくいくかどうかはわからないが,
今ツキにツキまくっている私の直感。
信じて突き進む所存でござる!

公開授業日の授業 4/21

昨日は勤務校の公開授業日だった。
一昨日で《オリンピックと平和》を終了してしまったので,
どう授業をしようかと思案したが,
結局「地理の最終回」と題して以下の授業をした。

(0) 社会科通信を配る。(《オリンピックと平和》の授業評価が載っているもの)
(1) 予習プリントNo.30の内容で答え合わせ。
(2) 県名と県庁所在地の名前が違うものクイズ(県名を板書し,県庁所在地を答える)
(3) 日本の貿易地図(2010年)の色ぬり・・・竹田かずきさん作
(4) 自己評価表を書く。

メインの(3)と(4)は,それなりに生徒たちに好評だった。
(自己評価表の感想より)

校長先生は職員室で,「何人合格しましたか?」と聞いて下さった。
また教頭先生は,日本の貿易地図(2010年)を気に入って下さったので,
さっそく1枚差し上げた。

怒涛(どとう)の11日を振り返って

第1週が月曜から金曜の5日間。
第2週が月曜から土曜の6日間という
怒涛の11日間だったが,
それはまた私にとって
本当に充実した日々でもあった。

(1) 3年2組が「軌道」に乗った!

ロケットが人工衛星になるには,
地球の軌道に乗るため莫大な力を必要とするが,
前年度の1年2組でもらったパワーを駆使して,
3年2組という「人工衛星」を軌道に乗せることができた。
もちろん具体的な取り組みはまだまだ先のことだが,
「このクラスならやれる」とか「このクラスと一緒にやりたい」と
心から思えるのがうれしい。

(2) 11日で13号とは,これいかに?

現在学級通信は,13号を発行している。
しかも13号は,3枚同時(実質15枚)発行という離れ業だ。
(《オリンピックと平和》の特集号なので3枚となった)
この勢いで行くと200号を越えかねないが,
しかし来週末から連休に入るし,
そこまで続くことはないのでご安心を。
しかし,場合によっては「年間記録更新」ともなりかねない
今年度の3年2組ですので,乞う御期待!

(3) 旧1年2組の生徒たちとの「廊下同窓会」!

昨年度担任だった旧1年2組の生徒たちも,
元気で頑張っているようだ。
いろいろな委員会に立候補したり,
英検にチャレンジしたり,今日聞いた話では
2年生のあるクラスの学級日誌に私の似顔絵を描いたり・・・。
(これはばっちりコピーさせていただいた)
校内で会えばあいさつしてくれるし,
何だか2つのクラスの担任をしているようで,
忙しくもうれし楽しというところだ。
「肥さん,元気~?」
「キミもがんばってるか~い?」などと,
束の間の「廊下同窓会」が開かれている。

来週からは,修学旅行のための取り組みがさらに進んでいく。
健康に気をつけて,頑張っていきたい。

2012年4月21日 (土)

中3の4クラスで《オリンピックと平和》をやりました!

20日(金)までの中3の社会科3時間で,
上記のミニ授業書を終了した。
とりあえず授業評価だけお知らせしよう。

多くの生徒が「オリンピックと平和」の主題に迫る
的を得た感想も書いてくれた。

【たのしさ】  「5」と「4」の割合が80%

    3-1 3-2 3-3 3-4  計

5・・・  8   16  15  12   52
4・・・ 15   13  15  20   63
3・・・ 10    6   5   5   26
2・・・  1    0   0   1    2
1・・・  1    0   0   0    1

【わかりやすさ】  「5」と「4」の割合が86%

    3-1 3-2 3-3 3-4  計

5・・・ 10   20  16  20   67
4・・・ 18   12  15  12   57
3・・・  6    3   4   6   19
2・・・  1    0   0   0    1
1・・・  0    0   0   0    0

私が少しだけ行った授業の工夫をメモ風に書いておく。

(1) 途中で2時間扱いは無謀だと悟り,3時間でゆったり行った。
(2) 色上質紙に『オリンピックと平和』の表紙(クリーム色)を印刷し,
 それにプリントを保管していき,最後にホチキスでとじた。
(3) スタートから私がおはなしを読んだが,
 最後の方の長い話は全員で「朗読リレー」をしてみた。
 「。」で切ってバトンタッチするやり方である)
(4) 特に掲示物は用意しなかったが,問題と予想分布は板書した。
(5) 社会科通信に,各クラスの【たのしさ】と【わかりやすさ】の
 授業評価の一覧表を載せて配付する予定(本日)。

ヘロドトスの『歴史』

ミニ授業書《オリンピックと平和》の中に,
ヘロドトスの『歴史』の話題が出てくる。
これは私にとっては,古田武彦氏の考え方と一致するものがある。

たぶん古田氏の『神の運命』の中で知ったと思うのだが,
「・・・ヘロドトスが主張した、ひとつの事件を多くの視点から見る。
ギリシャ人から伝えるところ、シリア人の伝えるところ、
エジプト人の伝えるところ、それらをいずれも尊重し、
記述する立場、多元的な歴史理解・・・」
そこに古代ギリシャの人々も共感したのではないかという思いだ。

一方的な立場から書かれた歴史は,やはり生き残れない。
歴史の多元的理解なしには,人類は未来へ進めない。
こうヘロドトスは言っているように思う。

春のダイエット作戦の報告

「朝食は雑炊」の成果は出たか?

約10日間,朝食を「雑炊」(+バナナ)で摂(と)ってみた。
すると体重計の数値が上下しながらも次第に下がっていき,
現在の体重はマイナス2キロとなった。

このまま下がっていくとは思わないが,
昼食(主に給食),夕食を変えないでも,
また運動を特に増やさなくても,
最初の数キロは食事の改善だけで
減らしていけることを再確認した。

実は,これは以前やっていた
「四角缶ダイエット」と同じ原理である。
つまり,揚げ物の多い給食の四角缶の一品を
3ヶ月食べなかったら,
3ヶ月で3キロ減らせたのだった。
春のダイエット第2弾はこれに再チャレンジしてみようかな?

2キロ減って体が軽くなり運動する気持ちになれたのは幸いだ。
しかし,運動して体調が良くなり,ビールが美味しくなったのも事実。
実にダイエットの道は,矛盾に満ちている。

2012年4月20日 (金)

《オリンピックと平和》で2問続いて「1人勝ち」!

昨日は担任する3年2組の2回目の《オリンピックと平和》。
1回目は意見がたくさん出てうれしかったが,
昨日もドラマが隠されていた!

「問題7」でY君が,「問題8」でH君が,
2問続けて「1人勝ち」を飾ったのだ。
おとなしいクラスゆえオーバーなリアクションはなかったが,
「おー」というようなどよめきがクラスに広がった。

そう,いつも多数派が勝つとは限らない。
時には少数派が(それも昨日のように1人でも)勝つのだ。
そういう経験を自然にできる仮説実験授業って
やはり素晴らしいと思う。

001_2

本日は3クラスで3回目=最終回となる。
生徒たちはいったいどんな授業評価と
感想を書いてくれるかな?

※ 1クラスだけ昨日最終回だった。
その授業評価は,以下の通りだった。

【たのしさ】

5・・・8人
4・・・14人
3・・・10人
2・・・1人
1・・・1人

【わかりやすさ】

5・・・10人
4・・・17人
3・・・6人
2・・・1人
1・・・なし

家で「観戦」 楽天VSロッテ

昨日は田中マー君が先発だったので,
マリン・スタジアムまで楽天を応援しに行こうとしたが,
家に帰ってちょっと横になったらもうだめで,
結局家で「観戦」することになってしまった。

といっても,スカパーに入っているわけでもなく,
千葉テレビが映るわけでもないので,
ニフティーの「プロ野球速報」で時々情報を知るだけだ。

楽 天 0 0 0 0 3 0 3 0 0 計 6
ロッテ 0 0 0 2 0 1 0 0 0 計 3

取られては逆転し,追いつかれては突き放す内容で,
球場で観戦したらさぞかしドキドキしたと思うが,
疲れて,眠くて,試合終了後帰宅までに
1時間半かかることを考えると,
家で「観戦」していたのが正解かもしれない。

5月1日(火)は西武ドームに楽天が来る。
その日はまた観戦できると思うので,
「勤務校→西武ドームまで自転車で10分」の特権を生かして,
応援をしに行ってきたい。

2012年4月19日 (木)

3年2組の《オリンピックと平和》も好スタート!

一昨日《オリンピックと平和》がスタートしたことをお伝えしたが,
残念ながら担任の3年2組だけ授業がなかった。
また一昨日は,4組で盛り上がったことは喜びだったが,
おとなしい2組ではどうかなと少々心配ではあった。

しかし,その心配は杞憂(きゆう)に終った。
2組でも4組に負けず劣らず盛り上がったのだ。
やはり仮説実験授業の魅力は素晴らしい。
作成者の吉田秀樹さんと板倉聖宣さんに感謝です。
(26ぺ半ばから27ぺにかけては,
特に板倉さんが加筆されたと聞きました)

Photo_2

先行3クラスの様子から,
2時間で終わることはあきらめ,
3時間でゆっくりやることにした。

多分3時間目は時間があまるだろうが,
ゆっくり感想を書いてもらえるし,
教科書の授業への切り替え準備と考えておこう。
《オリンピックと平和》の授業評価と感想は,
金曜日には出ると思う。
(となると,土曜日の学校公開日の授業は,
地理の教科書でということになるかな?)

「〈邪馬台国〉はどこだ!」再び

「〈邪馬台国〉はどこだ!」を再び授業でやると
mineさんからメールをいただき,
昨日以下のものを送った。

(1) 銅剣・銅鏡・銅鐸・金印の模造品(レプリカ)
(2) 最近の私の古代史関係の資料
(3) 今年度の学級通信10号まで

本日の昼間に学校に着くとのことなので,
よろしくお願いします。

6年担任は大変だと思うけど,
「〈邪馬台国〉はどこだ!」を実施していただけるのは,
授業プラン作成者としては大きな喜びだ。

27(金)の学校公開日の授業,
ぜひ頑張って下さい。

2012年4月18日 (水)

ミニ授業書《オリンピックと平和》がスタート!

たの社メーリングリストの田中さん
(高校の理科の先生)の記事に,
私が反応したものがあるので,
それを最初に紹介しよう。

「実は,昨日,私も《オリンピックと平和》を始めました!
中3の4クラスです。
同じ日に同じ授業書が行われていたことを知れて,
とてもうれしくなりました。

特に校長先生が見に来てくれた3年4組では,
生徒たちがとてもたくさん意見を言ってくれて,
私はもちろん校長先生も
「生徒たちが活躍していて,楽しかったです」と
感想を言ってくれました。

この校長先生は昨年度私が仮説実験授業を実施して,
生徒たちとは《はじめての世界史》や《沖縄》などの授業書を楽しみ,
教職員とは人権教育の研修会で《差別と迷信》をやったことを
とても高く評価してくれた方です。
今年も授業や研修会で授業書を行い,
校長先生の期待に応えたいと思います。
こんな校長先生に出会えるのはめったにないことなので・・・」

最初から仮説実験授業でスタートすることのたのしさと正しさを,
昨日は実感することができた。
やらなくてはならないこともあるにはあるが,
まずやりたいものをやることによって
すべてがいい方向に展開していくような気がする。
そんな確信も持てた素晴らしい1日だった。

024_2

(仮説社刊,600円+税)

社会科サークル 2012年4月例会

昨日は上記の会に参加した。
新所沢公民館の第4会議室であった。

参加者は6名。
大石さん,森田さん,宮崎さん,早川さん,小松さん,私。
今月はメインのレポーターは決めず,
各自が用意した資料をもとに話すということで例会とした。

私は思い出の1年2組から今楽しく関わっている3年2組に
至った経緯とコメントを述べた。
また,昨日からミニ授業書《オリンピックと平和》を
始めたことを話した。(校長先生も参観いただき,大好評でした!)

他の方の発表の中心は,以下の通り。

・大石さん~奈良県橿原市今井町についての資料
・森田さん~「東大話法」の新聞記事など
・宮崎さん~原発関連の東京新聞の記事など
・小松さん~所沢西高校公開講座「自由民権運動と埼玉・所沢」
・早川さん~『月刊ジュニアアエラ』4月号など←これオススメです!
 早川さんが監修として関わっています。朝日新聞出版刊,480円。

025_2

来月の例会は,私がメインレポーターで,
「ミニ授業書《オリンピックと平和》をやりました!」を報告する。
乞う御期待!(連休明けの5月8日(火)です。
また「総会」もやる予定)

2012年4月17日 (火)

修学旅行の取り組み進む!

昨日は3時間学活があって,
修学旅行の取り組みが進んだ。

大型タクシーの座席,バスの座席,部屋割り,
京都の班行動の計画などに取り組み,
具体的なイメージが湧(わ)いてきた。

あと,時間がない中でやっておきたいのは,
「奈良や京都の寺社のエピソード」を
教えておきたいということだ。

・東大寺南大門の修理の苦労・・・「プロジェクトX」で観せたい
・東大寺大仏殿の楽しみ方・・・その大きさ,柱の穴くぐり,四本足の蝶
・二月堂のお水取りの謎・・・火祭りなのに,なぜお水取り?
・三月堂の建物・・・奈良時代と鎌倉時代の見事な融合
・法隆寺(行けないけど)や平等院の移築説(九州から)
・金閣寺と銀閣寺のエピソード・・・モデルになった寺は?銀箔は貼ってあったか?
・広隆寺の弥勒菩薩の指のエピソード・・・国宝1号。1度紛失したが戻った指
・二条城と大政奉還・・・「負けるが勝ち」というやり方
・京都御所の庭の木が,平安時代に梅から桜に変わった?
・清水寺のエピソード・・・音羽の滝,アテルイの墓,胎内めぐり

などなど,話したいことがいっぱいある肥さんなのでした。
あと1ヶ月という日々があまりにも短く感じる。

ちなみに,2泊3日の修学旅行の最終日は,
5月12日(土)の県大会の日なのであった。
つまり,3年生2人と私は京都にいるので参加できないのだ。shock
なんとかこの日に新2年に連勝してもらって,
翌13日(日)だけでも参加をしたいものだ。
ファイトー!up

ゴリオ爺さん

学生時代は時間がいっぱいあったので,
ロシア文学やフランス文学の長編に
チャレンジしたものだった。

トルストイの『戦争と平和』は
毎年夏休みに読むことにしていて,
合計4回読んだけれども,読むたびに面白さが違って,
世の中にはスゴイ小説もあるものだと驚いた。

『ゴリオ爺さん』はフランスのバルザックの作品で,
人物の描写に感心した。
まるでその人物が世の中にいるかのように,
私は感じることができた。
確かバルザックの死の床での話だと思ったが,
本人も自分の小説の登場人物と実在の人物とが
区別がつかなくなって,
「○○はどうしている?」と尋ねたとか・・・。

こんな話を書くことになったのは,
昨日の夜の出来事が思い出されたからだ。
一昨日のシントコの花見のお礼に肴やに寄ったところ,
店主のクマちゃんや奥さんであるキミちゃんはもちろん,
花見の場所を提供して下さったHさん。
数ヶ月ぶりにお会いして,最初は傷心だったが
やがて笑顔を取り戻してくれたYさん。
所沢の教育のむ流れを変えようと奔走(ほんそう)している
Fさんなど,懐かしくも個性的な人たちと再会でき,
なんだかバルザックの小説の登場人物に会っている
みたいな気持ちになってしまったからだ。

人生たのしいことばかりじゃないけど,
つらいことばかりでもないよ。
肴やに行けば,話を聞いてもらえたり,
なぐさめてくれたり,時には叱ってくれたりする
心優しい人たちが必ずいる・・・。

今年の夏休みには,久しぶりに
『ゴリオ爺さん』を読み返してみようと思った。

2012年4月16日 (月)

昨日の部活動 4/15

昨日は,午前8~12時半のコマだった。
私が実家経由で少し遅れて到着すると,
先週来ていただいた東中の卒業生(30代)の方が
もう1人お仲間を連れてきていただいた。
ありがとうございます!

サーブレシーブや3人組を手伝っていただいたが,
最後の指導でお2人が指摘されていたのは,
共通していることだった。

「声を出そう。声を出すクセをつけよう。
声を出すことは,元気を出すこと。
普段の生活から実行しよう」

「声が出れば,プラスもう5点取れる。
相手へのプレッシャーにもなる」

おみやげに「男子バレーボール部通信」の
最新号をプレゼントした。
もちろん協会長杯の様子を報告した記事である。

顧問のТ先生も,「声は1つの技術だ。
自分の余計な力を抜き,集中して相手と戦える」と
常々言っておられる。

いちめんのなのはな

山村暮鳥の詩に「いちめんのなのはな」というのがあるが,
(「いちめんのなのはな」というフレーズが繰り返し出てくるやつ)
私が桜の美しさに目を奪われている間に
菜の花が見事に咲いていることに昨日気がついた。

そこで,何枚か写真を撮った。

「実家の菜の花畑」

022_2

「黄色の西武線と菜の花」

023_2

シントコの花見

昨日は午後から恒例の花見を行った。
庭に桜の木があるHさんのお宅に,
シントコの知人・友人が集まって
飲食をともにしたのである。

入院していたAさんが退院するのを待ち,
しばらくお会いできないでいたKさんも参加して・・・。
総勢30人ほどで,花から若葉に変わっていく桜をめでながら
楽しく時間を過ごすことができた。

青森出身の方がたくさんいて盛り上がったり,
秋田からSさんが数ヶ月ぶりに参加したり,
ローカル色にもたいへん富むものであった。
(Sさんは今度仕事で香港に行くことになるという)

時折舞い落ちる桜吹雪がやさしく私たちを包み,
それはまるで人生のステージに舞い降りる
紙吹雪のようであった・・・。

021_2

019_3

【食べ物メモ】

・竹の子の山椒味噌和え
・ヤリイカの刺身
・やきとん(カシラやタンもと)
・多種類の野菜(レタス,ハーブ,ミツバ,アスパラ,ミニトマト,バナナなど)のサラダ
・粕漬けやキムチの漬物
・トム・ヤム・クンのスープで食べるそうめん
・くさややふなずしなどの珍味

2012年4月15日 (日)

協会長杯・予選2012~「薄氷」の県大会出場!

昨日富士見市立勝瀬中において,
上記の大会が開かれた。
男子バレー部は辛くも「予選2勝」をあげ,
5月12日(土)・13日(日)に行われる県大会に
出場する権利を得た。※
その様子を振り返ってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対川越初雁中 2ー0 (25ー13,25ー15)

数字の上からいえば快勝といえるだろう。
だが,裏のエースのY君が緊張で本来の力を出せず,
内容的には「予想外の展開」だった。
その代わりといってはなんだが,
いつも力み過ぎて空回りする表のエースのN君が
大車輪の活躍で,試合に勝つことができた。

対富士見勝瀬中 0ー2 (8-25,21-25)

ただでさえ「格上」の勝瀬中に,
いいようにあしらわれてしまった第1セット。
第2セットにはぼ互角の戦いながら,
中盤に痛恨の7連続失点で逆転負けを喫した。

対大井中 2ー1 (21-25,25ー13,
       15ー15からスタートしての29ー27)

ここへ来てようやくY君が活躍し始める。
しかし,取れるはずの第1セットを落とし,
県大会出場は苦しい状況に・・・。
しかし,N君などの活躍で第2セットは逆にあっさり取れた。
雌雄(しゆう)を決する第3セットは,15ー15の同点からスタート。
最初不利なまま試合が進んだが,
後半3点連取で24ー24のジュースに追いつき,
取りつ取られつの攻防の末,最後に29ー27で辛勝した。
本当に「薄氷」の勝利であった。

〈第3セット・・・○は得点,×は失点〉
×××⑥×××○×⑥×○○③×○⑧○(ここで24ー24の同点)
×③×⑥×○○○(29ー27でゲームセット)

これで「予選2勝」となり,わが校は県大会の出場権を得ることができた。
よかったー!!
昨日の課題点を,今後しっかり練習で修正して,
1ヶ月後の県大会に臨みたい。

保護者の皆様,車出し,応援ありがとうございました!m●m
何とか念願の「県大会出場」をゲットすることができました。

また,休日返上で練習を手伝ってくれた
男子バレー部の先輩たちにもお礼をいいたいです。
本当にどうもありがとう!(o^-^o)

※ 県大会は,久喜市民総合体育館にて
トーナメント方式で行われる予定です。
こちらは「負けたらおしまい」のサバイバル戦です。

この春~夏は《オリンピックと平和》の競演か

たの社ML(メーリングリスト)での話題。

この春~夏は,授業書《オリンピックと平和》の
競演となりそうである。
今のところ中学で2人が,高校で2人が名乗りをあげ,
春~夏に授業にかけようと考えている。
オリンピックイヤーを考えての仮説社の出版だったが,
キッカケの論理もあいまって,
なんだか楽しい季節となりそうである。

私としては,新学期最初の授業書として,
授業にかけたいと思っている。
生徒の皆さん,乞うご期待!

2012年4月14日 (土)

この5日間を振り返って

この5日間は本当にいいことがたくさんあって,
私はとしては教師冥利(みょうり)に尽きる思いだった。

(1) 3年2組いけそう!

昨年度の1年2組の担任を終えた時,
もうこれを越えるクラスには
しばらく出会えないかもしれないという不安があった。
しかし,春休みをはさんで私は再び
素晴らしいクラスに出会えた気がしている。
この5日間の感触はにせものではないだろう。
3年2組いけそうだ!

(2) この5日間に全力投球!

始業式から「5連投」の勤務でいささか疲れたが,
なんとか「やるべきこと」はやれたと思う。
クラスの組織づくりもほぼ終了し,
掲示物も8割方できた。
さらに修学旅行の取り組みも始まって,
「開幕ダッシュ」さながらの勢いである。

(3) 保護者会も盛り上がる!

いつも時間のかかる役員決めが,
今年度はウソのように早く終った。
まだ決まらないだろうと職員室で待機していると,
クラスの役員さんが「先生,もううちは決まりましたよ」と
笑顔で教えにきて下さった。
「ありがとうございま~す!」と軽快に教室に向かい,
あいさつ代わりにさっそく手品を2つ披露した。
(マジック・ノートと変身トランプ)

PS1 来週から授業も始まるが,
彼らと仮説実験授業などのたのしい授業ができたら,
私としてはいうことがない。いや,そうしていこう!

PS2 昨日も帰りしなにТ君の家に寄って,
生徒たちの書いたメッセージを届けた。
みんなの心が通じるといいな・・・。

学級目標 2012

昨日の4校時の学活の前半を使って,
今年度の学級目標を決めた。

生活面,学習面,行事面について,
各班から1つずつ候補を出してもらい投票した。
その結果,以下のものが選ばれた。

(生活面)最後の1年間,規律を守って過ごそう!
(学習面)受験や試験に向けて,予習・復習をしっかりしよう!
(行事面)すべての賞をめざして協力しよう!

まじめなクラスの雰囲気を表すかのような
内容のある目標ができたと思う。
最後の1年である。
悔いのないものにしていこう!

田中マー君VS斉藤祐ちゃん

もう上記のような呼び方は失礼だろう。
堂々と投げ合ってのライバル対決。
やはり2人は「持っている」投手だったということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日本ハム対楽天 終了】 ◇試合開始:18時00分 ◇札幌ドーム

楽  天 0 1 1 0 0 0 0 0 0 計2
日ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 計1

◇投手 【楽】 ○田中(1勝1敗) Sラズナー(3セーブ) 
【日】 ●斎藤(2勝1敗) 谷元 宮西 増井 

2012年4月13日 (金)

新入生歓迎会の3つの歌

昨日のハイライト(?)は,「新入生歓迎会」だった。
中でも3つの歌を大きな声で歌ったのが
私には印象的だった。
「入学式のリベンジ」よろしく,校歌も良かった。
3つの曲の写真をどうぞ!
(音声が入っていないのが残念だが,
「大地讃頌」のAさんと「校歌」のY君は,
3年2組の生徒なのであった)


017_2

「COSMOS」

018_2

「大地讃頌」

014_2

「校歌」

このあと委員会と部活の紹介があった。
バレーボール部には3人しか見学者が来なかった!?
との不安情報が・・・。

なごり桜

今年は長い冬のあと,落ち着いて桜を楽しめた。
そんな桜ももうすぐ終わりだ。
そこで,校内の桜を何枚か撮影した。

Photo

正門の桜

015_2

体育館前の桜

016_2

南門の桜

2012年4月12日 (木)

昨日のいいことメモ 4/11

(1) 朝のうち合わせが終って教室へ向かう。
 すると,みんなすごく集中して朝読書をしていた。
 朝読書は翌日(本日)からなんだけどね。

(2) 視力の部屋が増やされ,発育測定は1時間で終了。
 2時間目は「3年生になって」の作文の時間に。

(3) 何人もの生徒が「形式を教えちゃおう」(10年前の
 私の提案)のマネをして作文を書いてくれた。

(4) 3校時,確認テスト(英数)をがんばっていた。
 (この時間,私は久々の「空き時間」だった)

(5) 4校時,体育館のステージにみんなで協力し,
 短時間で「ひな壇」の準備をしてくれた。

(6) 一昨日より早く給食が準備できた。(牛乳,炊き
 込みごはん,お吸い物,鶏のから揚げ,温野菜)

(7) 5校時までに,ほとんどの生徒が課題作文
 「3年生になって」を書き上げた。

(8) 去年よりしゃべらずに避難訓練ができた。
 (雨のため,体育館への避難となった)

(9) 一昨日よりしっかり掃除ができた。
 (排水口のつまりも,放課後「スッポン」で解決した)

(10) 帰りしなにТ君のところに寄ったら,
 いい表情で迎えてくれた。愛犬の名前は「太郎」。

3年2組は,こんな感じでいいスタートを切れています。
あなたのクラスはどうですか?

春のダイエット作戦

「冬ごもり」の間増えていた体重を,
そろそろ減らしていこうと思い,
10日間朝食に「きのこ雑炊」を食べることにした。

これで減らせるのは1日約300キロカロリーだが,
10日間行えば約3000キロカロリーとなり,
1~2日分のカロリー減ということになる。

気温が上がって汗をかけるようになったら,
また昨年のようにウォーキングをするつもりだが,
今はこのくらいから始めていこうと思う。

我慢はリバウンドの原因になるので,
我慢はせずカロリーをコントロールしていき,
今年のダイエットのスタートを切りたい。

※ 昨夜47万アクセス突破しました!

2012年4月11日 (水)

3年2組の組織づくり

昨日は,3年2組の担任として,
クラスの組織づくりに尽力した。

(1) 班内分担
(2) 清掃・給食当番
(3) 委員・係
(4) 日直
(5) それらをまとめた
 2枚の学級通信づくり

以上が昨日の仕事だ。

おっと,1つ忘れていた。
1校時の学年集会で,杉田二郎の
「人力ヒコーキのバラード」を久しぶりに歌ったのだが,
緊張のために大失敗してしまったことだ。
これはまた「リベンジ」するつもりです。

また,卒業の時期には,
この日コブクロの「DOOR」を歌った
N先生と競演したいと思う。

ダルビッシュの初登板

5回2/3を8安打5失点といえば,普通は負け投手である。
昨日大リーグで初登板したダルビッシュの話だ。

しかし,この日のレインジャースの打つこと打つこと。
終ってみれば11ー5の逆転勝ちで,
ダルビッシュに「初登板・初勝利」をプレゼントしてしまった。

勝利の女神は,この日直接対決で3安打を放ったイチローではなく,
5回5失点のダルビッシュに微笑むのだから,
本当にわからないものだ。

しかし,ダルビッシュもこのままでは終らないだろう。
この「汚名」を晴らし,ナイスピッチングで味方に勝利をもたらすべく,
調整してくるのは必至である。
今季のダルビッシュがいったい何勝できるのか,本当に楽しみだ。

2012年4月10日 (火)

入学式・始業式 2012

昨日撮った3枚の写真です。

(1) 正門から校舎方面を見上げて

011_2

(2) クラス発表(左から2番目が,3年2組のもの)

012_2

(3) 入学式~呼名が始まるところ

013_2

私は「卒業を祝う会」「卒業式」「入学式」と
3回連続してビデオ係でした。

3年2組がスタート!

別に「2組つながり」というわけではないが,
今年度の担任は「飛び級」して3年2組となった。
学級通信の名前も「2組かわら版」で
変わらないのが何となくうれしい。(o^-^o)

男子20名,女子17名,計37名のクラスで,
どちらかというとおとなしい生徒が多いかな。
しかし,内に秘めたる闘志を持っているともいえるので,
体育祭や合唱コンなどの行事も楽しみである。
(ちなみに,準備登校の日に指揮をやった2人は
なんと3年2組のS君とY君であった!楽しみ~)

それから,昨日の入学式で1年生をプラカードで
導いた元学級委員(女子)のAさんと I さんも3年2組。
男子でも昨年の学級委員経験者が2人いるそうで,
今年度の委員会決めがなかなか
熾烈(しれつ)な争いになりそうだ。

昨日の「初日」は全員出席のスタートだった。
最後の「卒業式」も笑顔の全員出席で迎えたいものだ。
そのために,1年間がんばるぞ~!

今年度の私の担当

今年度の私の担当を書いてみよう。

(1) 3年2組担任(社会科16+道徳・学活+総合2=20)
(2) 人権教育(主任)・・・2年目。また夏季研修を
(3) 道徳教育・・・仮説や法則化のネタで何とか
(4) 情報教育・・・リテラシーについてならある程度は
(5) 専門委員会・・・学級,図書掲示,選挙管理
(6) PТA教養委員会

今年度は時間割を29時間で組む。
(月曜のみ5時間。他の曜日は6時間)
そのため,20時間は3年担任でも軽い方である。

専門委員会が3つ入っているが,
これは学年の先生の人数が7人と少ないためである。
メインで出るのは図書掲示委員会になりそう。

2012年4月 9日 (月)

いよいよ新学期のスタートだ! 2012

いよいよ本日から新学期のスタートである。
私の持ち味と生徒たちの持ち味の両方をを生かした
楽しいクラスをめざしてがんばりたい。
学級通信には,いつも通りの3つをめざすことを書いた。

(1) たのしく団結力があり,いじめのないクラス 
(2) 自分の素晴らしさと仲間の素晴らしさを発見できるクラス
(3) ユーモアを理解できるクラス

昨年度担任した1年2組では,
これらの目標がかなり達成できたと思うので,
とりあえずそれをめざして努力したい。
(かなり高いハードルではあるが)

そして,私の中でさらに「進化」していくためにも,
新たな仮説実験授業の授業書を生徒たちとしたり,
新たな古代史の研究に挑んだりしていき,
それをその都度生徒たちに知らせていきたい。

また,体育祭や合唱コンで盛り上がるために,
「110+90作戦」や「ハモネプ審査員」「カツゼツ訓練」
といった私自身のこれまでのやり方を
さらに磨いていきたい。(基本は変わらないが)

最後の日に「○年○組で良かった」と言えるように,
また言ってもらえるような具体的な提案をしていきたい。

その実践を今年度も「夢ブログ」で報告していくので,
読者の方々にはよろしくお願いします。
また,至らない点はアドバイスしていただければ幸いです。

がんばれ楽天 2012

東北の星・楽天を今年も応援していきたい。
その際,役に立つサイトを見つけたので,
紹介しておきたい。

YAHOO! JAPAN スポーツ 「プロ野球」 

このサイトは,いわゆる「プロ野球速報」なのだが,
楽天だけでなく,どの球場で行われている試合にも
参加することができる。

動画ではないので,そういうものを求める人には向かないが,
その日のプロ野球全体の動きを知るには,
大変役立つ総合サイトといえるだろう。

(1) いちばん気になる楽天の試合に合わせておく
(2) 楽天とのからみで知りたい球団の情報を見る
(3) メールが届いた際には,すぐに確認に行く

こんな使い方を考えている。
テレビやラジオと違って音がないので静かだし,
ほかの仕事をやりながら時々のぞくというスタイルがいい。

2012年4月 8日 (日)

新所沢たの授サークル 2012年4月例会

昨日は,上記の会に参加してきた。

会場は,午後1時からが新所沢公民館で,
午後3時からが新所沢コミニュティーセンターであった。
土曜日の午後はいつも大変人気で,
今回は4時間通しで取れなかったのだ。
ごめんなさ~い!

参加者は,4名(山本さん,櫻井さん,山田さん,私)
内容は,前半が学級経営の話が中心で,
後半が自然科学のDVDを使っての模擬授業だった。
以下,それぞれの内容について述べる。

(1) 1年2組と私の楽しい1年間(私)

昨年度担任したクラスとの楽しい1年間の話を
山本さんに聞いていただいた。
聞いていただいて,ありがとうございました。
山本さんは,道徳の教材集めを
同僚の先生とやったことがあるそうだ。

(2) DVD「ものとその重さ」を使っての模擬授業(山本さん)

岩波映画のDVDを使ってのものだが,
本物の授業書とはだいぶ違う感じがした。
私は『未来の科学教育』でこの授業書を知り,
新任の頃選択社会で実際に授業をしたこともあるので・・・。

(3) DVD「地震と建物」を使っての模擬授業(櫻井さん)

岩波映画の「災害の科学」シリーズを使ってのものだが,
建築学の大切さを感じさせる内容だった。
DVDに出てくる「地中海火山帯」という言葉は,今は使わない。
(アルプス・ヒマラヤ造山帯のことである)

(4) 雑学の資料集について(山田さん)

1度「ひな型」をもとに少部数の資料集を作ってみたい。
そうすれば具体的なイメージがわいてくると思った。
(差し替えも自由だし,売れないガリ本の山を築くより能率的)
持参していただいた何冊もの分厚いノートは,
山田さんの相当な蓄積を感じさせるものだった。

参加して下さった皆さん,ありがとうございました。
また6月もよろしくお願いいたします。 ( ̄▽ ̄)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月例会の後半の時間は,集中して「雑学の資料集」について
検討したいと思いますので,
自信の資料に以下の形式でB5判の「内容説明」を付けて,
5部ずつ用意してきて下さい。

【例1】 

(1) 資料名 ~ 情報がない,という情報
(2) 使用する分野 ~ 国語の時間や道徳・学活
(3) 使い方 ~ プリントに印刷して,謎解きをする
(4) 出典 ~ 佐藤雅彦『プチ哲学』の中の「中身当てクイズ」。
 (『伝え合う言葉・中学国語3』(教育出版)に掲載)

「3つのカップにコーヒーかミルクが入っているが,
3つとも自分自身に何が入っているかは知らない。
しかし,自分のカップに何が入っているか
会話の中でわかったものがあった。
それはA,B,Cのうちどれか?」
というような問題である。

A,B,Cのカップは階段上にあり,
1番上のカップは下の2つの中身を,
中段のカップは下のカップの中身を見ることができる。
しかし,1番条件がいいはずの上のカップも答えられない。

すると,あるカップが「あっ,わかった!」
と静かに手をあげた。
さて,どのカップがわかったのか?
みなさん,もう答えがわかりましたか?

私がこれを初めて聞いたのは
浦和仮説サークルの時でした。
「久しぶりに顔を出した」という高校理科の先生が,
「こんな問題を学活で出しました」と言って
教えてくれたのです。

答えは中段のカップ。
問題をよく読むと,条件がいいはずの上段のカップは
下の2つのカップを見ても答えられていない。
下の2つのカップは中身が違っていたのだが,
それだけでは決め手にならないのである。

ところが,その「上段のカップが答えられない」ということが,
中段のカップには決定的な情報源になった。
つまり・・・

(1)1番下のカップの中身は見える(コーヒーかミルクか)
(2)自分と下のカップは中身が違う
(3)したがって,自分には○○が入っている
という訳である。

「便りのないのはいい便り」などと,私たちは話す。
これも「特に悪い情報はないから元気でいるだろう」
と「情報がない,という情報」を活用している訳だ。
(本当は連絡をとれないほど苦しい状況かも
しれないのだけれど・・・)

私たちは今情報のあふれている社会に住んでいる。
いくらでも情報が手に入る(ように思う)。
しかし,本当のこと(真実)を知りたいと思ったら,
時には「情報がない,という情報」にも
耳を傾ける必要があるのではないだろうか。

【例2】

(1) 資料名 ~ 世界の国を探そう&日本の都道府県を探そう
(2) 使用する分野 ~ 社会科の自習や道徳・学活
(3) やり方 ~ パズルの中から国名(都道府県名)を探す。
 単純作業だけど(だから)生徒たちはけっこう楽しんでくれます。
(4) 出典 ~ かなり前の明治図書の『社会科教育』誌の臨時増刊号

【例3】

(1) 資料名 ~ 優等生ほどできない(?)パズル
(2) 使用する分野 ~ 道徳・学活や数学の時間
(3) やり方 ~ はさみで図形を切り抜き,
 「5つのパーツから1つの正方形を作る」というもの。
(4) 所沢仮説サークルで30年前に教わったが出典は不明

大胆に考えることができる生徒の方が完成させやすいので,
「優等生ほどできない」という名前がついている。
早くできれば柔軟な思考力の持ち主。
遅ければ「自分は優等生だから」と思えばいい。

シントコの桜 2012

今年の入学式は,桜が満開で迎えられそうだ。
(近年は早く咲きすぎて入学式と合わないこともしばしば)
昨日の朝あまりに空が雲ひとつなくきれいだったので,
自宅周辺の桜の様子を撮影してみた。
それをおすそ分けしよう。
きっとシントコの桜に
癒(いや)されることだろう。

004_2

005_2

006_2

007_4

008

009_2

010

実はこれが大成功で,
午後には雲も多くなり,また風も出て寒くなり,
ちょっと桜を楽しむというわけにもいかなかったからである。

昨日の部活動 4/7

昨日はサークルのため(準備も含め)
部活動には行けなかったが,
午前中女子が所沢北高へ,
午後は男子が狭山経済高へ
練習に行ったはずだ。

両校ともお世話になっている高校で,
勤務校の卒業生たちも活動している。
中高の連携としても大切なことなのである。
そして,いよいよ来週14日(土)は,
男子の協会長杯ということになる。

2012年4月 7日 (土)

「1年2組を楽しんでネ!」

昨日は,準備登校だった。
月曜日の入学式・始業式のための準備を
在校生たちがするために集まった。

いろいろ忙しく,私自身も「次の教室への引越」のため
(本が多いので)体力を消耗したが,
生徒たちが書いた新入生たちへのメッセージが
なかなか良かったので紹介させていただこう。

002_2

003_2

それは背面黒板に書いてあった。
「1年2組を楽しんでネ!」という言葉だ。
「私たちはこのクラスで1年間楽しく過ごせたよ。
だから,ぜひ皆さんも,このクラスで
1年間楽しく過ごして下さいネ!」
という後輩へのメッセージであると私は理解したが,
それは買いかぶり過ぎだろうか?

ともかく,このようなメッセージをまた来年も
書いてもらえるように努力すること。
それが私のこれから1年間の仕事なのだと再確認した次第である。
やっぱりありがとう,1年2組!! (o^-^o)

いよいよ本日は,新所沢たの授サークルです!

いよいよ本日は,新所沢たの授サークルの例会です。
『たの授』3月号と4月号に広告を出しましたが,
「夢ブログ」にも出しておきたいと思います。
忙しいこの時期だからこそ,たのしい時間を持ちませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新所沢たの授サークル 2012年4月例会

日時・・・4月7日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館・第6会議室(社会科サークルと合同です)

内容・・・昨年度行ったり,新学期に行う予定の
     仮説実験授業関係の授業書の話題
     楽しい手品の紹介
     たのしい科学のDVDの視聴
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「聖徳太子はいなかった」などの古代史の話題 
     悩み相談

会費・・・500円

PS 午後1時から3時までは新所沢公民館で行い,
午後3時から午後5時は近くの新所沢コミュニティーセンターに
場所を移動して行います。(土曜の午後は人気の時間帯で,
4時間通しては場所が取れませんでした。どうもすみません!)

2012年4月 6日 (金)

一期一会~新しい出会いを大切に!

昨日も職員会議があったが,
学年会はもう必要がないということでなかった。
お陰で学級事務をする時間が生み出されて助かった。
旧クラスと新クラスに向けて,
2種類の「かわら版」(学級通信)を書いた。

本日は旧クラス(1年2組)との最後の日。
ただし,朝の会を終えると入学式・始業式の準備のため
すぐにバラバラになってしまうので,
昨日最後の「かわら版」と「ありがとう,1年2組!!」
(先日作成した冊子)を机の上に置いてきた。
午前9時に準備登校をしてきた彼らへのサプライズである。
返却を忘れていたファイルなども一緒に
「おみやげ付き」ということで・・・。

朝の会を終えると,本当の「別れ」ということになる。
さようなら,1年2組!!
最後の「かわら版」は,次の言葉で締めくくった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一期一会」
新しい出会いを大切に!
この1年間とてもたのしかった

いよいよ明日は,新所沢たの授サークル!

いよいよ明日は,新所沢たの授サークルの例会です。
『たの授』3月号と4月号に広告を出しましたが,
「夢ブログ」にも出しておきたいと思います。
忙しいこの時期だからこそ,たのしい時間を持ちませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新所沢たの授サークル 2012年4月例会

日時・・・4月7日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館・第6会議室(社会科サークルと合同です)

内容・・・昨年度行ったり,新学期に行う予定の
     仮説実験授業関係の授業書の話題
     楽しい手品の紹介
     たのしい科学のDVDの視聴
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「聖徳太子はいなかった」などの古代史の話題 
     悩み相談

会費・・・500円

PS 午後1時から3時までは新所沢公民館で行い,
午後3時から午後5時は近くの新所沢コミュニティーセンターに
場所を移動して行います。(土曜の午後は人気の時間帯で,
4時間通しては場所が取れませんでした。どうもすみません!)


アンパンマンの描き方

あるファミリーレストランに
上記の説明が書いてあった。

001_2

(写真をクリックすると,画面が拡大します)

私は絵はあまり得意ではないが,
このやり方なら描けそうな気がした。
あなたもチャレンジしてみませんか?

2012年4月 5日 (木)

続々と注文本が届く(3)

昨日待ちに待った『たのしい授業カレンダー』が届いた。
『たのしい授業』4月号と並べて写真で紹介しておこう。

Photo

前者には「分野別社会科プラン」(3ぺ)が,
後者には2つの「はみだしたの」が掲載された。
(『オリンピックと平和』の宣伝と年齢の数え方についてのもの)

なお,この本はもちろん「みんなで作った本」ともいえるが,
(仮説実験授業やたのしい授業の財産で構成されているので)
総ページ数の3分の1ほどが,「夢ブログ」の読者でもある
佐竹さん(東京の小学校の先生)のものなので,
私は佐竹さんとみなさんの「共著本」という評価をしている。
佐竹さんには担任クラスでのたのしい仮説実験授業の
実践記録が数多くあるので,それが仮説社から出版されるのを
首を長~くして楽しみにしているのである。

昨日『古代に真実を求めて~古田史学論集第十五集』
(明石書店)がまもなく送られてくるとの情報も入ったので,
これで合計10冊の未読の本がたまってしまったことになる。
新学期の忙しさも楽しみつつ(?),少しずつ読んでいこう!
すでにガリ本『仮説実験授業のある人生9』は,
昨日から読み始めている。(冬の大会特集である)

授業プラン〈ゆうびん番号〉のこと

『たのしい授業』創刊1号に掲載された
上記の授業プランが,昨日話題となった。
(『たのしい授業』創刊0号が最初の発行なので,
冊数としては2番目ということになる)
「夢ブログ」の読者の中学国語の先生である
小泉さんが問い合わせてくれたからである。
学年集会で「ゆうびん番号」の話をするとのこと。

この授業プランは,郵便番号の謎を解きながら,
社会の制度はどのようにして作られるか
などのことに気づいていく楽しいものなのだが,
初期の『たのしい授業』への掲載なので,
送って差し上げることにした。

また,これを機会に授業で取り上げてみようと思った。
大人も子どもも「謎解き」って大好きだから,
きっと中学生も楽しんでくれることだろう。

※ 林秀明さんの作られた授業プラン〈ゆうびん番号〉は,
北海道の郵便番号「0」からスタートし,
南下していくとともに数字が増えていくことをつかませ,
九州が「8」になるところで,逆に東北,北海道と
逆に北上していくという構成をとっている。
本当のスタート地点は実は東京で,北海道の「0」は
「10」なのだというオチがつくたのしい話である。
授業でやってみたいという方がいれば実費でお送りする。
全部で14ページの授業プランである。

毎週水曜は「あらしのよるに」

昨日第1回の放送があったが,
「あらしのよるに」は毎週水曜日午後5時半から30分間,
テレビ東京(昔の12チャンネル)で放送される予定だ。

昨日はビデオに録画しながら自宅で観ることができた。
これからは新学期の忙しさにまぎれて
なかなか観ることはできないと思うが,
録画だけはしっかりとしておきたい。

「爆弾低気圧」一過の昨日は快晴で,
朝の打ち合わせの時日直だった私は,
「今日の天気のように元気にあいさつしましょう!」とやったら,
あとで校長先生からお褒(ほ)めの言葉をいただいた。

あまりの天気の良さに,学校のHPに載せる写真を
撮り直したとも校長先生はおっしゃっていた。

昨日も職員会議・学年会・部活動が展開された。
男子バレー部には,今年卒業したK君(キャプテン)が
練習に駆けつけてくれた。ありがとう!

2012年4月 4日 (水)

『あらしのよるに ~ひみつのともだち~』本日より放映開始!!

私のインスピレーションも大したものである。
本日から放映開始の「あらしのよるに」を
掘り当ててしまったのだから・・・。
(テレビ東京 午後5時30分~)

「あらしのよるに」

ことのいきさつは,以下のようだ。

(1) 昨日の天気の感想を「嵐の夜に 4/3」という題名にする。
(2) 「あらしのよるに」も紹介しようと思ってウィキペディアを:検索する。
(3) さらに検索をたどっていき「4/4~テレビアニメ放映開始」の記事」に出会う。

前後が逆になるが,「あらしのよるに」を説明した
ウィキべディアを引用したします。

「『あらしのよるに』は、木村裕一(きむらゆういち)の著作による絵本の題名
または同作を端緒とするシリーズ、
およびそれらを原作として複数のメディアで展開された作品の名称。
絵はあべ弘士。

1995年、第42回産経児童出版文化賞JR賞
および第26回講談社出版文化賞絵本賞受賞。

当初は第1作のみで完結する予定であったが、
その好評を受けてシリーズ化され、
第6作「ふぶきのあした」までが制作され、一度は完結した。
しかし、その後も人気はとどまることを知らず、
特別編「しろいやみのはてで」が制作され、
さらに映画化を受けて、第6作の続編にして
再びの完結編「まんげつのよるに」が制作され、
ようやくシリーズの完結をみた。

シリーズ第1作は光村図書の国語の教科書にも掲載された。

2005年、杉井ギサブロー監督の手によりアニメ映画化された。
構成は絵本の7エピソードから成り立つ。
英題は『One Stormy Night』または『Arashi no Yoruni』」」

「新年度」がスタート!

昨日は,新年度の最初の職員会議と学年会があった。
(部活動も午前11時~午後2時にあったが出られず)
残念ながらこれらの内容を今公開することはできないが,
(4月9日の朝までは内緒なので)
「新たなスタートを切った」とだけ書いておこう。
昨年度の1年2組を超えるクラスをめざし,
私は頑張るつもりだ。

昨日試しに「今年度やりたいこと」を書き出したら,
10個以上すぐに書き出せた。
これならきっと大丈夫だ。

嵐の夜に 4/3

テレビでは昨日の嵐のことを,
「爆弾低気圧」と呼んでいた。
それほど低気圧の風雨(特に風)は強かった。
帰宅のタイミングをはかるために天気予報を見たら,
まるで「蜘蛛の巣」が日本列島に
覆(おお)いかぶさっているように見えた。

昨日はバスと電車を使って帰宅したが,
ビニール傘が1本「オシャカ」となった。
風にあおられて何メートルも引きずられている人を
何人も見かけた。(まるで「台風中継」のようだった)
自宅のアルミサッシのガラスも
かなりの圧力を受けているように唸(うな)っていた。

テレビをつけると,各地の被害の様子を伝えていた。
雨もこわいが,風はもっとこわいと感じた。
渋谷駅では多数の「帰宅難民」が出た
「あの日」と同じ光景が昨日も展開されていた。
(この1年何が進歩したというのか・・・)

しかし,日付が変わろうとする頃には
嘘のようにそれも静かになった。
あの嵐はいったい何だったのだろう・・・。

自転車を学校に置いてきたので,
今朝は電車&バス通勤である。
いつもより少し早く家を出ることにしよう。
(通常自転車の2倍時間がかかる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この項の題名は学級文庫にも入れてある
「あらしのよるに」というすてきな絵本をマネして付けました。

2012年4月 3日 (火)

カエルの卵

勤務校には小さいビオトープの池があるのだが,
ふと気がつくと何匹かのカエルとともに,
ゼラチン状の卵がたくさん観察された。

子どもの頃には田んぼや池で遊んだ私だが,
今はさすがに自然から遠ざかってしまっていて,
何だか懐かしい気持ちだ。

トトロの森もすぐ隣にあるのだから,
たまには自然と親しむ時間を持たないとネ!
そんな気持ちにさせてくれたカエルの卵だった。

017

015_2

写真をクリックすると拡大します。
(カエルと卵がよく見えます)

着任式2012

昨日は着任式で,午前8時半から
新しい教職員の方々(一部は後日)とお会いした。
山口中からこられたE先生とは7年ぶりの再会となる。
かつて小手指中で同じ学年を組んでいた。
その学年は今でも毎年会っているほど仲良しで,
今年も5月か6月に会う予定。

それぞれが個性的な生き方をしていて魅力的だし,
ちょうどパワーの充実していた時期に
生徒たちともいい感じで学年作りができて,
思い出深い時期だったためだろう。
あれから10年の歳月が流れたのだった。

勤務校はあいかわらず平均年齢が高く,
これは私も含めてだが,
「このままいけば,これが最後の学校になります」
という方が何人かいた。
「このままいけば」とは「平穏に過ごせれば」ということと
ほぼ同じ意味になるけれど,
それにとどまらず,やめるまで楽しさを追求していきたいものだ。
楽しさを求める気が起きなくなったらやめる
というぐらいの気持ちでいこう!

昨日の部活動 4/2

昨日は,午後のコマだった。
通常12時半~午後5時までなのだが,
延長して6時近くまで行われた。
私は5時で終りたかったので,
こういうのはちょっと困る。
予定が狂うし,何で延長したかわからないし,
先に帰るもの気が引けるし・・・。
まあ「私は予定があるのでお先します」
というぐらいの強い意志があればいいのだが,
仮説社に行くというのができなかったのが心残り。
(『たのしい授業カレンダー』は昨日も届いていなかった!)

本日からは職員会議であまり部活動に出られないので,
その分力が入ったというところだろうか。
「3年前の卒業生」という女子高生が顔を見せていたので,
彼女が来てくれるのかもしれないが・・・。

2012年4月 2日 (月)

あんずも満開

昨日実家に寄ったところ,
母から「庭のあんずが満開なので撮って」と頼まれた。

先日の「梅は満開」が好評だったので,
本日は「あんずも満開」でいってみます。

寒い日が続いたので,梅といいあんずといい,
春を謳歌(おうか)しているように思える。

011

012_3

013_4

続々と注文本が届く(2)

以下の2冊が昨日届いた。
仮説の「ガリ本プレゼント」の2冊である。
ちなみに「プレゼント」といっても有料なのだが,
発行部数が数十~数百のお気に入りのガリ本が
だいたい次の月には入手できるのだから,
「プレゼント」といってもいいかな?
この2冊は他の本に優先して読むことになるだろう。

014


昨日の部活動 4/1

昨日も,午前8~12時半のコマだった。

実家を経由して体育館に向かうと,
私は初対面の男性がサーブを打っていた。
顧問のТ先生によると,
一昨日の夜同窓会(東中の卒業生で36歳の代)が
開かれたとのことで(Т先生は午後11時半で帰った),
その男性はバレー部でお世話になったとのこと。
そのあと「3人組」もやって汗を流して下さった。
おみやげとして新チームのこれまでの戦績を
プリントしたものを差し上げたら喜んで下さった。
ぜひまた来て練習に下さい。

【アドバイス】
・勝負に勝つには本気の練習を!
・後ろに行ったボールを簡単に見逃し過ぎる!

2012年4月 1日 (日)

指導要録の所見2012

書くことは十分あるのだが,
1人当たりにかかる時間が長く,
トータルとして時間がかかるのが所見である。
(その生徒の1年間の生活を,
担任教師が文章で表現したもの)

一応3日かけてやる予定を立てた。
(本当は旧年度中に終えるのがいいのだが,
部活動があるとなかなかそうもいかない)

男子1~12番まで・・・3/31(すでに終了)
男子13~18番までと女子1~6番まで・・・4/1
女子7~16番まで・・・4/2

4月2日(月)は新年度の事実上の「初日」だし,
新しい先生や懐かしい先生とお会いする日だ。
3日から職員会議が始まるので,
そこまでにはおしまいにしてケジメをつけたい。

続々と注文本が届く

ここ数日注文していた本が続々と届いている。
読むのはこれからだが,
写真で紹介しておくことにしよう。
いずれも古代史関係の本である。

009_2

010_2

さらにこれに週明けには『たのしい授業・4月号』と
『たのしい授業カレンダー』が近日中に加わる予定。
(これには私の「分野別たのしい社会科プラン」も掲載される)

昨日の部活動 3/31

昨日は,午前8~12時半のコマだった。
サーブから始める練習はいつものことだが,
このところ増えているのは,「展開」である。

男子の協会長杯が4月14日(土)にあるし,
新3年生にとっての最後の大会となる学総体も
6月=2ヶ月後に迫っている。
(つまりこれで「引退」なのである)

そこから「新チーム」が始動し,今の1年生が「主役」となる。
考えてみると,中学校の3年間のうち
部活動は2年間しかないのだから,
ぼやぼやしていたらあっという間に終わってしまうのだった。

今日から新たな年度に入った。
悔いのない1日1日を過ごしていこう。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ