« 昨日うれしかったこと3つ | トップページ | 昨日の部活動 3/24 »

2012年3月24日 (土)

金八先生(東京は理社に弱い)

春のテレビ番組の再編成のためか,
また金八先生が放送されている。
(ТBSテレビ,午後1時55分~4時55分)
最も古い第1シリーズだ。

その中で昨日気になる題名が出ていたので,
録画してみることにした。
「第14回・東京は理社に弱い」という題名だった。

理科の時間に他教科を「内職」をしていたことが発覚し,
3年B組が大騒ぎになるという話だった。
これには時代的な背景がある。

当時東京都は,私立高校が多かったせいもあって?
都立高校の入試科目が私立と同じ3教科(国数英)だった。
(かくいう私もそうだった。その後東京都も5教科に)
そのため,「入試に関係ない」ということで,
理科や社会が軽視されて,
それが「内職」をさそったという設定なのだ。

しかし結局,不安な気持ちで「内職」しても
その内容は身に付かず,
その上たとえ「内職」の結果高校に入れても
弱い理社で「赤点」を取って元も子もなくなる・・・
というオチがついて決着するのだが,
今はほとんど全部の都道府県で5教科の入試なので,
ちょっとその事情がわからないと通じない話題ではあった。

さて,中3の時社会科に開眼した私は,
(大崎先生に「公民」を楽しく教えていただいた)
その後大学3年で教職課程(中高社会)を選択し,
現在その「社会科免許」でメシを食っている。
縁というものは不思議なものである。

ちなみに埼玉県は,当時も今も5教科の入試である。

« 昨日うれしかったこと3つ | トップページ | 昨日の部活動 3/24 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日うれしかったこと3つ | トップページ | 昨日の部活動 3/24 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ