« 魔法のやかん | トップページ | 国語に続き理科も・・・社会は? »

2012年3月 3日 (土)

新入生1日入学~昨日の部活動

昨日は雨の中,新入生1日入学が行われ,
2校の6年生たちが勤務校にやってきた。

体育館で説明を聞いたあと,
お楽しみの部活動見学。
さまざまな場所に分かれて行われている部活動を
2年生の学級委員に先導され,
ランドセルを背にぞろぞろ見学していた。
ぜひ,バレーボール部にも
やる気のある人がいっぱい入ってほしいものだ。

さて,それが部活動の前半で,
後半はいつもの練習だ。
最近特に力を入れているのは,
3人でサーブを受け,レシーブ,トス,スパイクと
攻撃につなげていくもの。
なかなかレシーブがうまくできず
会心の攻撃というまでに至らないが,
早くそれができるようになってほしい。

次の目標は男女とも協会長杯(春の大会。決勝は5月)で,
3月下旬には女子の予選から始まる。
ここでの実力決めはほぼ1ヶ月後に行われる
学総体(夏の大会)の成績も占ってしまうので
各校とも力が入るところだ。

部活動の終わり近くになって,
この日最大の緊張が訪れた。
顧問のТ先生と1年生女子のKさんが
ワンマン(女子からワンウーマンか)を始めたのだ。
これはТ先生の誘いをKさんが受けたものだが,
野球で言えば「千本ノック」にあたり,
数メートルのところから飛んでくるスパイクやフェイントを
瞬間的にレシーブするものである。

一流のレシーバーに育ってほしいと願うТ先生と,
それに応えるKさんの攻撃ー守備の時間は
下校5分前まで続き,手に汗握るものがあった。

女子たちはそのあと,Kさんをねぎらっていたが,
「慰めなんか要らないぞ。うらやましいと思え」
という顧問のТ先生の声が体育館に響いた。

生徒たちが下校したあと,Т先生は語っていた。
「左膝ががくがくきたよ。
A(ケーさんの名前)はいい根性してるな・・・」
実はТ先生は現在左膝を治療中なのである。
それをおしての特訓の意味が
生徒たちに伝わるといいのだが・・・。

« 魔法のやかん | トップページ | 国語に続き理科も・・・社会は? »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法のやかん | トップページ | 国語に続き理科も・・・社会は? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ