« 千恵さんの「カナダ報告」 2年目(6) | トップページ | 生徒からのアドバイス »

2012年3月28日 (水)

千恵さんの「カナダ報告」 2年目(7)

連日の千恵さんの「カナダ報告」。
今回は「猫が好き」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

こんにちは。 早速報告を掲載していただきありがとうございました。
立て続けですが、休みを利用してもう一件報告を送りたいと思います。

実は、私は小さいころから猫が好きで、ずっと猫を飼うのが夢でした。
今住んでるアパートはペット禁止の看板があるのですが、
ある日バルコニーで日向ぼっこをしていたら、
上の階のバルコニーに猫を見つけました。 管理人とよく話すのですが、
猫が好きで、いつか私も飼いたいという話をしたら、
「このアパート、猫だったら飼ってもいいよ」と許可をくれました。 
私もいい大人なんだから夢をかなえるいい機会だと思い、
猫を飼うことにしました。

思い立って、早速ペットショップに行きました。
犬については、よく見なかったのですが、猫について、
今はほとんど養子縁組の形式を取っているそうです。
猫を売りたい人がペットショップに猫を持ってきて、
希望の条件(金額や飼い主の家族構成など)を伝えるそうです。
ショーケースに並んだ猫をみて、気に入った猫を見つけたら、
まずペットショップの店員と軽い面接のようなものを行います。  
私の場合、どんな人と住んでいるか。
猫の爪を抜いてしまうことをどう思うか。
家猫にするのか外にも出させるのか。
といった質問内容でした。 
猫にも性格があるので、
家族構成を知ることが重要だと言っていました。
私は爪のない猫をみたことがないのですが、
こちらでは、家具を守るために、
ねこが小さいうちに爪を取ってしまって、
もう2度と爪が生えないようにする人が多いそうです。
ただ、そうすると防衛能力がなくなってしまい、
万が一、そとに出たりした場合何もできずにすぐに死んでしまうそうです。
さらに、かかとの一部を傷つける行為だそうで、
爪を抜かれた猫は、一生痛みを伴って生きな
ければならないそうです。 
こちらでは、野生のコヨーテなどが多くいるので、
そとに出して、はぐれて茂みなどに入って
コヨーテに襲われるケースがとても多いそうです。
猫を守るため、このような質問を事前に行って、
店員がふさわしい飼い主かどうか見極めるそうです。 
さらに、申込み用紙があり、そこにアパート住まいの場合、
大家のサインが必要とのことでした。 
店員の面接、申込用紙と大家のサイン、これらをクリアして、
いよいよ最終段階で、猫のオーナーとの面接があるそうです。 
この面接にパスして初めて猫の養子縁組が成立するそうで、
ほとんどのペットショップがこのような形をとっているそうです。

私は、環境になじんでもらうために、小さい(若い)猫が欲しくて、
2件ほど気に入った猫を見つけたのですが、管理人のサインはもらえたものの、
大家のサインがもらえそうになく、
申込書を記入することができませんでした。 
ペットショップ側の大家のサインでなければならないと主張していたので、
ペットショップから買うことをあきらめなければなりませんでした。

そこで、インターネットで子猫を探して、買いに行きました。 
なかなか家ですごす時間が少ないので、
猫がさみしくないように、はじめから2匹飼おうと決めていました。
ところが、買いに行った先の猫が2匹だったのですが、
行くまでの間に1匹売れてしまい、
最後の1匹になってしまっていました。
その一匹を買い、あとからもう一匹飼うことにしました。
2週間後にもう一匹、農家で猫が生まれたというところから飼ってきました。
初めは、ケンカしていた2匹ですが、
4日も経つとすっかり仲良くなって、
今では大親友のようにふるまっています。
名前はマチルダとフロイドにしました。
2匹が私の今の癒しとなっています。
たとえ日本に帰ることになっても、
2匹だけは絶対に連れて帰ろうと決めています。 
予防接種がまだ済んでいなかったので、
先日動物病院に連れて行きました。 
マチルダのほうは問題なかったのですが、
農家から飼ってきたフロイドは、
耳が汚いと思ってよく掃除していたのですがなかなかきれいにならず、
先生に相談したところ、「耳ダニが居ます」とのことでした。
さらに、お腹に寄生虫が入り込んでいて、
目の感染症を起こしているとのことで、とてもショックを受けました。
早い段階で連れて行って本当に良かったと思っています。
今ではすっかり元気になり、すくすく育っています。

近所のペットショップに、猫用のトイレの砂はキャッフードを買いに行くのですが、
パッケージには英語だけでなく、中国語、アラビア語、ドイツ語、フランス語、
韓国語、日本語など様々な言語にて記載がされています。

パソコンに疎いので、もしかしたらうまく添付されていないかもしれませんが、
猫の写真を送りますね。

(可愛い猫たちの映像は届いているのですが,なぜかアップできません。
ごめんなさい!)

近藤千恵

« 千恵さんの「カナダ報告」 2年目(6) | トップページ | 生徒からのアドバイス »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千恵さんの「カナダ報告」 2年目(6) | トップページ | 生徒からのアドバイス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ