« 明後日は,新所沢たの授サークル | トップページ | 「インフル」が町にやってきた!(9) »

2012年2月 2日 (木)

肥さん選の「洛中洛外日記」冊子

「新古代学の扉」の中にある「古賀達也の洛中洛外日記」は
2005年に始まり,最近の「第379話「新たな論客の出現」 2012/01/25」まで
実に長きにわたって続けられている。(7年目。平均6日で1話)

「新古代学の扉」

厳密性の要求される論文よりは堅苦しくなく,
しかし古代史研究のヒントや示唆に富むもので,
私のような古代史ファンには魅力たっぷりのシリーズである。
そこで,この「夢ブログ」でも時々紹介することがあるのだが,
その価値は計り知れないものがある。

いずれは出版物になると思うのだが,
それを待っていてはいつになるか分からないので,
私の「お気に入り集」みたいのができないかな?と思っている。

全部で379話のうち,私好みの50~100話を選んでコピーし,
日常的に持ち歩ければ,私のノーミソを刺激する冊子に!
そんなことを今考えている。

« 明後日は,新所沢たの授サークル | トップページ | 「インフル」が町にやってきた!(9) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明後日は,新所沢たの授サークル | トップページ | 「インフル」が町にやってきた!(9) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ