« なぜ日本語にはいろいろな読みがあるのか~呉音と漢音の話 | トップページ | ガリ本『夢は今も』 »

2012年2月22日 (水)

情報リテラシーの出張

情報リテラシー(じょうほう - 、information literacy)とは,
情報 (information)と識字 ( literacy) を合わせた言葉で,
情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のことである。
「情報活用能力」や「情報活用力」,「情報を使いこなす力」とも表現する。
その出張が昨日あり,5校時の最後に抜けて行ってきた。

講師は藤川大祐さん(千葉大学教育学部教授)で,
場所は所沢市教育センターであった。

藤川さんはお母さんの出身が所沢で,
時々寄られるそうである。
私も母が所沢出身なのでそこがまず第1の共通点。

また,今から20年ほど前に,
教育技術の法則化運動が盛んな頃,
郵送資料のまとめ役をしていただいた記憶がある。

若い頃からマメな方であったが,
講座の内容もパワーポイントにまとめ,
話もわかりやすかった。

今若い人たちを取り巻く環境は,
玉石混交のサイトや高度に発達したケータイのために
大きく変わってきている。
その中で真に主体性をもって
これらを活用していけるかどうかに,
情報リテラシーの存在価値があると思った。

少なくともそれに照らして
恥ずかしくないサイトとして評価されるよう,
この「夢ブログ」も精進していきたい。

« なぜ日本語にはいろいろな読みがあるのか~呉音と漢音の話 | トップページ | ガリ本『夢は今も』 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ日本語にはいろいろな読みがあるのか~呉音と漢音の話 | トップページ | ガリ本『夢は今も』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ