« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 昨日の部活動 2/8 »

2012年2月 8日 (水)

プロフェッショナル「言葉の力SP」

月曜日の「プロフェッショナル」を録画しておいたのを
先ほど視聴した。「言葉の力SP」だ。
久しぶりに「夢ブログ」におこして,おすそ分けしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野佳路(星野リゾート経営)

「おまえが考える七割で良しとして,ほめてやれ」
(学生時代にアイスホッケー部の監督から言われた言葉。
リーダーの心構えを教えてもらった)

山口千尋(靴職人)

「得るは,捨つるにあり」
(留学を際して思い出した言葉。
覚悟を決めさせてくれた)

鈴木敏夫(プロデューサー)

「どうにかなることは,どうにかなる。
どうにもならんことは,どうにもならん」
(寺に貼ってあった言葉)

塚本こなみ(樹木医)

「人生は一本の線ではない。
一日という点が連続して,一本の線になる」
(今日一日できることを考えて木に向かう)

坂東玉三郎(歌舞伎役者)

「型破りな演技は,型を知らずにはできない。
型を知らずにやるのは,型なしというのだ」
(師匠からのアドバイス)

岩井希久子(絵画修復家)

「人は変えられないが,自分は変われる」
(受け止め方を変えれば,事態はがらっと変わるかもしれない)

秋山正子(訪問看護士)

「まだ山は降りていない,登っている」
(末期がんの患者が死の8日前に言った言葉
新しい世界を見せてもらった)

齊藤慶輔(獣医師)

「決まった路はない。ただ行き先があるのみだ」
(悩んでいる時にロシア人の運転手から言われた言葉。
自分を見失わずに努力していけば,目標に行き着く)

隈研吾(建築家)

「自分の場所に誇りを持つ人間が好きだ」
(学生時代に教授から教えられたリンカーンの言葉。
結局建築というのは人間が作っているものなのだ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もいい言葉にたくさん出会うことができた。
人間はやはり言葉とともに生きていく動物なのだなあ。
元気が出てきた。

« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 昨日の部活動 2/8 »

プロフェッショナル」カテゴリの記事

コメント

古田武彦(歴史研究者)
「やりすぎを恐れるな。やらなすぎを恐れよ」

というのはどうです。
「市民の古代」創刊号に出ていました。


他に私が好きなのは

湯川秀樹(物理学者)
「一日生きることは、一歩進むことである」

あじすきさんへ
コメントありがとうございます。

どちらの言葉もいいですね。
古田史学関係だと,
「師の説に・・・」や
「歴史は足にて・・・」というもの捨てがたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 昨日の部活動 2/8 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ