« 保護者会(2学期編) | トップページ | 師匠は「両利き」のガンマン »

2012年2月17日 (金)

今度はトマト

トマトがダイエットに効果があるという話題で,
トマトやトマトジュースが品薄となっているという。
私は一過性のものと思っているが,
これも1つの「歴史」と思い,記事を転載しておくことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トマトジュース、脂肪燃焼効果の論文で品薄状態

トマトの成分に脂肪燃焼効果があるとの論文が今月10日に発表・報道された後、
各地のスーパーでトマトジュースが爆発的に売れ、品薄状態に陥っている。

消費者がダイエットや健康に良いとされる食品に殺到する「フードファディズム」と呼ばれる現象だ。
今回はテレビ番組が発端だった過去の多くのケースと様相が異なるが、
スーパーやメーカーの担当者からは「またも繰り返されたか」との声が上がっている。

14日、大阪市中心部のスーパー。「トマトジュースありますか」と口々に尋ねる客に、
店員が何度も頭を下げていた。「一気に売り切れ、入荷もまだで……」

同店では、以前は1日に数本程度だった900グラム入りジュースが
先週末から3倍のペースで売れ、たちまち品切れに。
まとめ買いをする中年男性が目立つという。
来店した会社員(43)は「メタボ対策になると聞いたので、これだ、と。
ほかの店を探します」と残念そうに話し、
店員は「売れるのはありがたいけど、ブームに振り回されている気分」と苦笑いを浮かべた。

発端は、トマトに含まれる物質が血中の中性脂肪の値を下げることが
マウスの実験で確認されたとする、京都大や食品メーカーなどの共同研究論文。
研究チームは「ダイエット効果を確認するには、さらなる実験が必要」としたが、
「人間に置き換えればジュース200ミリ・リットルを1日3回飲むのに相当する」とも説明、
手軽さも合わさって消費者の期待感をくすぐったらしい。
(読売新聞)

京都大の河田照雄教授は「有効成分は確認されたが、
これだけをサプリのように取るのではなく、
トマトなど新鮮な野菜をたくさん食べることが大切」と話している。

また、効果を得るには毎食時200ミリ・リットルのトマトジュースを飲む必要があるとのこと。
河田教授は「ダイエット効果を確認するには、さらに実験を重ねる必要がある」と話しています。

« 保護者会(2学期編) | トップページ | 師匠は「両利き」のガンマン »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保護者会(2学期編) | トップページ | 師匠は「両利き」のガンマン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ