« 肥さんの「点数アップ」プリント | トップページ | ガリ本『のほセン日記』 »

2012年2月24日 (金)

「聖徳太子」はいなかった

聖徳太子といえば,
「推古天皇の摂政をした」とか,
「10人の話をいっぺんに理解した」とか,
「法隆寺を建てた」とか,
「遣隋使を送った」とか,
「冠位十二階を定めた」とか,
「十七条憲法を作った」とかいうことで
古代史のスーパースタートして,
かつて歴史教科書に華々しく書かれていたものだ。

ところが今ではその実在さえ疑われ,
「聖徳太子はいなかった」という題名の本さえ
書かれるまでになっている。
「聖徳太子」は実在したのか,しなかったのか,
その問題について簡単に書いておきたい。

(0) まずはじめに,その名前である。
「聖徳」・・・素晴らしい
「太子」・・・男の人,皇太子
とても固有名詞とは言いがたい。
そのことにまず気が付いてもらいたい。

(1) 聖徳太子が遣隋使を送ったとされるが,
その史料的根拠は「隋書イ妥国伝」の中の
「日出づる処の天子,日没する処の天子に致す。
恙(つつが)無きや」という有名な部分である。
天子の名前もわかっていて,阿毎・多利思北孤。
阿蘇山を近くにいだく九州の支配者だ。

「サブの聖徳太子とトップの推古天皇を間違えたのだ」
という説もあるが,
隋の使いはこの天子に会っていると書かれ,
性別も地位も違う2人を間違えるなんて
それこそありえない話である。

(2) 冠位十二階について,
それと似たものが隋書イ妥国伝に入っている。
日本書紀はそれを改変したものにすぎない。

(3) 十七条憲法については,
いろいろな内容が入っているが,
基本は「主従関係を求めるもの」で,
サブの聖徳太子が定められるものではない。

(4) 遣隋使も九州の勢力が送った使いで,
大和は代理役としての役割を果たしていたに過ぎない。

(5) 法隆寺は謎の多い寺で,
「一屋残す処なく焼失した」のに「本尊の釈迦三尊像」が
残っているなど,疑問点をあげればキリがない。
なのに日本書紀に再び登場し,
再建・非再建論争が戦わされたほどだ。
本尊の光背には法興という九州年号や
大和の人間関係とは違う人間関係が書かれている。
(ということは,九州王朝の人間関係のものだということ)

総じていうと,法隆寺は九州から移築されてきた
阿毎・多利思北孤関連の寺で,
五重塔の心柱の年輪年代法による分析から,
白村江の戦いで倭国(九州王朝)が大敗し滅亡したあと,
大和に解体・移築されたものと思われる。
(法隆寺の近くに「留置」という興味深い地名があると,
『法隆寺は移築された』という本で知った)
また,その他の寺も同様に解体・移築されたであろう。

結論的にいうと,白村江の戦いに斉明天皇の喪に服す
という理由をつけて参戦しなかった大和が,
倭国滅亡後作った日本書紀の中で,
(日本書紀は「日本は昔から大和が中心であった」
とする歴史思想書である)
阿毎・多利思北孤と厩戸皇子をダブらせる形で
聖徳太子として描き,それが大和中心のシンボルとして
人々の心に強く焼きついたのだということだ。

しかし,歴史の真実でないものはやがては白日の下にさらされ,
今や「聖徳太子はいなかった」という段階まできている。
だがしかし,大切なのはその先で,
なんで実在しなかったものを
実在したとしてスーパースターにしたかということだ。
その疑問にしっかり答えているのは,
古田武彦氏の唱えている九州王朝説しかないと思う。
(7世紀末まで九州王朝が日本を代表し,
8世紀初頭から大和政権がそれに替わった)

ちなみに大化というのは九州年号で,
695~703年まで続いた。
日本書紀はそれを50年遡らせて歴史を改竄(かいざん)したのだ。
大和政権が初めて年号を定めたのは,
大宝元(701)年であると,自ら「続日本紀」で記している。
(最近『「九州年号」の研究』が出版された)

3月10日に飯能・日高サークルで
聖徳太子について話をするということで,
その予習として書いてみた。

« 肥さんの「点数アップ」プリント | トップページ | ガリ本『のほセン日記』 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

興味深いですね。
真実を知りたいです。

九想さんへ
コメントありがとうございます。

人間の欲求って,
「毎日をたのしく過ごしたい」というのと
「本当のことが知りたい」というのと,
だいたい2つに絞られるような気がします。

私の場合,前者には仮説実験授業があり,
後者には古田史学があるので,
本当にラッキーな出会いをしたなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんの「点数アップ」プリント | トップページ | ガリ本『のほセン日記』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ