« 昨日の部活動 1/22 | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

2012年1月23日 (月)

『家政婦のミタ』

最近よく生徒たちが話題にしているテレビ番組に,
「家政婦のミタ」がある。
市原悦子主演の「家政婦は見た」というものがあるが,
これは松嶋菜々子主演の最近のものだ。

001_2

主人公・三田灯(みたあかり)は家政婦として阿須田家に派遣されるが,
家事は万能,知識は幅広く,謎の鞄には何でも必要なものが入っていて
まるでドラえもんみたいだ。(おまけに武術にも心得がある?)

しかし,そんな彼女には感情がまったくなく,笑顔が見られない。
それはどうも彼女の過去と関係がありそうだが・・・。

さて,派遣された阿須田家が,またひどい家庭崩壊状態。
父親の浮気で母親が自殺するわ,子どもたちは我儘だわ・・・。

そんな中,いろいろなできごとを通して,
灯は感情や笑顔を取り戻していけるのか?
また阿須田家の再集結はなるのか?

私は最終回の一部しか観ておらず,本を通してのみの感想だが,
灯のせりふがグサッとくる。「心をえぐる」のだ。

いじめについて,社会について,人間のあり方について・・・
他の登場人物から尋ねられた灯は,自分の考えをぶちまける。
その答えがシンプルなだけに,衝撃力をもって視聴者に伝わる。

また,本の後半には「7人の証言」というのが付いているが,
これは『告白』で使われた「間接フリーキック」の手法かなと思う。
本人が語るだけでなく,他の人物に語らせると,
さらに話に深く入っていけるから不思議だ。

私は「マルモのおきて」のようなあったかい家族論の方が好きだが,
この番組もある意味の家族論なのだろう。
「家政婦のミタ」はスリルとサスペンスに満ちていて,
夏の暑さを吹き飛ばす「怪談」として使えるかもしれない。
何もこのシーズンに放送しなくても・・・とは思った。

« 昨日の部活動 1/22 | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 1/22 | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ