« スキー林間のしおり集会など | トップページ | 「6分の6」を乗り切る »

2012年1月14日 (土)

古代日本ハイウェー覚書

一応以下の3つのかたまりで古代日本ハイウェーを考えている。
もちろん3つは絡まっているわけだけれど・・・。                                       

(1) 鴻臚館 → 古代官道・東門ルート → 太宰府政庁(6世紀?)
    (博多)   古代官道・西門ルート     〃   

(2) 九州王朝の副都・前期難波京? → 各地への七道(東海道・山陽道・山陰道・
    (7世紀前半)              西海道・南海道・東山道・北陸道)
                          (7世紀第3四半世紀~)

(3) 藤原京(652年) → 上ツ道 → 平城京(710年)
                  中ツ道
                  下ツ道
                  (この他に2本の横大路)

« スキー林間のしおり集会など | トップページ | 「6分の6」を乗り切る »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スキー林間のしおり集会など | トップページ | 「6分の6」を乗り切る »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ