« アランの幸福論 | トップページ | グラフは世の中の役に立っている! »

2012年1月 3日 (火)

風邪は峠を越えた

「風は峠を越えた」なら爽やかな小説の書き出しだが,
私の場合は「風邪は峠を越えた」といったところだ。
心配した体重はマイナス1キロで,
なんと風邪で「正月ダイエット」をしてしまった。

愛宕神社のおみくじは「半吉」だった。
「えー,半吉なんてあるのー?」
内容があまりにも悲観的なものだったので,
境内の木の枝にくくりつけてきた。
先ほど「半吉」で検索してみたら,以下のように出ていた。
「半吉』の意味は、「吉凶が該当期間を通して半々ある運」です。
また、神社によって入っていない事が多い レア?な、おみくじです。
なお、おみくじの順位は、『大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、
凶、小凶、半凶、末凶、大凶』らしいです」
内容からいうと,吉と凶の間なんだけどなあ。

「TAGEN」(2012年1月号)が年賀状とともに届いた。
古田さんの巻頭論文は「日韓友好の礎~竹島問題の中で」であった。
領土問題に狭めず,学問として竹島問題を展開する姿勢が素晴らしい。
もう1つ,藤田さんの「日本書紀・古事記の検索HP」。
これで古代史の研究がスピードアップしそう!

本日「背景画」を「コタツとみかん」に戻した。
字が読みにくい感じがしたためである。

以下の2つのアラン関係のものは,
興味のない方は飛ばして下さい。
長文&ほとんど引用ゆえ。

私は「人は幸せだから笑うのではなく,
笑うから幸せになるのだ」という言葉は聞いたことがあった。
そうだ!接遇関連の仕事の女性アドバイザーが
転職組のタクシードライバーたちにそう叫んでいた。
彼女はアランの「幸福論」を利用していたんだ。

« アランの幸福論 | トップページ | グラフは世の中の役に立っている! »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アランの幸福論 | トップページ | グラフは世の中の役に立っている! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ