« 肴やへのお年始 | トップページ | 昨日の部活動 1/9 »

2012年1月 9日 (月)

冬の大会2012(3日目)

今回のホテルは,会場まで1分という素晴らしい環境の
コンフォート刈谷であった。
そこの504号室で,このブログが早朝作られていた。

004_2

昨日も全体会から始まった。

・松崎さん「磁石につくものつかないもの」
・多久和さん「太陽系の成り立ち」
・出口さん「もっともっと理科をがんばりたい」
・村西さん「子どもは何月何日に生まれるか」
・岸さん,根本さん「世界史と日本」

005_2

そのあと,板倉講演。
「集会をするということ」「自分の知識に「束縛」される」
「松阪の一夜」「戦後の教育運動」など

006_2

全体会~閉会へ
私は「お店」の片付けをしていた。

今回の冬の大会は,全体会を中心としながら
「授業書改訂」に関わる意欲的な発表が多かった。
その分「私の出る幕」はなかったが,
参加して良かったなあと思える意欲的な大会であった。

実行委員会の皆さん,参加者の皆さんに感謝します。
最終的には,170人ほどの参加者だったようです。

« 肴やへのお年始 | トップページ | 昨日の部活動 1/9 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

今年もお世話になります。
毎日充実した日々を過ごしていますね。

よろしくお願いします。    翔空

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

夏の大会,冬の大会と仮説実験授業の大会に連続参加しましたが,
これは大成功でした。
教育におけるたのしい授業の必要性が再確認できましたし,
古代史についても相乗効果的に意欲が湧いてきています。
これで元気な50代への自信がつきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肴やへのお年始 | トップページ | 昨日の部活動 1/9 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ