« 小川駅~恋ヶ窪駅間のフィールドワーク | トップページ | あわただしい大晦日 »

2011年12月31日 (土)

所沢の鎌倉街道を辿る 【弐】東山道武蔵路

「所沢クチコミサイト・フォートラベル」というサイトに,
STAMP MANIAさんという方が,
「所沢の鎌倉街道を辿る 【弐】東山道武蔵路」という旅行記を載せていた。
(「所沢 東山道」で検索するとトップで出ます)

そこで私は,お礼の言葉とともに,
以下のようなメールを差し上げた。

「STAMP MANIA様

新所沢に住んでいる肥さんです。
東山道武蔵路について調べているうちに,
STAMP MANIAさんの旅行記に出会いました。
ここ数ヶ月私がたどった道を再び写真で辿れて,
不思議な感慨を持ちました。
素晴らしい報告をありがとうございます。

私は古田武彦という歴史研究者に学んでおり,
東山道など全国6300キロにわたる古代日本ハイウェーを
建設した主体として倭国(九州王朝)を想定しております。
(逼迫するアジア情勢の中で軍用道路として建設した)
それが,7世紀後半の白村江の戦いで大敗。
その後日本を治めることになった日本国(大和政権)が
唐の命令か,あるいは唐に遠慮して廃棄したので,
わずか100年のうちに廃れていってしまったと考えています。

九州王朝説をご存知ない方にとっては
「何のことを言っているのかよくわからん」と思われると思いますが,
お知らせだけはしておきたいと思い書かせていただきました。

もしよろしかったら,私のサイトにも遊びに来て下さい。
「肥さんの夢ブログ」と申します。
http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/」

もし訪問していただけたら大変うれしいな。
フィールドワークにもご一緒したいと思っている。

« 小川駅~恋ヶ窪駅間のフィールドワーク | トップページ | あわただしい大晦日 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小川駅~恋ヶ窪駅間のフィールドワーク | トップページ | あわただしい大晦日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ