« 昭島サークル2011年12月例会 | トップページ | 昨日の部活動 12/18 »

2011年12月18日 (日)

古代史フィールドワーク

昨日は午前7時半から11時半まで,
古代史フィールドワークをした。

(1) 所沢中正門付近も発掘を!

フラワーヒル→所沢新町→花園→松葉町→緑町→泉町と
南下を続けた東山道武蔵路は,
どうやらけやき台の所沢中・正門付近を通るようだ。
確認の意味で,ぜひ発掘をしてほしい。

007_2

(2) NТТ東日本も発掘を!

同様に,もと電信電話公社の広い敷地も通過しそうだ。
東西に細長~いトレンチを入れてほしいな。

(3) 南陵中校庭にソイルマークは出ないか?

南陵中校庭(いわゆる「東の上遺跡」)には
幅12m幅のソイルマークが出ていないかと思って立ち寄ったが,
残念ながら分からなかった。
南陵中の南にあるアパート辺りがその位置の目安。

003_2

(4) 東村山ふるさと歴史館

勅使河原先生(考古学)が関わっているというので寄ってみたら,
その立派な展示に驚かされる。
東山道武蔵路についての写真や資料が豊富で,
私としてはうれしい限りだ。
発掘による推定だが,八国山も通過しているようだ。
千葉敏朗さんという職員の方との新しい出会いがあった。
また,千葉さんの著書『縄文の漆の里・下宅部遺跡』(新泉社)にも出会えた!

004_2

(5) 八国山たいけんの里

千葉さんからご案内いただいて,
東村山ふるさと歴史館から西に歩くこと1キロ。
そこには,下宅部遺跡(縄文時代を中心とした複合遺跡)の
豊富な出土物が展示してある八国山たんけんの里があった!
縄文時代の木製品の出土にまずびっくり!
また,注口土器や漆塗りの道具類は,
青森の是川遺跡を彷彿とさせるものがあった。

012_2

(6) 東山道武蔵路は八国山を越えたようである!

北山小学校の北側の八国山は意外と標高が低く,
馬を下りて引いていけば簡単に越えられそうだった。
私も歩いて尾根道に上がったが,
ハイキングをする人やロードレースの練習をする人に
何人も出くわした。
迂回するほどの勾配ではないという感覚は,
フィールドワークならではの発見だ。
特に将軍塚付近は発掘もされていて(八国山緑地),
元弘の碑(1333年)の出土地でもあるので,
古代から道があっても不思議ではないと思った。

005_2

006_2

(7) 『縄文の漆の里・下宅部遺跡』も入手!

八国山の尾根道から下り,東村山駅前のあゆみ書店で,
先ほどの千葉さんの『下宅部遺跡』の本を入手した。
写真も多く分かりやすい記述で,好感が持てた。
なお,東山道武蔵路は,東村山駅北の踏み切り付近(西側)を通り,
さらに南下して国分寺方面に向かう。

010_2

このようにして,発見あり,人や本との出会いのあった
充実したフィールドワークは,ここに幕を閉じた。

« 昭島サークル2011年12月例会 | トップページ | 昨日の部活動 12/18 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭島サークル2011年12月例会 | トップページ | 昨日の部活動 12/18 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ