« 気仙沼のほぼ日 | トップページ | 哲学堂便り »

2011年11月 2日 (水)

3年生との交流会

昨日3年生のあるクラスと交流会を行った。
合唱コンの練習の一環としてである。

先週そのクラスの担任の先生から申し出があり,
声量についてパワーアップを計りたい私としては
「論より証拠」「百聞は一見に如かず」の例として,
昨日の時間に期待した。

3年生の歌う「走る川」は,迫力満点だった。
態度・・・「さあ,歌うぞー」という緊張感があった。
声量・・・特に男子が重厚感のある低音を響かせていた。
     女子もそれに負けず頑張っていた。
曲想・・・曲全体にわたって強弱を表現していた。

それに比べると我がクラスの「変わらないもの」は,
声量にしても強弱にしても
まだまだ改良の余地アリと思ったのではないだろうか。
もしそうであったらなら,
昨日の交流会は「成果があった」ということだ。

3年3組の皆さん,どうもありがとう!
ぜひ「走る川」にさらに磨きをかけて,
優勝をめざしてほしい。
私たちも皆さんの「走る川」に刺激を受けて,
私たちの「変わらないもの」を高めていきたい。

« 気仙沼のほぼ日 | トップページ | 哲学堂便り »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気仙沼のほぼ日 | トップページ | 哲学堂便り »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ