« がんばれ楽天(63勝目) | トップページ | 私と生徒と仮説実験授業(美原中時代) »

2011年10月10日 (月)

『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』

小林弘幸著,サンマーク出版刊,
1400円+税の上記の本を今読んでいる。

「副交感神経が人生の質を決める」という副題の通り,
交感神経と副交感神経のバランスの大切さを
説いている本である。

015_2

興味を持った内容をいくつか列挙してみよう。

・女性が男性よりも長生きするのはなぜだろう?
・副交感神経の働きを高めることが「最高の健康法」
・ゆっくり動くと健康になる
・足裏を揉むだけで全身のバランスがよくなるのはなぜだろう?
・睡眠不足は自律神経の大敵である

・腸内環境が悪化すると太りやすくなる
・食事を抜いてもダイエットに成功しない理由
・運動するなら,朝と夜,どっちがいいのか?
・「笑顔でがんは治る」はあながち嘘ではない
・自律神経のバランスを整える日記の活用法

今まで「理由は分からないが健康にいい」と
言われてきたことが,
「交感神経と副交感神経のバランスで説明できる」
というのが著者の主張なので,
ホントかなあと思うものもあるが,
これからも健康法には関心を持っていきたいと思う。

ちなみにこの本,20万部も売れているそうだ。

« がんばれ楽天(63勝目) | トップページ | 私と生徒と仮説実験授業(美原中時代) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がんばれ楽天(63勝目) | トップページ | 私と生徒と仮説実験授業(美原中時代) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ