« 「井上円了」の再放送 | トップページ | 教室を「飾る」ものたち »

2011年10月18日 (火)

さすらいの手品師・肥さん

昨日前任校からの異動の荷物の中から
手品グッズを発見し,
うれしかったので教室で3つも披露してしまった。
(これらはどれも仮説社で購入したものです)

(1) ザ・タバコ

「実は,昔私はヘビースモーカーだったんです」
と言って手品の入れ物からタバコを取り出して吸うマネをする。
「しかし,健康のことを考えてきっぱりやめました」
と言ってタバコを入れ物に戻して真ん中へんを押す。
すると,なんとタバコが3つに切れて現れる。
生徒が驚いているうちに,「でも,時々吸いたくなります」
と言って入れ物の真ん中へんを押し戻すと,
あーら不思議,元の1本のタバコに戻っているというもの。

008_2

(2) スーパーボールと反正ボール

2つの同じ色をしたスーパーボール。
1つはよく弾み,楽しく遊べそう。
もう1つのボール。同じ高さから落とすと,
なんと全然弾まずに「ボテッ」という感じで床や机上に鎮座。
左側や右側に移動して,両方のボールを弾ませてみせる。
生徒がどうしてだろうと不思議に思ったところで,
「クラスにはいろんな人がいます。最初のボールのように,
よく弾んでみんなを楽しませてくれるスーパーボールのような人。
ところが,2番目のボールのように全然弾まず,
よくわからないヤツもいるよね。
これはいったいどういう役に立っていると思いますか?」
(たいてい「衝撃を吸収する」と出る)
「そうなんです,私たちは弾むボールの方だけ評価しますが,
実は2番目の「弾まない」=「衝撃を吸収してくれる」という個性を
見逃しているのではないでしょうか。
いろんな個性を大切にするクラスでありたいものですね!」

007_2

(3) 成長するサイコロ

「ここに小さなサイコロがあります」と言って,
手のひらに載せて生徒たちに見せる。
「でも,こんなサイコロも頑張れば成長できるんです」
と言って,黒いプラスチックの皿のへこんだ部分に入れる。
そして,フタの皿をのせ回転させながら「成長しろ,成長しろ」
と呪文を唱えると,あーら不思議,
皿の上に何倍にも成長したサイコロが載っている。
生徒が驚いているところに,さらにたたみかけ,
「さあ,サイコロよ。もっと成長しろ,成長しろ」
と再度呪文をかけると,さらにあーら不思議。
もっと大きなサイコロが登場して生徒たちを驚かすというもの。

006_2

今回は大サービスで3つ披露したが,
本当は2つにしておいた方がいいのだ。
1つだと物足りないので「じゃあ,リクエストにお応えして」
という形でやれるし,1度3つやってしまうと
次回も3つやってもらえると思うのが人情なので,
「適正規模は2つ」と覚えておこう。

あと,手品はやる方と見る方の
相互コミニュケーションの学習でもあるので,
以下のような注意をしておくことも忘れてはならない。

(1) 「それ知ってる」とか「ぼく持ってる」とか言ってはならない
(2) 手品を間近で見たり横からのぞいてはいけない
(3) タイミングの良い拍手は手品師にとって最高の報酬である

« 「井上円了」の再放送 | トップページ | 教室を「飾る」ものたち »

今月の手品」カテゴリの記事

コメント

手品おもしろかったです(◎´∀`)ノ


またやってください!

楽しみにしてます(*゚ー゚*)

えんどうさんへ
コメントありがとうございます。

また今度やりましょう。
楽しみにしていて下さい。

今後はタイミングの良い拍手をしますね

koesann!!! さんへ
コメントありがとうございます。

そういうやりとりが手品師のやる気を起こす!
と私は思うのです。
今後もよろしくお願いしますネ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「井上円了」の再放送 | トップページ | 教室を「飾る」ものたち »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ