« 歴史秘話ヒストリア(卑弥呼) | トップページ | 校庭での練習と「必勝寄せ書き」 »

2011年10月28日 (金)

ドラフト会議と個人の進路

昨日のドラフト会議では,
大学の「ビッグ3」の投手の指名が注目された。

その中で菅野投手(東海大)は
現・巨人監督(原辰徳)のおいということもあり,
巨人の単独指名かと思われていた。

しかし,ふたを開けると巨人のほかに日本ハムも指名し,
抽選の結果日本ハムに交渉権が与えられてしまった。
巨人と菅野投手にはかなりのショックだったろう。

しかし,プロ野球がドラフト会議を採用しており,
菅野投手もその機構に「就職」する以上,
肉親の監督のもとではなく
ぜひ「武者修行」の道を選んでほしいと思う。

日本ハムには斉藤祐投手という良き先輩もいる。
彼に学んでプロでの実績を積んでから,
巨人に移籍しても遅くはないと思うからだ。
(今パ・リーグには良い投手が他にもたくさんいる)

« 歴史秘話ヒストリア(卑弥呼) | トップページ | 校庭での練習と「必勝寄せ書き」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史秘話ヒストリア(卑弥呼) | トップページ | 校庭での練習と「必勝寄せ書き」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ