« がんばれ楽天(62勝目) | トップページ | がんばれ楽天(63勝目) »

2011年10月 9日 (日)

古田武彦氏講演会イン京都

『俾弥呼』の出版を記念して催された上記の講演会に,
昨日万難を排して?出かけてきた。
もちろん20数年にわたる学恩の感謝してである。

場所は,京都文化教育センター
時間は,午後1時半~4時

400人近い聴衆がつめかけ,
何人もの知人にお会いすることができた。

第1部で「よみがえる卑弥呼」という講演会。
第2部で水野さんと古賀さんとのやり取り。
そのあと,質問コーナーとサイン会といった流れだった。

012_2

014_2

013_3

講演内容は,「三国志」は里程で読む。
「3つの序文」問題。
「ひめ島」問題などだった。

11月の古代史セミナーでは,
宗教論も語る予定とのことだ。
楽しみー!

私は長蛇の列(50人以上)になったサイン会を遠慮して,
会場を後にした。

帰りに京都タワーに寄って,夕食を食べた。
ビールセットと特選セットで合計1450円だった。
京都タワーは3階に本屋,地下1階に食堂,
地下3階に浴場と理髪店があって,
これからもお世話になることがありそうだ。

006_2

008

007

009_2

午後11時発のJR高速バス「ドリーム4号」にて,
帰途に着いた。(休日のため8100円とちょっとお高め。
でも往きの新幹線1万3000円よりは安いけど・・・)

010

011_2

今回役に立ったもの・・・ノートパソコン。
デジタル録音機。デジタルカメラ。

« がんばれ楽天(62勝目) | トップページ | がんばれ楽天(63勝目) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
私はサイン会のラスト3人目でした。しかも時間切れ
(5時半までだったらしい)で1階の懇親会会場横の
スペースに場所を移してのサイン会続行。
古田先生は相手の名前を書き入れ、丁寧にサインを
されていて、それで時間がかかったわけですが、先生の
おやさしい人柄が感じられて待つ時間はまったく無駄に
なりませんでした。
(うしろの人とパーティ会場を指して「あっちに紛れ込ん
で一杯飲んでから戻ってきましょか」などと笑いながら
列んでました)
残念だったのが最後の質疑応答。
「九州王朝の最後は禅譲だったのか放伐だったのか?」
というテーマで、「禅譲」という考えは何が根拠となって
いるのかお聞きしたかったのですが、指名されることなく
講演会は終わってしまいました。
もし質疑応答で指名されたら、
「肥沼先生の夢ブログで時々しょーもないコメントしている
ツォータンと申します!」
と言うつもりだったのですが(笑)

ところで肥さんは、ひょっとして黄色い服を着ておられま
せんでしたか?
「あの方はひょっとして」と思ったのですが私は全く逆の
左端一番後ろの座席だった上、一瞬だけ視線が合った
とき鋭い視線を浴びせられて思わずひるんでしまい、
声をかける勇気が出なかったのですが…。

意気地無しのツォータンですみません(涙)

ツォータンさんへ
長文のコメントありがとうございます。

右側の後ろの方の半そでの男が私です。
「するどい視線」ではなく,
きっと会場が暗いので「目をこらして」いたのでしょう。

1泊して秋の京都をとも思いましたが,
たくさん観光客が来ていて,
私の乗った市バスも超満員でした。

お元気なうちに古田さんや板倉さん(仮説実験授業)に
お世話になることができて,
私は本当に幸せ者だなあと思います。
まだまだその「恩返し」には時間がかかりそうですが,
この「夢ブログ」からそれを少しずつ始めているところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がんばれ楽天(62勝目) | トップページ | がんばれ楽天(63勝目) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ