« 田辺さんの岩手・震災ボランティア報告(1) | トップページ | 全員リレーが最下位に! »

2011年9月 8日 (木)

田辺さんの岩手・震災ボランティア報告(2)

田辺さんの岩手・震災ボランティア報告の2回目。
今回は,例のハードな「がれき処理」の話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日、6時起床。7時過ぎにまごころネット本部前に到着。
昨日もそうだったが、中央玄関前はたくさんの人。これだけの人が集まると壮観である。
東京の大学生の団体、神奈川の高校生の団体、国際色も豊かで、
気づいただけでも、韓国人・中国人・アメリカ人・インドネシア人など、
主に留学生や若者のようだが、高齢の欧米人の女性(来るとき同じ列車だった)の姿も目にする。

7時20分にラジオ体操。7時30分から代表の佐藤正市さんが本日の予定の説明。
すでに希望者は自分の行きたい場所に書き込みを入れているが、
大槌町のお寺のガレキ出し・泥出しの募集が125人、
陸前高田市気仙町の魚の後片付け・ガレキ撤去が187人、
釜石市箱崎町のガレキ撤去62人、大槌町「海の盆」会場撤去10人、
求人票から釜石市カフェ運営3人、大槌町花壇作り・草花の水遣り10人など、
約400人のボランティアの割り振りがあっという間に決まっていく。
私は今日は陸前高田班に参加。
それにしても、これだけたくさんのボランティアが集まるということはすごいことだし、
個人ボランティアも含め、希望するボランティアはすべて受け入れるという
遠野まごころネットのふところの深さにも驚く。

皆、行き先ごとに集まり、どんどんバスに乗り込んでいく。
私たちも8時前には遠野を出発。約1時間半かけて、陸前高田市へ。
陸前高田の市街地に近づくとガレキが大きな山のように固められている場所が何ヵ所もあるが、
それ以外は大きな鉄筋の建物以外、解体され、見渡す限り更地になっている。
被災状況の凄まじさを語るには十分だ。
海岸沿いに植えられていた何万本もの高田の松原も1本の松の木が立っているだけで痛々しい。
一本松を後にして、陸前高田市気仙町に入っていく。
ここも山際まで津波が押し寄せたようで、
残っている家屋は奥の数軒と手前の小高いところにある1軒の家。
骨組みだけが残った鉄工所の辺りをカモメが5・6羽飛んでいる。

私たち160名がきょう、魚の後片付けとガレキの撤去をするところは
おそらく家屋本体が流されたところであろう。
残ったものの数々を撤去することになっている。
バスから降りて、家屋の方に歩いていくと魚の腐敗臭が鼻についてくる。
実はこの地区は4月から5月の初旬にかけて「サンマ作戦(腐敗海産物除去作戦)」が行われ、
山際から地区の入口まで、海沿いの冷凍倉庫から流れ着き、
家屋や畑に侵入したサンマなどの海産物を回収するという大規模な活動が行われたところだ。
それでも、まだ魚の臭いが残っているということは
残された家屋あとのガレキの中にサンマが残っているということだろうか。

160名が10名1班に分かれ、今日は重点的に3~4ヵ所の家屋のあとのガレキの撤去にかかる。
ガレキは燃えるゴミ、燃えないゴミ、陶器・ガラスの3種類に分類され、
貴重品や写真などが出て来たら、大切に保管することになる。
私は第7班7名で作業に参加。
軍手の上にゴム手袋をはめ、長袖の作業シャツ、首にタオルを巻き、帽子をかぶり、
靴には釘を踏み抜いても大丈夫なようにインソールを入れる。
さらに、目にはゴーグル、口と鼻には防塵用マスクをつけて、作業にかかる。
夏の強い日差しが照りつけ、すぐに汗がどっと出る。
しかし、今回は海水を含んだ土砂がほとんどないので、
前回ほど力を使い果たさずに作業ができる。
ただ、サンマ臭と砂埃には、悩まされた。

20分作業し、10分休憩。十分に水分を補給する。
また、20分作業し、10分休憩。これを4クールやって、午前中の作業は終わる。
1時間の昼食休憩のあと、さらに2クール。作業していると土の中からサンマの箱が出てくる。
その臭いはさすがに耐え難い。
さらに、布団に漁業用の網やケーブル線がからみついて、皆で悪戦苦闘。
それでも160名の力が集まるとガレキやゴミの撤去もかなり進んで、
来たときよりもかなりきれいになる。
写真や記念のメダルなど、その家の大切な品も出てきて、保管する。
もう少し作業すれば、完璧に近い形できれいになるというところで、時間になり、
隊長のTさんの合図で午後2時に作業終了。

明日から3日間はまごころネットがお盆休みになるので、
道具をきれいに洗い、片づけをして、2時半には隊長Tさんのあいさつ。
皆で拍手をして、作業終了を讃えあう。
4時には遠野に到着。今日は短いが、ハードな1日だった。
しかし、昨日ほどカンカン照りでなかったので、助かった。いい汗をかいた。

« 田辺さんの岩手・震災ボランティア報告(1) | トップページ | 全員リレーが最下位に! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田辺さんの岩手・震災ボランティア報告(1) | トップページ | 全員リレーが最下位に! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ