« DVD「偉人たちとの授業・放射線を知る」 | トップページ | 板倉氏の10冊・古田氏の10冊 »

2011年9月27日 (火)

「ハモネプ9」を見せる

合唱コンへ向けての私の定石は,
「ハモネプ」のビデオを見せることである。

出場グループの努力や協力を見せることは,
これからの合唱コンの取り組みへの
有形無形の財産となる。

今回は「姉と僕」の出場した「ハモネプ9」を,
「ハモネプの審査員になってみよう!」
のプリントを使ってやってみた。
(番組の中の審査員が得点を出す前に自己採点する方法。
私が数年前から行っている。ただ見せるより集中する)

「姉と僕」はAブロックに登場するので,
そのハーモニーに最初から注目させることができるし,
「姉と僕」を中心に番組を見ることができるため,
決勝まで強い関心を持ち続けられるのだ。

以前に書いたように,11月11日(金)には
「姉と僕」は最後のコンサートGOM3に出演する。
今年はすでに「トイレの神様」のビデオを見せたあと,
私は所沢ミューズに植村花菜コンサートに行っている。
これと同じパターンの取り組みになる予定だ。
(合唱コンは11月4日なので,
1週間後にコンサートがあるのだ)

いずれにしても,昨日の「ハモネプ9」の視聴は,
生徒たちに大きな感動をもたらしたようだ。
(「姉と僕」の歌のあとの生徒たちのリアクションや,
帰りの会での日直の一言から)
今年度の合唱コンの取り組みも,
まず「ハモネプ」視聴から確かに始まった。

PS 今朝「姉と僕」のブログにコメントを書いた。
以下のようなものだ。

「中学校で社会科を教えている肥さんです。
GOM3のチケットは,発売翌日に入手しました。
11月11日が楽しみです。
昨日生徒たちに「ハモネプ9」を見せました。
姉と僕の「「明日晴れるかな」を聴いた時の
生徒たちの驚いた顔といったら!
私がかつて感動した時と同じでした。
彼らとは40歳も歳が離れているのですが,
「確かに感動が共有できた」と思いました。
ありがとう,姉と僕!」

姉と僕「明日晴れるかな」

姉と僕「あの素晴らしい愛をもう一度」

« DVD「偉人たちとの授業・放射線を知る」 | トップページ | 板倉氏の10冊・古田氏の10冊 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD「偉人たちとの授業・放射線を知る」 | トップページ | 板倉氏の10冊・古田氏の10冊 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ