« がんばれ楽天(36勝目) | トップページ | 夏の大会2011(3日目) »

2011年8月 1日 (月)

古代史遺跡巡りの旅(1)

今回以下の4人の仮説実験授業研究会の方たちと
上記の旅をすることが実現した。
根本さん,國友さん,北村さん,古殿さんである。
もちろん解説は,古田史学入門20数年のこの私。
さあ,どんな旅になりますやら。
では,始まり始まり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 宗像大社・神宝館

2階の展示室は,まさに国宝のオンパレード。
沖ノ島に奉納された宝物類が
所狭しとガラスケース内に展示されていた。
金の指輪,金銅製龍頭旗ざおの先2本,金銅製ミニ機織機,
ミニ五弦の琴,ガラス容器片,奈良三彩,各種鏡類,
鉄器,土器,石器,鉄の「延べ板」・・・。
これらがほとんど国宝,国宝,国宝なのだ。
(国宝ではないものを探す方が難しい)
通説に従った年表を見ながら解説したが,
私たちのグループ以外の九州の方にも,
「どうもありがとうございました。よくわかりました」
と言っていただけた。
まだ行ったことのない方には,
1度行ってみることをオススメする。
(駐車場は表の大社用ではなく,裏の神宝館用の
「第2駐車場」を利用した方が近いし,空いている)

009

(2) 宮地獄古墳

宮地獄神社の奥の不動神社のところにそれはある。
(久しぶりで行ったので,最初は間違えてしまった)
古田武彦著『よみがえる九州王朝』(角川選書)に出てくる
「筑紫舞」が伝えられてきた歴史の舞台だ。
この最高の形は「7人立ち」と呼ばれるもので,
肥後の翁,加賀の翁,都の翁,難波津より上りし翁,
尾張の翁,出雲の翁,夷の翁の7人のうち,
「都の翁」が倭国・九州王朝の天子,
「難波津より上りし翁」を大和の大王とすると,
九州王朝説そのままの舞台設定となるものだ。
古田氏自身も連絡を受けてにわかに信じられなかった
(自分の説に合わせて話が作られた恐れがあるから)
というようなことが上記書に出てくる。
この筑紫舞は昭和の戦争時代の頃まで,
長きにわたって伝えられてきた宮廷舞で,
それを現在,西村光寿西さんたちが伝える努力をしている。
口伝えに伝えたり,芸能を通して体で伝えたり,
歴史の深さ,重みというのはこういうところにも現れる。
なお,この古墳から出土した金銅製馬具類は,
現在九州歴史資料館に展示しているとの表示があった。
(私は以前に,東京国立博物館で見たことがある)

003

(3) 福岡市立博物館

ここは「志賀島の金印」と吉武高木遺跡の「三種の神器」セットと
お土産コーナーの3点にしぼって見学した。
「今回は日程が忙しいので,あとは見ません」と言ったら,
根本さんが「そう言ってくれると助かります」と喜んでいた。
お土産売り場では,金印ゴム印(原寸大で710円。お得です!),
金印絵葉書などを買った。

005

011_2

(4) 下高橋・上野遺跡(倭国の「正倉院」?)

國友さんにお願いして,上記の遺跡によってもらった。
私はすでに國友さんが下見をして,
低い評価をしているのを聞かされていたのだが,
自分の目で見てみたかったのだ。
確かに地元の教育委員会の評価は高くなく,
地方の官庁の倉庫どまりの展示だったが,
4×5=20本の柱の間隔と太さがしっくり来ず,
この柱の太さなら2階建て以上の
容積の大きい倉庫だったのではないかと思った。
それが13棟あったとすれば,かなりのものを収容できる。
「倭国(九州王朝)の中心の倉庫」として,
恥ずかしくない規模だと言えるかも。

006_3

(5) 高良大社&神籠石

翌日の日程を軽くするために,夕暮迫るなか高良大社をめざした。
太宰府を囲むように10ヶ所ほど,「神籠石(こうごいし)」という
という防衛施設(昔はこれを土止めにして,城壁風に山城を守った)
があったのだが,高良大社もまたそのうちに1つだ。
太宰府はもちろん,久留米(三潴)にも九州王朝の都が置かれて
いたことが推定される。(曲水の宴の後も見つかっている)
その「逃げ城」という役割を担っているのだ。
(途中で何回か見え,写真も撮ることができた)
車で展望台のさらに上まで上がっていった。
そこには神籠石の最終地点があり,
少し大きめの石で締めくくられていた。
展望台から見た筑紫平野の雄大さは,感慨深いものがあった。
きっと九州王朝の天子も眺めたことだろう。

007_2

008

010_2

國友さんと古殿の地元・八女のビジネスホテルにて1泊。
午後8時から近所の「ひょっとこ」で楽しい時を過ごした。

« がんばれ楽天(36勝目) | トップページ | 夏の大会2011(3日目) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がんばれ楽天(36勝目) | トップページ | 夏の大会2011(3日目) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ