« カナダからの暑中見舞い | トップページ | 古代史遺跡巡りの旅パート2 »

2011年8月 8日 (月)

いよいよ『俾弥呼(ひみか)』が出る!

一昨日大学セミナーよりメールが入り,
「第八回古代史セミナー」(11/5~6)の申し込みを
早々と済ませたのだが,
その際の案内文に上記の本がいよいよ出版されるとの
記事が出ていたので紹介する。

この本は古田武彦氏がミネルヴァ書房の
「日本評伝選(第1巻)」に書き下ろすもので,
「8年前の「公刊予告」の際には思いもつかなかった
様々なテーマが続出した」とのことだ。

その一部を古代史セミナーの案内文から転載すると,
・倉田命題
・都市(トイチ)命題
・令支(レイキ)命題
・加藤命題
など私も初めて接する話題が満載らしい。

さらに,転載を続けると,
・俾弥呼と崇神天皇の間
・「歴史の革命」としての「被差別部落」問題
も書かれるとくれば「喉から手が出るほど読みたい」本だ。

そして,この本の完成直後から,
新たな「発見ラッシュ」が続いたという。
早々と古代史セミナーの申し込みを済ませたという
私の気持ちを分かっていただけるのではないかと思う。

もしよかったら,あなたもぜひ参加しませんか?
この会は「常連さん」が多いので,
参加するなら早めの申し込みがよいと思います。
懇親会以外は,古田氏のミニ講演+質疑応答という
フリーなスタイルで古代史の真の姿を探っていきます。
1泊2食で2万1000円です。

« カナダからの暑中見舞い | トップページ | 古代史遺跡巡りの旅パート2 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カナダからの暑中見舞い | トップページ | 古代史遺跡巡りの旅パート2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ