« 昨日の部活動 7/21 | トップページ | ハモネプ14の放送予定 »

2011年7月22日 (金)

カンブリア宮殿(スーパーホテル)

昨日の「カンブリア宮殿」は,
(テレビ東京,木曜午後10時~)
出張ビジネスマンのリピーターが多い
スーパーホテルの会長・山本梁介氏だった。

コンセプトは「睡眠重視」。
睡眠に特化して,サービスを徹底する。

(1) 7種類の枕から枕を選べる
(2) 眠さを誘う適度な暗さ
(3) ベッドの硬さを2段階で選べる
(4) 防音設計で部屋は図書館より静か
(5) 半分に天然温泉の風呂付き

これで朝食つきで5000円程度の低価格とくれば,
人気が出るのもわかろうというものだ。
しかも,快眠できなければ料金は要らない
というのだから驚きだ。(といわれれば,
払わないわけにはいかないけどね)

このほか,電話も冷蔵庫の飲み物もなく
(チェックアウトの必要なし),
ベッドの足もなく(掃除しやすい),
昼間の照明や空調もなしという「引き算」経営。
これで従業員の人数も半減できるから,
人件費を浮かすことができるのだ。

しかし,初期スーパーホテルにも試練があった。
「安かろう悪かろう」の時期だ。
便利ではあるが,接客の悪さから
心配りのサービスに欠けていたのだ。
(たとえば,今なら来店の際
「お帰りなさいませ」と声を掛ける。
「○月○日以来のおこし,ありがとうございます」など,
統計も把握しての声かけをすれば,
「ああ,自分のことをわかっていてくれる。また来よう」
となるのではないか)

それらの改善しての「リピート率75%」と,
今は驚異の数字をたたき出している。
さらに「感動のあるホテル」をめざして・・・。

さて,「人の振りみてわが振りなおせ」。
教室,授業で彼らの経営をマネできないか。
居心地のいい教室。参加したくなる授業の工夫。
アイデアしだいで,まだまだできることがあるような気がする。
できたらコンセプトは,「たのしさ,快適さ」で。

そういえば,私は出欠をとる時,
前日欠席の生徒の時には「○○君・・・もう大丈夫ですか?」
と声を掛けるようにしている。
これはスーパーホテルの来客時の声かけと似ているかも。
(出席簿も,一種の「統計資料」だから)

どうせ夏休みに職員研修をするなら,
「スーパーホテルに学ぼう」講座みたいのをやると
かなり勉強になるんじゃないかと私は思った。

« 昨日の部活動 7/21 | トップページ | ハモネプ14の放送予定 »

カンブリア宮殿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 7/21 | トップページ | ハモネプ14の放送予定 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ