« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

夏の大会2011(2日目)

朝食はバイキング形式だった。
好きなものを好きなだけ食べられる
優れた食事方法だが,
ダイエットにはちょっと危険かも。
腹八分目で朝食会場を去った。

午前中の分科会は,社会の科学へ。
(1) 今谷さん「《日本の都道府県》の授業ノート試案と掲示物」
(2) 橋本さん「世界の国の名前と位置」
(3) 松口さん「できますか?赤十字/赤新月パズル」
(4) 岩垣さん「世界の国から〈ありがとう〉を実践しました」
(5) 竹田〈美〉さん「ダイオキシンの毒性とその報道」
(6) 横山さん「「奴隷」とよばれた人々」
(7) 佐藤さん「日本の文化圏地図その後」
(8) 佐藤さん「日本と世界の産業3部門」
(9) 佐藤さん「日本のGDP内訳の変遷」

昼食(弁当)後,午後1時から全体会。
全国委員のあいさつ,板倉さんのあいさつ,
&板倉賞の発表(橋本さん,おめでとう!)
来年の夏の大会の場所決めが行われた。
(来年は,宮城県の松島大会です!
ちなみに,冬の大会は愛知県刈谷市とのこと)

001_2

002

午後3時から,また社会の科学分科会へ。
(1) 吉田さん「地動説の誕生とエピクロスの仲間たち」
(2) 佐々木さん「楽しい地理教育の可能性」

4時半で発表が終わり,岸さんの〈現代文明の源流〉分科会へ。
6時まで授業プランの検討。
(その場には,板倉さんがいらした)

午後6時から横山さんと夕食へ。
私立中高校の話などをうかがう。
本日は洋食風メニュー。
おかずが酒の肴に見えてしかたなかったが
ビールは呑まず,ごはん一膳で済ます。
(何といってもダイエット中なので)

午後7時半から,たのしい社会の科学MLのオフ会。
30数名で集まり記念撮影と自己紹介。
普段はパソコンの画面上でやり取りしているが,
年に何回か資料も送られるシステムで,
また大会時にはオフ会を持って顔を会わせる。
大変優れた交流方式だと思う。
また,著書の出版・朗読CDの出盤・授業書の開発と,
ものすごいパワーを持つ生産グループでもある。
このようなグループの末席に加えていただいているのが
私の確かな誇りだ。

午後8時から,板倉賞を受賞した橋本さんを囲む会。
板倉さんも途中からいらした。
話は,お勤めの先の予備校の話よりも,
最近出版された本よりも,
苦労して取った学位論文の方が多くなった。
(板倉さんに師事し,旧帝大の入学試験における
傍系の人々の活躍を示した)

【買い物等】

・『1時間でできる国語』
おすすめ授業プランに〈カタカナとひらがな〉
・『よくある学級のトラベル解決法』
たのしい教師入門サークルの仲間たちの本
・『「子」のつく名前の誕生』
橋本さんと井藤さんの本である
・『たのしい授業』8月号
「はみだしたの」に3つ載った!
(富士山はどこから見えるか?『銀河鉄道の夜』
『目で見る元素の世界』)

Photo

野中寺の弥勒菩薩銘の「中宮天皇」

「新古代学の扉」サイトの人気コーナー
「古賀達也の洛中洛外日記」第327話(2011/07/23)に,
魅力的な説(本人はアイデアと謙遜しているが)が載せてあった。
野中寺(やちゅうじ)の弥勒菩薩銘の「中宮天皇」 についてである。

7月16日の関西例会で,この「中宮天皇」のことを
九州王朝の天子 (薩夜麻)の奥さんのこととする
「アイデア(思いつき)」を発表したそうだ。

造られた年代は,その年干支(丙寅)・日付干支から
666年と見なさざるを得ないが,
この年は天智5年にあたり,天智はまだ称制の時期で,
天皇にはなっていない。
また,斉明天皇は既に亡くなっているから,
この「中宮天皇」が誰なのか一元史観では説明困難なのだそうだ。

従って,大和朝廷の天皇でなければ九州王朝の天皇と考えたのだが,
この時,九州王朝の天子薩夜麻は白村江戦の敗北より,唐に囚われており不在。
そこで,「中宮」が後に大和朝廷では皇后職を指すことから,
その先例として九州王朝の皇后である薩夜麻の后が「中宮天皇」と呼ばれ,
薩夜麻不在の九州王朝内で代理的な役割をしていたのではないか
と考えたそうだ。(以上,古賀さんの説のあらまし)

説の当否はにわかに私にはわからないが,
大変魅力的な説である。
また,「中宮天皇」という特異な表現から,
すぐ多元的な古代史の説(アイデア)が浮かぶ
古賀さんはやはりすごいなあと思った。
(野中寺の弥勒菩薩ことは私も知っていたが,
このような「アイデア」は思いつかなかった)

日頃生徒たちに「注意深く○○しなさい」などと言うが,
自らお手本を見せていかねばと反省する肥さんなのでした。( ̄○ ̄;)!

【ウィキぺディアより】

銅造・弥勒菩薩半跏思惟像

像高18.5cm。頭部が大きく、ウエストを絞ったプロポーションは、
飛鳥時代~奈良時代の金銅仏によく見られるものである。
頭部には大ぶりの三面頭飾を付け、
裳や台座などの各所にはタガネで文様を刻んだ入念な作である。

本像台座の框(かまち)部分には「丙寅年四月大旧八日癸卯開記
栢寺智識之等詣中宮天皇大御身労坐之時 請願之奉弥勒御像也
友等人数一百十八 是依六道四生人等此教可相之也」という陰刻があり、
これが丙寅年の四月に「中宮天皇」が病気になったとき
栢寺(かやでら)の僧侶たちが
平癒を請願して奉った弥勒菩薩像であることが分かる。

丙寅年は西暦666年に当たる。
この種の半跏思惟像は像名不明のものが多いが、
本像は銘文中に「弥勒」と明記されており、
制作年代の明らかな弥勒像の基準作として重要である。

銘文にある「中宮天皇」については「天智説」「斉明説」
「間人皇后説」などがあるが、謎である。
毎月18日に開帳される。

2011年7月30日 (土)

かあさんの歌

先ほど岸さんから聞いた話。
「かあさんの歌」に出てくる「あさ糸紡ぐ」の「あさ」って,
「朝じゃなくて麻だと思うんだけど,どう思います?」
「おー,確かに麻糸かもしれませんね。
朝から夜なべ仕事をするわけないし。
じぁあ今から,ノートパソコンで調べてきますね!」
(大会に持ってきてよかったあ)

部屋に戻って「かあさんの歌」を検索したら,
やはり朝でなくて,麻だった。

この時代はいつ頃?
冬雪に閉ざされる地方ってどこ?
何だか興味が湧いてきました。
岸さん,どうもありがとう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かあさんの歌

作詞 窪田 聡
作曲 窪田 聡


1 母さんが夜なべをして 手袋編んでくれた
木枯らし吹いちゃ 冷たかろうて せっせと編んだだよ
故郷の便りは届く 囲炉裏の匂いがした

2 母さんは麻糸紡ぐ 一日紡ぐ
おとうは土間で 藁打ち仕事 おまえも頑張れよ
故郷の冬は寂しい せめてラジオ聴かせたい

3 母さんのあかぎれ痛い なま味噌を擦り込む
根雪も融けりゃ もすぐ春だで 畑が待ってる
小川のせせらぎが聞こえる 懐かしさがしみとおる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔「巨人の星」で主題歌に「思い込んだら」を
「重いコンダーラ(整地ローラー)」と勘違いしたり,
巨人の球団歌「その名荷いて」を
「その名に泣いて」と勘違いしたことがあったが,
「かあさんの歌」もそれと似たようなことが
あったのだと思った。

夏の大会2011(1日目)

仮説実験授業の夏の大会としては,
実に18年ぶりの参加を果たした。
今福岡県の宗像市にいる。

今回参加しようと思ったのは,
(1) 授業書《はじめての世界史》完成記念
(2) 異動先での1学期前半の仮説&たのしい授業の成果
(3) 大会翌日の古代史遺跡巡り
という3つのことが重なったためだ。
「これで行かなきゃ,もう行く機会がない」と思ったのだ。

004_2

008

005_2

玄海ロイヤルホテルに約500人が集まり,
午後1時の板倉聖宣さんの全体講演で夏の大会は始まった。
主な内容は,「人名を教える教育哲学」ということで,
『たの授』6月号に対する問題提起とも思えるものだった。

6月号では2つのかるたが取り上げられていたのだが,
「その人物はどこがえらいのか」という観点で
再吟味しようというのだ。
例えば板倉案では,単なる将軍や政治家だけでは採用せず,
荻生徂徠・・・法治国家の確立
徳川吉宗・・・全国的な人口調査
関孝和・・・和算の研究
など,実際の庶民の暮らしにプラスの影響を与えた人物
という視点で人物を選択していく。
これはなかなかやりがいのある仕事だと思った。
(ということは,相当今までの人物と
違う選び方となりそうである)

分科会は,根本さんの司会する〈社会の科学〉に参加した。
(1) 住本さん「これって,差別??」
(2) 住本さん「「在日」外国人の歴史」
(3) 嶺川さん「「省エネ」してますか」
(4) 松川さん「二宮金次郎〈像〉の謎」
(5) 肥沼さん「社会科通信(はじめての世界史と沖縄)」他
(6) 横山さん「大宰府のおともに道真の年図を」
(7) 根本さん「土地の名前」
ちょうど根本さんの発表している時板倉さんが現れ,
話も聞けてグッドタイミングだった。
会場は和室で,30名ぐらいの参加があった。

006_2

007_2

夕食は,根本さん,住本さんといっしょに3人で食べた。
(しばらく橋本さんを待ったが現れなかった)
さすがにホテルの夕食だけあってボリュームたっぷり。
なるべくご飯は食べないようにして,
おかずを肴にビールを呑んだ。

住本さんの話は本当に刺激的で,
根本さんと聞き入ってしまった。
(特に,金が「1番の金属」になる以前の話や
蹄鉄技術と馬の利用の話が興味深かった)

【買い物など】

・福岡県地図と福岡市地図 各800円
博物館や遺跡の位置を確認するために
・大会記念Tシャツ「KST48」 2000円
これは仮説実験授業研究会の48回目の夏の大会を表している
・「首振りキリン」(「首振りドラゴン」のキリン版) 50枚800円
夏休み明けの道徳・学活で生徒たちと作りたい
・『私のヒューマニズム発見・確認』(『仮説実験授業のある人生』別冊)
これは参加者へのガリ本プレゼントでいただいた

がんばれ楽天(35勝目)

先発・永井が2安打1四球の完封で,4勝目をあげた。
攻撃も早めに先取点を取ったうえに,
中盤で追加点が取れたことが大きい。
あとは,連勝ができれば文句ないのだが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽 天 0 0 2 0 0 2 0 0 0 計4
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

戦評

楽天は3回表、2死から3連打で2点を先制。
6回には横川、聖沢の連続適時二塁打で2点を奪い、
リードを広げた。
投げては、先発・永井が9回2安打無失点の快投。
自身約2カ月ぶりの勝ち星を完封で飾った。
敗れたロッテは2安打と打線が沈黙。
連勝はならなかった。

(Sports@nifty)

2011年7月29日 (金)

昨日の部活動 7/28

昨日も午前8時から午後1時半のコマだった。

お手伝いには,3日間連続の鈴木君(高校生)と
2日連続の岡部君(大学生)だった。

サーブ練習と基礎トレーニングの後,私はいったん仕事に。
復帰すると,「ステージ落とし」(ステージからのスパイクをレシーブ。
これが怖くなくなれば,普通のアタックはチャンスボールに見える!?),
「1人シート」,「打ち込み」と続いていった。

私はここまでで「早引け」させていただいたが,
この3日間高校生・大学生の助けで,
普段できない練習ができたと思う。
彼らに感謝だ。

このような恵まれた練習環境に
応えてほしいのはもちろん生徒たちだ。
約2ヶ月後には新人戦がある。
ここでまず女子が活躍してほしい。
そして,春の協会長杯には男子も・・・。
頑張れ,上中バレーボール部!!

仕事が進む(3)

昨日は,2時間部活を抜けさせてもらって,
2つの資料づくりをした。

(1) 人権教育の研修会のための資料の印刷

8月2に日の研修会で,授業書《差別と迷信》の授業を
先生方に受けていただこうと思っている。
その印刷を昨日やることができた。
プリントをとじる作業は,後日やることにした。

(2) 社会科通信1.2号の増刷

2年生に発行した社会科通信の1.2号を増刷した。
他の学校の先生方にも見ていただきたいと
思ってのことである。

2011年7月28日 (木)

昨日の部活動 7/27

昨日は,午前8時から午後1時半だった。

男女バスケット部が秩父の合宿に行ったため,
体育館を長時間使えることになったのだ。

一昨日に続き鈴木君が来てくれ,
昨日は佐藤君,岡部君(大学生たち)も加わり,
フレッシュパワーで練習を手伝ってくれた。

この3人はバレーが好きなのはもちろんだが,
わかりやすくていねいに中学生たちに指導をし,
自信を持たせてもくれるので大変助かる。

また,「1人シート」なども顧問の先生とこの3人でやるから,
いつもの4倍のペースで行うことができるのだ。

「この3日間は,レシーブ力を鍛えるぞー」
顧問のT先生の声が体育館に響く。

仕事が進む(2)

昨日は3人の若い助っ人がきてくれたので,
部活動の途中で抜けさせてもらって仕事をした。

(1) 夏休み明けの学級通信

作れる時に作ってしまえと,66号を作った。
内容は,9月の動き(実習生,体育祭,新人戦)と
生徒のもらった賞状を組み合わせた。

(2) 机の周辺の整理

いつもはこれをやる時間がなかなかないのだ。
机の上が平らな人が仕事のできる人とは限らない。
(とは思うのだが・・・)

(3) 見学会の資料作成

8月に行われる見学会のための資料集を作った。

がんばれ楽天(34勝目)

岩隈が約2ヶ月ぶりに先発し,
オールスター戦後3連敗と元気のない楽天に
再スタートの勝ち星をプレゼントした。
ソフトバンクのエース和田を倒しての
この勝利の意味は,決して小さくないと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽 天 0 0 1 0 0 0 1 0 1 計3
ソフト 0 0 0 0 0 1 0 0 0 計1

戦評

楽天は3回表、高須の適時打で1点を先制する。
同点とされた直後の7回に草野の内野ゴロ間に1点を勝ち越すと、
9回には再び高須が適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。
投げては、5月17日以来の先発となったエース・岩隈が
7回1失点と好投し、今季4勝目を挙げた。

(Sports@nifty)

2011年7月27日 (水)

仕事が進む(1)

昨日は午後からの部活動だったので,
午前中を使って仕事を進めた。

学校の先生は夏休みは仕事をしていないと
思われる方もいらっしゃるようなので,
あえてこの題名で3日間連載をお届けすることにする。

普段している仕事とは違うが,
夏休みも仕事はしている。
以下,昨日の午前中にやったもの。

(1) 健康診断の記録の転記

これがメインで約2時間かかった。
歯科検診の記録の転記は,すでに副担の先生
(おそらくY先生)の手によって終了していた。
ありがとうございます!

(2) 教室の整備

花の水遣り,荷物整理など。

(3) 書類整理やゴミ出し

日頃できないところをやった。

(4) 男バレ通信の作成

学総体・県大会の様子を中心に。

昨日の部活動 7/26

昨日は,午後1~6時までだった。

所沢北高3年生のダイスケ君が
後輩たちの練習のお手伝いに来てくれて,
いろいろな点で助かった。

特に,強烈なアタックでレシーブの感覚を
生徒たちに身に付けさせる場面と,
アタックの精度を上げるために
手首のスナップを効かせることをアドバイスしてくれ,
大いに助かった。(私にはアドバイスはできても,
すぐその場で手本を見せることはできないから)

途中から来られたお母様は,
「これから受験が心配で」とおっしゃるが,
バレーボールで頑張ってきた彼のこと。
きっと受験でも力を発揮してくれると思う。

なお,お母様はだいぶ前からの「夢ブログ」の読者とのこと。
今後ともよろしくお願いしたしま~す!

また昨日は,「男バレ通信」も発行した。
(「学総体・県大会が終わり,新チームへバトン」号)

部活後,自転車10分の西武球場にて,
西武ライオンズVSロッテマリンズを観戦した。
前夜に続き,西武は苦手ロッテに連勝!
(9回表に6対5まで追いつかれて,ヒヤヒヤしたが・・・)

帰りは「西武球場前駅発 各駅停車 本川越行き」という
珍しい電車で帰ってきた。
(=自転車は駅の近くの駐輪場に置いてきた)
今朝は「西武球場前行き」で出勤することになる。

2011年7月26日 (火)

学総体・県大会(3日目)

昨日は大会役員(のはしくれ)として,
所沢市民体育館で下記の仕事をした。

(1) 駐車場係・・・午前中,男バレの4人と3ヶ所を担当した。
 蒸し暑い1日だったが,いろいろな先生方とお話できて
 とても楽しかった。(ダイエットにも効果的だった!)

(2) オフィッシャル係・・・山田うどんで偶然翔空さんに会った後,
 午後は女バレの3人がオフィッシャル係を担当していたので,
 それに付き合って上位校の対戦を観戦していた。
 彼女たち自身は県大会の出場の経験はないのだが,
 なんと最後は「県大会決勝の記録」を担当していた!

『仮説実験授業研究会初期ニュース集成』届く

来年仮説実験授業は提唱50周年を迎えるが,
その記念行事として,何冊かの「復刻ガリ本」を
作ることになっている。
そのうちの2冊目と3冊目が昨日届いた。
それが上記のガリ本だ。

002_2

003_2

美しい装丁のガリ本で,
厚さが目分量で7センチくらいあり,
読む本というより眺める本という風格である。
(たぶん枕にもなると思う)

このようなガリ本が企画され,実際にできてしまうのも
やはり仮説実験授業研究会のすごいところである。
「やりたい人が手をあげて自らやる」という
主体的な人間がたくさんいることに感謝である。
(まあ,このブログも大雑把にいえばそんなもんだが)

私は「ニュース」というと西尾の犬塚さん発行のものを
つい思い出してしまうのだが,
その前にこのようなものが発行されていたのだなあと思う。
初期の「ニュース」は提唱者の板倉さん自身が
書いた号もあるらしいので,
これから読むのが楽しみである。

PS 同時にガリ本プレゼント(有料)での
『仮説実験授業のある人生3』も送られてきた。
こちらも楽しみだが,発行部数が微妙に
50部から60部に増えているのを,
私は見逃さなかった。
(「このガリ本は,もっと読みたい人が増えるはず」
という仮説を持っていたから気づいたのだと思う)

2011年7月25日 (月)

ダイエット2011夏

昨年度の人間ドックの書類を,
昨日掃除の最中に発見した。

なんと,去年の8月24日(誕生日)の私は,
今より6キロ体重が軽かったということだ。
4月以来の最高値から3キロ落として喜んでいたが,
まだ「道半ば」いや「道3分の1」ということだ。

体重が重いとどうしても動きが鈍くなるし,
思考も鈍感になる気がする。
「夏はダイエットの季節」と肝に銘じて,
さらにダイエットに精進しよう。
(バナナ,計るだけ,ウォーキングなど)

私のダイエット観は前にも書いたが,
春から夏にかけては緩やかにやせていき,
秋から冬にかけては緩やかに太っていく(回復していく)
というイメージである。

つまり緩やかに体重を増減して,
年平均としては同じ体重を保とうというものだ。
この間学校の異動で自転車の運動量があだとなり,
食べすぎ飲みすぎで体重が増えていた。
夏休みはそれを解消するいい機会である。

8月25日の人間ドックまであとひと月。
昨年の体重をめざして,ダイエット頑張ります!

私の「眼鏡化」

若い頃視力が良かったので,
その裏返しに最近老眼が激しい。
遠くのものは若い頃に負けずにクリアに見えるのに,
手元の本の活字やパソコンの画面が
ぼやけて見えるようになっている。

そこで,ものは試しと近所の100円ショップで,
眼鏡を買うことにした。
テレビが地デジ化したその日に
私も「眼鏡化」しようというわけである。

今では何種類も置いてあって,
+1.00~+4.00までの7種類のうち
軽い方から2番目の+1.50のものを2つ買った。
(よく眼鏡を忘れて困っている生徒や先生を目にするので)

当然100円+消費税5円のものが2つなので,
しめて210円で私の「眼鏡化」も出来上がり!

001_2

PS パソコンの画面も本の活字もクリアで,
なんだか生まれ変わったような気分だ。

2011年7月24日 (日)

我が家の地デジ化

2011年7月24日正午,
地デジ化をどう迎えたか?

それはあっけなく訪れた。
買い物から帰ってテレビをつけると,
先ほどまで観ていた「笑っていいとも」がそのまま流れ,
「ただ今地デジ化となりましたー」
などと言っていたからである。

「この放送はJ:COMのケーブルテレビにより,
2015年3月末まで観られます」というテロップが流れたので,
どうやら公団としてJ:COMと契約したのか。
1回しか説明会に参加しなかったし,
その後の工事にも気が付かなかったが
「事なき」を得たらしい。
3000円で売ってもらった変換機も
使う必要はなかった。

今最初の地デジ放送で,
オールスター第3戦を観ている。
楽天の嶋主将があいさつをしている。

Photo_2

先発はヤクルトの由規と楽天の田中。
これ以上にない先発投手でうれしい。
このあとダルビッシュも投げると思うので,
今日は少得点のゲームのような気がする。

さあ,いよいよ試合開始だ。
「プレーボール~!」

『たの授』公開編集会議2011年7月

昨日は上記の会議に1時間だけ参加してきた。

主に9月号の相談をしたが,
まだグラフが決定していないようなので,
私も久しぶりに挑戦してみようと思う。
(最後のグラフの掲載は2004年の
「日本国憲法とその構成」である。
7年も経ってしまった)

また,夏の大会あたりで,何冊も本が出るようだ。
『「子」のつく名前の誕生』,『1時間でできる国語』,
『よくある学級トラブルの解決法』である。
遠からず『(第Ⅲ期)仮説実験授業研究・11集』も出るであろう。
(これには,授業書《はじめての世界史》も収録される予定)

読んだ資料の中で,廊下の空きスペースを使った
「ふしぎワールド」が目に止まった。
(井藤伸比古さんのもの)
社会科版ができないだろうか。

編集会議を早々に飛び出して,
とんぼ返りで母の用事に付き合った。
できたら編集会議に最後まで出席したかったのだが,
詮方ない用事があって立川の法律事務所へ・・・。
(弁護士さんはとても頭のキレる方々で,とても勉強になった。
私も一応法学部法律学科の出身ではありますが)

023

仮説社の最寄り駅である高田馬場駅の大広告「AKB48」

『あざむかれた王朝交替 日本建国の謎』

斉藤忠著,学研刊,1500円+税の上記の本を
昨日入手した。

斉藤さんは,古田武彦氏から学んで古代史の著書を
何冊か書かれているフレージャーナリストだ。
埼玉県生まれで,年齢も私とほぼ同じ。(1歳年上)

「ONライン」(オールド&ニューライン=
7世紀末までと8世紀以降の断絶)を
話題として各章が構成されていて興味深い。

024_2

プロローグ・・・壮大な奈良朝への疑問
第1章・・・不可解の震源は大宝元年
第2章・・・文武朝に潜む重大な謎
第3章・・・大宝元年の王朝交替
第4章・・・易姓革命と王朝交替の謎
第5章・・・東海海中の国で起きた王朝交替
第6章・・・皇帝と天皇の位を持つ元明天皇
第7章・・・倭国皇統本宗と日本国王朝
エピローグ・・・革命の首謀者5人組

各章の題名は難しそうだが,
内容は具体的で面白い。
学校の授業ではなかなか扱えないが,
「本当の歴史」を知りたい人には
ぜひ読んでほしい本だ。
そして,斉藤さんが学んだ古田武彦氏の
著作にふれてくれればと思う。

特に『「邪馬台国」はなかった』,『失われた九州王朝』,
『盗まれた神話』の3作は「古代史三部作」と呼ばれ,
古代史を学ぶ人には必須の本と言えると思う。
(現在は増補されてミネルヴァ書房から刊行されている)

【参考資料・・・九州年号】 

● 九州年号の証言

九州王朝説を支える有力な証拠の1つが,
517~700年の183年にわたって
連綿と続いていた31個の九州年号である。
それを紹介しておこう。

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間)
朱雀・・・684~685年(2年間)
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆

大化・・・695~700年(6年間)◆

日本書紀によると,年号は大化(645)から始まり,
飛び石的に白雉や朱鳥があり,
大宝(701)につながるというのだが
およそ年号というものは「すき間なく続いている」
ことに意義があるのであり,
それでこそ年代のモノサシ足りうるのだ。
その点,日本書紀に出てくる3つの年号は
そもそも「年号」としてのテイをなしていないのである。

また,当時朝鮮半島では高句麗・新羅・百済の国々が
それぞれの年号を持ち,誇っていた。
倭国が年号を持っていておかしいことはないし,
むしろその支配権を中国に認めてもらおうとした倭国が
逆に年号を持つことを遠慮していたとしたら
その方が当時の「アジアの常識」としておかしいのだ。

いくつかの年号にふれておく。
全体として「僧聴」「和僧」「金光」「仁王」「僧要」など
仏教の影響が色濃く出ている。
この年号を定めた王朝は深く仏教に帰依していた
ものと思われる。
(九州の仏教受容年代はかなり早い時期のようである)

また,白鳳が23年間と圧倒的に長い。
その前半の白村江の戦いでの敗戦を受け,
長く改元することもままならなかった王朝の
事情が表わされているのではないか。
(実際「薩夜馬」と呼ばれる九州のリーダーが
捕虜になっており,後に送還されてきている)

江戸時代,九州年号については
「邪馬台国」論争とともによく議論されたらしい。
しかし,明治時代になりこれらの年号は
私年号として葬りさられてしまった。

その九州年号を発掘し,歴史の光を当てたのが
古田武彦氏と彼を支持する市民の人たちだったのだ。
九州年号についての最新の研究が
「新古代学の扉」というサイト(古田史学の会)で
見ることができる。
興味のある方はぜひのぞいて見てほしい。

2011年7月23日 (土)

山本裕・小沢俊一 二人展

仮説の会の小沢さんから,
「個展をやる」とのハガキをいただいていた。
場所は,王子駅近くの画廊「ギャラリー沙画夢(サガン)」。

普段だとなかなか行けないところだが,
昨日は県大会の初戦が第6試合ということもあって,
出かけてみることにした。

山本裕さん・・・キミ子方式によって描かれた水彩画
小沢俊一さん・・・写真をもとにしたパステル画

会場の左右を2人の作品で分けたような展示の仕方で,
まず左側のキミ子方式の山本さんの作品から鑑賞する。

私もキミ子方式で「もやし」「いか」「毛糸の帽子」など,
基本的なものを描いたことがあるが,
三原色と白を使っての色使いや
どこから描き始めるかという視点の新鮮さで
仮説実験授業と相通ずるものがあると思った。
松本キミ子さんの本もだいたい読破している。
ワインのビンが中央に配された2作が気に入った。

次に右側の小沢さんのパステル画。
小沢さんに言わせると「塗り絵」ということだが,
色使いがなんとなくレトロ調で
心が癒(いや)される感じがした。
小沢さんは私とほぼ同年代。
片や美術の先生,片や社会の先生だが,
なんか気が合う感じでお付き合いいただいてきた。
夏の大会(福岡県宗像市)にも参加されるそうなので,
またおしゃべりができそうで楽しみだ。
「七分咲き」と題された作品が写真と絵との
違いということで話題となった。
(私は中高生の時写真部だった)

30分ほどお邪魔して,学総体・県大会へと向かった。

学総体・県大会2011

昨日は,上記の大会があった。

初戦が第6試合ということで,
私は午後から会場に行くことになった。
(「山本裕・小沢俊一 二人展」参照)

対坂戸桜中 0ー2(12ー25,9ー25)

対戦相手は強豪チームで,
歯が立たない感じだったが,
レシーブやブロックをしっかりしていれば
15点以上は取れていたように思う。
やはり防戦一方では,勝機は訪れない。

同じく初戦が第6試合だった東中も,
強豪チームと対戦して完敗していた。
身長が低いこともあって,
ブロックがほとんど機能していなかった。

対平野中 0ー2(4ー25,7ー25)

【3年生へ】

とりあえず,お疲れ様。
これで中学校のバレーボール部はおしまいです。
3年間(実質は2年間)の部活動はどうだっただろうか。
長かったかだろうか,短かったかだろうか。
充実したものにできただろうか,できなかっただろうか。
それは各自違うだろう。
私はぜひ君たちにバレーボールを
高校に入っても続けてほしいと思っている。
そして,組織的なスポーツとしてのバレーを
学び直してほしいと思うのだ。
君たちはいろいろな意味で個性的だったが,
バレーボールという競技はチームスポーツなので,
チームとしての力をつけない限りなかなか強くならない。
個人の力がチームの力になるにはどうしたらいいか。
半年間考えて,ぜひ高校でもバレー部に入ってくれ。
11月にはまたバレーボールの世界大会が
行われると聞いている。
受験勉強の合間にそれを観て,
バレーボールの魅力にとりつかれてほしい。

【1,2年生へ】

いよいよ新チームがスタートする。
どういうチームを作っていくかが大切だ。
守備のレシーブやブロックにしろ,
攻撃のアタックやクイックにしろ,
県大会上位レベルともなると
個人技だけではとても太刀打ちできない。
つまりチームとして守り,
チームとして攻めるバレーでないと通用しないのだ。
幸いにして君たちは何回か県大会に参加したり,
出場して実際にコートに立つことを経験している。
その経験を生かして練習に励み,
今度は県大会の上位校となるために
1人ひとりが頑張ってほしい。

【保護者の皆様へ】

昨日は,応援ありがとうございました。
残念ながら強豪校の前に屈しましたが,
それをバネに新チームで頑張っていきたいと思います。
今後とも上中バレーボール部への
ご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

2011年7月22日 (金)

ハモネプ14の放送予定

なかなか情報が入らず心配したが,
どうやらハモネプ14の放送は8月中旬のようである。
皆さん,デジタルでの録画の用意を
よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地区予選日程

7月2日(土) (1)九州予選  福岡スクールオブミュージック(福岡市博多)
        (2)中四国予選 広島国際大学(広島市中区)
7月3日(日) 関東予選 フジテレビ(お台場)
7月9日(土) 東北予選 デジタルアーツ仙台(仙台市青葉区)
7月10日(日) (1)北海道予選 札幌ビジュアルアーツ(札幌市中央区)
        (2)東海予選  名古屋コミュニケーション専門学校(名古屋市中区)
7月16日(土) 関西予選 ドーンセンター(大阪市中央区)
7月17日(日) 関東予選 フジテレビ(お台場)

全国大会 8月中旬予定

カンブリア宮殿(スーパーホテル)

昨日の「カンブリア宮殿」は,
(テレビ東京,木曜午後10時~)
出張ビジネスマンのリピーターが多い
スーパーホテルの会長・山本梁介氏だった。

コンセプトは「睡眠重視」。
睡眠に特化して,サービスを徹底する。

(1) 7種類の枕から枕を選べる
(2) 眠さを誘う適度な暗さ
(3) ベッドの硬さを2段階で選べる
(4) 防音設計で部屋は図書館より静か
(5) 半分に天然温泉の風呂付き

これで朝食つきで5000円程度の低価格とくれば,
人気が出るのもわかろうというものだ。
しかも,快眠できなければ料金は要らない
というのだから驚きだ。(といわれれば,
払わないわけにはいかないけどね)

このほか,電話も冷蔵庫の飲み物もなく
(チェックアウトの必要なし),
ベッドの足もなく(掃除しやすい),
昼間の照明や空調もなしという「引き算」経営。
これで従業員の人数も半減できるから,
人件費を浮かすことができるのだ。

しかし,初期スーパーホテルにも試練があった。
「安かろう悪かろう」の時期だ。
便利ではあるが,接客の悪さから
心配りのサービスに欠けていたのだ。
(たとえば,今なら来店の際
「お帰りなさいませ」と声を掛ける。
「○月○日以来のおこし,ありがとうございます」など,
統計も把握しての声かけをすれば,
「ああ,自分のことをわかっていてくれる。また来よう」
となるのではないか)

それらの改善しての「リピート率75%」と,
今は驚異の数字をたたき出している。
さらに「感動のあるホテル」をめざして・・・。

さて,「人の振りみてわが振りなおせ」。
教室,授業で彼らの経営をマネできないか。
居心地のいい教室。参加したくなる授業の工夫。
アイデアしだいで,まだまだできることがあるような気がする。
できたらコンセプトは,「たのしさ,快適さ」で。

そういえば,私は出欠をとる時,
前日欠席の生徒の時には「○○君・・・もう大丈夫ですか?」
と声を掛けるようにしている。
これはスーパーホテルの来客時の声かけと似ているかも。
(出席簿も,一種の「統計資料」だから)

どうせ夏休みに職員研修をするなら,
「スーパーホテルに学ぼう」講座みたいのをやると
かなり勉強になるんじゃないかと私は思った。

昨日の部活動 7/21

昨日は,午前10時~午後2時のコマだった。

最後に県大会の背番号を配ったのだが,
なんと最初の試合の開始が午後3時頃と,
開会式から6時間も後になる予定。
それまで無事に過ごせるか?

顧問の悩みは県大会前日になっても
尽きないのでありました。
ああ無情。

2011年7月21日 (木)

1学期前半を振り返って

昨日は,1学期前半の「最終日」だった。
4月からの激動の3か月を振り返ってみよう。

全体的にいうと,仮説実験授業を中心とした
たのしい授業をたくさん実施することができて,
30年の教員生活の中でも最も充実した時期を
過ごすことができたように思う。

【担任として】

作文「形式を教えちゃおう」,家庭学習ノートの取り組み
ビデオ「僕の自転車ひとり旅」「トイレの神様」「九死に一生」
「戦場カメラマン渡部陽一」
道徳「財産ゲーム」「プラスの言葉とマイナスの言葉」
65号発行した学級通信

【1年社会科】

K先生の授業プリントによる地理の授業
授業書《世界の国ぐに》,かるた「都道府県」,
2万5000分の1の所沢地図を使っての「地図さがしっこ」

【2年社会科】

授業書《はじめての世界史》,予習プリントによる教科書授業
かるた「歴史人物」「都道府県」,「〈いろいろな種〉の標本づくり」

【2年選択社会】

授業書《沖縄》,ビデオ「猿岩石」,大使館に手紙を書こう

【人権教育】

人権作文,人権標語,夏休みの教職員研修で授業書《差別と迷信》

【手品】

変身トランプ,曲がれスプーン,マジックノート,優等生ほどできない?パズル

【部活動~男子バレー部・副顧問】

協会長杯・県大会2回戦,学総体・市内優勝,明日学総体・県大会へ

69授業日を駆け抜けた1学期前半だった。

「マル・マル・モリ・モリ」を踊る

結局学年集会の中で踊ることになった
「マル・マル・モリ・モリ」。
昨日プロジェクターで拡大映写し,
CDラジカセで拡大音声した状態でやってみた。

ところが,練習の時には1度も起こらなかった
未知のアクシデントが私たちを待ち受けていた!
なんと,あるところまでいくとビデオが
ストップしてしまうのだ。

これが3回繰り返し,さすがに無理だと思ったので,
「歌いながら踊って下さい」と協力をお願いして
ことなきを得た。(いい思い出にはなったかな)
何枚か写真を撮ったので載せておこう。

017

018_2

019_2

020_2

021_2

2011年7月20日 (水)

本日の楽しみ 7/20

本日は1学期前半の「最終日」である。
異動した学校でのとても充実したスタートで
自分としても満足しているのだが,
そのフィナーレの本日もいくつかの楽しみがある。

(1) 学年集会でマル・マル・モリ・モリを踊る

昨日の学年朝会はなくなったが,
本日の学年集会の途中で,
マル・マル・モリ・モリを踊ることができる。
昨日F先生から「プロジェクターを使って拡大すれば」
とのアドバイスをいただき,それでやるつもり。
う~ん,楽しみ!

(2) 楽天VS日ハム戦

オールスター戦前の最終試合。
先発は,田中とダルビッシュである。
こいつは見逃せない!
といってもテレビでは観られないので,
またパソコンの「プロ野球速報」で,
少し遅れた実況放送を観るとしようか。

(3) 個人的には・・・

本来なら納会,最近では納涼会というところだが,
台風6号接近の中ではちょっと難しいか。
では,個人的な「反省会」でも?

バケツをひっくり返したような雨

台風6号の接近にともなって,
昨日は風雨が強かった。

私はそのスキをつき,
往復自転車通勤を敢行したが,
今日はいかがだろうか。
(現在,風雨はやんでいる)

昨日は午前中授業,午後は三者面談。
時折バケツをひっくり返したような雨が
ものすごい迫力で降っていた。

今日の「最終日」の天気予報は「雨」。
最高気温は「27℃」ということだ。
各地の被害が少ないことを祈る。

三者面談,一応終わる

今回は諸事情から3人の生徒がまだ済んでいないが,
彼らを除いた三者面談が昨日一応終わった。

全体として和やかに行われ,
体育祭や合唱コンの行われる夏休み後が
とても楽しみになった。

いい意味での「親の顔が見たい」=
「家庭教育の話が聞きたい」というのもあって,
それを質問すると,
やはりそれなりのご返事をいただけ,
担任としても大変勉強になる。

私としては今年度は(も)個性的なメンバーに恵まれ,
いいスタートを切らせていただいたと思っている。
少なくとも生徒との「相性」は悪くない,と。
あとは,この流れを生かして進んでいくだけだ。

夏休みを前にしてこのように思えるのも,
生徒たちと保護者の皆さんのおかげ。
夏休みでリフレッシュ&グレードアップして,
また1年2組がんばっていきま~す。

2011年7月19日 (火)

台風6号が近づいてきた!

大型の台風6号が近づいてきた。

今日の天気予報は「くもりのち晴れ」で,
本格的な風雨は明日以降だが,
雲で太陽が隠されるため
予想気温は昨日より7℃も低い28℃と,
湿度は高いかもしれないが
気温は昨日よりだいぶ低くなりそう。

ただ,スピードの遅い台風らしく,
その分たくさんの雨を降らせるかも。
気象庁は警戒を呼びかけている。
(福島第1原発の屋根や排水路も
雨が入らないようにフタをされるとのこと)

かく言う私は自転車で出勤して,
帰りはバスと電車かなあと考えているところだ。

1学期前半の「最終日」は,明日。
台風はどうなるのか心配だ。

楽天が3位に浮上!

昨日のロッテ対オリックス戦でオリックスが勝ったため,
楽天がわずかな差で3位に浮上した。

たった6毛差だけれど,今季初めてのAクラスである。
選手たちはきっと喜んでいるに違いない。

今日からの日ハム戦を1勝1敗以上でやれれば,
オールスター戦前の戦いを「借金3」で終えられる。
後半戦を考える上で,この数字は大切だ。

今季ソフトバンクと日ハムが飛ばしての2強4弱状態。
勝率5割確保,3位死守が今後の最大の課題となる。

昨日の部活動 7/18

昨日は,午前8~12時半のコマだった。

最後に,男子はアタックを,女子は打ち込みをやった。
時間がオーバーしてしまい,飲み物の差し入れを分配できず,
生徒が持ち帰ることになってしまった。
(「重いから学校に置いといていいよ」と私は言ったのだが,
律儀にもその生徒は持ち帰った)

天気が変わるらしく,スタート時には晴れていたが,
終了時には空が雲に覆われていた。

県大会まで,あと4日だ。

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパンのW杯決勝

現在午前3時45分。
めったにこんな機会はないので,
なでしこジャパンのW杯決勝を「実況中継」しちゃいます。

日本のメンバーは,スウェーデン戦と同じ。
2得点をあげた川澄の活躍に期待だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前半】

アメリカが体格とスピードを生かして,
激しく攻め込んでくる。
特にワンバックは背も高いし,スピードもある。
日本は防戦するも,今ひとつ精彩がない。
沢のパスもたびたびカットされるし,
なかなかシュートへ持っていけない。

28分,ワンバックがフリーに!
シューーーート・・・危ない・・・セーフ。
良かったあ。

その直後,日本にもチャンスが。
安藤シューーーート。
あれれれ,弱いシュートだった。

沢が守りに回っているため,
攻撃力が足りないような気がするなあ。
でも,最初に失点してしまっては勝機もなくなる。
うーん,苦しいところだ。

34分,チェイニーの強烈な切り込み,シューーーート。
何とかかわせた。

43分,アメリカのセンターバックが
ボールを持ってあがる。ピンチ!
おーーーー,よくしのいだ。

そのあと,今度は日本にチャンス!
うーん,もう一歩だった。
そして,最後にもう1回チャンス!
残念・・・。

前半苦しんだが,何とか0点にしのいだ。
この展開を後半に生かして,W杯制覇だ!

【後半】

3分,代わったモーガンのシューーート。
危なーーーーーい。
セーフ。

せっかく前半を0点にしのいだのだから,
ここで失点してしまってはもったいない。

ロイドのロングランーーー。
沢が併走して何とかしのぐ。
そのあと,またもワンバックが・・・。
後半も防戦一方なのか?

10分,やっとつかんだコーナーキック。
ゴール前に運ぶも,クリアーされる。

そのあと,またアメリカの攻勢が続く。
体格が大きいのに,実にアメリカはパワフルだ。
日本がなかなかその動きについていけない。
しかし,1点の価値は高まる一方だ。

17分,沢のパスが通った、
近賀のシューーーーーーート。
残念,大きくはずれてしまった。

ワンバックのヘディングシュート。
キーパー海堀,パンチングでよくしのぐ。

ここで,丸山と永里の投入。
攻撃の火蓋を切る。
しかし,日本の攻撃のあと「裏」が空き,
モーガンの独走から強烈なシューーーーーート。
日本のゴールの右隅に突き刺さった。

アメリカが時間稼ぎのようなショートパスを
続けているスキをうかがい,ボールを奪う。
35分,宮間がゴール前で永里からのパスを受け,
シューーーーーーート!
同点!!!

このあと,アメリカと日本の交互の攻撃が
繰り返される。
両チーム,疲れながらの死闘である。
しかし,審判のホイッスルが鳴り響く。
1ー1の同点で延長へ。

【延長前半】

1分,コーナーキックからの攻撃で,
アメリカがさっそくワンバックのヘディング。
セーフ,何とかしのぐ。

しばらくの膠着状態。

13分,ワンバックのヘディングシューーーート。
これが強烈にゴールに突き刺さった。

【延長後半】

またもアメリカに先制され,もう1点もやれない。
日本も必死,しかしアメリカも必死。

中でも近賀のゴール前のプレーは,
もう少しで同点との感があった。

その直後,コーナーキックからのボールを
沢がシューーーーート!
奇跡のゴールで,2ー2の同点。
サッカーの勝負も下駄を履くまでわからない。

ここで,岩渕の投入。

ワンバックのシューーーーート。
危なーーーーーい。
磐清水がよくクリアー。

しかし,その直後。
岩清水が痛恨のレット゛カード。
そして,アメリカのフリーキック。
危なーーーい。セーフ。
ここでロスタイム終了で,PK戦へ。

【PK戦】

アメリカ・・・シャノン×(海堀の残った足でクリア)
日本・・・宮間○
アメリカ・・・カーリー×(ゴール上へ)
日本・・・永里×
アメリカ・・・17番選手×(海堀が右へ跳び,弾く)
日本・・・阪口○
アメリカ・・・ワンバック○(これは止められない・・・)
日本・・・熊谷○

PK戦3ー1で,日本の優勝!
おめでとう,なでしこジャパン!!

沢主将のインタビュー。
「最後まであきらめずに戦った結果がこれです。
私も最後まで走り回りました。
応援ありがとうございました。
金メダル,持って帰りま~す」

佐々木監督。
「背の小さい娘たちがよくやってくれました。
応援ありがとうございました」

PS 沢は最多得点賞(5得点)とMVPも獲得した。

『ファイト新聞』

宮城県気仙沼市の小学校で
避難生活を送っている小中学生たちが,
その「日常生活」を素直につづった「日刊新聞」が
今話題となっている。

このほど河出書房新社から,
税込み1300円で出版の運びとなった。

帯には「避難所を元気づけた子どもたちの壁新聞,
今度は全国に届け!」とか,
「ルールは1つ,「暗い話は書かない」。」などとある。

震災から1週間後の3月18日から発行が始まり,
約1ヶ月半のものがカラー写真で収録されている。

1冊について100円ずつ義援金となるそうだ。
学級文庫にも入れようと思っている。

016_2

がんばれ楽天(33勝目)

楽天が,途中出場の聖沢のタイムリー・ヒットで,
9回裏にサヨナラ勝ちした。
これで引き分けをはさんで4連勝。
いよいよ楽天の快進撃が始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オ リ 0 0 1 0 1 1 0 0 0 計3
楽天 0 0 1 0 0 1 0 1 ×1計4

戦評

楽天がサヨナラ勝ちで4連勝。
楽天は2点を追う6回裏、代打・岩村の適時打で1点を返すと、
8回には横川の犠飛で同点とする。
迎えた9回、内村の三塁打などで1死二三塁の好機をつくると、
聖沢の内野安打で内村が生還し、試合を決めた。
敗れたオリックスは泥沼の7連敗。

(Sports@nifty)

2011年7月17日 (日)

「先生,何歳ですか?」

最近何人かの生徒から,
上記の質問を受けた。

別に隠しても仕方がないので,
「52歳ですよ」と答えるのだが,
生徒は「えー,そうなんですかー」と驚いてくれる。
(大雑把意言えば,
「先生,40代でいけますよ」ということだろうか?)

「若い」と言われて喜ぶところが
もうすでに若くないといえば言えるのだが,
仮説実験授業や古田史学のお陰で,
肉体的にはともかく,
精神的には年齢より若く見えるらしい。
(ありがたいことである)

最近の「マル・マル・モリ・モリ」などは,
すでに若さを通り越して,
幼さに近づいているような気もするが,
「たのしい」という思いを隠さずに
踊れちゃうところが,なかなかステキだ。

「先生,何歳ですか?」
この質問を受けられるように,
これからも精神的な若さを保っていきたい。

審判講習会

浮世の義理ということもあって,
今年は上記の講習会に参加してきた。

バレーボールは両チームがネットで隔たっているので
あまり接触プレーはないので助かるが,
ネット付近では微妙なプレーが多発するので
審判をやっていてもドキドキするところだ。

私も主審を1セットだけやったが,
自信がついたというより
自信をなくしたところがいくつかあった。

(1) パッシング・ザ・センターラインとネットタッチ

私は足が確実に出たと判断したので笛を吹いたが,
副審はネットタッチを取り,「足は出ていない」と見た。
これは「ネット」タッチ後,線も越えた」と解釈したが。

(2) ホールディング 

下から持ち上げたようなパスでも,
瞬間的ならセーフだと言われた。

(3) 冗長なトスまわし

1回だけ笛を吹いたが,女子のトスには
かなり反則に近いものが少なくない。
フェンシングのように,ボールを持ちすぎた場合は
電気が流れるような仕掛けになっていれば,
微妙な判断をしなくてもいいのだが・・・。

まあ,こういう意見の違いが出てくる事自体,
私の「成長の証」かもしれないが,
やはり主審をやっていて
副審に何回も試合を止められるのは,
あまり愉快なものではない。

ちなみに両チームからは「めだま」と呼ばれる紙が
提出されないまま試合が始まったので,
スコアを書く練習をした生徒たちはけっこう混乱をした。
(メンバーを変えても知らせてくれないチームがあったので)

がんばれ楽天(32勝目)

先発の新人・塩見がまた好投し,
完投で3勝目をあげた。
打線も先制・ダメ押しと元気が出てきた。
これで,引き分けをはさんで3連勝だ。
この勢いでAクラス奪取へ邁進(まいしん)しよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 計1
楽天 0 0 2 0 0 4 0 0 X 計6

戦評

投打のかみ合った楽天が3連勝。
楽天は3回裏、草野の適時打などで2点を先制。
1点を返されて迎えた6回には、
横川の適時打、内村の満塁走者一掃となる
3点適時三塁打で4点を加え、リードを広げた。
オリックスはソロによる1得点と打線が振るわず、
これで6連敗となった。

(Sports@nifty)

2011年7月16日 (土)

〈いろいろな種〉の標本づくり2011

私にとっては定番で,
2~3年に1度授業にかけている
上記のものを昨日2年生2クラスに実施した。

米や麦,豆,綿など社会科の教科書に出てくる
20種類の作物の種の標本を作る。
(ミニ授業書《タネと発芽》から「標本づくり」の部分を
独立・増補したもの。『たの授』1988年10月号掲載。
その後,大阪の竹内さんの協力で,豪華なセットが
安価で販売されている)

今回の2クラスの生徒たちも,
楽しそうに作っていた。
少々ポケットマネーのかかる授業だが,
(1クラス1000円ぐらい)
こういう授業は成績の良し悪しに関係なくできるので,
私もニコニコ授業することができる。
そこに生徒たちとの会話も生まれてくるという
たのしい授業なのだ。

PS 15日と19日にも1クラスずつ行い,
合計4クラスで実施した。

昭和4年の所沢地図

2万5000分の1の所沢地図を使った地域学習も,
昨日で最終回だった。

地図の裏にある昭和4年(80年前)の地図を使って,
現在と比べてみた。

(1) 昭和4年は上山口中あたりは・・・
山林の中だった、

(2) どんな記号が見られるか、
針葉樹林や広葉樹林の雑木林だった。

(3) 狭山湖や多摩湖のあたりは・・・
狭山湖はまだだったが,多摩湖はすでに
「貯水池予定地」とされていた。

(4) 航空公園あたりは・・・
陸軍の所沢飛行場だった。

校長室から丘陵地を開発し,
校舎建設を進める当時(30年前)の写真を
はずして持ってきた。
ほんとうに「山を切り開いて作った学校」であった。

講習会(3回目)

「マル・マル・モリ・モリ」の講習会は,
昨日で3回目を迎えた。(会場は視聴覚室)

人数は,男子20名あまりと女子40名あまり。
これは200人の学年の人数の,約3分の1だ。

楽しいから踊るのか,踊るから楽しいのか。
本番は最終日の学年集会になりそうだが,
私はこの取り組みの成功を確信することができた。

がんばれ楽天(31勝目)

好投しながらも今まで勝ちに恵まれなかった川井に,
今季初勝利がついた。
これをきっかけにさらに勝ち星を重ねてほしい。
前夜12回を内野安打1安打に沈黙した打線が,
効果的な攻撃で勝利をもぎ取った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オ リ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0
楽天 0 0 4 0 0 0 0 0 X 計4

戦評

楽天は3回裏、相手失策で先制すると、
さらにガルシア、高須の連続適時打で2点を追加、
この回4点を挙げ試合を優位に進めた。
投げては、先発・川井が6回無失点で今季初勝利を挙げた。
オリックスは再三走者を出すも、好機をものにできず、
これで5連敗となった。

(Sports@nifty)

2011年7月15日 (金)

総合「山口めぐり」の発表

昨日上記の会が3時間目と4時間目の
2時間続けてあった。

私は教室で24名(2名欠席)の発表を担当した。
「山口めぐり」の内容を中心に,
生徒たちはいろいろ工夫して発表していた。

私の担当からは,Yさんが選ばれた。
学級委員の生徒でなかなかの発表だった。

ほかの教室の話を聞くと,担任クラスの生徒では,
学級委員のOさん,体育委員のHさん,
Kさん,S君の名前があがっていた。
(代表は,昨日の発表と作成した新聞によって
選出されるので,パフォーマンスだけではだめだ)

各教室の代表になると,
夏休み明けの学年発表会に出られる。
そこでさらに選ばれると,
学年代表として体育館での
全校発表に臨むことになる。
なんだか夏の高校野球みたいなシステムだ。

今回の総合の「山口めぐり」に関しては,
本当にK先生におんぶにだっこで,
お礼の言葉もないくらいである。
(その分「かるた」や「夏休みの宿題」などで
フォローさせていただいているが)

講習会(2日目)

「マル・マル・モリ・モリ」講習会は,
昨日も帰りの会後視聴覚室で行われた。

参加者は少し増えて,男子20名,女子30名。
学年の人数が200名ほどなので,
約4分の1が参加していることになる。

一昨日に続いて昨日も
Y先生にバトンタッチする形でやった。
最後の踊りの頃には歌詞にも声が出せるようになり,
本日はさらに上達が期待される。
やはり講習会(といっても,何回も繰り返して
ビデオを流すだけだが)をやってよかった。

本日は講習会の3回目。
まだ踊れないという人は,
「いざ,鎌倉!」じゃない。
「いざ,視聴覚室!」ですぞ!!

地区懇談会2011

「安全・安心な学校と地域づくり」と題された
今年度の地区懇談会が,
昨日椿峰コミュニティー会館で行われた。

自治会や民生委員の方たちにも集まっていただく会で,
今まで私があまり経験したことがないものだった。
式次第を書いてみると,以下のようだ。

1 地区委員 開会挨拶
2 校長先生 挨拶
3 PTA副会長 挨拶
4 来賓紹介と挨拶
5 地区点検報告(各地区より)
6 その他
 ・ 質問
 ・ 懇談
7 閉会

いつもならメインの各学年の報告と懇談は少なく,
防犯や町の環境に重点を置く会だった。
私は1年生のこれまでをかいつまんでお話した。

開会は午後7時半,閉会は午後9時で,
連日猛暑の中で授業,三者面談をしている私にとっては,
かなりのヘビーローテーションだった。

参加者の皆様,お疲れ様でした!

2011年7月14日 (木)

「マル・マル・モリ・モリ」講習会

ただ学年朝会で踊るというだけでは
盛り上がらないので,
帰りの会後少し時間をとって,
講習会を開くことにした。

講習会といっても,やれることは
ビデオを繰り返し流して,
それに合わせてみんなで踊るだけだ。

会場の視聴覚室には数十人の生徒たちが集まり,
(学級委員はサクラとして招集しておいた)
たのしく20分ほど練習できた。

副担のY先生がお手伝いを申し出てく下さり,
男女別にやらせて下さったりした。
助かりましたー!

講習会は,今日と明日も行う。
ぜひ踊れるようになって朝会に参加しよう。
(同じ階の2年生が,何事かとのぞきに来た)

なでしこジャパンが決勝進出!

今スポーツニュースで観たが,
3ー1でスウェーデンを下し,
なでしこジャパンが決勝に進んだ。
(1点取られたあとの逆転勝利!)

これで2位以上のメダルが確定。
場合によっては「1番いい色のメダル」の
可能性も出てきた。

この勢いでがんばれ,
なでしこジャパン!

決勝は,18日の午前3時ごろ。
「早起き」してテレビ観戦しよう!

がんばれ楽天(30勝目)

立ち上がりの和田を攻めてあげた1点を,
早めの継投で勝利に結びつけた。
今日はエース田中の先発。
勢いで連勝をつかみ取りたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソフト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0
楽天 1 0 0 0 0 0 0 0 X 計1

戦評

楽天が接戦を制した。楽天は1回裏、高須の適時打で先制する。
投げては、先発・井坂が6回途中を無失点と好投。
その後を片山、小山、青山、ラズナーの継投で1点のリードを守り抜いた。
ソフトバンクは好機を生かせず、8回1失点と好投した先発・和田を援護できなかった。

(Sports@nifty)

2011年7月13日 (水)

三者面談始まる

昨日から三者面談が始まった。
私の面談の仕方を書いておこう。

(1) 生徒の自己評価

生活面,学習面,部活面(クラブ)について,
100点満点で何点か,またその理由や
どのように改善していくかを言ってもらう。

(2) 保護者の意見

(1)について,保護者の意見を言ってもらい,
本人と保護者の考えの差を知る。
(同じこともあるし,ずいぶん違うこともある)

(3) 担任からのアドバイス

その生徒の良いところを認めつつ,
今までの経験から今後のアドバイスをする。
無理強いはしないが,三者面談から改善される
ということも無きにしもあらずなので,
タイミングを図りつつ行う。

これで万事OKというわけにはいかないが,
何か前に向かって進み出したという感じの
15分にはしたいと思っている。
「たかが15分,されど15分」である。

花の水遣り

教室に花は置きたいが,
水遣りを係にまかせると
たいていやり過ぎて,
根腐れを起こしてしまう。

また,生徒たちは関心がなくなると
逆に水遣りも忘れて枯らすので,
結局私が面倒をみることになる。

私の水遣りのタイミングは,
「乾いたら水遣りをする」という
単純なものだ。

夏なので今は毎朝と毎夕しているが,
500mL入りペットボトルに1杯を
5つの鉢に分配していく。
(冬は遣らない日もある)

その際,鉢によって=花によって
量を加減していくのが大切である。
その差は数倍にもなるので,
日頃の観察が必要だ。

こうして水の管理をしていくと,
4月にはクラスで差がなかった鉢の数が,
7月にはかなりの差がついてくる。

もっとも私は朝日新聞の地域のプレゼントに
毎月応募して,鉢花をゲットしているという
「裏技」は使っている。
これは5年ほど前から利用しているのだが,
鉢花の希望はほぼ毎月のように通るので,
教室の鉢花を変化させていくことができている。
あれを自腹で買っていたら,とても財布がもたない。

この「花の水遣り」は,人間についても
同じようなことが言えるのかもしれない。
要は「必要な時に水をやるように,
観察していること」なのだと思う。

2011年7月12日 (火)

がんばれ楽天(29勝目)

昨日は月曜日だったので,
プロ野球はないものと勘違いしていた。
先発・塩見が斉藤佑に投げ勝っていたんだね。
塩見よくやった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽  天 0 1 0 3 0 0 0 0 1計 5
日ハム 0 0 2 1 0 0 0 0 0計 3

戦評

楽天は2回表、内野ゴロの間に1点を先制する。
2点を返され、リードを許した直後の4回に嶋の適時打や
鉄平の犠飛などで3点を挙げて逆転すると、
9回には高須の適時打で貴重な追加点を挙げた。
先発・塩見は6回3失点で今季2勝目。
日本ハムは連勝が3でストップした。

(Sports@nifty)

『裁判判決で学ぶ日本の人権』

梅野正信著,明石書店,
2800円+税の上記の本を,
アマゾンにて入手した。

本書には,「8つの判決書教材」と呼ばれる
授業例が掲載されている。

(1) 安全配慮義務を学ぶ~校内刺殺事件
(2) 子のために親が知るべき事実~校内性的暴力事件
(3) 体罰を容認する環境に身をおかない~体罰自殺事件
(4) 誹謗中傷と表現の自由~インターネット名誉毀損事件
(5) 職場における女性の立場~セクシャルハラスメント事件
(6) 有機水銀中毒に生活を崩壊させられた人々~水俣病裁判
(7) 被爆者はどこにいても被爆者~在韓被爆者の地位確認等請求
(8) 軍人,軍属,軍隊慰安婦と日本の責任~戦後補償裁判
  
ざっと見たところ,生徒に対する授業例と
教員・保護者向けのものがあるようだ。

授業プランというよりは,素材提供的な存在で,
最近『苦海浄土』を読んだこともあるので,
(6)あたりから授業プラン化してみたいと思っている。

「マル・マル・モリ・モリ」朝会の提案

今年の秋の小学校の運動会で
「マル・マル・モリ・モリ」が踊られるのは,
ほぼ間違いないだろう。

その前に中学1年の彼らと
「マル・マル・モリ・モリ」朝会をやってはどうか?
そこで昨日は,昼休みの学級委員会と
放課後の学年会で提案してみた。

特に強力な反対もなく,
あとは3回ほど行う今週の練習会が
盛り上がるかどうかにかかっている。

視聴覚室にて練習会のリハーサルをやってみたが,
踊れるようになるにつれて楽しくなってきた。
うまくいきそうな予感が・・・。

さあ,あなたも一緒に,
「♪マル・マル・モリ・モリ,みんな食べるよ~♪」
たのしいですよ!

2011年7月11日 (月)

なでしこジャパンがベスト4に!

強豪(ランク世界2位。対戦成績0勝7敗1分)であり,
開催国でもあるドイツを破り,
1ー0でなでしこジャパンがベスト4に進んだ。

絶対的不利な状況が,
チームの結束を生んだのだと思う。
こういうチームに「サッカーの神様」は微笑む。

勝って兜(かぶと)の緒をしめよ!
もう2回「サッカーの神様」には
仕事をしてもらわないといけないから・・・ネ。

PS この試合に先立ち,監督は選手たちに
東日本大震災の映像を見せ,
「君たちのプレーが被災者の人たちの励みとなる」
と諭したそうだ。
また,男子チームキャプテンだった長谷部が,
チームを訪問し,著書になぞらえて,
「心を整えた」とのこと。
こういう「舞台裏」があったんだね。

昨日の部活動 7/11

昨日は,午前8時~12時半のコマだった。

暑さの中ジャンプ運動をしていたら,
終了時に体重が1.5キロ減っていた。

しかし,夜居酒屋で友人たちと
再会の祝杯をあげたら,
また今朝はもとの体重に戻っていた。

私の体の「復元システム」は,
相当性能が良いらしい。(笑)

2011年7月10日 (日)

昭島サークル2011年7月例会

昨日は久しぶりに上記の例会に参加した。
(正式名は,「たのしい教師入門サークル」)

参加者は,30名ほど。
ニコたのサークルの主宰者・小沢さんや,
群馬県の峯岸親子も久しぶりに参加。
また,この夏仮説社から出版される
『よくある学級のトラブル解決法』のために
竹内さんがいらっしゃるなど,
豪華メンバーと大量の資料に恵まれての会だった。
提出された資料の紹介を。

(1) 川上耕平物語(小川さん)
(2) 「意欲と関心」なんてどうやって評価するんだ?(伴野さん)
(3) 中野先生の授業って?!(中野さん)
(4) 初めてサークル2参加した時の自分を振り返って(市原さん)
(5) 「教える喜び」をわかってもらえる(山路さん)

(6) 教師の暴言(小原さん)
(7) 学級通信「わくわく」(奥さん)
(8) 組織の中の主体性(峯岸さん)
(9) 科学読み物「テレビアンテナ物語」を読んでみませんか?(中林さん)
(10) 中一夫さんの「仕事のこなし方・早い終わらせ方」を紹介します(中林さん)

(11) ビスケットをモチーフにした絵手紙(小沢さん)
(12) 創作塗り絵でリフレッシュ(小沢さん)
(13) ハリナックスの紹介(小沢さん)
(14) ダンディ先生のニコニコ教室日記(小沢さん)
(15) 「死ね。きえろ。」が口ぐせの神田くん(日高さん)

(16) 小川洋さんに来てもらいました(日高さん)
(17) 実習生の「教育実習日誌」のコピー(日高さん)
(18) 「社会科通信」(肥沼)
(19) 授業書&たのしい授業と手品&ビデオの活用(肥沼)
(20) 近刊『よくある学級のトラブル解決法』出版記念会&祝賀会(田辺さん)

ほかに,数点未発表の資料。

(未1) 「科学的に考える」を身近なことに(小川さん)
(未2) 山本正次さんの「自分の感受性くらい」の資料(小川さん)
(未3) 僕が教師を目指した理由(市原さん)
(未4) 知ってる?最近の若者言葉(小沢さん)
(未5) 19歳のフィリピン旅行(小沢さん)
(未6) フィリピンで出会った人々(小沢さん)

例会後,釜飯を食べながら懇親。
そのあと,私は帰ったが,
出版に向けての会議が行われた模様。

PS 竹内さんが言っていらしたが,
検索したら「夢ブログ」関係のものに
複数出くわしたとのこと。
以前川口さんにも同様の指摘を受けたことがあるが,
うれしい感想だった。

『仮説実験授業のある人生1』

上記のガリ本を入手した。
西尾たのしい授業の会の編集である。

「はじがき」には手嶋さんの,
「いいことばかりではないが,でも時々いいことがある,
そんな日常をこの『仮説実験授業のある人生』で
お知らせできたらいいなと思います」という言葉がいい。

7人が12の文章を寄せていて,
それぞれの人にとっての仮説実験授業が語られ,
それぞれが響きあっている。

半分ほど読んだが,
松木さんの講演あり,西川さんの授業論ありと,
読み応え十分だ。
もちろん,このガリ本のシリーズを通して,
若手の手嶋さんや岡田さんが成長していくのは,
必至と思われる。

私もぜひ載せてもらえるような文章を書きたい。
今年は私にとって仮説実験授業の
実践30周年の年になるので,
チャンスだと思う。

惜しむらくは,発行部数が50部と少ないことだ。
このシリーズはきっと人気が出てくるに違いなく,
やがてほしい人が入手できなくなる心配がある。
編集の井上さん,手嶋さん,
ぜひ発行部数を増やしていただけますか?

2011年7月 9日 (土)

勝手に「梅雨明け」宣言

関東地方以外は梅雨明けになったとか。
悔しいので,勝手に「梅雨明け」宣言いたします。

ブログの背景を「雨だれ」から
「青空とひまわり」に変えてみました。
「夏」って感じですよね。
これで天の神様が気を良くして,
「梅雨明け」ということになるか,
ならないかな?

そういえば,キャンディーズの歌に
「夏が来た!」というのがありましたね。

♪緑が空の青さに輝いて
部屋のカーテンと同じ色になっても・・・♪

暑い夏,どうぞご自愛下さい。

人権教育ファシリテーター養成講座

昨日は,人権教育の出張で大宮へ行った。
上記の講座だった。

何年か前に「ITリーダー」というのがあったが,
これもそんな感じなのかも。

キーワードは「人権感覚の涵養(かんよう)」とのことで,
4月から「人権作文」「人権標語」+度重なる出張要請で,
私のココロはかなり乾いている中での出張だった。
(おまけに昨日は破格に蒸し暑い1日だった)

基調講演の講師は,上越大学教授の梅野正信さん。
話は多岐にわたったが,
「優れた授業は,みんな人権教育である」という主張は,
私も賛成するところだ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には,
著書がたくさん紹介されていた。
アマゾンで何冊か注文した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅野 正信(うめの まさのぶ、1955年 - )は、
日本の歴史学者・教育学者。鹿児島大学教育学部教授。博士(学校教育学)。
専門は社会科教育・教育史。長崎県出身。

1978年 立命館大学文学部史学科卒業
1979年 長崎大学教育学部専攻科卒業
1979年 活水中学校・高等学校教諭(~1988年)  ← 10年間は社会科の先生だった!
1986年 上越教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了
1988年 鹿児島大学教育学部講師
1990年 鹿児島大学教育学部助教授
2002年 鹿児島大学教育学部教授
2008年 上越教育大学大学院学校教育研究科教授

単著

『社会科はどんな子どもを育ててきたか』 (明治図書出版、1993年) 
『和歌森太郎の戦後史―歴史教育と歴史学の狭間で』 (教育史料出版会、2001年)
『いじめ判決文で創る新しい人権学習』 (明治図書出版、2002年)
『社会科歴史教科書成立史 占領期を中心に』 (日本図書センター、2004年)
『日本映画に学ぶ教育・社会・いのち』 (エイデル研究所、2005年)
『裁判判決で学ぶ日本の人権―中学高校授業づくりのための判決書教材資料』 (明石書店、2006年)

共著

宮台真司・姜尚中・水木しげる・中西新太郎・若桑みどり・石坂啓・沢田竜夫『戦争論妄想論』 
 (教育史料出版会、1999年)
宮台真司・宮崎哲弥・網野善彦・姜尚中・辛淑玉・加納実紀代・藤井誠二・樹村みのり・斎藤貴男
・太田昌国・沢田竜夫『リアル国家論』 (教育史料出版会、2000年)

編著

『「西郷・大久保・東郷」論争点を授業する』 (明治図書出版、1991年)安藤保との共編
『教師は何からはじめるべきか―自らを問いなおす「いじめ」自殺の授業』 (教育史料出版会、1998年)
『実践いじめ授業―主要事件「判決文」を徹底活用』 (エイデル研究所、2001年)采女博文との共編
『実践ハンセン病の授業 「判決文」を徹底活用』 (エイデル研究所、2001年)采女博文との共編

信濃グランセローズが8連勝!

小手指中時代に私が担任した
米田君が所属する信濃グランセローズ。
私が応援に行った次の試合から5連勝で前期を終えた。

さらに後期に入ってスタートから3連勝!
合計8連勝と乗りに乗っている。

若い選手たちにとって,勝つのが最大のクスリ。
自信をもって群馬とも戦えるのではないか。

夏休みに入ったら,1度本拠地の長野県での試合を
観戦しに行きたいと思っている。

2011年7月 8日 (金)

七夕の願い

昨日は,七夕だった。
「目標を書く」ということの意義を考えて,
七夕の短冊(たんざく)を書くことにした。

015_2

提出率100%!
やはりたのしいことには,
生徒たちは乗ってくるものだ。
下校時間を気にしながらも,
全員が提出して帰った。

そのあと,私はラシャ紙に笹の絵を描いて,
それに短冊をかけていった。
(ホンモノの笹はちょっと入手が難しいし,
後片付けのこともあるので)

しかし,男女の内容を比較すると,
男子が抽象的な内容が多いのに対し
(お金持ちになりたい,世界の美女にめぐり合いたい等)
女子は具体的,現実的に書いていたのには驚いた。
(ケータイがほしい。テニスが上手になりたい等)
さすがに女子は,13歳から現実的に生きている!

私ももちろん,短冊を書いた。
「1年2組がさらにすてきなクラスになりますように!」
これってちょっと抽象的?
やはり,私も男子の一員なのでしょうか?
でも,本当のことだから仕方がない・・・。

がんばれ楽天(28勝目)

先発・田中が,打たれながらも試合を作り,
楽天は久しぶりの連勝を記録した。
また,田中は自身の連勝を6と伸ばした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽天 3 0 0 0 1 0 0 0 0 計4
オ リ 1 1 1 0 0 0 0 0 0 計3

戦評

楽天は初回にルイーズと高須の適時打で先制すると、
3-3で迎えた5回表には聖沢のソロで勝ち越しに成功。
投げては先発・田中が6回を被安打9ながら、
3失点に抑え今季9勝目。自身の連勝を6に伸ばした。
オリックスは相手を上回る11安打も、3併殺と拙攻が目立った。

(Sports@nifty)

2011年7月 7日 (木)

テストができた!

前日の午後6時になって,
ようやく期末テストができた。

一昨日他の先生に授業をあげたため,
空き時間が多くなって,
パソコンで少しずつ問題を入力していたのが
よかったのだと思う。

昨日は生徒たちが下校した午後4時から
テスト作りを再開し,
約2時間で印刷・袋詰めまでこぎつけた。

今年で勤続30年。
年4回(3学期制なら年5回)
テストを作ってきたということは,
今まで100回以上同じようにしてきたわけだ。

ホッとするひと時。

テストの印刷を終えた時・・・
テストの採点を終えた時・・・
終業式が終わって納会をする時・・・
もう少しで夏休み・・・
久しぶりの仮説の夏の大会&遺跡めぐり・・・

がんばろう!

がんばれ楽天(27勝目)

一昨日いやな逆転負けした楽天だったが,
昨日はそのお返しをすることができた。
なかなか連勝ができない楽天だが,
勝てる試合を1つずつものにしていって,
上位進出の準備をしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽天 0 0 0 1 0 1 0 0 3 計 5
オ リ 0 1 0 1 0 0 0 1 0 計 3

戦評

楽天は1点ビハインドで迎えた9回表、
ルイーズがソロを放ち同点とすると、
暴投と鉄平の適時二塁打でこの試合初めて勝ち越しに成功。
8回途中から登板したラズナーが9回裏を3人で締め、
劇的な逆転勝利を収めた。
オリックスは守護神・岸田が誤算で、連勝が4でストップ。

(Sports@nifty)

2011年7月 6日 (水)

がんばれテスト勉強,がんばれテスト作り!

前任校は9月に期末テストを行っていたので,
久しぶりに7月にテスト作りをしている。

暑い!
今までなら冷房の効いた職員室で,
何とかしのいで作れたのだが,
今年は原発事故もあって節電のお達しが
学校にも来ていてそうはさせてくれない。

しかし,生徒たちもこの暑さの中,
テスト勉強にがんばっている。
(今年は家庭学習ノートの「当たり年」でもあるし)
私もテスト作りにがんばらなくては・・・。

今回期末テストをやってしまえば,
次回は11月までテストは作らなくて済む。
また,三者面談が終われば,
学総体の県大会や仮説の夏の大会が待っている。
がんばれテスト勉強,がんばれテスト作り!

千恵さんのカナダ報告 2年目(1)

カナダに「帰国」した千恵さんから,
待望の報告が届いた。
VISAの申請にも成功したとのこと。
これで安心して過ごせそうかな。
「2年目」として,また転載させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

先生、ご連絡ありがとうございます。
お元気ですか?

ガリ本の件、それから出版社の会議に連れて行ってくださった際は
本当にありがとうございました。
頂いたガリ本、親戚や仲の良い友人に渡して、とても喜んでくれました。
あんなに立派な形にしてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。
出版社の会議も、参加したのは初めての経験で、
いろいろなお話が聞けてとても興味深かったです。

さて、カナダに帰ってきてからもう3週間が経ちます。
日本に帰国した際にひいた風邪がまだ治らないほど、
毎日レストランでの仕事にあけくれています。

今まで、カナダに来て時差ボケはあったのですが、
今回の時差ボケはとてもひどかったです。
仕事に戻るまでの3日間、ほぼ眠り続けていました。 
おそらく1日4時間ほどしか起きていた時間が
なかったんではないかと思います。

無事に空港でVISAの申請に成功したので、
今こうして働くことができていますが、
審査官の人たちもかなり厳しく審査をしているようで、
色々と細かい質問があり、時間もかかり、
とても不安になりました。
でも無事におりて本当に良かったです。

こちらに1年いるので
今回はアルバータ州の保険に加入しました。
無料で加入できる州の保険です。
歯の治療には適応できないのですが、
無料の保険とはかなりありがたいです。

日本は暑いというニュースをYAHOOで見たりしていますが、
肥沼先生もお身体にお気を付けてお過ごしください。

また今後も報告を送らせて頂きますね。

近藤千恵

社会科サークル2011年7月例会

昨日は,上記の例会に参加してきた。

参加者は,森田さん,山田麗さん,山田裕さん,宮崎さん,
それに私の5名。

時期の新教科書についての検討で,
山田麗さんが報告してくれた。

教科書については,
「教科書を教えるのではなく,教科書で教えるのだ」
という議論もあったりするが,
現実的には生徒たちは「教科書から学ぶしかない」
ということもあって,その内容については,
やはり関心を持たざるを得ない。

今までシェアの高かった東京書籍が
大判化して差別化を狙ってきたが,
これを机に広げたり,持ち帰りする生徒たちに,
吉と出るか凶と出るか1度生徒たちに聞いてみたい。

あとの社はみんなB5判なのだが,
自由社や育鵬社を除いては
似たり寄ったりのような気もする。
どれに軍配を上げるか,
各地で行われている教科書展示会に
あなたも足を運んでみてはいかがだろうか。

今年は教研集会が10月15日のため,
9月には例会を持とうということになった。

内容は,今年も8月7日から9日まで
所沢市役所で戦争展を行う山田裕さんの報告だ。
20年以上にわたって行ってきたこの実戦に
私は感謝と敬意を表するものである。

2011年7月 5日 (火)

「〈いろいろな種〉の標本づくり」で締めくくり

2年生の社会科は,
上記の授業で締めくくろうと思っている。

いつもなら「江戸時代の農業」のところで
やっているのだが,
今回はこの時期にやろうと思った。
せっかく授業書《はじめての世界史》で
好スタートした2年だもの,
最後も「たのしく」終わらなくちゃあネ。

もうすでに種は大阪の竹内さんから届いていて,
あとやることは,貼り付けるシートと
プリント類の印刷ぐらいである。
おっと,ボンドの減り具合もチェックしておかねば・・・。

この授業は,吉村・板倉共作ミニ授業書《タネと発芽》から
「標本づくり」だけ特出して「社会科の1時間もの」
にした授業である。(『たの授』1988年10月号)

『失敗学のすすめ』

東日本大震災および原発事故の原因究明に関して,
畑山洋太郎氏の名前が登場した時,
私はひそかな希望を持った。

それは,彼が『失敗学のすすめ』(講談社,1600円+税)
という本の著者であることを知っていたからである。

014_2

1000年前の津波のことから学べる人,
40年以上前の安全基準が
なぜ放置されたかという視点から考えられる人,
責任追及より原因究明に力を注げる人。
そんなスタンスで研究してきた人が
委員長に選ばれる時代でもあることは,
日本の未来を感じずにはおかない出来事だった。

上記の本は次のような構成である。

プロローグ 失敗に学ぶ
第1章 失敗とは何か
第2賞 失敗の種類と特徴
第3章 失敗情報の伝わり方・伝え方
第4章 全体を理解する
第5章 失敗こそが創造を生む
第6章 失敗を立体的にとらえる
第7章 致命的な失敗をなくす
第8章 失敗を生かすシステムづくり
エピローグ 失敗を肯定しよう

まだ読んでいない方には,
ぜひ読んでいただきたい好著である。

『ニッポンの嵐』とグリコの「アイスの実」

上記の2つの共通点は
「この夏のおすすめ」の品ということである。

013_2

前者は昨年学校の図書館に寄贈されながら,
それゆえ生徒たちの手に入らなかった本だ。
このほどポケットサイズで登場した。
今をときめく嵐の5人がわが国の良いところ,
見所,勘所をめぐってインタビューなどで報告している。
例えば,宮崎駿監督と二ノ宮君との対談とか。
(1000円)

後者はこの夏季節限定で発売されているグリコのアイス。
例のAKB48の「神の新人・江口愛実さん」(CG)が
宣伝しているやつである。「私はあなたを愛すのみ!」
果汁50%なので硬すぎずジューシーな味わいがグッド。
(126円)

2011年7月 4日 (月)

「マルモのおきて」最終回

今話題の番組だし,
最終回ぐらいは観ておこうと,
録画しておいたものを今観ている。

なかなかいい番組だ。

「好きでも嫌いでも家族」
「離れ離れでも家族」

家族が家族であるために
ノートに書かれていった「おきて」は,
香と友樹の心の中に
(芦田愛菜と鈴木福)
しっかりと根付いていたのだった。

「好きでも嫌いでも○○」
「離れ離れでも○○」

これらのフレーズは,
他のことでも言えるかな?

再放送がされるのなら,
今度は通して観てみたい。

PS 先ほど「めざましテレビ」で,
「マル・モリ・ダンスがDVD化される」
とのことを聞いた。
これはぜひ入手したい。

『たの授』7月号に「世界の国探し」の話

昨日『たの授』7月号が届いた。

編集委員をしているから毎月1冊は届くのだが,
なんと3冊も!
ということは,何か掲載されたのかな?
と思いながらぺらぺらページをめくってみた・・・。

このブログに書いた「世界の国探し」の話だった。
(6月4日掲載)

「はみだしたの」で誕生日の話(8月24日が4人いる)が
5月号に掲載されたが,これで今年度2回目の
クラスの話題が掲載された。

念のために,今回のものを再録しておくことにする。

「授業の最初に少し時間をとって,
「世界の国探し」を10問している。
地図帳1~3ページがワイドな見開きなので,
それを利用したものだ。

「10秒以内に見つける」というスリルが楽しいらしく,
「第5問 リベリア 10,9,8,7,6,5,
アフリカにあります 3,2,1.0 ここで~す」
などと私もアナウンスしている。

中間テストで「40ヶ国を覚えてくる」という
問題を出したせいもあるのか,
ここのところ「世界の国探し」の正答率がとても高い。
最初のころはほとんど見つからなかった生徒も,
今では半分ぐらいは見つかるようになって,
「国探しが楽しかった」などと感想に書いてくれる。

ノリの良い我がクラスの男子などは,
「先生,10問正解だったら
マックのハンバーガーおごってよ」
などと調子に乗っているので,
「わかりました。10問正解者には,
特別頭をなでなでしてあげましょう」と言ったら,
「いえーい!」と喜んでいる。

そして,本当に国探し10問正解の後,
男子が5人も前に出てきたので驚いてしまった。
「おーい,そこは引くとこでしょ!?」
クラスの女子は爆笑していた。」

がんばれ楽天(26勝目)

ロッテとの3連戦を勝ち越すことができた。
先発の永井が早々に降板するも,
救援陣がよく踏ん張った。
さあ,楽天の夏が始まるぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロッテ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 計 1 
楽 天 2 0 0 0 3 0 0 0 X 計 5

戦評

楽天は1回裏、ルイーズの適時打で2点を先制。
その後1点差とされるも、5回に松井稼、聖沢の
適時打で3点を加点し、リードを広げた。
投げては、先発・永井が2回途中に降板するも、
4投手による好救援が光った。
ロッテは先発・渡辺俊が5回途中5失点と試合をつくれず。

(Sports@nifty)

2011年7月 3日 (日)

富士山はどこから見えるか?

『たの授』1996年6月号に
ミニ授業書〈富士山の地理と数学〉という
板倉聖宣さん・田口司朗さんの記事が載った。
(私も新聞記事の提供で協力した)

田代博著『「富士見」の謎 一番遠くから富士山が
見えるのはどこか?』(祥伝社新書,840円)は,
それに関連している本である。

その後「記録」は少し伸びて,2001年に和歌山県の
色川富士見峠で写真撮影された322.9キロになった。
(1996年現在では.和歌山県・大雲取山で,320キロ)

田代さんは,筑波大学付属高校の社会科の先生で,
ほかに『展望の山旅』などの著書もあるそうだ。
このことを話題とした「田代博のホームページ」
というサイトもある。

地区大会のハシゴ

勤務校は幸いなことに
学総体で2~3位の部がいくつかあり,
そのうち3つの種目で地区大会が行われ,
昨日3つ全部を応援してきた。
それを略報しよう。

(1) ソフトボール部・・・狭山西中にて,狭山西中と試合

この地区の強豪校との因縁の対決。
昨年は劇的勝利を飾ったとのことだが,
今年は県の代表にもなったエースに抑えられ,
よく健闘したが0ー2の惜敗。
先生方の「応援団」も,校長・教頭・S先生・I先生・H先生・
Т先生と私で,この日最大の7名が参加。
(以降の地区大会へも移動しながら応援した)

(2) サッカー部・・・飯能・美杉台公園グランドにて,
 豊岡中と対戦

1ー1に追いついた延長の末,
2年生のねばりのゴールで突き放し,
2ー1で薄氷の勝利。
次の試合に勝てば県大会に!

(3) 柔道部・・・所沢・武道館にて
 団体戦は敗れ,勝負は個人戦に

3人ほど対戦をしているのを見たが,
1勝2敗の成績だった。
衆目の中で戦うプレッシャーはいかばかりか。
しかも同じ学校同士の対戦もあった。
クラスのO君が審判の補助をしていた。

(4) サッカー部・・・飯能・美杉台公園グランドで
 美杉台中と対戦

先制したが,ちょうど追いつかれて1ー1に
なったところで我々は到着した。
延長の末左からのコーナーキックに
頭で合わせた3年生のヘディングシュートで
劇的な勝利をあげた。
サッカー部の皆さん,顧問のN先生,
県大会出場おめでとうございます!

011_2

012_2

010

今回の「地区大会のハシゴ」に
車の移動でご協力をいただいた
H先生とI先生に感謝いたします。
車中でのお話も楽しかったです。

ダイエットはひと休み

昨日は1日運動ができる格好をして,
地区大会のハシゴをした。

ダイエットには最適の条件だったが,
サッカー部の県大会出場が決まり
うれしくて祝杯を挙げたので,
ダイエットはひと休みとなった。
今日は元に戻すよう努力したい。

まずは午前中に汗をかこう!

2011年7月 2日 (土)

元気の出る学習会

昨日は所教組主催の上記の会に参加してきた。

場所は,所沢・地区労会館。
参加者は,25名ほど。
                            
この学習会は前から出たいと思っていたのだが,
なかなか日程が合わなかったりして,
今回やっと参加することができた。

講師は「日本作文の会」の実践家である伊藤さん。
私は所教組の青年部の頃からお世話になった方で,
明るくパワフルな人柄で
子どもたちや保護者たちから親しまれている
小学校の先生なのだった。

その彼女が30年の教育実践の中で
もっとも力を入れてきたもの,
それが「作文」をもとにした学級づくりである。

単に作文を書かせるのではなく,
また文集作りにいそしむのでもなく,
子どもたちに書かせた作文を教材に,
どう生きていくべきかを真摯(しんし)に問うていく,
まさに真の「生きる力」を育む実践だった。

友だちのこと,家族のこと,世の中のこと。
時にはケンカなど負の事象についてさえ・・・。
先生との関わりがが深まるにつれて,
遠慮なく自由につづり始める子どもたち。
そして,それを温かい目で見守る伊藤さん。

私の場合仮説実験授業&たのしい授業が
それに当たると思うのだが,
同じ30年,方や「作文」を方や「仮説」を「武器」に
実践してきたのかと思うと感慨深かった。

ただ,「作文」の場合,
指導に相応しいような「作文」に
出会うことはなかなか難しく,
もし仮に出会えても個人的な力量の問題で
うまく生かせなかったりするのではないか。
その点,「仮説」には授業書という
優れた教材群があって,
確実に頼りにできるので,
私のような者にもより多くのチャンスが
与えられるのではないかと思った。

新学期まず子どもたちとの関係づくりに
「作文」を書かせる伊藤さん。
新学期まず生徒たちとの関係づくりに
「仮説」を実施する私。
両者とも相手の良い所を知ろうとする
という共通点があるような気がした。

今回は若い先生の参加も多かったので,
「サークル再盛」をめざして
お互いにもうひと頑張りしましょう!(※)

今回の学習会は,その名に違わず
本当に元気をもらえる素晴らしい会であったと思う。
所教組のナイスな企画に感謝したい。
伊藤さん,多忙な中報告ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ かく言う肥さんも,今年の4月より
「新所沢たの授サークル」をスタートさせた。

※※ 日本作文の会の夏の大会は
7月29日から31日まで東京で行われるそうだ。
ちょうど同じ2泊3日の日程で,
私は福岡県に仮説の夏の大会で出かける。
日本の東と西で頑張りましょう。

スーパークールビズ

昨日から9月30日の2ヶ月間,
所沢市の教職員は上記のスタイルで仕事をする。

舌を噛みそうなネーミングが玉に瑕だが,
要するに「節電のため,Тシャツで失礼!」
というわけだ。

このТシャツ,値段も1000円と手ごろで,
しかもこのうち155円が震災の復興に寄付されるとあって,
勤務校でも10名ほどの教職員が購入した。

昨日の朝日新聞の朝刊にも紹介されたので,
早くも着てきた人が何人かいた。
かく言う私も・・・。

008_2

009_2

がんばれ楽天(25勝目)

やっぱり田中は頼りになる。
(5連勝。勝率8割)
ロッテとの3連戦の初戦を完封で飾った。
今日も連勝して,波に乗ろう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計 0
楽 天 0 0 2 0 0 0 0 0 X 計 2

戦評

楽天は3回裏にガルシアと岩村のタイムリーで2点を先制する。
序盤に援護点をもらった先発・田中は、9回を9奪三振の快投。
自身5連勝を今季2度目の完封で飾り、8勝目をマークした。
対するロッテの先発・成瀬は7回を2失点と好投するも、
打線の援護がなく今季6敗目。

(Sports@nifty)

2011年7月 1日 (金)

暑い夏がダイエットには最適!

暑い夏が「地球の温暖化」からしても
避けられないとしたら,
何で「節電」とか「停電」とか
消極的に行動するのだろう?
汗が出やすい暑い夏は,
ダイエットには最適なのである!

これを活かさないで室内に涼しくこもっている
ことだけを考えたりするから,
「やっぱり原子力発電が必要かも・・・」なんて
暗い考えになってしまうのだ。

この暑い夏を効率的に利用するのは,
ダイエット(生活習慣予防運動)しかないし,
今がそのチャンスなのである!

かく言う私は,現在この1か月ですでにマイナス3キロ。
夏が終わる頃にはさらにマイナス4キロをめざしている。
(合計7キロを健康的にダイエットした肥さんを
この秋お届けしま~す!)
その頃ちょうど人間ドックを受けるので,
お医者さんを驚かすサプライズとも考えている。

体育祭の選手決めと合唱コンの曲選び

勤務校の体育祭は9月に行なわれ,
合唱コンは11月に行われる。

しかし,その間に40日間の夏休みがあるので,
今頃から選手や曲を決めておく必要がある。

一昨日クラスでも曲選びを行い,
昨日選手決めを行った。

(1) 曲選びのポイント・・・自分たちのクラスの特徴を生かした
曲を選ぶこと(元気なクラスは元気な曲に)
(2) 選手決めのポイント・・・各生徒の運動の得意・不得意を
考慮に入れて,「やりたいから」だけで決めないこと

合唱コン実行委員と体育安全委員が中心となって決めるが,
調整はなかなか大変で,その手椀が問われるところ。

そうやって苦労してせっかく決めた曲も,
各クラスのものを持ち寄ると当然重なっているわけで・・・。
なかなか一筋縄には行かないのが
この時期の学活なのである。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ