« 暑さ対策 | トップページ | 「子」のつく名前 »

2011年6月25日 (土)

主観と客観~地上1mでの測定が世界基準

福島第1原発の事故から.
放射線量を自分たちでも測ろう
という動きが各地で見られている。

これは,自分のことは自分で守るという
積極的な姿勢とともに,
国の「安全基準」に対する不信感も
表しているものと考える。
(「安全基準」ではなく「がまん基準」だ
という意見もある)

その測定だが,精密さはもちろんのこと,
統一した基準での比較に意味があるので,
やみくもに自分の関心があるものだけ測っても
意味が薄いという。

地上1mでの測定が世界基準だという。
ぜひ測定値の脇に「どれぐらいの高さでの測定か」
という観測条件も付け加えることを忘れないでほしい。

これは他のことにも言えると思うが。
主観と客観の問題である。

« 暑さ対策 | トップページ | 「子」のつく名前 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さ対策 | トップページ | 「子」のつく名前 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ