« 昨日の部活動 6/12 | トップページ | 昨日の部活動 6/13 »

2011年6月13日 (月)

NHKスペシャル「寿命を延ばす遺伝子」

欽ちゃんこと萩本欽一さんが進行役を務めた
楽しい番組が昨夜放送された。
(NHKテレビ,午後9時~)

昔から多くの人が願ってきた不老不死。
その原因を左右する遺伝子が発見されたという。
しかも誰もが持っているというから驚きだ。
だがしかし,それはほとんどオフの状態だという。
それをオンにするにはどうしたらいいか?
「カロリー制限」がキーワードだという。
(30パーセント減ほど)

活性酸素はすべてのものを破壊し,老化を進める。
しかし,「カロリー制限」をして活性酸素の活動を防げば,
この「サーチイン遺伝子」が活動を始め,
「若返り」の酵素を発生させるらしい。

もうひとつのキーワードは,「免疫細胞」。
若いうちは異物を攻撃し・除する役割を果たすが,
加齢にともない自分自身も攻撃し始めてしまう。
その活動を緩やかにするにも「カロリー制限」がいいという。
少しのごはん,煮野菜,焼き魚の切り身といった
低カロリーの和食が,実は理想的な食事らしいのだ。
「灯台下暗し」だね!。

そういえばジャングルに潜んだ元日本兵・小野田さんの食事は,
かなり低カロリーの粗食に思えたが,
健康にまったく問題はなかった。
そうだったのかあ。

明日からさっそく,粗食を始めよう。
給食のおかわりなんかやめよう。
夜遅くまでの飲食は控えよう。

サーチュイン遺伝子の発見者は,
アメリカのガレンテ博士。
酵母の研究からこれを発見したという。
ほとんどすべての生物が持つというこの遺伝子は,
進化の過程で何度も経験した「飢餓」が理由だったらしい。
つまり飢餓を乗り越えさせてくれたものが,
この遺伝子の起源だったというわけ。
(その後生物の進化とともにこの遺伝子も変化)

現在は「飽食の時代」と言われる。
もともと飢餓対策の遺伝子だったからこそ,
仮の「飢餓」を経験させることによって
サーチュイン遺伝子はオンの状態になる。
なるほどそういうわけだったのか!

では,どのぐらいの期間で活動を始めるのか?
それは決して長くはない。
わずか7週間程度だという。
ただし,カロリーを減らし過ぎたり,
栄養バランスを崩すとかえって健康に良くないというから,
それにはご用心。

もっと楽にこの効果を得るものはないか?
レスべラトロールという酵素がそれではないかという。。
赤ブドウの皮などに含まれる酵素だ。
現在多くの製薬会社が
このような新薬の開発途上だというが,
まだ人間についての効果はされて証明されていない。
(ただ愛好者はアメリカでは多いらしい)
また,「食べる楽しみは生きる楽しみ」ということで,
このサプリメントを飲みながら飽食を楽しむ人もいる。
♪人生いろいろ~だ。

ここで1つの寓話を思い出した。
ある病気がちの王様の話だ。
医者がいくらいいアドバイスをしても
なかなか王様の症状は改善しない。
しかし医者は最後に名案を思いついた。
それは「自分自身で薬を取りに来るということ」
=「運動するということ」だった。
つまり王様の病気は,今で言う生活習慣病だったのだ。

« 昨日の部活動 6/12 | トップページ | 昨日の部活動 6/13 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 6/12 | トップページ | 昨日の部活動 6/13 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ