« 昨日の部活動 4/27 | トップページ | 家庭学習ノートが2桁に! »

2011年4月28日 (木)

国宰から国司へ

一昨日『古代に真実を求めて』(古田史学の会編)の
14集を読み終わった。
どの論文も興味深かったが,
正木裕さんの「移された「大化の改新」」は,
行政制度の違いを検証していて分かりやすかったので,
紹介してみることにする。

7世紀まで勢力があった九州王朝と
8世紀以降政権を握った大和政権=近畿天皇家では,
風土記や木簡などの研究によって
(記紀では隠されているが)
行政制度に明らかな違いがあるという。

九州王朝・・・総領・国宰・評督・助督
        (道) (国) (評)
大和政権・・・    国司・郡司・里長

「大化の改新」は歴史教科書では645年だが,
これも実は50年ほど下って7世紀末になるということが,
九州年号の研究からわかっている。
(参考のために,あとで転載する)

古田武彦氏の歴史研究は,
さらに市民の人たちの研究も引き出し,
古代の真実を明らかにしていく。

【九州年号】

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間)
朱雀・・・684~685年(2年間)
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆

大化・・・695~704年(10年間)◆
大長・・・705~712年(8年間)

◆は日本書紀との重複年号で,
大和勢力が九州年号から部分的に
しかも順序を変えて使用していると思われます。

« 昨日の部活動 4/27 | トップページ | 家庭学習ノートが2桁に! »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 4/27 | トップページ | 家庭学習ノートが2桁に! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ