« 『しあわせの書』を使った手品 | トップページ | さだまさし「ストーリーズ(物語)」届く »

2011年3月 5日 (土)

楽天情報(3/4)

長崎に異動した楽天。
昨日は,長崎ビッグNスタジアムで練習を行ったようだ。
本日は,岩隈の先発予定。
楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督「誤差が大きいと」(日刊スポーツ)

練習を手伝う地元の学生と話す星野監督(撮影・蔦林史峰)

楽天は4日、長崎ビッグNスタジアムで練習を行った。
5日から西武とオープン戦2連戦を行い、
開幕まで計13試合の長期遠征が始まった。
星野仙一監督(64)は「オープン戦と公式戦の誤差が大きいと、
チームは落ちていく」と大事な13試合であることを強調。
誤差の原因となる選手のケガだけはないよう願っていた。

[日刊スポーツ:2011/03/04 19:02]


楽天の怒られ役は草野 田淵ヘッドが指名(日刊スポーツ)

楽天草野大輔内野手(34)が3日、「怒られ役」に指名された。
星野監督を支える参謀の思惑がある。
「選手の性格はいろいろ。キャンプで分かった」と田淵ヘッド兼打撃コーチ。
この1カ月、選手と腹を割り話した結論は「草野は怒っても大丈夫」。
若手ではなく、あえて実績ある元気者を標的にすることで、
チーム全体に緊張感を持たせる狙いだ。
 
自身も怒られて西武の礎となった。
広岡監督に「守れないのに一番の高給取り」と言われた。
「何クソってね。東尾と『優勝して、胴上げで監督を落とすぞ』と」。
82年、初優勝。監督は落とさなかったが、反骨心が原動力となった。

草野は「この年で怒られてもねえ」と苦笑いしたが、
田淵ヘッドは「オレのサンドバッグにするか!? 
踏んでも“草の”ように生えてくる」と笑って締めた。
闘将だけじゃない厳しさ注入で、楽天を強くする。

[日刊スポーツ:2011/03/04 10:29]

« 『しあわせの書』を使った手品 | トップページ | さだまさし「ストーリーズ(物語)」届く »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『しあわせの書』を使った手品 | トップページ | さだまさし「ストーリーズ(物語)」届く »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ