« 渡部陽一の特集 | トップページ | 楽天情報(3/10) »

2011年3月10日 (木)

宮澤章二の詩「行為の意味」

昨日三送会も無事終わり(私は記録ビデオ係),
やれやれというところだが,
その講評の中で教頭先生が
「行為の意味」という詩を紹介してくれた。

テレビやラジオでもその一部が
使われているらしいが,
ここでは全文を載せてみよう。

作者の宮澤章二さんは埼玉県の人だそうだ。
さっそく『行為の意味~青春前期のきみたちに』
(ごま書房新社)を注文した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行為の意味 
               宮澤章二
    
-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮澤章二さんの案内:

大正8年(1919)6月11日、埼玉県羽生市生まれ。
東京大学学文学部卒業。
高校教諭を経て文筆業(詩と歌詞)に専念。
作詞関係の中で校歌は小・中・高校など300校に及ぶ。
2005年3月没。 
特に、過去30年間埼玉県の中学生のために、
一遍の詩を贈り続けた。
それは詩人のライフワークとなった。

« 渡部陽一の特集 | トップページ | 楽天情報(3/10) »

教育」カテゴリの記事

コメント

ドタバタ賑やかな意味のないコマーシャルにウンザリ…。
コマーシャルの時を狙ってトイレに行ったりしてました。
このところ大地震の中でコマーシャルも自粛ムードですね。
そんな中でのこのコマーシャル!
思わず誰の言葉?って
いいですね。ほのぼのします。

16年前の阪神淡路大震災の時も
やはり同じようにドタバタCMの自粛がありました。
その時には,森毅さんや瀬戸内寂聴さんの
お見舞いの言葉がさかんに流されたことを思い出します。
(無料出演だったらしいです)

尊敬する人の話も、説法も、政治家・社長や役員の訓辞も、親の叱り等々…一回なら 即 素直に分った!なるほど!と理解し納得出来る。それが民放のどこも「CMタイム」、同じCMを2回リピートされ♪AC~♪←やられると”うんざり!”埼玉生まれの私も誇れ・尊敬する宮沢章二氏「行為の意味」を3/12以来終日『CM』やられると嫌いなNHKが「駆け込み寺」だ!一方大好きな「詞」←金子みすゞ全詞=513を作曲家「大西進」先生の曲をつけられ(Jasrac参照)た。これを10年に渡り歌い続ける私達(金子みすゞ歌う会・コールかるがも合唱団)。その中の「486番目」みすゞさんが作詞された《こだまでせうか(原詩)》♪「遊ぼうて」ていふと「遊ぼう」…♪を、前述童謡放映されるとアレルギー反応生じる!!各放送局への苦情多く「AC」の声【AC~】の肉声は、取りやめた。また…元サッカー監督「オシム」氏の”CM”同様!早く止めろと云いたい! 良いアドバイスも「1・2度」だと云いたい!我ら高齢者も、孫には何度も言わないことだと「自制・自省」の念だ!

好意之猪見さんへ
コメントありがとうございます。

ご意見ごもっともです。
確かに素晴らしい言葉も,何度も聞かされると拒否反応を起こしてきますね。
今も「行為の意味」「こだまでしょうか」「母と娘の検診の勧め」「オシムの言葉」などが
耳にタコができるほど流れています。

実は16年前の阪神淡路大震災の時も,同じような事態が起きていました。
未曾有の大災害の中で,日常のふざけたCMが流せなくなり,
森毅や瀬戸内寂聴らのボランティアお見舞いCMばかりが流されたのです。
出演した当人たちも「もう流さないでくれ」と要請したほどですが,
「もうしばらく我慢して下さい。今新しいCMを撮り直しています」
と言われたらしいです。(瀬戸内寂聴の話)
「歴史は繰り返す」ということなのでしょう。

その伝で言うと,今各企業はCMの撮り直しをしているところだと思います。
現在の状態から開放される日々も遠くないでしょう。
そして,また少し抑制の効いたCMが始まります。
やがてそれがエスカレートしていく・・・。
ああ「歴史は繰り返す」です。

今回は,貴重なご意見ありがとうございました。
「良いアドバイスも「1・2度」だと云いたい!
我ら高齢者も、孫には何度も言わないことだと「自制・自省」の念だ!」
とは卓見だと思いました。そして,付け加えれば,教師のお説教も・・・。

コメントは「荒らし」防止のため,すぐに反映されないようにしています。
朝と夜には拝見し,ほとんどのものは載せさせていただいていますので。
これをご縁に「お気に入り」に入れていただければ幸いです。

私は好意之猪見さんの意見には賛同できません。
それこそ、行為の意味を理解していない、と思うからです。
心遣いと思いやりのない、自分本位な感情ではないでしょうか?
今、ACのCMが流れているのには、理由があるはずです。
心遣いや思いやりとは、つまり、自分本位でないことを言うのではないのでしょうか?
結局、 好意之猪見さんは表面的にしか捉えていらっしゃらないのでは?と思ってしまいます。
たしかにしつこいです。でも、その先を考え、理解していくことこそ、心遣いと思いやりへの第一歩だと思います。

のんさんへ
コメントありがとうございます。

私の周辺にも両方の意見の人がいます。
のんさんのように「行為の意味」の真意を読み取ろうとする人と
好意之猪見さんのようにあまりにも回数が多いことに苛立ちをかくせない人と・・・。
(好意の猪見さんも,最後は自戒の文で終えられていますよね)
また,1人の人間の中にも両方の部分があるのではないでしょうか。

私ものんさんも好意の猪見さんも「行為の意味」の詩が
好きであるということについては同じなのに,
そのあまりにも多い放送回数で反応が変わってくる。
(5分に1回ぐらいの割合で流されることもあります)
それはきわめて「正常なこと」のように思えます。

逆に「異常なこと」とは何でしょうか。
それは大震災のような事態が起きるやいなや
企業イメージが壊れるのを恐れた会社が次々と自らのCMを流すのをやめ,
「自粛」すること自体の方にあるのだと思います。
そのからくりを私は瀬戸内寂聴さんの16年前の
阪神淡路大震災の時の話で聞いていたので,
情報提供をさせていただきました。

大切なことは「行為の意味」が大震災より前から流れていたことです。
決して大震災が起きたから作られたメッセージではない。
それが素晴らしいことではないかと私は思います。

ACのCMが連日流される事に対する批難が理解出来ません。

いまどれだけこういった言葉やメッセージが必要かをヒシヒシと感じます。
何度観ても心に染み渡っていく、深化していく様に思います。
全くいらだちを感じたり、ウンザリしたりしません。むしろ嬉しいくらいです。
そういう風に創られている。作り手の配慮を感じます。

(最後のAC〜♪というジングルも苦情のため今は流されません。)

あのCMにウンザリしている方々、どうかご自身が何故苦痛に感じるのかをよく考えて下さい。
正しい事を勧めるメッセージを何度観てもイライラはしません。
もし、それによってイライラしているとしたら、問題の原因はむしろ自己にあるのではと思います。

自分自身に目を向けて下さい。誤摩化さずに、素直な気持ちで受け止めなければ、深化してゆく事はありません。
前向きな思いや心で行動してはじめてメッセージの深い意味が心に染み渡ってきます。

イライラするという方はどうかご自身の心の問題を深く掘り下げてみましょう。

原因はアナタの中にあります。

いろんなところでACのCMの批判を耳にしますが、そんな方々に一言言いたい。

「どれだけテレビの前にいるんだよ!」と。

何にもしないでテレビの前に座って、なんども同じCMが流れるからクレーム付けるだなんてナンセンス!┐( ̄ヘ ̄)┌

皆さん、情報を得たいのならば新聞を読みましょう。

楽ばかり選んでいても今流れているCMの伝えんとする事は伝わりません。

それだけ暇ならば、なにか行動しましょう。

近所のゴミひろいであれ。読み聞かせであれ、募金活動であれ、なんでも出来る事見つけて始めましょ。

限られた人生、テレビの前に張り付くよりも有意義な活動に費やしましょう。

素直さんへ
コメントありがとうございます。

> 原因はアナタの中にあります。

なるほど,結局そういうことですよね。

老人の活字離れさんへ
コメントありがとうございます。

> どれだけテレビの前にいるんだよ!

なるほど,テレビもほどほどにとは思いますね。


> それだけ暇ならば、なにか行動しましょう。

私も賛成です。

 はじめまして。
 ACのCMで流れていた「行為の意味」が何となく気になったので、ヤフーで検索したところ、こちらのブログで拝見できました。
  <こころ>は誰にも見えないけれど<こころづかい>は誰でも見える。
  <思い>は誰にも見えないけれど<思いやり>は誰にでも見える。
 CMには原文の第4連の言葉は無かったけれど、映像を見れば十分に伝わってきます。
 CMは震災前に制作されていたものだけど、震災で多くの人が傷ついた今、大切なことは何かということを十分に伝えていると思います。金子みすずの「こだまでしょうか」のCMも同様。どちらも最近では見られないけれど、折りに触れて流してほしいです。

 たしかに同じCMを何度も見ていると飽きてくるかもしれませんが、今回の震災ではACに苦情が殺到したり、CMに出演した仁科明子さんへの中傷があったりと、16年前の阪神淡路大震災と比べて明らかに異常だと思いました。そんなに嫌ならテレビを見なければ良いのに。被災地では今でもテレビを見たくても見られない人たちが大勢いるのですよ。
 原文を拝見し、「行為の意味」の大切さを再認識することができました。ありがとうございました。 

虹の介さんへ
コメントありがとうございます。

「行為の意味」をめぐって,その度重なる放送に賛否が語られましたが,
結局のところこの詩が今の日本を映し出す「鏡」の役割をしていたようです。
そういう意味でも,やはり優れた詩なのでしょうね。
まさか自分の詩がこんな「運命」を迎えようとは,
作者の宮澤章二さんも天国でびっくりされていることでしょう。
 
PS 階段でおばあさんを助ける高校生は,
俳優の大和田獏の息子さんらしいです。

「行為の意味」全文を拝見させていただきました。ありがとうございます。
CMで、「いいな」と思っていたけれど、やはり何度も聞かされると少々食傷気味になっていたところでした。
でも、今回原詩を拝見して、あれ?CMと違う!と気づきました。

「けれど」の位置が違うんです。
CMでは、「〈こころ〉は誰にも見えないけれど/〈こころづかい〉は見える」となっていました。「思い」と「思いやり」の方も同様。
でも、宮澤さんのもともとの詩では、「確かに〈こころ〉はだれにも見えない」、そして行替えのあと、「けれど〈こころづかい〉は見えるのだ」となっています。全然印象が違うじゃないですか~。

改めて、素敵な詩だと思いました。

詩は全体で文学なんですから、CMだからって勝手に改ざんしちゃいけませんよね。
あと、抜粋ってのも良くないですね。詩の世界全体でメッセージが出来上がっているのですから。
(詩集も1冊でひとつの作品と考えると、ぜひ買わなければと思いました)

倫子さんへ
コメントありがとうございます。

> 詩は全体で文学なんですから、CMだからって勝手に改ざんしちゃいけませんよね。
> あと、抜粋ってのも良くないですね。詩の世界全体でメッセージが出来上がっているのですから。
> (詩集も1冊でひとつの作品と考えると、ぜひ買わなければと思いました)

私も同じ意見です。
『行為の意味』(ごま書房新車)は,1300円+税で市販されています。
私は1冊は学級文庫に収め,もう1冊は職員室に置いています。
表題の詩のほかにも,いい詩がいっぱいあります。

ある月刊誌でACのコマーシャルが宮澤章二さんの詩からだと初めて知りココへたどり着きました。

皆さんの意見を読んでなるほどと納得。

ある新聞に 好意之猪見さんのような意見をもたれた方へのACの新聞広告が載っていたのを思い出しました。
「説教もしつこいと耳障り、だけどなくなるとさびしいなあ・・・でももう少しお節介させてください。」と言うような意味でした。そこでACって何だろうと興味をもちました。世の中色々な立場や役目や見かたがあるんだなあ。ACっていいこと言うね、しかしこのフレームどこのコマーシャル会社が作ったんだと感心してたら答えが見つかりありがとうございました。小骨が取れた感じです。

最初は私もちょっと好意之猪見さんの意見に賛成でした。 あの頃はテレビに張り付けだったなあと反省です。

大村の小村さんへ
コメントありがとうございます。

この宮澤章二の詩「行為の意味」については,
実にたくさんの方にコメントいただき,
ブログ開設者としてはうれしい限りです。

東日本大震災という「非常時」ではありましたが,
たくさんの方とお知り合いになることができました。
また,1つの詩を通して人間についていろいろ考えることができました。

検索で「夢ブログ」を訪問して下さる方は,
今でも少なくないです。
みんなこの詩が心に引っかかっているのだと思います。

宮澤章二の長男鏡一と申します。
2013年1月23日、羽生市立三田ケ谷小学校の空教室を利用して
宮澤章二記念館がオープンします。
是非一度おいでください。

宮澤鏡一さんへ
コメントありがとうございます。

章二さんの息子さんにブログを訪問していただくとは,
本当に光栄です。
お父様の「行為の意味」を通して,
ブログ上でもそれ以外でも,
実にたくさんの方々と交流できました。
機会がありましたら,
ぜひ記念館を訪問させていただきたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡部陽一の特集 | トップページ | 楽天情報(3/10) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ