« ハモネプ13最終予選の放送 | トップページ | 今度の自転車はショッキングピンクです »

2011年3月24日 (木)

楽天情報(3/23)

プロ野球の開幕時期をめぐって,再び大もめだ。
もともと東日本大震災が発端だったが
その後文部科学省などのクレームが入り,
一度は引き下がった選手会の方が今は優勢かも。
こんなことを繰り返していると,
せっかく大型新人らの加入で話題の多い今季のプロ野球が
国民からそっぽを向かれてしまわないかと心配だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開幕強行セ戸際 省庁からダメ出し3連発で断崖絶壁(夕刊フジ)

選手会の新井会長は省庁からの賛同を得た
22日、監督省庁の文部科学省、経済産業省、蓮舫節電啓発担当相からダメ出し3連発をくらったセ・リーグの節電対策。対してパ・リーグにはクレームなし。労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)にはエールが送られた。迷走セ・リーグは4月12日パ・リーグと同時開幕へ追いつめられ、絶体絶命の状況だ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

「今、ナイター開催をすることは、国民的理解を得られていない」。高木義明文科相からのナイター開催自粛、新たなる節電対策要求に始まり、蓮舫節電啓発担当相のトドメ弾。「ナイターの自粛をお願いした。なぜ(セ・リーグは)4日間の開幕延期なのか。(セ、パ同時開幕を要望している)新井会長に賛同する」ときては、セ・リーグ側は面目丸つぶれだ。

3月29日開幕、4月5日から東北電力、東京電力管内の球場では減灯ナイターを決めていたが、もう白旗を上げるしかなくなってきた。断崖絶壁に追いつめられている。

管轄省庁巡りをした日本野球機構(NPB)の加藤良三会長(プロ野球コミッショナー)、新純生セ・リーグ理事長(NPB副会長=ヤクルト常務取締役)、井上智治パ・リーグ理事長(NPB副会長=楽天オーナー代行)、労組日本プロ野球選手会・新井会長の明暗ドラマは、悲喜こもごもで興味深かった。

「25日か26日に12球団の臨時オーナー会議を開きます。その場で透明性を持って(この日の文科省の新しい要望を)説明。審議します」という加藤コミッショナーの表情は険しかった。それも当然だろう。当初予定通りの25日開幕強行突破を狙い失敗、その後も分離開催にこだわるなど迷走が続くセ・リーグを黙認してきたからだ。

それどころか、この日も加藤コミッショナーはこう強調している。「野球を前に進める。その姿勢は変わっていない。野球に誇りを持っている。野球をやることは不謹慎ではない」と。開幕をわずか4日間延期の小手先の対応策、肝心要の節電対策も、9回打ち切り、減灯対策などという泥縄式のセ・リーグに対し、加藤コミッショナーは野放し状態だ。

そして、ようやく12球団臨時オーナー会議開催へ。それも、「オーナー会議招集は議長の仕事ですから」と加藤コミッショナーは言い、実際に12球団オーナー会議議長の楽天・島田亨オーナーが招集を呼びかけている。

東日本大震災を受け、いち早く開幕を4月12日に延期。21日の臨時オーナー会議で「東北電力、東京電力管内の地域では4月いっぱいナイターを中止」を決定した迅速な対応のパ・リーグに関しては、どの省庁からも異論、反論は出なかったのは当然だろう。

さながら勝利宣言だったのは、「選手会は一貫している。12球団一丸で難局に向かっていかないと。このままじゃプロ野球界はダメになる」と、セ、パ同時開幕にこだわる姿勢を強調した労組選手会・新井会長だ。

「各大臣、副大臣に選手会の意思(セ、パ同時開幕)をわかってもらい、頑張れと言われ、勇気づけられた。必ず(セの開幕日)変わると信じている。これで変わらなかったら、この先、プロ野球はどうなっていくんだろうと思ってしまう」と熱弁をふるった。

そもそも新井選手会長が加藤コミッショナー、新セ理事長、井上パ理事長と同行したのは、NPB側からの要請だった。選手会も一体となっている球界の姿勢をアピールしようとしたのだろうが、ヤブヘビの結果だ。選手会の「セ、パ同時開幕」という主張を文科省、経産省、蓮舫節電啓発担当相に認めさせることになったからだ。

26日予定の12球団臨時オーナー会議で、セのオーナーたちが白旗を上げ、パと同時開幕に同意するしか落としどころはなくなっている。もしも、セが国民感情に反して分離開幕を貫こうとしたら、大変なことになる。ファンの支持を失うだけでなく、アマ球界のドラフト候補生からもソッポを向かれるだろう。

「国民感情や選手の気持ちを無視するようなセ・リーグ球団には行きたくない」というリアクションが起こるのは、自然の成り行きだからだ。


島田オーナーが本拠地視察(日刊スポーツ)

楽天の島田亨オーナーは23日、東日本大震災で被害を受けた仙台市の本拠地、
日本製紙クリネックススタジアム宮城を視察した。
4月29日から本拠地での試合開催を目標に掲げており
「専門家の力添えをいただいて、29日のわれわれの初戦を迎えられると信じている」と話した。
復旧工事は22日に始まった。島田オーナーは作業員の説明に熱心に耳を傾けた。
特に損傷が激しいとされる照明灯や貯水タンクについては、質問して状態を確認した。
壁がはがれ落ちるなどした球団事務所では、自らの机に向かうなど全体の様子を把握して
「何とか業務ができるように」と一日も早い修復を願った。

[日刊スポーツ:2011/03/23 12:27]

« ハモネプ13最終予選の放送 | トップページ | 今度の自転車はショッキングピンクです »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハモネプ13最終予選の放送 | トップページ | 今度の自転車はショッキングピンクです »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ