« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

池上彰の学べるニュース(3時間SP)

一昨日はフジテレビで4時間あまりの
東日本大震災の特番だったが,
昨日もテレビ朝日で3時間の特番があった。
それが上記の番組である。

一昨日のものとはまた別な角度から切り込んでいて,
こちらも参考になった。
しかも両方とも池上彰の解説というところが
今の彼の人気を表している。

番組の前宣伝を転載してみよう。

「緊急放送東日本大震災 水道水は?農作物は? 放射能の人への影響は 
▽ヨウ素&セシウム・・・ どう防げば怖くないか しっかり学んで冷静に
▽プルサーマルとは? プルトニウムを使うと どうなるの?危険性は
▽ハイパーレスキュー どんな人たち?仕事は
▽海外で原発事故を どう報じているのか・・・
▽わかりにくい物質名&単位を正しく知ろう」

番組の後半で「言葉の問題」が
出されていた。
専門家&政治家が「直ちに」と言った場合と,
我々庶民が「直ちに」と聞いた場合では,
かなりとらえ方が違っている。
そのために,庶民が動揺している様子を知り,
最近では「将来的にも」と付け加えるようになった等。

忘れてしまいがちな場所

ある先生の話。

異動の際,忘れてしまいがちな場所(もの,こと)があるという。

(1) 教室と職員室はいいが,ロッカーや体育館はどうか?
(2) 自分の荷物の移動はいいが,学年の荷物のそれはどうか?
(3) 異動する本人の残務はいいが,残る人のそれはどうか?

その先生は昨日学校に来ると,まず(1)を片付けた。
その後,同じく異動する先生と(2)を行い,
さらに(3)を行った。
「異動するというのは,なかなか大変なことだな」
と思ったそうだ。

PS いつもは30日に一般の教員の異動の記事が載るが,
今年度は大震災の記事が優先されているのか,
まだ昨日は出ていなかった。
31日には出るだろうか。

PS2 先ほど朝刊が届き,
それに「異動」の別刷りが入っていました。
この3日間異動のアドバイスをしてくれた「ある先生」とは,
実は肥さん自身です。(失礼しました m●m)

異動を校長先生から告げられたのが18日。
それから,通知表,指導要録,教室の引越,職員室の片付け・・・。
いろいろあって大変でした。

このブログ上でも書きたかったのですが,
新聞発表前は公表しないという慣例なので,
「ある先生」として書かせていただきました。
おわかりになりましたか?

新しい学校に異動しても,このブログは続けます。
今後ともよろしくお願いいたします。

楽天情報(3/30)

楽天は昨日,西武との練習試合を行った。
ドラフト2位の新人にほんろうされたという。
それはどういうことだろうか。報告しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西武のサブマリン牧田にやられた(日刊スポーツ)

楽天打線が西武の新人サブマリンにほんろうされた。
30日の練習試合で、初対戦となったドラフト2位右腕の
牧田和久投手(26=日本通運)にタイミングが合わず、
6回を散発5安打で無得点に終わった。
試合も1-3で敗れ、星野仙一監督(64)は
「いい投手だった。左打者がつかまえなきゃいかん
。ペナントなら、こうはいかんやろ」と巻き返しを誓った。

[日刊スポーツ:2011/03/30 19:31]


楽天、4月29日に本拠地で初戦(共同通信)

楽天の本拠地、日本製紙クリネックススタジアム宮城=22日、

仙台市で共同通信社ヘリから [ 拡大写真 ]

プロ野球楽天の米田純球団代表は30日、
東日本大震災で被災した仙台市の本拠地、
日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)で
主催試合を開催するのは4月29日のオリックス戦から、と発表した。
同代表は「(4月29日の)直前に工事が終わる見込み。
プロの目で見てもらい、観客の安全性などを含めて
試合をやれるめどが立った」と説明した。
東北電力管内のKスタ宮城はナイター開催自粛のため、
5月1日までの3連戦を午後1時に開始する。
星野仙一監督は「復旧がもっと遅れるかと心配していたが、良かった。
選手も喜ぶだろうし、ファンも待っていると思う」と話した。

[共同通信:2011/03/30 06:18]

2011年3月30日 (水)

教えて!Mr.ニュース(池上彰)

昨日は上記の番組で,
「緊急拡大!生放送SP」版をやっていた。
(フジテレビ,午後7時~11時18分)
東日本大震災に関するものである。

内容も,私たちが気になっている
以下のような番組だったので,
録画しながらわかりやすく学ぶことができた。
皆さんは,観ましたか?

(1) 放射性物質の影響は
(2) 被ばく症状と対策は
(3) 食生活今後の影響は
(4) 電力不足はどうなる
(5) 災害派遣の仕組みは
(6) 日本経済は大丈夫か
(7) 世界はどう伝えている

池上彰は,NHKの「週刊こどもニュース」以来のファンだが,
その庶民感覚というか,報道センスの良さは,
ほかのキャスターにはないものがある。

職員室の荷物の片付け方

ある先生の話。

職員室の荷物はどう片付けるのか,
その先生に聞いてみた。
すると,いくつかのコツを教えてくれた。

(1) まず,見えないところを片付ける(ロッカー,引き出し等)
(2) 特に保存,保存,学校に残す,シュレッダー,燃やす,の5段階に分類する
(3) 本箱は,同僚に譲る(次の学校でも手に入るので)
(4) 運搬には細心の注意をする(3/30人事の記事まで)
(5) お礼のお菓子は自分の好きなものを買う(余ったら自分で食べる)

自分の異動の時も,これを参考にやってみよう。

楽天情報(3/29)

楽天は昨日,西武との練習試合を行ったようだ。
西武のエース涌井を打ち込んで,
聖沢はホームランもかっとばした。
投げては田中が5安打12奪三振の完封勝利。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完璧マーくん 12K完封!「すべて良かった」 (スポニチ)

楽天3-0西武 (3月29日 ほっともっとフィールド神戸)

楽天の田中が西武との練習試合で5安打12奪三振の完封を果たし、
万全の仕上がりを披露した。

「球威も制球も、すべて良かった」と右腕。
直球とスライダーのコンビネーションがさえ、
四球もわずか一つと付け入る隙を与えなかった。
オープン戦と練習試合で計4試合に投げ、自責点はゼロのままだ。

星野監督は「もう仕上がってるな。
守ってるやつの安心感が違う」と高く評価。
その上で「あいつは甲子園で育ったんだから、
甲子園の第1戦で投げさせたい」と、
今季最初の主催試合となる4月15日のオリックス戦に
登板させる考えを明らかにした。

[スポニチ]


楽天、甲子園と神戸で6試合開催(共同通信)

楽天の星野監督(中央)ら [ 拡大写真 ]

東日本大震災で本拠地の仙台市が被災したプロ野球楽天は29日、
4月の主催試合について15~17日のオリックス3連戦を甲子園で、
22~24日の日本ハム3連戦をほっともっとフィールド神戸で
開催すると発表した。
試合開始は4月15日が午後6時、16日と17日は午後2時で、
22~24日は午後6時半。
いずれも4月2日から入場券の販売を開始する。
本拠地の日本製紙クリネックススタジアム宮城は修繕を進めており、
4月29日からの開催を目指している。

[共同通信:2011/03/29 14:06]

2011年3月29日 (火)

プロフェッショナル(言葉のチカラ特集)

今日は3話でおしまいにしようと思ったが,
録画しておいた「プロフェッショナル」が
「言葉のチカラ特集」だったので,
もう1つ書くことにした。

皆さんが「チカラをもらった言葉」は何ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐藤章(飲料メーカーの商品開発)
あなたの心の火を,信じています
という部下の言葉

木村秋則(りんご農家)
お前も,雑草や石ころのように強く生きていけばいい
という母の言葉

柳家小三治(落語家)
仕事に慣れてはいけない。初めて話すと思え

横井昭裕(おもちゃ開発)
私は失敗しない。なぜなら成功するまでやめないからだ

勝俣悦子(海獣医師)
出来ることは,あきらめないこと

秋山咲恵(ベンチャー企業経営者)
未来を予測する最善の方法は,自らそれを創り出すことである
という科学者の言葉

高嶋由美子(難民支援のエキスパート)
求めていなければ,授からない

上山博康(脳神経外科医)
批評家になるな。いつも批判される側にいろ
という恩師の言葉

片山象三(織物機械開発メーカー経営者)
自分のためにでなく,他人(ひと)のために働け
という先輩の言葉

田村恵子(訪問看護士)
人は,たとえ,地の底に立たされても,
はい上がる力を持っている。
必ず,希望を見つけられる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後は,「日本はプロフェッショナルの国だ。
日はまた昇る」という言葉が流された。
東日本大震災に遭われた方々への
メッセージのように思われた。

実は,この番組は,3月14日に放送されるはずであったが,
11日に大震災が起きたためこれまで放送されなかった。
最後にその映像とともに田村恵子さんの言葉が紹介された。

指導要録が終わる

懸案になっていた指導要録が昨日やっと終わった。

28日(月)の締め切りは,26日の弥生杯,
27日の緊急「講演・研究」会という
二大イベントを抱える私には
とても難しいことと思っていたが,
「火事場の馬鹿力」ということもあって,
なんとか昨日のうちに終えることができた。
(選択や総合の評価の転記は,
副担任の先生方にお世話になった。
ありがとうございます。 m●m)

これで教室と職員室の片付けに
全力を注ぐことができるようになったというわけだ。
さあ,今日も頑張ろう!

タクシーを使ったお引越!?

ある先生の話。

その先生は私と同じで,車の免許を持っていない。
しかし,学級文庫などの荷物が大量にあるので,
異動の際それをどうしようかと悩んでいた。

その先生がとった方法は,
タクシーを使ったお引越。
方法は,以下の通り。

(1) タクシーが乗り入れられる職員玄関に荷物を集める
(2) タクシーを拾って,「学校と自宅を数往復したい」と頼む
(3) トランク,後部座席に荷物を収め,自分は運転手の隣へ

このやり方で,2往復・2240円で済んだそうです。
ダンボールは10個ほどあったそうなので,
1個あたり200円ほどというわけ。
なかなかこれはいいアイデアだと思った。

楽天情報(3/28)

昨日楽天は,神戸で練習をしたようだ。
しばらくは仙台を離れ,ここを拠点に戦うことになる。
がんばれ,楽天イーグルス!
(楽天のチアたちのホットな活動もいっしょに載せました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マー君も東北高に感謝(日刊スポーツ)

楽天田中将大投手(22)は28日、
ほっともっとフィールド神戸で29日の西武戦に向け調整を行った。
ダッシュ、強めのキャッチボールなど1時間30分、汗を流した。
東日本大震災の甚大な被害に心を痛めている。
「一度、仙台に帰って、分かることがたくさんある。
見て、考えて、意見を出し合って。少しでも皆さんが
元気になる方法を考えていきたい」と真摯(しんし)に語った。
午前中は、センバツに出場した東北高の一戦をテレビで観戦。
「全力疾走で、最後まで諦めない姿勢を見せてくれた」と感謝した。

[日刊スポーツ:2011/03/28 17:54]


チアが避難所訪問でストレッチ(日刊スポーツ)

楽天の公式チアリーディングチーム
「東北ゴールデンエンジェルス」の3人が28日午後、
宮城・多賀城市の多賀城小学校、中学校を訪問した。
避難所生活を余儀なくされている人たちの、
エコノミー症候群防止などの健康促進として、
健康ストレッチを一緒に行った。

[日刊スポーツ:2011/03/28 20:34]

2011年3月28日 (月)

東日本大震災についての緊急「講演・研究」会

昨日は,仮説実験授業研究会関係の
上記の会に参加してきた。

会場は,「東日本の会」で借りていた
墨田区の中川小学校。
その図書室に約150名が集まった。
資料も10数本出され,さすがに仮説の会はすごい!
と再確認して帰ってきた。

以下,提出された資料の紹介。

(1) 山本さん・小林さん・板倉さん「放射線とシーベルト」
(2) 中さん「被災地から遠く離れて・・・いま思うこと」
(3) 大久保さん「本当のことを見る目をしっかりと持ちたい」
(4) 村西さん「阪神淡路大震災でのボランティア活動の記録」
(5) 竹田さん「日本と世界の発電量とその内訳」

(6) 榊原さん「放射能と原子」
(7) 三谷さん「天使か,悪魔か,放射能」
(8) 井藤さん「非常事態のときにすべきこと」
(9) 井藤さん「授業書になること,ならないこと」
(10) 多久和さん「東日本大震災関連コピー集」

(11) 荒井さん「二十二年度 卒業式式辞」
(12) 山田さん「「科学的データと資料に基づいて・・・」

あと,入手できなかった多久和さんの資料など
数本あったと思うが,だいたいはこんな資料が出された。
「さすが仮説の研究会!」と思った。

なお,先日紹介した通り,竹田さんの資料の中には,
私の「日本と世界の発電量の変遷」が使われている。
今回最新の数値に入れ換えていただいたので,
ぜひ授業にかけていただきたい。

また,『たの授』の臨時増刊号として,
『たのしい授業プラン作文・毛筆』(仮説社)が出され,
小澤さんの「作文指導は『たのしい授業プラン国語』で」
という論文と漫画のなかで,
私の「形式を教えちゃおう」が紹介されていてうれしかった。

004_2

熱心に板倉講演を聞く参加者

楽天情報(3/27)

楽天は昨日,10戦ぶりの勝利をあげたようだ。
来週には斉藤祐樹(日本ハム)との対決も予定されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対外試合10戦ぶり勝利(日刊スポーツ)

震災後、初勝利を飾りナインを出迎える楽天星野監督ら(撮影・藤尾明華)

楽天は27日、ソフトバンクとの練習試合(福岡ヤフー)に1-0で勝った。
先発戸村健次投手(23)が7回無失点と好投。内野守備陣が堅く、
4回、山崎武司内野手(42)が放った適時二塁打を守った。
星野仙一監督(64)は「負けが込んできたので、そろそろ、というのはあったよ」。
対外試合10試合ぶりの勝利に一定の評価をした。

[日刊スポーツ:2011/03/27 17:57]


日ハム・斎藤、「ローテの一角」と梨田監督(読売新聞)

日本ハムの斎藤佑樹(早大)は27日、
札幌ドームで行われた実戦形式の合同練習に先発し、
5回1失点(自責0)とまずまずの投球を見せた。
21日の阪神とのオープン戦では3回9失点と打ち込まれただけに、
「ほっとした。直球の指のかかりが良かった」。
梨田監督は「ローテーションの一角と考えていい」と話した。
次回は4月3日の楽天とのチャリティー試合(札幌ドーム)に先発予定。

[読売新聞:2011/03/27 18:34]

2011年3月27日 (日)

「金八先生ファイナル」の放送日です!

ここにきて「行為の意味」の検索アクセスより,
「金八先生ファイナル」の方が数が増えてきた。
それもそのはず,本日がその番組の放送日なのだ。

TBSテレビの午後7時から11時9分で
録画の準備をして出かけよう。
あとで気が付いてももう遅い。
朝のうちに準備しておきましょう。

私は本日は,墨田区の中川小で行われる
仮説関係の緊急「講演・研究」会に参加する予定。
番組が始まるまでには帰宅できると思うけど,
何が起きるか分からないので,転ばぬ先の杖。

PS 4時間をこえる「金八先生ファイナル」は
当然3倍速ということになってしまうが,
その空きスペースに「ドキュメント’11」(日本テレビ)を
録画しようと考えている。
「“歌う尼さん”として全国を飛び回る
綾瀬奈々さんの姿を通し,
「命」や「平和への願い」について考える」
と番組の紹介に出ていた。

弥生杯2011

昨日男バレは,弥生杯に参加した。
計画停電や電車の交通が心配されたが,
それらもすべてクリアーしての開催だった。
会場の鳩山中に集ったのは4校。
今季最後の大会が無事開かれて,
いろいろな意味で良かった。

弥生杯とは,比企郡の中学校が協会長杯の
予選として行っていた大会らしい。
それが今や鳩山中にしか男バレがないので,
他地域のチームを招待して続けているそうある。

試合結果は,以下の通り。

対勝瀬中 2ー0(25ー10,25ー15)
対鳩山中 2ー0(25ー10,25ー21)
対鯨井中 0ー2(14ー25,13ー25)

2勝1敗で,第2位であった。

最近アタッカーとして成長したY君に対して,
鳩山中から「2番をマークしろ!」の
うれしいプレッシャーもあった。
相手からマークされるということは,
実力を評価されてきたということだよね。

また,鳩山中のコーチは,
坂戸西高校で活躍した我が校出身の
I君とO君のこともよくご存知で,
キャプテンのO君のことを「君,うまいねえ」
と言って下さり,本人もうれしそうだった。

今回できなかったことを修正して,
協会長杯,学総体を戦ってほしい。

PS 女バレは残念ながら,協会長杯・市予選で
狭山ヶ丘中に雪辱できなかった模様。
彼女たちの分も頑張ろう!

楽天情報(3/26)

昨日福岡で行われたソフトバンクの募金活動に,
楽天の選手たちも合流した。
また,巨人とのイースタンの試合の前にも
募金活動があったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩隈、マー君らもソフト選手と(日刊スポーツ)

ファンと一緒に声をかける小久保、岩隈ら(撮影・今浪浩三)

楽天岩隈久志投手(29)田中将大投手(22)ら5選手が26日、
福岡市内で行われたソフトバンク選手会が参加した募金イベントに合流した。
ソフトバンク小久保が「一緒にやろう」と呼びかけコラボレーションが実現した。
選手会長の嶋基宏捕手(26)は、「仙台に帰ることができず戸惑う時期もあった。
募金や物資運搬の手伝いなど、今できることをやらせていただいてます。
僕らの苦労なんてどうってことない。ソフトバンクさんはライバルだが、
一緒にやっていければいい」とあいさつ。大きな拍手を浴びていた。

[日刊スポーツ:2011/03/26 22:12]


イース試合前に巨人、楽天が募金活動(日刊スポーツ)

巨人と楽天は26日、川崎市・ジャイアンツ球場でのイースタン2回戦前に、
両チームから4選手ずつ8選手が募金箱を手にスタンドに整列し、
東日本大震災支援のため募金活動を行った。
参加した楽天の川井貴志投手(34)は
「非常にありがたいです。あまり大きなことはできませんが、
やれることをしっかりやっていきたいと思います」と話した。
3日連続で27日のイースタン・リーグ巨人-楽天3回戦
(ジャイアンツ球場)前にも、一緒に募金活動を行う予定だ。

[日刊スポーツ:2011/03/26 19:56]

2011年3月26日 (土)

修了式&大納会2011

昨日は今年度の修了式だった。
体育館で式と連絡が行われ,
教室で最後の学活をした。

気の利いた話の1つもしたかったが,
ここのところの疲れ(生徒指導,成績処理等)で
心身がくたくたで,それも果たせず,
最後の学活はあっけなく終わってしまった。
それだけが心残りだ。

放課後はクラス編成。
来年度に向けての準備が,
急ピッチで進められていく。
(並行して男バレは,本日鳩山中で行われる
弥生杯のための練習を行った)

また,昨日は今年度の大納会でもあった。
出会いは「別れの始め」とは言うものの,
今年も数多くの先生と別れることとなった。
(定年&転出で10数人)

第2学年では別席を設けて,
ミニお別れ会が行われた。
学年を離れる先生方にはカップとタンブラーが送られ,
みんなで「なごり雪」を歌った。

♪ なごり雪も降る時を知り
  ふざけ過ぎた季節の後で
  今春が来て君はきれいになった
  去年よりずっときれいになった・・・ 

003_2

体育祭の賞状や写真と今までクラスで話題にした本を
昨日の朝黒板のところに並べて撮ってみた

楽天情報(3/25)

昨日楽天は,ヤフードームで練習をした。
25日は当初の開幕日で,今季は東日本大震災のために
異例の措置(4月12日セパ同時開催)となったものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当初の開幕日、静かに対戦(共同通信)

無観客で行われた横浜―巨人の練習試合=横浜 [ 拡大写真 ]

東日本大震災の影響で公式戦の開幕が4月12日に延期されたプロ野球は25日、
横浜―巨人などの練習試合が行われた。
当初の予定ならばこの日、東京ドームで開幕戦に臨むはずだった両チームは、
一人の観客もいない静かな横浜スタジアムで対戦した。
節電のため選手のオーダーが映らないスコアボードの上には半旗が掲げられ、
横浜が12―2で大勝した。横浜は三回に8安打を集めて8点。
6回1失点と好投した先発の三浦は「お客さんはいなかったけれど、
緊張感を持って投げられた」と振り返った。
阪神はマツダスタジアムで広島との練習試合を行い、7―6で逆転勝ち。
本拠地の仙台市が被災した楽天はヤフードームで練習した。

[共同通信:2011/03/25 18:27]


パ・リーグは4月2日も慈善試合(共同通信)

プロ野球パ・リーグが東日本大震災の被災者を支援する目的の慈善試合を
4月2日にも行う計画であることが25日、球界関係者の話で分かった。
同3日は、既に慈善試合として予定している。
入場料は無料で、選手が募金活動を行う。
4月2、3日には札幌ドームで日本ハム―楽天、
京セラドーム大阪でオリックス―ロッテ、
大津市の皇子山球場で西武―ソフトバンクが予定されている。

[共同通信:2011/03/25 19:30]

2011年3月25日 (金)

日本と世界の発電量とその内訳

2日後の3月27日(日)に行われる
墨田区立中川小学校での緊急「講演・研究」会のために,
今竹田かずきさんによってうれしい資料が作られている。
上記の資料だ。

松崎重広『社会を見なおすメガネ』(国土社,1988)及び
肥沼孝治「日本の発電量の変遷」(『たの授』No.192)を元に,
数値を最新のものに入れ換え,また新しいグラフも追加され,
日本と世界の電力生産の様子がよくわかる。

数値が最新のものになったことによって,
東日本大震災にともなう原発事故や
計画発電に混乱するわが国で,
新学期の授業に使うことも可能な授業プランとなった。
ぜひご注目あれ。

資料は12ページでグラフも豊富,
色ぬりなどをしながら授業を進めれば,
2~3時間で行えると思う。
4月2日(土)の新所沢たの授サークルにも持っていくので,
ぜひその意味でも参加して下さい。

なお,「節電に協力するため,5時以降は使えません」と,
先日公民館から電話があったので,
午後1時から私は行って準備を始めたいと思います。
新所沢駅西口から徒歩5分の真新しい建物です。
ぜひいらして下さいね!

パソコンが怖い

私が2学期の成績を入力したのは,
先週の金曜日のことだった。

締め切りも過ぎていて,帰り支度の先生方もいたので,
あわてて2学期と学年の評価&評定を入れた。
社会科のフロッピーには1学期の成績がコピーされて,
仕事が速くできるようにしてあり,
ありがたくそれを利用させていただいて
3時間で6クラス入力を終えた・・・はずだった。

さて,三連休の明けた火曜日国語のK先生が,
「社会科の評価がちょっと変だと思うんだけど」
と疑問を投げかけてくれた。
その時には部分的に修正すれば済むとたかをくくっていた。

ところがそれでは済まなかった。
他の先生方からも次から次へと疑問が出され,
これはどうも「便利だ」と思っていた「成績のコピー」が
原因しているらしいということがわかってきた。
つまり「1学期の成績が2学期と学年の成績にコピーされる」
と同様のことが,私の入力したデータにも起こってしまい,
まったく瓜二つの成績が出てしまったクラスがあるのだ。
(つまり,人間がパソコンにそういう指示を出しているということ)

最初私は疲れていて,入力していないクラスがあるのだと思っていた。
しかし,教務の先生に見てもらうと
「入力の仕事はしている」ということが明らかとなった。
ただ違うのは,まったく異なったシステムの
ルールのもとでしていたのだった。

とにかく通知表は修了式に渡さないわけにはいかない。
学年の先生には申し訳ないが,
ここから必死の復旧作業が始まった。

夕方からの計画停電(第1グループでは,午後6時半から)も重なり,
家に持ち帰ってやるという先生も多く出た。
私は当然のこと学校に残って,ある先生の通知表の作業を手伝った。
教師生活29年目にして初めてのできごとだった。

ご迷惑をかけた先生方,ごめんなさい。
今度からは早めに成績を出し,余裕をもって入力します。
また,パソコンの状態に「おやっ」と思ったら,他の先生に尋ねて確認します。
今回の原因の1つが「1学期の成績がコピーされていた」ということだった。
1学期と2学期&学年が同じ成績ということはよくあることで,
学期末の忙しさの中で,それに飛びついてしまったのだった。

さて,ここに謎が1つ残っている。
「1学期の成績を2学期&学年にコピーする指示を出した人は誰か?」
という謎である。
それは,もしかして私なのだろうか?
そうだとしたら,パソコンで成績を出すのが怖くなったきた。

昔はB4判の紙の綴(つづ)りに成績を記入していた。
その綴りが登場するタイミングが成績交換の時期だった。
今はそれぞれがパソコンで成績を入力するので,
他の先生がどこまで仕事をしているのかが見えにくい。
デジタル化の盲点もそこにあるように思った。
便利になった分,忙しくなった。

それにしても,ただでさえ忙しい学期末を超忙しくしてしまって,
本当に学年の先生方にはお詫びする次第です。
ごめんなさい。m●m

楽天情報(3/24)

昨日楽天は,ロッテとの練習試合を行った。
先発は岩隈だったが,残念ながら1点差で敗れた。
しかし,投打で得るところもあったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩隈ほっと5回、もっと低めに(日刊スポーツ)

楽天対ロッテ 楽天先発の岩隈は5回5安打3失点(撮影・柴田隆二)

楽天岩隈久志投手(29)が25日、ほっともっとフィールド神戸で
行われたロッテとの練習試合に先発した。
初回に失点したが2回からは本来の制球で、
カウント有利に追い込んでからゴロに仕留めていった。
5回3失点の内容について「直球は走っていたし
変化球もある程度、いいコースにいった。
カーブを勝負球として使うことは課題として取り組んでいる。
直球は少し高い。あとは、微妙なコントロールをつけていくことが課題」
と自己分析した。

[日刊スポーツ:2011/03/24 19:12]


星野監督「しつこく、こすく」(日刊スポーツ)

試合前、笑顔を見せる星野監督(撮影・柴田隆二)

楽天は24日、ほっともっとフィールド神戸でロッテと練習試合を行った。
11安打を放ったが13残塁。あと1本が出ず2-3で敗れた。
星野仙一監督(64)のコメントは以下の通り。
「ヒットは出るようになったが、情けない。
もっと打席内でしつこく、こすく、がめつく。
岩隈は久々の先発だったが、力を入れて投げていた。
大丈夫。後はコンビネーション」。

[日刊スポーツ:2011/03/24 19:58]


なお,昨日プロ野球の4月12日セ・パ同時開幕が決まったそうである。
選手会の要望が通って,まずはよかった。
これで楽天の開幕ダッシュが見られれば,
さらにプロ野球が,東北地方が盛り上がるだろう。

2011年3月24日 (木)

新所沢公民館からの電話

昨日帰宅したら,新所沢公民館からの留守電が入っていた。
計画停電などがあるため,
午後5時以降の使用をできなくするとのこと。
確かに5時以降は暗くなってしまうが,
夜しか集まれない社会科サークルにとっては大打撃である。

4月19日(火)は私の「最近の「仮説」と「古田史学」の情報」
という柔軟性のあるレポートなので,
いきなり午後6時から居酒屋でスタートするのもOKだが,
5月以降のことはその時考える必要があるだろう。

なお,4月2日(第1土)から新たに始まる
「新所沢たの授サークル」(社会科サークルと同じ)は,
予定通り午後2時からやる予定ですので,
ふるってご参加下さい。
ちなみに,以下のような内容をやる予定です。

(1) 山本美知さんによる科学映画DVD
(2) 中学社会3年間のカリキュラム(肥さん)
(3) 新学期の学級通信1~10号の紹介(肥さん)
(4) 教室でできる手品~毎回1つずつ紹介します(肥さん)
(5) 仮説関係の書籍・ビデオ・おもちゃの紹介&販売

もし持ってこられそうな方は,資料を10部ほどお願いします。
B5判1枚でもOKです。
(足りなければ,会場でコピーがとれます)

3年B組金八先生ファイナル直前同窓会

日曜日(27日)に4時間放送される「ファイナル」の
前振り番組が今夜放送されるそうである。

今まで登場した「有名人」が今どうしているか,
知ることもできるだろう。

気になる方は,TBSテレビ午後7時~なので,
チェックしてみて下さい。

今度の自転車はショッキングピンクです

『ショッキング・ピンクを生んだ女
私はいかにして伝説のデザイナーになったか 』
エルザ・スキャパレリ (著), 長澤均(パピエ・コレ) (監修)
という本があるそうだ。

ちょっと興味を持ったので,アマゾンに注文してみた。
新本だと2000円以上するが,中古本で手数料込み950円。

なぜ興味を持ったかというと,盗難防止のために
昨日買った自転車の車体の色がそれだからだ。

あまりにも目立つ色なので,自転車ドロボーも
「こいつは無理だー」とあきらめるだろうと思って。
また,目立つ故に購入した理由から始まり
いろいろな人との会話が弾む可能性もあると読んだ。
この予想,果たして当たるだろうか?

自転車屋の話だと,大震災以来自転車は
安いものからどんどん売れていき,
現在は値段の高いブリジストンは別として
品薄が続いているとのこと。
実は店頭に置いてあった自転車のうち,
1番安かったのがこれで,
盗難防止ということもあったので
これに決めたというわけである。

所沢で何台あるかというほどの
目立つ色の自転車が走っていたら,
それは私である。

PS 「エルザ・スキャパレリ」で検索したら,
以下のように紹介しているサイトがありました。

「1925年にスタートしたデザイナー、エルザ・スキャパレリの名を冠したブランド。デザイナーのスキャパレリは20世紀で最も影響を与えたデザイナーの一人と言われている。

エルザ・スキャパレリは1890年イタリアのローマに生まれる。父は王立図書館長を務めた東洋語学者、母も貴族出身という裕福な家庭に生まれる。従兄弟に考古学者として有名なジオバンニ・スキャパレリがいる。父の影響もあり、多くの文化、芸術などが身近にある環境で育つ。1914年、ロンドンに遊学している最中に出会ったケルロル伯爵と結婚。結婚後、夫の仕事の都合でニューヨークへ渡る。アメリカの自由な雰囲気、女性の地位は、保守的なヨーロッパにはないもので、このときの経験が後のスキャパレリのファッションに大きく影響しているという。結局夫とはうまくいかず、子供の医療費を払うために働くことになり、ファッション業界に入る。始はフランスからアメリカに服やそのデザインを輸入する業務だった。その後パリへ移住。ポール・ポワレの元で働く友人のためにスキャパレリが作ったドレスを、ポアレがたまたま目撃。ポアレはスキャパレリの才能を見抜い、支援を申し出る。これを機にスキャパレリはファッションデザイナーの仕事をすることになる。1925年にショップをオープンし、27年に初のコレクションを発表。30年に「エルザ・スキャパレリ」の名前でブティックをオープン。縫製などの経験はなかったが、スポーツウェア(主にカジュアルウェア)に焦点を当て、幾何学模様の生地を使用するなど、芸術的な感性で勝負した。この年、「だまし絵」というセーターにリボンなどの模様を編み込んだグラフィカルな表現で話題となり、アメリカからも発注が入った。エルザ・スキャパレリは、ファッションとアートを融合させたスタイルで、前衛芸術、シュールレアリズムを自身のデザインに取り入れていった。シュールレアリストの芸術家、ダリなどとの親交も深かった。1920年代に主流だったギャルソンヌ・ルックに対抗して、肩幅を広げ、ウエストを絞るシルエットを発表。同じ時期に活躍していたシャネルが、装飾を削ぎ落とす、男性服の素材を応用させたシンプルなデザイン、ベージュなど、決して派手とは言えないカラーを用いたのに対して、スキャパレリはショッキングピンクなど派手なカラーで既成概念に捕らわれない様々な手法をファッションに組み込む、全く反対のスタイルを展開した(両者とも反対のスタイルではあるが、新しい挑戦をしていた)。このようなスキャパレリの斬新でアバンギャルドな発想は、アメリカの裕福層に支持を得る。第2次大戦中にはニューヨークに渡り、1945年にパリに戻り、メゾンを再開。しかし、ディオールなど新しい流れがある中で、スキャパレリのスタイルが時代に合わなくなる、1954年のショーを最後にメゾンを閉店し引退。スキャパレリのメゾンからは、ピエール・カルダン、ジバンシーなどのデザイナーが経験をつみ、後に活躍をしている。1973年パリにて死去。」

楽天情報(3/23)

プロ野球の開幕時期をめぐって,再び大もめだ。
もともと東日本大震災が発端だったが
その後文部科学省などのクレームが入り,
一度は引き下がった選手会の方が今は優勢かも。
こんなことを繰り返していると,
せっかく大型新人らの加入で話題の多い今季のプロ野球が
国民からそっぽを向かれてしまわないかと心配だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開幕強行セ戸際 省庁からダメ出し3連発で断崖絶壁(夕刊フジ)

選手会の新井会長は省庁からの賛同を得た
22日、監督省庁の文部科学省、経済産業省、蓮舫節電啓発担当相からダメ出し3連発をくらったセ・リーグの節電対策。対してパ・リーグにはクレームなし。労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)にはエールが送られた。迷走セ・リーグは4月12日パ・リーグと同時開幕へ追いつめられ、絶体絶命の状況だ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

「今、ナイター開催をすることは、国民的理解を得られていない」。高木義明文科相からのナイター開催自粛、新たなる節電対策要求に始まり、蓮舫節電啓発担当相のトドメ弾。「ナイターの自粛をお願いした。なぜ(セ・リーグは)4日間の開幕延期なのか。(セ、パ同時開幕を要望している)新井会長に賛同する」ときては、セ・リーグ側は面目丸つぶれだ。

3月29日開幕、4月5日から東北電力、東京電力管内の球場では減灯ナイターを決めていたが、もう白旗を上げるしかなくなってきた。断崖絶壁に追いつめられている。

管轄省庁巡りをした日本野球機構(NPB)の加藤良三会長(プロ野球コミッショナー)、新純生セ・リーグ理事長(NPB副会長=ヤクルト常務取締役)、井上智治パ・リーグ理事長(NPB副会長=楽天オーナー代行)、労組日本プロ野球選手会・新井会長の明暗ドラマは、悲喜こもごもで興味深かった。

「25日か26日に12球団の臨時オーナー会議を開きます。その場で透明性を持って(この日の文科省の新しい要望を)説明。審議します」という加藤コミッショナーの表情は険しかった。それも当然だろう。当初予定通りの25日開幕強行突破を狙い失敗、その後も分離開催にこだわるなど迷走が続くセ・リーグを黙認してきたからだ。

それどころか、この日も加藤コミッショナーはこう強調している。「野球を前に進める。その姿勢は変わっていない。野球に誇りを持っている。野球をやることは不謹慎ではない」と。開幕をわずか4日間延期の小手先の対応策、肝心要の節電対策も、9回打ち切り、減灯対策などという泥縄式のセ・リーグに対し、加藤コミッショナーは野放し状態だ。

そして、ようやく12球団臨時オーナー会議開催へ。それも、「オーナー会議招集は議長の仕事ですから」と加藤コミッショナーは言い、実際に12球団オーナー会議議長の楽天・島田亨オーナーが招集を呼びかけている。

東日本大震災を受け、いち早く開幕を4月12日に延期。21日の臨時オーナー会議で「東北電力、東京電力管内の地域では4月いっぱいナイターを中止」を決定した迅速な対応のパ・リーグに関しては、どの省庁からも異論、反論は出なかったのは当然だろう。

さながら勝利宣言だったのは、「選手会は一貫している。12球団一丸で難局に向かっていかないと。このままじゃプロ野球界はダメになる」と、セ、パ同時開幕にこだわる姿勢を強調した労組選手会・新井会長だ。

「各大臣、副大臣に選手会の意思(セ、パ同時開幕)をわかってもらい、頑張れと言われ、勇気づけられた。必ず(セの開幕日)変わると信じている。これで変わらなかったら、この先、プロ野球はどうなっていくんだろうと思ってしまう」と熱弁をふるった。

そもそも新井選手会長が加藤コミッショナー、新セ理事長、井上パ理事長と同行したのは、NPB側からの要請だった。選手会も一体となっている球界の姿勢をアピールしようとしたのだろうが、ヤブヘビの結果だ。選手会の「セ、パ同時開幕」という主張を文科省、経産省、蓮舫節電啓発担当相に認めさせることになったからだ。

26日予定の12球団臨時オーナー会議で、セのオーナーたちが白旗を上げ、パと同時開幕に同意するしか落としどころはなくなっている。もしも、セが国民感情に反して分離開幕を貫こうとしたら、大変なことになる。ファンの支持を失うだけでなく、アマ球界のドラフト候補生からもソッポを向かれるだろう。

「国民感情や選手の気持ちを無視するようなセ・リーグ球団には行きたくない」というリアクションが起こるのは、自然の成り行きだからだ。


島田オーナーが本拠地視察(日刊スポーツ)

楽天の島田亨オーナーは23日、東日本大震災で被害を受けた仙台市の本拠地、
日本製紙クリネックススタジアム宮城を視察した。
4月29日から本拠地での試合開催を目標に掲げており
「専門家の力添えをいただいて、29日のわれわれの初戦を迎えられると信じている」と話した。
復旧工事は22日に始まった。島田オーナーは作業員の説明に熱心に耳を傾けた。
特に損傷が激しいとされる照明灯や貯水タンクについては、質問して状態を確認した。
壁がはがれ落ちるなどした球団事務所では、自らの机に向かうなど全体の様子を把握して
「何とか業務ができるように」と一日も早い修復を願った。

[日刊スポーツ:2011/03/23 12:27]

2011年3月23日 (水)

ハモネプ13最終予選の放送

先程フジテレビの「ハモネプ」のサイトを見たところ,
以下のような情報が書かれていた。

「各グループの紹介動画に「最終予選 4.9 fri 深夜3時5分」との記載がありますが、
正しくは「最終予選 4.9 sat 深夜3時5分」となります。」

つまり,最終予選の放送が4月9日(土)の深夜3時5分ということは,
明けて10日(日)の日曜日の午前3時5分ということなのだろう。
また,本番はそのあとだから,10日(日)のゴールデンタイム
(通常だと,午後7~9時)ということになろう。
いよいよハモネプ13へ向けて始動だ!

緊急「講演・研究」会のお知らせ

東日本大震災で毎年行われている「東日本の会」が中止になったが,
さすが仮設実験授業研究会,さっそく新たな研究会を立ち上げた。
私も残された仕事を片付けて,ぜひ参加したいと思う。
よろしかったらあなたも・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『メールde資料』  号外 27日の研究会についての連絡

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆   

急なことで情報が錯綜してますが,これが正式のものです

  ー東日本たのしい授業フェスティバル中止に伴うー
地震・津波・原発・停電など非常事態に対応するための
      緊急【講演と研究】会

日時:3月27日(日)午前10時~夕刻
会場:墨田区立中川小学校
会費:2000円(当日払い,弁当・飲み物各自持参)

定員はありません。窮屈になりますが参加したい方は全て受け付けます。
主催:板倉研究室

緊急に下記のような内容の会を開催します。
非常事態だからといって頭の活動まで自粛することなく,「こういう時
だから柔軟に,こういう時だからこそできることを考えていこう」という会です。

非常事態に対してどう対応すべきか,その発想法と組織論
ー困ったときに「シメタ!」を見つける発想法ー
ー発想法をもとに新しい勉強をするー
〈たのしい授業〉を実施するためのコツ
ー異常なほどの興味・関心があるのはすばらしいチャンスー
 津波や放射能などの知識
ー授業書案を緊急に作る作業ー
ー研究会の会員にはその用意のある人びとが何人かいるー
ー手作りの授業プランで授業するチャンスー

以上のようなテーマについて,板倉は積極的に発言・講演する用意があります。
その他,ボランティア活動を通して体験した村西正良さんの阪神淡路大震災の話,
山本海行さんの授業書案〈放射線とシーベルト〉他,「津波の実験」など実験の開発,
岩波映画「津波」,研究発表なども検討中ですが,会の進行は柔軟に行います。
新学期に,地震・津波・原発などのことを子どもたちに話してあげられるよう,
また,簡単な実験装置で津波が理解できるようにしたいと思っています。

急きょ決まった研究会ですので案内が行き届かないことがあります。
お知り合いの方々にもお知らせくださるとありがたいです。

連絡先:小林光子TEL045-573-8298

以上のような研究会が催されるそうです。
よろしかったら、どうぞ。

竹田美紀子
mikikot@clovernet.ne.jp

指導要録の作業開始

昨日は少し早く学校に出て,
指導要録の作業を開始した。
(職集までに評価&評定の部分が終えられた)
本日もはやく学校に出て,
出欠席の欄を書きたい。
放課後はクラス編成の仕事が待っているので,
時間外に私自身の仕事をやって,
学年の先生方には迷惑をかけないようにしたい。

放課後,春休みの「宿題」を印刷した。
恒例の「今日のニュースと私のコメント」だ。
提出不要の「プレゼント」だ。
そのココロは・・・?

夜,4月2日から偶数月の第1土曜日に
新所沢公民館を使って行われる
「新所沢たの授サークル」の宣伝ビラを
地区労会館に配布してきた。
どのぐらいの人が来てくれるかわからないが,
1つの「近況報告」にはなるだろう。

楽天情報(3/22)

昨日楽天は,神戸での練習後募金活動をしたようだ。
また,球団としても営業を再開した。
それらの動きを報告したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユニ姿マー君ら地下街で募金活動(日刊スポーツ)

募金活動をする楽天田中(左から2人目)(撮影・柴田隆二)

楽天1軍投手陣が22日、兵庫・神戸市の三宮地下街で街頭募金を行った。
ほっともっとフィールド神戸での全体練習後、ユニホーム姿で直行。
約40分間、道行く人に呼びかけた。集まった39万6903円は、
社会福祉法人・神戸市社会福祉協議会を通し被災者へ寄付した。
終了後、選手会長の嶋基宏捕手(26)岩隈久志投手(29)
田中将大投手(22)が取材に応じた。
嶋は「何が出来るのか考え、こういう形になった。
温かい声援を、東北の方々に伝えたい」。
岩隈は「阪神大震災で被災された方もいらっしゃると思う。本当に感謝します」。
田中は「呼びかけることしかできませんが、たくさんの方に協力いただきました。
ありがとうございます」とそれぞれコメントした。

[日刊スポーツ:2011/03/22 18:53]


池田副社長「慎重に行動を」(日刊スポーツ)

東日本大震災の被害を受けた楽天球団は14日、
震災後最初の営業日を迎えた。
約100人の職員全員と連絡は取れており、
この日は出勤可能な職員が仙台市内の球団事務所に集まった。
朝礼であいさつした池田副社長は
「職員本人とは安否の確認ができ安心したが、
まだ親戚の安否を確認できていない人もいる。
職員には真摯(しんし)に行動するように伝えました。
それと、しばらく時間がかかる可能性があるので
慎重に行動するようにと言いました」と話した。

[日刊スポーツ:2011/03/14 15:00]

2011年3月22日 (火)

「行為の意味」で検索アクセスが急増

ここのところ「夢ブログ」のアクセス数が
急増しているのにお気づきの読者もいるだろう。
これは3月10日(東日本大震災の前日)に紹介した
宮澤章二さんの詩「行為の意味」への検索アクセスが
大量にあったことが原因している。

「アクセス解析」の数値を転載してみると,
以下のように3月は推移している。

2011年3月1日(火) 126(訪問者) 197(アクセス数)
2011年3月2日(水) 170 317
2011年3月3日(木) 167 266
2011年3月4日(金) 173 266
2011年3月5日(土) 182 288
2011年3月6日(日) 184 286
2011年3月7日(月) 181 283
2011年3月8日(火) 163 265
2011年3月9日(水) 158 318
2011年3月10日(木) 190 266  ← 「行為の意味」の紹介
2011年3月11日(金) 131 354  ←  東日本大震災おこる
2011年3月12日(土) 118 276
2011年3月13日(日) 253 411
2011年3月14日(月) 437 628
2011年3月15日(火) 614 917
2011年3月16日(水) 726 1,072
2011年3月17日(木) 868 1,192
2011年3月18日(金) 672 951
2011年3月19日(土) 758 1,086
2011年3月20日(日) 1,672 2,457
2011年3月21日(月) 1,808 2,561

毎日,毎時間のように「行為の意味」が
とてつもなく大量に放映されたために,
いやが上にも詩の全体を知りたくて検索するのだと思う。

その検索先の1つが「夢ブログ」であるのはうれしく,
「訪問周期」(何日に1回訪問するか)もかなり向上しているが,
その方たちが「夢ブログ」を「お気に入り」に入れてくれるかというと
それはまた別問題のようである。

6年かかって,リピート率も4%台から7%直前までになってきたが,
このところのアクセス数急増で,再び6%に下がってしまった。
せっかく「行為の意味」を検索されたご縁ですから,
ぜひ「お気に入り」に入れて下されば幸いである。

三連休で通知表がほぼ終了

昨日は朝から学校に休日出勤し,
通知表に取り組んだ。
その結果,三連休でほぼ通知表は終了。
週明けから指導要録に取り組めることとなった。
ゴミ出しも3袋できて,片付けの方もスタート!
いつもこうだと机周りもきれいなのだが・・・。

「行為の意味」の検索による
「特需アクセス」(1日1000件以上)で,
カウンターはもうすぐ33万アクセスになる模様!

昨日の部活動 3/21

昨日は,午後1~5時までのコマだった。

高校生が5人も来てくれ,
(N君,SY君,SK君。ほかに北高生2名)
中学生9人の相手をしてくれた。

高校生と練習試合を重ねることで,
実戦感を鍛えていってほしい。

久しぶりにコーチとお会いでき,
来季のことについて相談した。

女バレは来週の協会長杯・予選に向けて,
丸1日の特訓をしていた。
技術+気合いで初戦突破を果たしてほしい。
(その日は男バレも,弥生杯で鳩山中へ行く)

楽天情報(3/21)

昨日楽天は,甲子園室内練習場を借りて,
全体練習を行ったようだ。
これからもいろいろな施設を借りての練習が
多くなるかもしれないが,
ぜひ頑張ってほしいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台で4月29日に試合を(共同通信)

プロ野球楽天の島田亨球団オーナーは21日、
東日本大震災で被害を受けた仙台市の本拠地、
日本製紙クリネックススタジアムで最初に行う公式戦について
「4月29日に間に合わせたい」と話し、目標の日程を掲げた。
球場内には水漏れなどがある可能性があり、修復工事が22日に始まる。
島田オーナーは「(球場の)見た目はどうでもいい。
お客さんの安全を担保できればいい。
地元ファンの方にもっともふさわしい形で野球興行をするのが使命」と話した。
チームは仙台市に戻れない中、
当面の拠点となる神戸市に滞在しての練習が始まった。
兵庫県の甲子園球場の室内練習場で約2時間半、汗を流した。
岩隈久志投手は「プレーで伝えられることもたくさんあると思う。
早く仙台でやりたい」と待ち遠しい様子。

[共同通信:2011/03/21 09:36]


甲子園借り練習「しっかり準備」 (日刊スポーツ)

楽天1軍は21日、甲子園室内練習場を借り全体練習を行った。
この日、都内で行われたオーナー会議で、
パ・リーグの4月12日開幕が正式決定。
島田オーナーが、本拠地クリネックススタジアム宮城の
復旧目標を4月29日に定めた。
星野仙一監督(64)は「選手にとって目標になるだろう」。
選手会長の嶋基宏捕手(26)は「まだ何も聞いていないが、
監督がおっしゃるように、4月12日の開幕に向けてしっかり準備する」
と気持ちを入れ直した。

[日刊スポーツ:2011/03/21 19:54]


物資やグッズ約150点差し入れ(日刊スポーツ)

楽天選手の思いが避難所に届けられた。
岩越広報が21日、宮城・塩釜市の塩釜第一中と、
仙台市の宮城野中を訪問。
選手会で購入したカイロ、マスク、電池などの物資に加え、
選手のトレーニングウエアなど約150点を差し入れた。
田中のトレーニングウエアを手に取った
塩釜第一中教師の菅原恵美さんは
「うちの息子が田中選手のファンなんです。
これだけのものをいただいて、勇気が出ます。
落ち着いたらKスタ宮城に応援に行きたいですね」と笑顔だった。

[日刊スポーツ:2011/03/21 18:18]

2011年3月21日 (月)

東日本大震災(10日目)

東日本大震災が発生してから10日がたち,
少しずつ事態がはっきりしてきました。
この「夢ブログ」でも10日間の連載をし,
情報発信してきましたが,
ここで一応おしまいにします。
それは,もちろん被災された方々のことを
忘れてしまうことではなく,
さらに長期的な取り組みが必要だからと思うからです。
今後も東日本大震災関連の記事は
時々出ることと思いますが,
「最初の一歩」は今回でおしまいにするということです。

ぜひ冒頭の中一夫さんの文章をお読み下さい。
大震災にどう向き合ったらいいか,
大変参考になると思います。
私が愛読する「メールde資料」(竹田美紀子さん発信)
からの転載です。長いけど,必ず読んでよかったと
思っていただけると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) 中一夫さんの意見


【1】被災地から遠く離れて……いま思うこと
中 一夫【東京】
2011.3.20

 大震災から一週間以上過ぎました。この間,日本だけでなく,世界
中の人たちがその惨状に声を失くし,何もできないあせりを感じてい
ることでしょう。私の家でも,妻のお母さんの実家が宮城・松島なので,
心配な日々が続きました。幸い,地震直後に連絡が取れ,家も身体
も無事であることを確認できたのですが,その後,連絡がつかなくな
りました。電気・水道が使えない状況が続いていた中,昨日,電気が
通じて連絡も取れ,やっと少し安心したところです。仮説実験授業の
仲間の安否も心配しながら,無事の報が入るたびに喜んでいます。

 震災の被害だけでなく,原発の事故が重なったり,地震の範囲が広
がることで,「これからどうなってしまうのか」という不安ばかりが大きく
なってきているようです。その影響は,商品の買い占めなどを始め,さ
まざまなところに出てきているようです。けれども,遠く離れて何もでき
ないもどかしい状況に,僕だけでなく家族のみんなも,いや,全国の人
たちが耐えているのだろうと思います。被災地はその日その日を生き
ることで精いっぱいでしょうが,遠く離れたところに住む私たちがこの
事態をどう考え,どう行動すべきかを考えます。「何がやれて,何がや
れないかを明らかにしたい」というのは,こういう時に限らずいつも僕が
考えることです。そういう中で,考えていることを少しつづっておきたいと
思います。

 昨日,テレビで「新潟の震災では直接の死者は少なかったが,避難所
での死者が多かった。もっと救えなかったのか」という問題を提起してい
ました。その問題提起について,ちょっと心配になりました。
 いま,私たちも悲惨な現地の状況を見て,「どうしてあの人たちが亡く
ならなければならなかったのか」と,考えてしまうのではないでしょうか。
その問いは,どこかで「どうして私でなく,あの人たちが……」という思い
とつながりがちです。一生懸命生きていた人,生まれたばかりの赤ん坊
などが亡くなり,いま,自分が何不自由なく生き延びている。そのことが
申し訳なくなったりすることがあるのではないでしょうか。
 そういう思いは,自分だけが思うことではなく,こういう状況では必然的
に出てくる思いです。そして,それは危険を含みます。

 なぜなら,「あの人たちが亡くなり,自分が生き延びているわけ」など,
答えはないからです。それはただ「偶然」というしかありません。偶然,亡
くなる人もいれば,偶然,生き延びる人もいます。いや,そもそも〈私〉とい
う人が,生まれてくることも,死ぬことも,基本的に「偶然」が支配すること
です。自分の意志や条件を整えることですべて避けるというようなことは
できないものです。
 それなのに,「どうして自分は生きてるのか」と考えだすと,自分の存在
意義に向き合わざるを得なくなります。誰だって,「自分は生きてる価値が
あるのか?」と悩むことがあるのではないでしょうか。その問いは,とても
危険な問いです。それは,はっきり「ある」と答えることが難しい問題だか
らです。一方で,「ない」と結論づけてしまえば,自殺への道を進んでしま
います。だから,ふだん私たちは用心深く,深刻なその問いには向き合
わないようにしています。それは生きる知恵でもあります。

 ところが,このような震災を前にすると,この問いが必然的に私たちに
迫ってきます。その問いへの答えを求めます。けれども,その問いの答
えなど,そう簡単に出せるはずないのです。ただ偶然生きてるというしか
ないし,偶然生きていられる命である以上,いまというときを大事に生き
ていくという以外にやれることはないからです。
 個人的に,避難所などで高齢の方々が多く亡くなられたことも,この問
いが原因だろうと思ってしまいます。助かったときは,「命があるだけで
よかったです」とおっしゃっていた方々も,悲惨な状況が明らかになるに
つれ,「自分より若いあの人たちが亡くなって,どうして自分が……」と思
ってしまいます。ましてや体も不自由で,まわりの手伝いもできなかった
りすれば,それはどんどん深刻になります。「かわりに私が死ねばよかっ
たのに」という思いは,自分をどんどん蝕んでしまいます。生き続けるに
は気力がいるのに,その気力を奪ってしまうと思うのです。
 
 ですから,避難所などでの高齢の方々には,そういう風に思うのは普通
であることを伝え,悩みを話せる機会が必要でしょうし,どんな小さなこと
でもいいから「私もみんなの役に立ってる」と思えるような役割分担なども
必要だろうと思います。

 話を,被災地から遠く離れた私たちにもどしましょう。
  私たちも,同じようにそういう答えのない問いに自分を苦しめているの
ではないでしょうか? 「なぜあの人たちが」→「どうして私は不自由なく生
きてるのか」→「私に亡くなった人たち以上に生きてる価値があるのか」……
と続く連想は,必然的にある種の〈罪悪感〉を生みます。何も悪いことをし
ているわけでないのに,生きていること自体への罪悪感を感じるようになっ
たら,どんどん気力が失われていきます。

 また,何もできずにただ報道をもどかしく見聞きしている私たちには,も
どかしさと,これからに対しての不安がつのります。その日その日を生き
るのに精一杯の被災地の人たち以上に,私たちはどうしても「これからど
うなるのか」の方が心配になってくるからです。
 テレビなどの情報は,すべて「たいへんだ」ということがベースですから,
すべての情報がたいへんで,心配なものに思えます。そういう不安感,心
配は,冷静な判断力をますます失わせていきます。そして,不安な情報に
振り回されてしまいます。
 「被災地の人たちを何とかしたい」と強く願う被災地から遠く離れた人た
ちが,買いだめに走ったりするのは,かえって被災地の人たちを圧迫する
ことになってしまいます。「助けたい」という気持ちがありながらも,冷静な
判断ができなくなってしまっているのです。それは個人の心がけの問題と
いうより,このような緊急事態に必然的に起こる心の動きだと思います。
だからこそ,必然的に流れてしまう方向へストップをかける努力が必要に
なると思うのです。

 冷静に判断すれば,被災地以外の物資の不足は時間がたてば必ず
解消します。「しばらくの間,ちょっとがまんだな」と腹をくくれれば特に問
題はありません。買いだめなどしなくても,生きていくのに問題はほとん
ど起こらないでしょう。ガソリンの不足も,車を使わない手段をいろいろ
考えるチャンスでもあります。
 いま,被災地の人たちにできる最大のことは,私たちが冷静に判断・
行動し,安定して社会が経済が動いていく状況を作ることです。だから
こそ,それぞれ一人ひとりが自分の日常生活を普通におくる努力が,
結果的に被災地にもっとも援助することになると思うのです。

 そういう日常を送るためには,あふれるような情報の洪水は,不安を
つのらせることが多いので,時にテレビを止めて音楽を聴いたりするよ
うなことも必要だろうと思います。特に原発などのリアルタイムの報道は,
そのあとどうなるか分からない状態での報道ですから,どんどん不安な
気持ちが高まるばかりになります。見ていても特に自分がやれることは
生まれてきません。不安な気持ちばかりが掻き立てられるだけです。
あとでの報道なら,「結果的にこうなった」という少しは冷静な事実として
報道されますが,リアルタイムの報道は危険な面もあるのです。

 僕が発信することについて,僕が情報を詳しく集めているように思わ
れることがありますが,逆に,あまりテレビなどは見ないで普通の生活
をしようとしています。そして,時々テレビを見て確認するくらいです。
テレビの解説者,評論家の発言は,かなり不満を持っていて,できるだ
け聞かないようにしています。たまには役立つものもありますが。
 
 ところで,東京などは計画停電で電車の運行が不規則で,それがさら
に混乱をましています。計画停電の初日は電車が完全に止まりましたか
ら,途方にくれた人,家に帰れなくなった人がたくさんでました。今でも,
一日のうちのどこかが停電になると,僕の使っている青梅線など,長時
間にわたって止まりますし,「朝は動いてるけど,帰りは止まってしまう」
こともあります。どこの商店などでも,営業していいのかどうかめどがた
たなかったりします。この状態は4月いっぱい続くということですが,まず
はそれに慣れていくことが必要になります。

 予定が立たないもどかしさも強いですが,これにはもっと先を見通した
大きな視点が必要に思います。これからの東京の電力不足は決定的だ
と思うからです。東京電力の発電量の3割近くを占めている原子力発電
のうち,新潟柏崎刈羽原発は新潟地震の影響で7つの原子炉のうち4つ
しか稼働していませんし,残りの福島第一・第二原発は止まっています。
完全に使えなくなった部分もかなりなので,現在動いている原子炉は3/17
の割合,つまり18%程度です。つまり少なくとも東京にくる電気の2割は
完全停止しているわけです。しかもそれは長期化します。

 「2割減」くらいというと,それほどではないように思えるかもしれません
が,東京の電気の使用量が莫大なので,その影響ははかり知れません。
突然の停電にならないようにするためには,徹底的な電気の管理が必要
になるでしょう。それは東京のあり方を大きく変えざるをえなくなるはずと,
予想しています。東京のここまでの発展は,原子力発電所を増設すること
で得られた電力配給量の拡大によってもたらされたものであるのですから。

 東京がどのように変わっていくか,いろんな予想を持ちながら見守って
いきたいし,対応していきたいと思います。でないと,いろんなことに振り
回されて不安ばかり強くなってしまいそうですから。

 計画停電が夜にあったときには,星空を見に娘とでかけました。信号
が止まった暗い道路を,事故を起こさずに車が走っているのは,不思議
な光景でした。みんな慎重に運転していて,思いのほか混乱はありません。
「信号がなくて車が動けるはずない」と思い込んでいたのに,そうでなく車が
動いている姿に,自分の常識がゆさぶられます。

 部活づけで休みがまったくなかった高1の娘は,突然部活や大会が中
止になり,暇をもてあましています。休みになれてないせいです(笑)。そう
いう状況はフラストレーションもたまるし,スポーツセンターなども閉鎖して
たりするので,僕も運動ができずに気分転換ができずにもどかしい時も
あります。
 ちょうどいいやと思って,昨日は娘の高校まで2人で自転車で探検しま
した。前から震災の時の帰宅ルートを確認しておきたいと思っていたの
で,「お前が学校から家まで歩いて帰る道を確認しよう」と,二人で出かけ
ました。行き帰り4時間の行程で,いい運動になりました。途中で道に迷っ
たりの珍道中でしたが,部活で忙しくすれ違っていた娘とも一緒にたのし
める貴重な時間になりました。一石何鳥にもなるシメタになりました。不
自由なことも,ふだんやれなかったことをやるきっかけにしてしまえばと
思ったりしています。ついでに地震対策などをするいいチャンスかもとも
思っています。

 いまの東京は多少不便ですが,「安全でない」わけではぜんぜんありま
せん。しごくふつうに生活ができているので,あとはうまく慣れていければ
いいと思っています。
 
――――まとまらないままのメモ。


(2) 通知表の女子の評価&評定終わる

昨日は上記の作業を午後に行った。
本日は所見に入る。
「かんたん所見」なら本日中に
通知表の作業があらかた片付くが・・・。


(3) まずは本日の停電時間の確認から

突然停電すると,あわてます。
だけど,あらかじめ「今日は何時ごろ停電する」と
わかっていれば「しかたない」とあきらめられます。
あるいは,前もって仕事の段取りも変えられます。
(何時までにこれを終わらせておこうとか)
私たちもしばらくはこの不自由な時期が続きます。
これに早く慣れてしまうことが,大きく廻って
被災された方々の生活を圧迫しないことに
つながるのではないか。
これは中さんの文章を読んで私が学んだことです。 

ちなみに本日の計画停電は,午後1時半から4時半です。
これはちょうど午後の部活とダブります。

楽天情報(3/20)

昨日は星野監督の配慮で,1日休日だったようだ。
大震災の影響もあって,なかなか野球に集中することが難しいが,
こういう時こそ力を合わせて,
地元・東北の復興を促せるような活躍を見せてほしい。
なお,セリーグも開幕を遅らせて,
3月29日となったと新聞が伝えていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チームが団結…義援金1000万円(日刊スポーツ)
 
楽天は、選手会が呼びかけ、全スタッフから義援金を募った。
集まった1000万円を被災地支援のため寄付する。
嶋選手会長は「すぐにでも、少しでも、遠くにいても
『何かをしたい』という思いがチーム全体で一致している中、
気持ちを募るということで義援金という形になりました。
これからも、僕らにできることで被災者の方々への
力になりたいと思います」とコメント。
拠点がままならず転々とする中、結束して動いた。

[日刊スポーツ:2011/03/20 21:03]


監督の気遣い…1軍休日扱いに(日刊スポーツ)

楽天は20日、1軍本体について休日扱いとした。
この日は神戸への移動日だったが、
関西方面のホテル稼働率が非常に高く、
国民の動静に配慮した。帰宅可能な選手は自宅へ戻る一方で、
名古屋で待機する選手も多く散り散りとなった。
星野仙一監督(64)は「関西出身の選手も多い。
自宅に戻れるのであれば、戻るようにと指示をした」。
21日に再合流し練習を再開する。

[日刊スポーツ:2011/03/20 17:53]

2011年3月20日 (日)

東日本大震災(9日目)

三連休に入った。
通知表や指導要録も残り2週間で
仕上げなければならないので,
この三連休の過ごし方も変えざるを得ないことになった。
そんな三連休の初日から・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 死者「阪神」を超す

朝日新聞の朝刊に上記の見出しが出た。
(死者7348人.安否不明1万7653人。
阪神淡路大震災は,死者6434人)
覚悟はしていたが,ついに現実のものになってしまった。
このあとできることは,これ以上死者を増やさないように
被災者の支援を強化していくことである。
阪神淡路大震災の例をみても,
一応の復興だけでも5年ほどの年月がかかる。
それは,現在担任している中学2年生が,
成人するまで見守っていくということである。
本当に息の長い長期戦を覚悟しなければならない。

幸い原子炉への放水作業はうまくいっているらしく,
表面温度も低下しつつある。
被爆を覚悟で消火活動にあたっている方々には
本当に感謝するばかりだ。


(2) 昨日の部活動

昨日は,久しぶりに狭山経済高校に練習に出かけた。
午前中かけて合同練習&練習試合を行った。
せっかく大震災の中恵まれて練習できるのに,
元気な高校生たちに比べ声があまり出ず,
動きも緩慢だったのが残念だ。
「またいっしょに練習しよう」と言ってもらえるためには,
自分たちの一生懸命さをアピールしないとね。
狭山経済は先生同士のこれまでの付き合いがあるから
こんな無理なお願いもできるので,
もし私がほかの学校に異動することになったら
なかなかこうはいかないと思う。

(3) 通知表を進める

午後は中学校にとんぼ返りをして,
通知表の作業を進めた。
成果は,男子の評定・評価を入れられたこと。
明日は,午前中に女子の評定評価を入れる予定だ。
そこまでやっておけば,この三連休中に
通知表の作業のほとんどを終えられ,
三連休明けには指導要録の作業にも入れるだろう。

(4) 「社会の科学・言葉辞典」研究会

ということで,明日仮説会館で
上記の会が開かれる予定だったが,
今回は私の個人的な事情から参加できないことになった。
本当に残念だが仕方がない。
今回は私が仕事のペースを上げないと
ほかの先生方に迷惑をかけることになるので,
期限内の書類完成が必須事項だから。
そのほか二ヶ月ほど徒歩通勤を続けてきたが,
必要になったら即新しい自転車を購入したいと思っている。

(5) ガソリンが手に入らない

私は車の運転をしないので,ガソリンとは無縁だが,
先生方の主要な話題の1つは「ガソリンの入手法」だ。
運送業など商売で使うのなら仕方がないが,
たかが隣の町から通勤するのなら
「たまには自転車を使ってみてはどうでしようか?」と
「ガソリン入手法」を得意げに披露していた先生に
言ってあげたかったが,のどまででかかったけど
それはやめることにした。
その先生の家から自転車に乗れば,
約30分で学校に着くのだが・・・。

楽天情報(3/19)

戸村、2万人を前に無失点(日刊スポーツ)

中日対楽天 草野と軽快にベンチへ戻る戸村(右)(撮影・清水貴仁)

<オープン戦:中日0-0楽天>◇19日◇ナゴヤドーム

楽天戸村健次投手(23)が、まずまずの投球を見せた。
4回まで無失点。
5回2死三塁から井端に四球を許し降板したものの、
失点は0で切り抜けた。
2万人を超す観衆の前で投げられたことに
「内容は納得のいく投球じゃなかったけど、
開幕前にシーズンに近い形で投げられたのは良かった」
と喜んだ。
この日は登板前に募金活動にも参加。
「みなさんの温かさに感動した。
ぼくらも、いろいろ複雑な思いを抱える中ですが、
自分たちにできることをやるしかない」と話した。

[日刊スポーツ:2011/03/19 21:43]


ナゴヤで募金「ありがたい」監督(日刊スポーツ)

募金活動を行った左から山崎、田中、岩隈ら楽天ナイン(撮影・桜井希望)

楽天が19日、ナゴヤドームで募金活動を行った。
全選手、スタッフが参加し、約20分間、ファンに募金を呼びかけた。
125万7628円が集まり、星野仙一監督も
「ありがたい。うれしいね」と目を細めた。
義援金は東日本大震災の被災地に、
中日新聞社会事業団を通じて送られる。

[日刊スポーツ:2011/03/19 19:19]

2011年3月19日 (土)

東日本大震災(8日目)

昨日は,金曜日だった。
東日本大震災が起きたのは,
ちょうど1週間前の金曜日の午後2時46分だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 「7日目」の記事を学級通信に転載する

昨日の学級通信「1組かわら版」(№145)は,
「夢ブログ」の昨日の記事(7日目)を転載した。
継続した取り組みが必要であることを知ってほしかったためだ。
また,阪神淡路大震災のボランティア記録
『ともに歩いた4年4ヶ月』などを授業の際紹介した。
4年4ヶ月という長さは,「14歳が19,20歳になるほど
長い歳月の取り組みなのです」という説明は
分かりやすかったみたいだ。

(2) 球技大会が行われる

学期末ということで,球技大会が行われた。
体育祭優勝クラスの1組ということで期待したが,
男子・・・2勝3敗で4位
女子・・・2分3敗で6位
と振るわなかった。
陸上中心の体育祭とは勝手がちがうのかも。
もう少し作戦があると違っていたと思うが,
昼休みに練習もせずに臨んだのでこんなものだろう。

(3) 愛用の湯飲みが・・・

もう10年以上愛用している湯飲みが
教室で割れてしまった。
なぜ職員室ではなく教室かというと,
給食がストップしていてお弁当を食べているため,
私もおにぎりを食べる飲み物として
お茶を持参していたのだ。
それを教室から持ち帰ろうとして
ポケットに入れていたのだが,
ごみを集めている時しゃがんだはずみに床に落ちた。
「パシッ」と乾いた音を立てて
湯飲みは「帰らぬ人」となった。
「形あるものは壊れる」とはいうものの,
10年私と連れ添ってきた湯飲みなので,
ある意味決別の象徴として感慨深かった。
生徒たちとの日々もあと13日だ。

(4) 成績を入力する

ここ2日,午前中授業が満杯,
午後は行事(保護者会,球技大会)という日が続いた。
おまけに一昨日は夜の停電で,パソコンも使えない状態。
そこで成績の入力が遅れに遅れていた。
本当なら昨日も2回目の停電があるところだったが,
事態は好転,停電が中止となり,
成績を入力できることができた。
学年の先生方,遅くなってしまってごめんなさい。
やっぱりこの3日間で通知表をつけたいものね。
それでも6クラスの2学期と指導要録の成績を出すのに,
午後5時から8時までの3時間かかってしまった。

(5) 本日の部活はどうなる?

昨夜1年生のK君が電話をくれて,
「明日は狭山経済高校からの帰りの電車がないかも」
という情報を教えてくれた。
さっそく新所沢駅に電話してダイヤを聞こうとしたが,
混んでいてだめだった。
そこで,小手指駅に8時に集まる時に
実施の有無,電車のダイヤを調べておき,
集合した時点で生徒たちに告げるということにした。
もし帰りの電車がないとしたら,
自転車で行くか,中止ということになる。
大震災の影響は,こういうところにも出ている。

楽天情報(3/18)

昨日楽天は,1週間ぶりにオープン戦を行った。
残念ながら試合には勝てなかったが,
田中が先発し6回を2安打無失点と好投した。
その左肩には,喪章が付けられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マー君左肩に喪章、6回無失点(日刊スポーツ)

マウンドでうつむく田中将大(撮影・桜井希望)

<オープン戦:中日4-1楽天>◇18日◇ナゴヤドーム

楽天田中将大投手(22)が、6回2安打無失点と好投した。
この日は東日本大震災の被災者のためのチャリティー試合とされ、
田中も左肩に喪章をつけて投げた。
「微力ながら、プレーで1人でも多くの人が何かを感じてくれれば」と、
被災者を思いやった。
この日はチームとしては、震災のため途中で打ち切りとなった
11日のロッテ戦(明石)以来のオープン戦だった。

[日刊スポーツ:2011/03/18 22:48]


ラズナーら外国人2選手帰国(日刊スポーツ)

楽天ラズナー(30)、ルイーズ(33)が、
不安を抱える家族を安心させるために18日、母国へ帰国した。
再来日は未定。
星野仙一監督は「向こうの家族を落ち着かせるため」と理由を説明した。

[日刊スポーツ:2011/03/18 20:37]

2011年3月18日 (金)

東日本大震災(7日目)

昨日は,勇気をもらうような出来事が重なって,
元気が出てきた。
そのひとコマを紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 「なべかま宅急便 活動の軌跡」(56ぺ)届く

上記の冊子(京都の村西さんたちのまとめた資料)を
昨日送っていただいた。
阪神淡路大震災の時行われたボランティア活動の
様子を伝える貴重な資料である。
早速たの社MLでお礼をしたが,
西日本で行われたボランティア活動が,
16年の時を経て今東日本で生かされようと
していることに深い感慨を覚える。
実は私はその時友人たちと
やはり神戸の地でボランティア活動をしていた方を
支援していた経験がある。(3ヶ月に1度送金)
その活動の記録(『ともに歩んだ4年4ヶ月』
有野台ボランティア発行,290ぺ)は
私の宝物の1つになっている。
この2冊の冊子を指針に,今回の東日本大震災の
支援をしていきたいと思っている。


(2) 勤務校のPTAが10万円の義捐金

生徒会の動きは義捐金というより,
「励ましのお便り」に移っていっているようだが,
勤務校のPTAが10万円の義捐金を送るという話を
昨日の保護者会で会長がされていた。
すばやい動きに感謝である。


(3) 勇気付けられる情報

たの社メーリングリストで愛知の井藤さんから,
勇気づけられる情報を入手した。

「インドネシアに住む友人Mona Lisaさん
(教えた子どもラスキー君のママ)がメールをくれました。
インドネシアも津波を受けました。
ぼくは、これを読んで、元気を出しています。
我々は自信を持っていいのかも知れません。
遠くから見ると、日本はなかなか「いい国」かも。

原文は英語です。
googleで自動翻訳したので、変な日本語です。
少しだけ直しました。

(ここから)
あなたの国はなんとタフなのでしょう、
世界を驚かせています、
一度に、地震、津波、核放射線の
3つの主要な災害に直面したときに、
強い国としての日本の国際的な評価が高まりました。
「略奪のない文明国」のイメージも強くなりました。

飢餓や水危機はキロ本州の東海岸と
日本の他の島の何千ものに沿って
何百万もの人々を苦しめたにもかかわらず、
被害者は忍耐強く、整然とした流通物流を待っています。
災害は、金曜日。それ以後4日間,
略奪などの卑劣な行為ではなく、
健全な行為を続けています。
本当に素晴らしい...」

なんだか勇気と元気とやる気が出てきませんか?
私たちは世界から注目されているのです。
やれることをしっかりやって,これに応えましょう。
それが,彼らにとっても勇気と元気とやる気になります。


(4) 昼の停電・夜の停電 

ここ埼玉県所沢市でも「計画停電」が行われている。
(所沢は,第1グループと第2グループの2つで,
私の地区は第1グループに属す)
昨日は午前9時半からの停電と,
午後5時からの停電の2回が行われた。
特に困ったのは,夜の停電だった。
一応懐中電灯は用意しておいたので
身の回りは大丈夫だったが,
部屋自体は暗くてほとんど活動できなかった。
またガスは使えるのだが,
暗い中でガスを使うのはちょっと危険な感じで
すぐにやめてしまった。
やはり私たちの暮らしは電気によって
支えられているんだなと再確認した。
あと,テレビも見られないので,
乾電池で動くラジオやラジカセで
情報や音楽を聴けるといいなと思った。
安全教育主任としてお弁当の時間に
「計画停電で信号もつかないので,
安全に気をつけて登下校するように」と放送した。


(5) 金子みすずの詩「こだまでしょうか」

このところのCMで,「行為の意味」のほかに
もう1つ印象的なものがある。
金子みすずの「こだまでしようか」である。
たぶん以下のものでいいと思うので,
載せてみることにする。
俵万智の短歌「「寒いね」と話しかければ
「寒いね」と答える人のいるあたたかさ」
と呼応するようないい詩である。


こだまでしょうか   金子みすず

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

楽天情報(3/17)

パリーグの開幕が,4月12日に決定した。
(セリーグはこれまで通り,3月25日開幕)
これでも大震災の影響をもっとも受ける楽天としては
十分な期間があるとは言えないが,
年間の試合数(144)を変えられない以上
この条件でできるかぎりのことをやるしかない。
そんな楽天の監督と選手の様子から・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督4・12開幕へコメント(日刊スポーツ)

パ・リーグの今季開幕が4月12日に決定したことを受け、
楽天星野仙一監督(64)は以下のコメント。
「決まった以上、体のコンディション、気持ちのコンディションを
合わせることが我々の仕事だ」。

[日刊スポーツ:2011/03/17 19:17]


嶋「やるべき事をみんなと議論」(日刊スポーツ)

パ・リーグの今季開幕が4月12日に決定したことを受け、
楽天嶋基宏選手会長(26)は以下のコメント。
「被災された方々を考えると言葉が見当たらず、
何と申し上げて良いのか分かりません。
ただ、開幕する日が決まり、やるべき事を1つにまとめていかなくてはなりません。
野球そのものはもちろん、自分たちが力となれることをやっていきたいですし、
チームみんなと議論し、必ず形にします」。

[日刊スポーツ:2011/03/17 21:53]


星野監督、被災者に思いやり(日刊スポーツ)

練習中に舞った小雪を見つめる星野監督(撮影・清水貴仁)

4月12日のシーズン開幕決定を受け、
楽天は今後、原則神戸を拠点とし調整を進める。
17日はナゴヤ球場を借り全体練習。
雪の舞う中約3時間、連日のフルメニューを消化した。
18日から中日と3連戦が組まれていたが、
20日についてキャンセルを申し出た。
希望する関係者数名を仙台へ帰すことを認めた。
チームは関西方面での練習を計画している。
星野仙一監督(64)は東日本大地震発生直後から、
被災者を憂慮している。
「我々の苦労なんて、ちっぽけなものだ。
寒い、大変だ、宿がばらばらだ、などと言えない立場だ。
雪が降って、もっと苦しい思いをしている方がたくさんいるんだ」
と思いやっていた。

[日刊スポーツ:2011/03/17 19:17]

2011年3月17日 (木)

東日本大震災(6日目)

昨日は,次々とショックなことが重なって,
気持ちが沈んでしまった。
しかし,被災された方々のことを考えれば,
これぐらいのことは乗り越えていかなければと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) なかなか進まない原発事故の対応に

福島第一原発の事故の対応策は,
遅々としてなかなか進まないが,
以下のようなことが考えられているという。
少しでもはやくやれることをやって,
事態を解決してほしい。

「米無人機で内部撮影へ

東日本大震災で、高い放射線が検出されている
東京電力福島第1原発の原子炉建屋内部を撮影するため、
米軍が17日にも無人偵察機グローバルホークを
飛行させることが分かった。
日本政府関係者が16日明らかにした。
無人機であるため乗員が被ばくする危険性がない。
同機は高性能カメラと赤外線センサーを備えており、
破損箇所など建屋内の状況が把握できれば対策づくりに役立つ」


(2) 不安解消行動としての買いだめ

今の買いだめは,「一種の不安解消行動」になっていると
テレビで専門家が言っていた。
地震,津波,原発事故と,不安なできごとが相次ぎ,
災害地以外の人も,一種の「擬似被災」に
なってしまっているところがある。
本来だったら,日頃やっておくべきだった「備蓄」を
今になってあわててやっているのである。
それはある面いたしかたない部分もあるが,
それがかえって被災者の方々の負担を
重くしてしまうことになっては本末転倒である。
被災地に救援物資を持って行くにも,
帰りの分のガソリンも必要なのだ。
そのことをもう少し冷静になって考えてみる必要がある。
来週には様子を見ていた製油関係の施設も
増産を始めるとのことである。


(3) 義捐金の動き

卒業式が無事終わり,ようやく勤務校でも
被災地に義捐金を送ろうという動きが生徒会に起きている。
ぜひその動きを応援したいところだが,
なかなか慣れないことで動きが心もとない。
阪神淡路大震災の経験を生かし,
できるだけタイミングのいい,長期的な支援をしていきたい。


(4) 学級通信の発行

震災の翌日生徒たちに書いてもらったアンケートを元に,
「その時あなたは」と「週末(土日)に考えたこと」と題する号を発行した。
これにとどまることなく,支援の輪を組織すべく
残りの号でも震災問題を取り上げていきたい。


(5) 社会科掲示板の活用

ここ3日間(月火水)は震災関係。
「パニックが1番危ない」「外国も見守っている」
「今私たちにできること」というコメントで新聞記事を掲示した。
これまで5年間新聞記事の掲示をしてきたことが,
今生きている感じがする。
それが来年以降も継続できるとといいのだが。


(6) 「壊滅的な状態」という表現について

マスコミは震災報道の中で,よく「壊滅的な状態」という表現をよく使う。
確かにそうとしか思えない現場状況もあるのかもしれないが,
港湾施設や家屋が被害甚大でも,
人的被害はそれほどでもないところが少なくない。
家屋などの「物は壊滅した」かもしれないが,
必ずしも「人が壊滅したわけではない」のだ。
「壊滅状態」という言葉が一人歩きして
「支援の必要なし」と判断されては本末転倒である。
ぜひマスコミは言葉の使い方に細心の注意をしてほしい。


(7) 今年は「東日本の会」(3/27,28)が中止に

今回の大震災でその実施が取りざたされていた「東日本の会」が
中止になったと夕方連絡が入った。
板倉さんは「こんな時だからこそ,小規模でも実施しては?」
と言っていたとのことだが,残念である。
もっともこの2日間で指導要録を仕上げる勢いで行動しないと
勤務校の先生に迷惑をかけることになるので,
致し方ないというべきかも知れないが。

楽天情報(3/16)

楽天の代替本拠地として神戸が最有力となったようだ。
「がんばろう神戸」を「がんばろう東北」に変えて,
悲願の初優勝に向けて再出発だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽天の代替本拠地は神戸が最有力(日刊スポーツ)

東日本大地震の被害を受け損傷のある
プロ野球楽天の本拠地・クリネックススタジアム宮城の代替地として、
兵庫・神戸市の「ほっともっとフィールド神戸」が
最有力であることが16日、分かった。
昨年までオリックスが準本拠地として使用していた。
同球場はプロ野球興行を多数行っている実績がある上、
関西地方は現在、ライフラインを含めた安全性が確保されており、
パ他球団の移動にも支障がない。
物理的、客観的な側面から代替地として優れている。
楽天がほっともっとフィールド神戸を代替地として使用する場合、
関西地方にフランチャイズを持つ球団に許可を得る必要がある。
プロ野球各球団は、今回の地震で最も大きな被害を受けた
楽天に対するサポートを確認している。

[日刊スポーツ:2011/03/16 18:41]


楽天2軍は練習場求め岡山へ(日刊スポーツ)

楽天2軍は、今日16日から岡山県に移動し練習を行う。
11日の東日本大震災発生以来、埼玉県にとどまり、
安全面を最優先に練習場を探し調整を続けていた。
だが施設確保が困難で、調整に大幅な支障を来す懸念があった。
倉敷市にはマスカットスタジアムがあり、
プロチームが練習を行うに十分な施設が整っている。
一方、仙台に残留していた選手、スタッフらで状況が許す者は15日午前、
練習環境確保の目的から、バスで関東方面へ移動した。
救出、復旧作業と被害状況を慎重に見極め、
大幅な迂回(うかい)ルートを取った。
東北地方の現状を鑑み慎重に協議したが、
体を動かすことすらままならないことを考慮した。
2軍に合流し、行動をともにする予定。
1軍はこの日、午後2時から予定されていた
横浜スタジアムでの全体練習を中止した。
被害状況を総合的に検討し判断した。
決定を受け横浜市内の宿舎を離れ、
東海道新幹線で新横浜から名古屋へと移動した。
チーム方針として座席の確保よりも迅速な行動を優先させ、
立って移動する選手が多かった。
現場を預かる立場である星野監督は、
選手が乗車を終えた午後4時前、最後に乗車した。
「今、何も話せることはない」と終始険しい表情だった。
刻一刻と状況が変化する中、的確に動いた。

[日刊スポーツ:2011/03/16 09:53]

2011年3月16日 (水)

東日本大震災(5日目)

今日も東日本大震災のことが
生活から抜けなかった。
東日本大震災の死者・行方不明の合計は1万人をこえた。
これは戦後初のことだという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 福島第一原発事故の続報

1号機(緊急停止)・・・冷却不能。炉心融解。建屋で水素爆発
2号機(緊急停止)・・・冷却不能。炉心融解。建屋で水素爆発。
             圧力抑制プールで爆発音
3号機(緊急停止)・・・冷却不能。炉心融解。建屋で水素爆発
4号機(調査中)・・・使用済み核燃料が建屋プールで火災。
           ヘリコプターや消防車からの注水も検討
5号機,6号機(調査中)・・・水温が上がりつつある。

各地で通常の100~1000倍もの放射線量を観測。

フランスの原子力安全局は,福島第一原発の事故を,
チェルノブイリの「レベル7」,スリーマイルの「レベル5」の間の
「レベル6」と認定する見解を示した。
また,「原子炉格納容器は,もはや密閉された状態にない」として,
放射性物質が放出された可能性」にも言及したという。
フランスは世界一原子力発電の割合が高い国(75%が原子力)で,
その発言は軽視することはできない。

これはもはや「想定の範囲外」である。
すぐに外国の専門家を招聘(しょうへい)しよう。
アドバイスを聞こう。
テレビを見ていると,原発の専門家はいても,
「原発事故の専門家」はいないようだ。

たの社メーリングリストの方から,
以下のサイトの存在を教えていただいた。
20年間原発で働いてきた人の話だそうだ。
私たちも自主的に学び始めよう。

原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫


(2) 静岡県東部でもM6.0の地震

これを書いている時(15日午後10時32分),
けっこう大きな地震があった。
(所沢では震度3ぐらい)
その後の 揺れ方が先日の揺れを思い出させ,
いやな感じだった。
今回の東日本大震災が「東海地震」と
直結することはないと専門家は言っているが,
(違うプレートらしいし)
なんだか不気味な感じ。
静岡県にも浜岡原発があって心配だ。
しかし,こういう時こそ我々は落ち着いて,
自分の知りたいことを学ぶチャンスと考えよう。


(3) 学級通信2枚にアンケート集計

雪が降ったり,台風が来たり,
何か特別なできごとの後に,
生徒たちに書いてもらうといいと聞いてやってみた。
「大地震発生~その時あなたは・・・」
「週末(土日)に考えたこと・・・」
以上2つの項目でアンケートをとり,
それぞれを1枚ずつ学級通信にしたのだ。
明日発行しようと思っている。
あの時他の人がどんなことを考えたり,
行動したかをしることは参考になると思う。
もちろん担任の私のことも書いた。


(4) 卒業式も短縮化

こういう時節ということもあり,
卒業式も短縮化して行われた。
最初に1分間の黙祷(もくとう)を行い,
来賓紹介や祝辞などを大幅カットして
11時まで2時間ほどで終了した。
お昼を食べた後,朝日新聞に
「義捐金(ぎえんきん)」を振り込んだ。
大地震に対しては微々たる額だが,
これは「はじめの一歩」。
とりあえず1年間継続して毎月やっていきたい。

朝日新聞厚生文化事業団
「東日本大地震救済基金」係
00910ー9ー14990


(5) 「行為の意味」でアクセス数急増

先日宮澤章二の「行為の意味」を紹介したが,
そのためにここ数日「夢ブログ」の
アクセスが急増している。
1日の500ほどのうち200以上が
「宮澤章二 行為の意味」の検索で占めている。
これもテレビの「広告機構」のCMが,
「心はだれにも見えないけれど,心づかいは見える」
「思いは見えないけれど,思いやりはだれにでも見える」
と何回も繰り返されるせいであろう。
そのせいもあって,昨日32万アクセスを超えた。

楽天情報(3/15)

パリーグの分離開催が決まりそうだ。
楽天にとってはもちろん助かる。
とはいっても,どのぐらい後かと言えば,
そんなには長く引き伸ばせないとも思うが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロ野球、セ・パ分離開幕…パは延期(読売新聞)

プロ野球の震災対応を話し合うセ・パ各リーグの理事会が15日、
都内のホテルで開かれ、東日本巨大地震によって
楽天の本拠地のある仙台市が大きな被害を受けたことなどを考慮し、
パ・リーグは今月25日に予定していた今季の公式戦の開幕を
延期することを決定した。

今季は2シーズンぶりにセ・パ同時開幕の予定だったが、
セ・リーグ理事会は予定通り開幕することを確認し、
引き続き行う実行委員会でセ・パを分離開幕とすることを正式決定する。

[読売新聞:2011/03/15 06:50]


全体練習中止、名古屋へ移動(日刊スポーツ)

荷物を手に新横浜から名古屋に移動する楽天田中(撮影・山崎哲司)

楽天は15日、午後2時から予定されていた
横浜スタジアムでの全体練習を中止した。
東日本大震災の被害状況を総合的に検討し、
昼すぎに判断した。
チームは決定を受け横浜市内の宿舎を迅速に離れ、
東海道新幹線で名古屋へ移動した。

[日刊スポーツ:2011/03/15 18:24]

2011年3月15日 (火)

東日本大震災(4日目)

昨日の動きの中から私が気になったことを
書いておきたいと思う。

(1) 人間がいない

「テレビは映したいものを映すので,
すべてのものを映しているわけではない」
ということを感じた。
たとえば,被災地にある累々たる遺体は,
1つとして画面には登場しない。
もちろん様々なことを考えての配慮だと思うが,
受け手はそれを頭に置いて見ないと
真実は伝わらないということだ。

(2) 土日のテレビ漬け

土日のテレビ漬けは,私たちに精神的な
「洗脳」をしいていたのかもしれない。
コンビニやスーパーでの食料や日用品の買い走りや
ガソリンスタンドの長蛇の列は,
ミニ・パニックの様を呈していたように思う。
国民が冷静さを失っては,この未曾有の事態に
全力で対処していくことができなくなる。

(3) 福島第一原発の事故対応

1号機・・・爆発。
2号機・・・4メートルすべての核燃料が「空焚き」状態
3号機・・・爆発。11人がけが

これは「想定内」の事態とは,とうてい思えない。
はっきり言って「想定外の異常事態」だ。
加えて突然の計画停電。
これは戦争中でいえば「灯火統制」である。
もちろん今回の計画停電には協力したいが,
そのためにも,事故についての
納得のいく事故の説明がほしいと思う。

(4) 被災地のトイレ

非難所に設置されている仮設トイレがピンチだ。
食料・水を摂取した人間は,その結果排泄する。
そのバランスを忘れている。
トイレの不足は健康を蝕む。
早急に対処してほしいと思う。
やはり義捐金などの取り組みは大切である。

(5) 25メートルの津波の歴史もあった

今回10メートルの防波堤を乗り越えて
津波が集落を襲った。
いったい何メートルの高さがあれば
津波に備えられるというのだろうか。
テレビをみていたらヒントを言っていた。
「防波堤も大切だが,今回生死を分けたものとして,
コンクリートの建物の屋上に逃げた人が助かっている。
住んでいる家屋の屋上が避難場所というのは,
逃げる時間を考えても合理的である。
一戸建ての住宅はほとんどやられてしまった。
集合住宅の屋上を考えに入れてはどうか」と。
歴史を紐解くと,25メートルの津波があった時もあるらしい。
非難するのが高台がいいことはわかっていても,
遠くの山に逃げるのは時間と手間がかかる。
それなら,こういう形で復興の街づくりを
イメージしてはどうだろうか。
そういえば,歴史の教科書で見開きで出てくる
「広島の原爆」の被災風景の中で,
ところどころに残っているのは,
やはり今回と同じコンクリートの建物であった。

(6) 給食が食べられない

明日は卒業式なので午前中で放課だが,
明後日の16日(水)から24日(木)まで
1週間ほど弁当になる。
これはこのような状態の中で給食センターが
平常の生産体制を組めないと考えたためで,
致し方ないとも言えよう。
しかし,小学校は午前中で放課が
中学校では部活があるので「平常」だという。
電車で通ってくる先生は来られないから,
その分自習監督の仕事も増えている。
「平常」という名の「異常」が
やがて形を変えて出てこないか心配だ。

(7) 卒業式の準備

昨日は午前中授業で,
午後は担当ごとに卒業式の準備をした。
私は,駐輪場のライン引き,
たて看板の製作などを行った。
天気が下り坂のようで,ちょっと心配だ。
東北地方は最低気温が氷点下で,
日中雪の予報も出ている。

楽天情報(3/14)

武「昔のこと思い出した」(日刊スポーツ)

4回表楽天無死二、三塁、左越え本塁打を放つ楽天山崎(撮影・野上伸悟)

 楽天山崎武司内野手(42)が14日、
横浜スタジアムで行われた横浜との実戦形式の
合同練習に4番DHで出場し、4回に3ランを放った。
横浜大家から放った打球は、
左翼ポール際に高い放物線を描いて吸い込まれた。
この日が1軍合流後の初戦で、
中日時代にともに戦った星野監督について
「久々に監督と一緒に野球がやれた。
懐かしいなって昔のことを思い出したよ」と感慨深げだった。

[日刊スポーツ:2011/03/14 17:44]


星野監督、3・25開幕延期すべき(日刊スポーツ)

キャッチボールする岩隈を見つめる楽天星野監督(撮影・野上伸悟)

15日に都内でパ・リーグ臨時理事会が行われる。
東日本大震災の被害が拡大する中、
3月25日に迫ったシーズン開幕が可能か討議する。
楽天星野仙一監督(64)は14日、
「私は決定に従う『監督』という立場。今、軽はずみなことは言えない。
会議で決まったことを受け、選手にしっかりと話す」と私見を強調しながら、
「困難なときは、シンプルに考えることが非常に大切だと思う。
スケジュールを組み直す方が前向きだと思う」と語った。
直接の被災地である仙台を本拠地に持つ監督という立場を超え、
大局から本質を指摘した。

[日刊スポーツ:2011/03/14 17:44]

2011年3月14日 (月)

東日本大震災(3日目)

福島の原発が相次いでトラブルを起こしていた昨日.
死者・行方不明者が3000名超となり,
マグネチュードが9.0に訂正された。

次々と報告される被害には驚かされるばかりだが.
とどまってはいられない。
復興に向けて私たちは立ち上がって
いかなければならないのだから。
以下,私周辺の動きから・・・。

(1) 実家に行く

毎週行っている実家の母を訪問し,
買い物等の手伝いをしてきた。
特に異常なし。

(2) 部活動

「夢ブログ」でも書いたが.平常通り行った。
明日は授業があり.明後日は卒業式が予定されている。
一昨日の「夢ブログ」を転載した学級通信を1号印刷してきた。
また,生徒会担当の先生と義捐金について話した。

(3) たの社メーリングリスト

「わたしたちにできること」という題名で.
多くの参加者が自分たちにできることを話し合った。
私も「義捐金」「津波と余震の知識の普及」「ブログを使って」
ということで.話し合いに加わった。

(4) イマジュンさんのブログが再開する

心配していたイマジュンさんのブログが再開した。
大変な時だが,大変な時だからこそ,
「今」を書き残しておくことに価値があると思うし,
また,ストレスをより減らせるのではないかと思う。

(5) 計画停電

福島県の原発が事故のためもあって,
電力必要量の4分の1が足りなくなるようだ。
初めての「計画停電」が実施される。
西武線も大きな影響を受け,
通勤できない先生も現れそうだ。
しかし,必要とあらば協力しない訳にはいかない。

(6) 買い物をする

西友で食料関係の買い物をした。
いつもより込んでいると感じた。
水と米飯パックは棚がごそっと空いていた。

(7) ニュースの変容

私の気のせいかもしれないが,
被害の報告とともに明るい話題も
意識的に流されているように思った。
テレビをつければ地震の話ばかりなので,
こういうのはうれしいが,
報告される死者・行方不明者は増えるばかりで,
予断を許さない。(1万人超説も出ているという)

(8) 復旧より復興を

「もう寝よう」と思ってテレビの話を聞いたら,
「復旧より復興を」という内容であった。
もちろん私もそれを望む。
しかし,そのためには今までの発想自体を
根本から変えていかなければならないし,
「砂上の楼閣」を本物の楼閣にするために
私たちの生き方そのものを
改めていく必要があるだろう。

昨日の部活動 3/13

昨日は,午後1~5時のコマだった。

参加者が15名と賑やかだった。
内訳は,2年生4名と1年生5名に,
3年生2名と高校生5名だった。
(北高のN君はじめは4名と川越東高のT君)

ということで,前半練習で後半試合(8セット)。
残念ながら,高校生の巧みな試合運びの前に
1セットも取れなかった。

参加してくれた高校生たちに感謝したい。
どうもありがとう。

楽天情報(3/13)

練習場転々…今日巨人、明日横浜(日刊スポーツ)

楽天は13日、川崎市の巨人室内練習場を借り全体練習を行った。
選手の精神面などを考慮し、個別の取材は原則なし。
約2時間、淡々と体を動かした。
14日は横浜スタジアムで横浜と合同練習を行う。

[日刊スポーツ:2011/03/13 17:50]

2011年3月13日 (日)

飯能・日高サークル2011年3月例会

昨日は,上記の会に参加した。

参加者は,7名。
(丸屋さん,佐藤俊さん,佐藤裕さん,明石さん,
関口さん,坂上さん,私)

私はかなり「遅刻参加」だったので,
佐藤裕さんの「燃焼」のプランの途中から参加した。
その後,NHKの番組のDVDで「邪馬台国」近畿説
への解説&批判的コメントをさせていただいた。

また,短時間で私の3つの資料を紹介した。
・新所沢たの授サークルの発足(4/2)
・最初に「川」があった!(「川」という名の河川がいっぱい)
・手品に使える本『しあわせの書』

その他の資料は,以下の通り。すべて丸屋さん。
・ガリ本『KARAKU(科楽)』10号
・燃えるいなむらの火
・理研の一般公開(4/23)に行こう
・カダフィ大佐
・ローマ帝国とバチカン市国
・埼玉の会(8/20~21)パンフレット

昨日は都合により飯能仮説会館での
懇親会はなかった。

昨日の部活動 3/12

昨日は,午前8~12時のコマだった。

地震の爪あとは,体育館の端っこの天井付近の
ひび割れと数センチのコンクリ片だけで済んだ。
そのため,「使用可能」と判断し,活動を行った。
他に女バレ,野球,女テニ,剣道が活動していた。

川越東高校のT君が来てくれ,
練習をみてくれた。
お陰で私はその間に
2年社会科の評価・評定を出すことができた。
T君,どうもありがとう。

楽天情報(3/12)

プロ野球は昨日,全試合が中止された。
各球団はそれぞれのやり方でこの日を過ごした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープン戦6試合がすべて中止

東日本大震災の影響を受け、
プロ野球は12日のオープン戦6試合がすべて中止となった。
13日も全6試合が開催されないことが決まり、
各球団は対応に追われた。
楽天はこの日、試合が行われる予定だった横浜へ移動した。
阪神と中日は甲子園で練習試合を行い、
オリックスと巨人は京セラドーム大阪で打撃練習などで調整した。
広島とソフトバンクは試合形式による合同練習で調整した。
ロッテは15、16日に行う予定だったソフトバンク、阪神との
オープン戦2試合の中止を発表。
15日の横浜―楽天(横浜)も中止が決まった。

[共同通信:2011/03/12 07:46]


星野、がんばろうTOHOKU「東北を元気にしたいんや」(夕刊フジ)

星野監督の胸にも決意が…

東日本大震災の影響で、11日に兵庫県・明石で行われた
楽天対ロッテ戦が8回表終了時で異例の打ち切りになった。
楽天ナインは本拠地・仙台にいる家族の安否確認のために
野球どころではなかったからだ。
阪神・淡路大震災に見舞われた1995年には「がんばろうKOBE」
を合言葉にオリックスがリーグ優勝し、被災者を勇気づけた。
就任時から「東北を元気にしたいんや」と宣言していた星野仙一監督(64)。
今こそ公約実現の時だ。

「宮城県で大きな地震が発生したため、
選手の家族、関係者の安全確認のために試合を中止します」。
明石球場で午後1時プレーボールの楽天-ロッテ戦。
5-1でロッテがリードした8回表終了時点で
非常事態のコールドゲーム宣言の場内放送が流れると、
観客席からどよめきが起こった。

楽天の選手たちはコールドゲームが決まると、
足早にバスに乗り込んだ。球団広報が報道陣に対し、
「選手は安否確認をしているので、お待ちください」と
取材を制止する厳戒体制の中でのあわただしい行動だった。
宿舎に戻った選手らは、必死になって家族の安否を確認した。

嶋基宏捕手の妻は東京にいて無事なことがわかり、
中村真人外野手も妻の無事を確認したという。
が、家族との連絡を取れない選手もおり、
星野監督は「心配だ。気が気ではないだろう」と不安を隠せなかった。
12日の横浜-楽天(横浜)も中止になり、波紋は広がるばかりだ。

しかし、東日本大震災に直撃され、
ショックを受けている東北地方の人々を激励、
勇気づけるには楽天球団が頑張るしかない。

1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災。
一時期は本拠地・神戸での試合開催が危ぶまれたこともあった。
それでも「がんばろうKOBE」を合言葉にしたオリックスが、
阪急から球団を譲渡されて以来、初めてリーグ優勝。
翌96年には阪急時代の77年以来、19年ぶりの日本一になっている。

94年からオリックス監督に就任した仰木彬監督が
仰木マジックといわれる大胆な選手起用。
鈴木一朗を「イチロー」と登録名を変更させ、
チームリーダーに抜てきしたことが成功しての優勝だが、
阪神・淡路大震災からの復興が最大のモチベーションになった。

「がんばろうKOBE」の合言葉の下、
イチローは打率・342で2年連続首位打者、
さらに打点80で打点王と二冠王を獲得。
2年連続MVPという獅子奮迅の活躍をしている。

今年に入って宮崎県が鳥インフルエンザ、新燃岳連山の大噴火による降灰
というダブルショックに直撃された際も、
宮崎でキャンプを張ったソフトバンク、西武、巨人の首脳陣、ナインが
異口同音に宮崎の人々を激励している。
「われわれが頑張ることで宮崎の人を元気づけ、勇気づけたい」と。
降灰のひどい時にはマスクをつけながら練習する
という異例の状態でも宮崎キャンプを敢行した。

楽天・星野監督は、監督就任時から
「東北を元気にしたいんや」と声を大にしている。
非常事態の起こった今こそ、
星野監督が公約を実現するときだろう。
チームを大改造した阪神監督就任2年目の2003年に、
球団史上18年ぶりのリーグ優勝を達成している有言実行の監督だ。

今季も元日本人メジャーリーガーコンビの
松井稼頭央、岩村明憲両内野手を獲得して、
チームに新しい血を導入。
さらに、岩隈久志に代わり、田中将大を新エースに育てることを公言している。
実は、佐藤義則投手コーチは、95年、
「がんばろうKOBE」を合言葉に優勝したオリックスの一員だ。
同年8月26日の近鉄戦(藤井寺)で
当時史上最年長のノーヒットノーランを記録している。

「がんばろうKOBE」の再現で楽天が球界参入後、
初のリーグ優勝を達成して、東北の人たちに元気を与える-。
これが、星野監督の使命といえる。
それでなくとも「1年目から勝負だ」と断言していた星野監督にとって、
東日本大震災は、優勝への決意をさらに強くさせたことだろう。

[夕刊フジ:2011/03/12 17:00]


本拠でトイレ等ライフライン補助(日刊スポーツ)

楽天の本拠地である仙台市のクリネックス宮城では、
ライフラインの補助を行っている。
携帯電話の充電器が午前9時から午後9時まで、20台利用できる。
球場内2階のトイレが使用できる。
球場は公共施設であり、12日午後5時の時点で電力が供給されている。
運動公園内での避難も可能。

[日刊スポーツ:2011/03/12 17:39]

「余震」について調べる

今回の大地震で「余震」という言葉がよく使われている。
そこで,フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を見たら
よくまとまっていると思ったので転載してみる。
(太字とアンダーラインは私が付けたもの)
なお,公式や図は載せられないので,
見たい方は「余震」で検索してみていただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スマトラ島沖地震(2004年)の余震の経過を示すグラフ。
横軸が時間、縦軸がマグニチュード。(M-T図)

余震(よしん)とは、本震とは同時に発生せず、
時間が経った後に来る地震である。
これに対し、本震より前に発生する地震を前震という。
規模は本震以下のことが多いが、
本震に匹敵する規模の余震が発生することもある。
一般的には最大余震のマグニチュードは
本震のそれよりも1程度小さいとされる。

1 余震の回数と規模

余震の回数と規模 [編集]体に感じる余震の回数は数10回から1000回、
期間も数日から数ヶ月と地震によりまちまちである。
ごく小規模の余震は、本震発生から100年以上続くこともあり、
現在でも1891年の濃尾地震や1945年の三河地震の余震が観測されている。

明治・大正期の地震学者大森房吉は、この濃尾地震の観測から、
本震からの経過時間に伴う余震回数の減少を表す大森公式を発表している。
現在は宇津徳治がこれを改良して発表した、
以下の改良大森公式が使用されている。

n(t):余震の発生率。tは本震後の経過時間。
K:余震の多さ。
c:本震直後の余震の少なさ。0.1ぐらいの値をとる場合が多い。
p:時間経過に伴う減衰度。1ぐらいの値をとる場合が多い。

この公式によって算出された数値をグラフに表す。
両対数グラフで表した場合、直線に近い形となる。
グラフに実際に観測された地震のデータを載せると、ほぼ重なる。
グラフから下に大きく外れた実測値があると、
余震の回数・規模などが少ないことを表しており、
エネルギーが蓄積されている状態だと考えられ、
この後に大きな余震が発生する可能性が高いとされている。

2 余震のメカニズム

福岡県西方沖地震(2005年)の本震(星印)と
余震域(赤・オレンジ色の部分)原因は、
本震時に解放されきれなかったエネルギーが
放出される為だと見られる。

地震はプレートに力が加わってできた歪みが
断層で発散されることにより起こるが、
特に大地震の場合は、一度の本震で長く深い断層が
全て動いてしまうわけではなく、
両端や下部に引っかかったままの部分が残り、
そこに新たに力が集中し始める。
そうして連鎖的に周囲の断層も動いて歪みが
解消するときに余震が発生する。

余震が発生する範囲を余震域という。
これは、大地震における断層の
ずれの範囲である震源域とほぼ一致する。
大地震が発生したとき、震源からかなり離れた地域で
地震が起こっても余震とは呼ばない。
余震と呼ぶのは、大地震など、
時間的・空間的にまとまった地震が発生したとき、
その範囲内にある地震に限られる。

大地震の後、余震とは異なる地域で大きな地震が発生することがある。
この場合、前の大地震による振動が伝わったり、
地下の歪み方が変わったりすることによって
地震が誘発されたと考えられるが、余震とは呼ばない。
例としては、2005年3月のスマトラ島沖の地震などがある。

3 余震による災害

地震災害が発生した後は、建物の耐久性が落ちている可能性があり、
規模の小さな地震でも損壊や倒壊の危険がある。
そのため、余震による災害に注意する必要がある。
新潟県中越地震のように、
余震でも震度6弱以上の揺れを記録することがあるため、
余震単独でも災害が起こりうる。
また余震が続くと、被災者は不眠症や精神的なストレスに悩まされる。
本震によるストレスよりも、
長く続く余震によるストレスのほうが大きいとされる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は便利な時代になり,ケータイに「緊急地震情報」が入るため,
ケータイを切っておかない限り夜中でもそれが鳴ってしまう。
そのため「またあの揺れが来るのか」と目が覚めて寝不足になってしまったと,
昨日は多くの人が言っていた。(私はケータイがないので,体験しなかったが)

2011年3月12日 (土)

「高さ10メートルの津波」の写真

「高さ10メートルの津波」など見たことがないし,
また,見たいとも思わないが,
今朝の日刊スポーツにそれが出ていたので,
転載したい。(宮城県名取市)

200%に拡大して,写真部分だけ見るようにすると,
そのすさまじさがよく分かる。
まさに「津波に襲われた」という感じです。

002_2

M8.8の巨大地震発生!

昨日の午後2時46分ごろ,
東北地方でM8.8の巨大地震が起きた。
その地震と津波による被害は,時とともに拡大していき,
先程仙台市若林区荒浜で2~300人の死亡の報が入った。
また,各地での多数の行方不明の数も不安だ。
少しでも被害が少ないことを祈りつつ,
このブログを書き始めたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 環太平洋造山帯

先日ニュージーランドで地震が起きたとき.
授業で「日本も同じような条件なので,
いつか同じような地震が起きるかもしれないよ」と
環太平洋造山帯の話をしていた。
これがまさしく「的中」してしまった。
「環太平洋造山帯」は受験の知識(埼玉県で先日出題)にとどまらず,
現実のものとなって私たちの前に立ちはだかったのだ。

(2) その時私は・・・

地震が起きた昨日の午後2時46分,
私は4階の2年6組で社会科の授業をしていた。
フランスについての学習のまとめのビデオを見せようとしたのだ。
突然震度5を感じさせる揺れが起きた。
そこで,生徒たちに机の下にもぐるように指示し,
自分の頭を地図帳と資料集で守りながら
教室の前後のドアを開けた。
そのあと,放送による指示が入り,ストーブと水道も確認。
掛け図のところのひもが微妙に揺れる中再び授業を始めたが,
約10分後の午後3時にまた大きめの地震。
今度は校庭に避難の指示となり,「おしゃべりせずに,
頭を守って」と注意しながら階段を下りて行った。

(3) 安全教育主任

実は昨日学校だよりに保護者のアンケートの結果が載り,
「安全教育」については支持率100%という
驚異的な記録を打ち立てたばかりだった。
(私はなんと,今年度安全教育主任なのだ)
それに喜んでいた私にさっそくの仕事。
生徒たちを前に5分程話をすることになった。
そこでにわか作りだったが,以下のような話をした。

ア.机の下にもぐれた人・・・多数 私語なしで行動できた人・・・少数
 理屈ではわかっていても,なかなかできないことを自覚する必要アリ。
 私語は情報が正しく伝わらなくなり.被害を拡大してしまうから。

イ.避難訓練は「1回の地震」だが,本物は「何回も揺れる地震」
 今回大きな揺れ→小さな揺れ→再び大きな揺れを経験したため,
 地震には「余震」というものがあることを学べたということ。

この2つを中心に話して,次の校長先生の話につないだ。
今年安全養育主任となっていろいろやってきたことが
生きた形となった。

(3) 帰宅して

生徒たちを下校させた後,テレビで情報を集めながら仕事をする。
ケータイを持っている先生も,「災害時の通信制限」のためか,
家族と連絡がとれずいらだっているように思う。
私はアンチ・ケータイ派なので,一応普通の電話から
母の安否を確認させていただいた。元気で安心した。
おしゃべりしていてもしょうがないので,
成績関係の単純な仕事で気持ちを落ち着ける。
そのあと,「退庁してよい」とのことだったので,帰宅した。
こういう時は「学区内在住」は大変有利だ。
西武線は止まってしまって,復旧の見込みが立たない。
西武線で通っている先生は途方に暮れていた。
(夜中に普及したらしい)

(4) テレビはすべて「地震情報」

その後はテレビで地震情報を集める。
というか,どこのチャンネルをつけてもそればかりなので,
テレビをつけている限りそういうことになる。
死亡報はもちろんつらいが,
「行方不明多数」の文字が不気味だ。
無事でいてくれればいいのだが・・・。
(中学生23人が無事救出の報にうれしくなる)

(5) ブログに書いておこう

日が変わったところで,ブログのことを思い出した。
こういう時こそ,ありのままをブログに書くことが大切である。
次々に伝ってくるニュースは,
次第に被害の大きさを再認識するものばかりだ。
特に「津波で2~300人死亡?」の報はその後続報がなく,
「どうか誤報であってほしい」と思う。

(6) 阪神淡路大震災での経験を生かす

今から16年前の阪神淡路大震災の際,
神戸在住の田辺さん(古い友人)がまとめた冊子を
月曜日に生徒たちに紹介しようと思う。
その時ボランティアの人たちの存在が
どんなに人々を励ましたかを伝えたい。
また,今回地震の被害が大きかった東北地方は,
私のひいきする楽天のホームであり,
さらに,このブログの読者であるイマジュンさん
(小学校の先生)のふるさと(宮城県気仙沼市)でもある。
少しでもお役に立てればと思う。

とりあえず,昨日から現在(12日午前2時)
までのことを記録に残しておく。

楽天情報(3/11)

楽天のホームである東北地方を中心に,昨日巨大地震が起きた。
ロッテとのオープン戦は8回表で打ち切りとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合どころではないと打ち切り(日刊スポーツ)

<オープン戦:楽天1-5ロッテ>◇11日◇明石

三陸沖大地震の影響で8回表終了で打ち切りとなった。
場内には「宮城県で大きな地震が発生したため、
選手の家族、関係者の安否確認のため
試合を中止します」とアナウンスがあった。
地元宮城県で震度7の地震が発生した午後2時50分の段階では
7回裏、楽天の攻撃に入るところだった。
兵庫・明石市の球場では、まったく揺れを感じなかったが、
直後から、許可を得て楽天ベンチ裏で、家族の安否確認がはじまった。
審判団との協議の上、試合どころではないと判断し、中止となった。

[日刊スポーツ:2011/03/11 17:55]


星野監督「とにかく心配だ」(日刊スポーツ)

楽天星野仙一監督(64)は11日、三陸沖大地震の影響で、
明石で行われていたロッテとのオープン戦が中止となると、
悲痛な表情で球場を引き揚げた。
「とにかく心配だ。みんな気が気じゃないようだった」と、
家族の安否確認を急ぐ選手、スタッフを気遣った。
また、米田球団代表は、今後のチームの動きについて
「選手の家族、関係者の安否確認を優先します。
今後は被害の大きさをみて決めます」と話した。
仙台の球団職員については、第一報の段階では無事だということだった。

[日刊スポーツ:2011/03/11 17:55]

2011年3月11日 (金)

『MOTHER TOUCH~戦場からのメッセージ』

昨日話題にした戦場カメラマン渡部陽一氏の
上記の写真集(タツミムック刊,1500円+税)を
昨日購入した。

001_2

今年の2月1日に出たばかりの本で,
「戦争」と「子どもたち」と「銃」の3つが登場する
平和について考えさせられる写真集である。
学級文庫に入れたり,授業中に見せたりしたい。

なお,彼には「戦場カメラマン渡部陽一公式サイト」という
インターネットのサイトを開設しているので,
興味のある方は訪問してみて下さい。
そこに「戦場カメラマンになった理由」も出てきます。

戦場カメラマン渡部陽一公式サイト

昨日の部活動 3/10

昨日は,川越東高校に進学した3人(T君,SK君,SY君)が,
自分たちの「春休み」の練習を終えた上で,
こちらの練習も見てくれた。

あいにく卒業式予行の準備のために,
反面しかコートが使えず不自由だったが,
また機会を見つけて来てほしい。
(女バレの皆さん,ごめんなさい。
26日に協会長杯の予選が始まるそうなので,
がんばって下さい!)

なお,男バレのA君がこの日県立高校に合格し,
またバレーボールを続ける先輩が増えたことを
頼もしく思った1日だった。(この代では3人目)

楽天情報(3/10)

楽天は昨日,オリックスとのオープン戦を行った。
2年目の戸村が好投したようだ。
先発投手の頭数がそろうことは,
上位を目指すうえでとても大切なことだ。
ますます今シーズンの楽天が楽しみになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戸村7回0封!開幕ローテある!(日刊スポーツ)

先発しオリックス打線を7回無失点の戸村(撮影・渦原淳)

<オープン戦:オリックス2-1楽天>◇10日◇京セラドーム

楽天は先発戸村健次投手(23)の好投が収穫だった。
7回を内野安打2本、無失点。
直球に力があり、カウント球、勝負球と2種類のスライダー
投げ分けも申し分なかった。
「均衡した展開でいい緊張があった」とした右腕に対し、
星野仙一監督(64)は「7回まで無失点に抑えたんだから、
そりゃ考えないといけない」。
開幕ローテ入りが視界に入ってきた。

[日刊スポーツ:2011/03/10 20:32]


枡田9回ソロ本塁打で一矢(日刊スポーツ)

9回、右越えにソロ本塁打を放った楽天枡田(右)(撮影・渦原淳)

<オープン戦:オリックス2-1楽天>◇10日◇京セラドーム大阪

楽天枡田慎太郎内野手(23)が9回、一矢報いた。
見逃せばボールになる高めの球を
上からバットをかぶせるようにしてたたいた。
右翼へ上がった打球はそのまま最前列にスタンドイン。
この日唯一の楽天の得点をたたき出した。
「見逃してフォアボールでも良かったんだけど、振っちゃいました。
直球が来たら上からたたこうと思ってました」と狙い通りの一発だった。

[日刊スポーツ:2011/03/10 18:16]

2011年3月10日 (木)

宮澤章二の詩「行為の意味」

昨日三送会も無事終わり(私は記録ビデオ係),
やれやれというところだが,
その講評の中で教頭先生が
「行為の意味」という詩を紹介してくれた。

テレビやラジオでもその一部が
使われているらしいが,
ここでは全文を載せてみよう。

作者の宮澤章二さんは埼玉県の人だそうだ。
さっそく『行為の意味~青春前期のきみたちに』
(ごま書房新社)を注文した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行為の意味 
               宮澤章二
    
-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮澤章二さんの案内:

大正8年(1919)6月11日、埼玉県羽生市生まれ。
東京大学学文学部卒業。
高校教諭を経て文筆業(詩と歌詞)に専念。
作詞関係の中で校歌は小・中・高校など300校に及ぶ。
2005年3月没。 
特に、過去30年間埼玉県の中学生のために、
一遍の詩を贈り続けた。
それは詩人のライフワークとなった。

渡部陽一の特集

昨日の「ベストハウス123」は,
(フジテレビ,午後10時~)
戦場カメラマンの渡部陽一の特集だった。

普段テレビで出演する時の彼とはまた違った,
別の一面(こっちが本当?)を知ることができて,
戦争の真実を生徒たちに伝える1つのきっかけに
なるのではないかと期待を持った。

子どもの頃は「魚博士」になろうと思っていたが,
その後写真を通して人々に真実を伝えようと志す。
ロバート・キャパ(有名な戦場カメラマン)の写真にも
影響を受けているようだ。

私も一応中学高校と写真部だったので,
写真については大変興味があるが,
自ら戦場に赴いて,仕事として写真を撮るとは
本当にスゴ過ぎる。

実際彼の「7つ道具」には,
ヘルメットや7キロもある防弾チョッキも含まれている。
また,取り外し可能の「報道カメラマン」表示があって,
時には付けた方が安全だが,
時には付けない方が安全というのに
戦場の緊張感を感じさせた。

そうして苦労して撮った写真も,
没収の憂き目に会うことがあるので,
フィルムはできるだけ分散するのだという。
そして,日本に戻っても
その写真を採用してくれるところがなければ
収入はないとのこと。

ではなぜ彼は戦場へとまた出かけていくのか。
それは,そこに今世界史が刻まれているからだという。
1度戦場を経験したカメラマンは,
また必ずそこに戻ってくるのだと・・・。

世の中の光と陰を写真を通して報道する彼を
これから応援していきたいと思った。
とりあえず,この番組のビデオを生徒たちに見せよう。
また,最近出た写真集を学級文庫に入れよう。

※ 『MOTHER TOUCH 戦場からのメッセージ』 (タツミムック)
などが出版されている。

楽天情報(3/9)

楽天は昨日,昨日阪神とのオープン戦を行った。
その様子を日刊スポーツの4つの記事から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永井反省の5回2失点(日刊スポーツ)

5回2失点の楽天先発永井怜(撮影・上田博志)

<オープン戦:阪神2ー2楽天>◇9日◇甲子園

楽天永井怜投手(26)が先発し、5回を2失点に抑えた。
序盤はフォームのバランスを崩し制球が定まらない場面もあったが、
投げている中で修正した。
ただ、3回、味方の失策後にヒットを打たれ先制を許した。
試合後は「あそこで踏ん張らないといけなかった」と反省していた。

[日刊スポーツ:2011/03/09 09:00]


川岸スローカーブに手応え(日刊スポーツ)

<オープン戦:阪神2-2楽天>◇9日◇甲子園

楽天川岸強投手(31)がスローカーブの手応えを得た。
2点を追う6回に2番手で登板。
3者凡退に抑え、3人目関本への初球では
110キロのカーブに腰を引かせて見逃しストライクを奪った。
結局、空振り三振に仕留め
「打者の予期しないところでカウントを取れた。
もっと競った場面でも投げられたらいい」と、
今季のテーマである「緩急」がさえた。

[日刊スポーツ:2011/03/09 20:26]


聖沢1号も「風ですかね」(日刊スポーツ)

7回、楽天聖沢は左翼越え本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<オープン戦:阪神2-2楽天>◇9日◇甲子園
 
楽天聖沢諒外野手(25)がオープン戦1号本塁打を放った。
2点を追う7回、先頭で藤川から左翼ポール際への1発。
打線は6回まで無安打に抑えられていた。
同点に追いつくきっかけとなったが
「風ですかね。しっかり自分のスイングは出来ました」
と控えめに喜んだ。

[日刊スポーツ:2011/03/09 20:26]


星野監督「ノスタルジックない」(日刊スポーツ)

投手交代を告げる楽天星野仙一監督(撮影・上田博志)

<オープン戦:阪神2-2楽天>◇9日◇甲子園

楽天星野仙一監督(64)が阪神を率いた
03年以来となる甲子園に凱旋(がいせん)した。
当然ながらビジターの三塁側ベンチから登場。
懐かしい風景に目をやったのは最初だけで、
普段通り自軍の練習をチェックしゲームに入った。
試合は7、8回に得点し引き分け。
「久しぶりだけど、ゲームに入ったら
ノスタルジックな気持ちなどなかった」と
集中したまま終えた。

[日刊スポーツ:2011/03/09 20:26]

2011年3月 9日 (水)

社会科サークル2011年3月例会

昨日は,上記の会に参加した。

参加者は学期末の忙しさからか,
大石,山田麗,肥沼のわずか3名だった。

おみやげは,大石さんのお母さん介護の話と
私の「川の話」と「新所沢たの授サークル創設の話」。

メイン報告は,山田麗さんの「新・教科書執筆」についてのもの。
今までにないような楽しくわかりやすい教科書を
執筆する動きがあるというのだ。
見本を見せていただいたが,
本当に楽しくわかりやすい文章だった。

山田麗さんの分担は,大正時代の米騒動,社会運動あたり。
ぜひ素晴らしい原稿を書かれることをお祈りしたい。

いきなり教科書採択(1%のシェアで採算が合うという)を
無理にはめざさないで,
まずは一般の読者を獲得することに全力を尽くし,
その延長線上に教科書採択があれば儲けもの・・・
というぐらいがいいのではないかと思った。

来月は,なんと私がレポーター。
「最近の「仮説」と「古田史学」の話題から」
日時は,新学期の忙しさをちょつと避けた
4月19日(火)午後6時から。

三送会の準備がやっとできる

体育館のクラスの壁画展示の準備を
昨日は手伝った。

何しろ体育館の正面の両脇という大役を
わがクラスの展示がつとめるのである。
それだけですごいプレッシャーだ。

他のクラスがすでに展示を終了し,
リハーサルの部が特設ステージで演じる中,
それを尻目にひたすら作業した。

約1時間で展示は終了した。
壁画係の生徒たちと話ができたことは
それなりに楽しいひと時だった。

楽天情報(3/8)

楽天は昨日,広島とオープン戦を行い,
6ー3で快勝した。
その様子を4話お伝えしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督、快勝にも注文(日刊スポーツ)

選手交代のためベンチを出る楽天星野仙一監督(撮影・築山幸雄)

<オープン戦:広島3-6楽天>◇8日◇マツダスタジアム
 
楽天は打線が活発で、8回を除く毎回の12安打を放ち快勝した。
2回から5回まで小刻みに加点。試合の主導権を握ったまま渡さなかった。
星野仙一監督(64)は「1試合だけではなく、
ここから続けていって状態を上げてほしいよね」と注文を出していた。

[日刊スポーツ:2011/03/08 18:25]


初登板ラズナー4回無失点に納得(日刊スポーツ)

楽天先発ラズナーは4回を1安打と好投した(撮影・築山幸雄)

<オープン戦:広島3-6楽天>◇8日◇マツダスタジアム
 
楽天ダレル・ラズナー投手(30)がオープン戦に初登板し、
先発で4回1安打無失点と結果を出した。テンポよく投げ、
栗原の二塁打1本に抑えた。
「まだまだ、やらないといけないことはたくさんあるが、
全体的にはステップアップしたと思う」と納得した表情で話した。

[日刊スポーツ:2011/03/08 17:26]


ルイーズ1発「見えている」(日刊スポーツ)

5回、楽天ルイーズは左中間に2点本塁打を放つ(撮影・築山幸雄)

<オープン戦:広島3-6楽天>◇8日◇マツダスタジアム

楽天ランディー・ルイーズ内野手(33)がオープン戦1号本塁打を放った。
5回、広島岸本の外寄り139キロを引っ張り左翼席へ放り込んだ。
前の打席では二塁打も放っており、
「何でか分からないが、今日はボールがよく見えているね」と笑顔で話した。

[日刊スポーツ:2011/03/08 17:26]


岩村2安打「感触良かった」(日刊スポーツ)

4回、楽天岩村は左中間に適時二塁打を放つ(撮影・築山幸雄)

<オープン戦:広島3-6楽天>◇8日◇マツダスタジアム

楽天岩村明憲内野手(32)がオープン戦初安打を含む2安打を放った。
2回の第1打席で広島ジオから右前打。
4回無死二塁の第2打席では、再びジオから左越えに適時二塁打を放った。
外角高めのボールをとらえた当たりに「感触は良かった。
やっと自分が追い求める打撃が出来た」と話した。

[日刊スポーツ:2011/03/08 17:03]

2011年3月 8日 (火)

『記憶喪失になったぼくが見た世界』

坪倉優介著,朝日文庫,
560円+税の上記の本が,
注文していたアマゾンから届いた。

先日の「茂木健一郎の番組(ベストハウス123)」に登場した
「18歳の時に事故で記憶を失った」坪倉さんの
半生をつづった記録である。

帯のところに「生命の再生を記録した
感動のノンフィクション」という俵万智の言葉がある。
(彼女は,この本の解説も書いている)

全部で6つの章から構成されている。

第1章 ここはどこ?ぼくはだれ?
第2章 これから何がはじまるのだろう
第3章 むかしのぼくを探しにいこう
第4章 仲間はずれにならないために
第5章 あの事故のことはもう口に出さない
第6章 ぼくらはみんな生きている

番組の中で茂木健一郎も言っていたが,
記憶喪失になった人がその状況を本人の言葉で
表現できるのは奇跡的なことだと思う。

その一端に触れることができるのは幸いなことだ。
読み終わったら,また学級文庫に入れたい。

Photo_2

「金八先生スペシャル」は3月27日放送

金八先生ファイナルの放送日が,
3月27日(日)に決まったようだ。

私の見間違いでなければ,
午後7時からの4時間スペシャルだという。
まあ,かつての「名場面」の後で
本放送ということだろうけれど,
いずれにしても録画に値する番組だろう。

3月27日(日)の金八先生ファイナルに
あらためて期待したい。

情報を知りたい方は,以下のところへ。

金八先生ファイナル公式サイト

楽天情報(3/7)

楽天は昨日,広島で練習をしたようだ。
その様子に星野監督も手ごたえを感じていたらしい。
練習しつつ,戦いつつ,
力をつけていく年になりそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督「底上げ成果試合で」(日刊スポーツ)

星野仙一監督は野村謙二郎監督と笑顔で握手を交わす(撮影・築山幸雄)

楽天は7日、広島市のマツダスタジアムで全体練習を行った。
転戦を余儀なくされるこの時期、
打ち込み時間を確保できる機会は実に貴重。
夕方6時近くまでじっくりフリー打撃、守備練習などをこなした。
打撃ケージ裏で凝視した星野仙一監督(64)は
「フリー打撃はみんな良くなってる。私にはそんな手ごたえがある。
総体としての底上げはできつつある。後は試合で、どう発揮するかだ」と、
自軍の仕上がりに一定以上の感触を得た。

[日刊スポーツ:2011/03/07 08:45]

2011年3月 7日 (月)

たの社カリキュラム

今月末に開催されるたの授フェスティバルなどで
「中学・高校社会」などの講座を持つと,
3年間のカリキュラムという話題が出る。
カリキュラムには縛られない方がいいが,
3年間を見渡す意味で「肥さんのたの社カリキュラム」を
公開することにしよう。 (’し_`;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【中学1年】

4月・・・○世界の国ぐに(第1部)
5月・・・○ハワイの問題
6月・・・世界の国々かるた
7月・・・猿岩石の旅のビデオ

9月・・・○世界の国旗
10月・・・ペットボトルで脳の容積を知ろう!
11月・・・石器・土器・金属器にさわろう!
12月・・・「邪馬台国」はどこだ!

1月・・・歴史人物かるた(1)
2月・・・○おかねと社会
3月・・・まんが日本史のビデオ

【中学2年】

4月・・・○日本歴史入門
5月・・・○「いろいろな種」の標本づくり
6月・・・歴史人物かるた(2)
7月・・・○現金掛け値なし
9月・・・○生類憐れみの令

10月・・・歴史人物かるた(3)
11月・・・○人体解剖図
12月・・・○日本の都道府県

1月・・・日本の都道府県かるた
2月・・・○沖縄
3月・・・外国語・外来語

【中学3年】

4月・・・○日本国憲法とその構成
5月・・・公民(政治経済)かるた
6月・・・刑事裁判のビデオ
7月・・・○裁判所に行こう

9月・・・○三権分立
10月・・・模擬投票をしてみよう!
11月・・・もしも私が文科大臣になったなら(未)
12月・・・株を買ってみよう!

1月・・・株を売ってみよう!
2月・・・私の商品開発

○は,仮説実験授業の授業書や授業プランです。

『100歳までボケない101の方法』

白澤卓二著,文春新書,
700円+税の上記の本を
昨日読み始めた。

順天堂大学の先生が書いた本で,
副題に「脳とこころのアンチエイジング」とある。

毎日少しずつ読んで身にしていこうと思っているが,
最初にパラパラめくっていたら,
興味深い記事が目に飛び込んできた。
「35.食べもので寿命の変わった県がある」
というものである。

【問題】

白澤先生が「食べもので寿命が変わった」と
指摘しているのは何県だと思いますか。

予想 ア.北海道
    イ.東京都
    ウ.沖縄県
    エ.その他

正解は,次のような県です。

(1) 鉄道がなく,車で移動することが多い。
(2) 買い物も車で行き,歩く機会が少ない。
(3) 日本ではじめにファストフード店ができたばかりでなく,
 10万人あたりのファストフード店の数ももっとも多い。
 =アメリカ型の生活が定着している。
(4) もともと豚肉や牛肉の摂取量(脂肪分)が多い。
(5) 男性の方が外食の機会が多く,太る原因になる。

つまり,かつて長寿を誇ってきた沖縄県が,
アメリカ型の食生活により,若い人ほど寿命を縮めている
という恐ろしい結果なのだった。
女性と高齢者は,依然として昔ながらの
長寿を支えてきた食事を続けているので,
依然として1位(男性は26位)だとのこと。

これは「人の振り見てわが振り直せ」で,
自らの健康のための指針となろう。

(1) 朝食は抜かない(この本の中でも強調されているが,太る原因)
(2) 適度の運動をする(現在徒歩で通勤している。買い物も徒歩)
(3) 野菜と果物を多く食べるようにしたい(バナナは以前から)

楽天情報(3/6)

楽天は昨日も,西武とのオープン戦を行った。
田中の2度目の先発はどうだったのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マー君守備反省「未熟さ出た」(日刊スポーツ)

二塁へ悪送球し、がっくりと肩を落とす田中(撮影・蔦林史峰)

<オープン戦:楽天2-3西武>◇6日◇長崎

楽天田中将大投手(22)が守備を反省した。
オープン戦2度目の先発は、雨が激しく降る中での登板となった。
2回1死一塁で西武佐藤を投ゴロに仕留めたが、二塁に悪送球。
ピンチを広げ、この回だけで3点を失った。
グラウンドの状態が悪く、
捕球後にぬかるむマウンドでバランスを崩したが
「併殺で終わっているところ。自分の未熟さが出ました」と
言い訳はしなかった。

[日刊スポーツ:2011/03/06 17:13]


星野監督にカステラなど贈呈(日刊スポーツ)

藤井副知事(左)にジャンパーをプレゼントする星野監督

楽天星野仙一監督(64)に対し、長崎県から粋なプレゼントがあった。
オープン戦西武との試合前、
藤井副知事と田上長崎市長が監督を表敬訪問。
いずれも特産のコーヒーカップ、ネクタイ、カステラなどを贈呈した。
「楽天の躍進を心から願っています」との言葉ももらった監督は
丁寧に頭を下げ感謝した。

[日刊スポーツ:2011/03/06 16:29]

2011年3月 6日 (日)

『たの授』3月号の感想

『たの授』3月号の感想をここに書いて,
ブログの原稿と編集委員の仕事と
「一石二鳥」にしてしまおう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』3月号で特によかったのは,次の3点です。

(1) 素材9割,腕1割(伊勢さん)

板前から教師に転身した伊勢さんは,
「素材9割,腕1割」という料理の極意を
仮説実験授業に見出しました。
それも,「素材が良ければいいだけ,
その素材を調理する料理人の腕が問われる」とのこと。
「素材9割」と「腕1割」の関係が,
ただの9対1でないことを指摘してくれていて新鮮でした。
前に載ったホテルマンから転身した方の話もよかったですが,
今回もハッとさせられるようなお話でした。

(2) 人はどんな原子からできているか(竹田さん)

平林さんの「地球は燃えかす?」というお話が
『たの授』12月号に載り好評でしたが,
竹田さんも刺激を受けてこのグラフに取り組んだとのことです。
地球のクラーク数は有名ですが,
人体のそれも明らかにしておくことは,
原子論のさらなる前進だと思われます。
原子数で水素がこんなに多いとは驚異でした。
重量比にすれば小さい割合だけど・・・。 

(3) 教科書授業こんなやり方はいかが?(佐竹さん)

木下さんから教わった方法を自分なりにアレンジして
授業の活性化に生かしているなと思いました。
小学校の先生にとって国語をどう指導するかは
関心が高いはずなので,佐竹さんの実践紹介は
参考になることが多いのではと思いました。
自分の中学社会科でも参考にできそうです。

005_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお,この感想の書き方は,
以前『たの授』に載せてもらった「形式を教えちゃおう」
という小文を自ら実践しているものです。
短時間で『たの授』の感想が書けて重宝しています。

さらに,4月の臨時増刊号で,
『たのしく書ける作文・毛筆』というのが出るそうですが,
それに再掲載されないかなあ,と願っているところです。

昨日の部活動 3/5

昨日は,午前8~12時のコマだった。

所沢北高のN君とO君が来てくれた。
(彼らは先日の新人戦でも活躍していた)

前半トレーニングをして,
後半は紅白戦を行った。

さすが一昨年のチームのセッターとリベロ。
1年生もうまく指導しながら,
自分たちの技も随所に披露してくれた。

また,時間が許す時に
後輩たちの面倒を見てほしい。
半日どうもありがとう!

PS 女卓が12時半ピタリに来て驚いたが,
冬季は暗くなるのが早いので,12時半から4時半と
繰り上げてやることにしたのだそうだ。

楽天情報(3/5)

昨日は,岩隈が先発した。
打線も積極的な攻撃ができた。
今年度の楽天,やはり楽しみが多そう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩隈「感じよく」3回1失点(日刊スポーツ)

<オープン戦:楽天10-2>◇長崎◇5日

楽天岩隈久志投手(29)が今季初めて実戦に登板し、
3回4安打1失点だった。
3回にはバットの芯を外した当たりが
内外野の間に落ちる安打が重なり1点を失ったが、
「感じよく投げられました。初の実戦でしたので、
対戦の感覚を取り戻すイメージで入っていきました」
と手応えのある登板となった。

[日刊スポーツ:2011/03/05 17:59]


田淵ヘッド「3球以内に打てば」(日刊スポーツ)

<オープン戦:楽天10-2>◇長崎◇5日
 
打線のつながった楽天が快勝した。
2回、西武石井一を攻め、3安打1四球に犠飛を重ね4得点。
4回には、2本塁打を含む5安打で6点を追加した。
計12安打10得点に、田淵幸一ヘッド兼打撃コーチ(64)は
「4回は良い形で攻撃できたね。
12安打で追い込まれてから打ったのは1本だけ。
3球以内に打てばヒットになる率は高いんだ」
と早いカウントから打ちにいった打線を評価した。

[日刊スポーツ:2011/03/05 17:59]

2011年3月 5日 (土)

消音ボールつけ

学区内にブリジストンのテニススクールがあるので,
無料で廃ボールを提供してもらえる。

それを使ってやろうというのが,
椅子の足につけた消音ボールだ。

これは本当に快適で,
あの床と椅子がこすれあう「ギギーッ」という音は
教室から消える。

5年前私が試みた時には
どのクラスも真似してくれなかったのに,
「三送会・卒業式の会場内に音を立てない」
という大義名分ができたと同時に
どのクラスもやりだした。
「みんなで着ければこわくない」?

まあ,両行事だけでなく,
授業の際も静かになるので,
ありがたいことはありがたい。

001_2

さだまさし「ストーリーズ(物語)」届く

さだまさしの「風に立つライオン」や
「償い」を使った道徳の授業がある。
映像や音楽やストーリーで魅了する
ステキな道徳の授業で,
私もぜひやってみたいと思った。

3年前中3相手に「風に立つライオン」を試み,
今回中2相手に「償い」を試すつもりだ。

そんな折,さだまさしのCD集が出るという案内が届き,
値段も手ごろ(CD12枚で3万円)なので,
思い切って購入することにした。

週に1枚ずつのペースで聴いていこうと思う。
楽しみは少しずつ・・・。
今週は「償い」の入っているCDから。

「想」の巻・収録曲♪

(1) 前夜~桃花鳥~
(2) 天然色の化石
(3) 理・不・尽
(4) 転宅
(5) 償い・・・道徳の副読本に収録されています

(6) あと1マイル
(7) 戦友会
(8) 祈り
(9) September Moon ~永遠という一瞬~
(10) 広島の空

(11) 空蝉(うつせみ)
(12) 療養所(サナトリウム)
(13) 最期の夢

楽天情報(3/4)

長崎に異動した楽天。
昨日は,長崎ビッグNスタジアムで練習を行ったようだ。
本日は,岩隈の先発予定。
楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督「誤差が大きいと」(日刊スポーツ)

練習を手伝う地元の学生と話す星野監督(撮影・蔦林史峰)

楽天は4日、長崎ビッグNスタジアムで練習を行った。
5日から西武とオープン戦2連戦を行い、
開幕まで計13試合の長期遠征が始まった。
星野仙一監督(64)は「オープン戦と公式戦の誤差が大きいと、
チームは落ちていく」と大事な13試合であることを強調。
誤差の原因となる選手のケガだけはないよう願っていた。

[日刊スポーツ:2011/03/04 19:02]


楽天の怒られ役は草野 田淵ヘッドが指名(日刊スポーツ)

楽天草野大輔内野手(34)が3日、「怒られ役」に指名された。
星野監督を支える参謀の思惑がある。
「選手の性格はいろいろ。キャンプで分かった」と田淵ヘッド兼打撃コーチ。
この1カ月、選手と腹を割り話した結論は「草野は怒っても大丈夫」。
若手ではなく、あえて実績ある元気者を標的にすることで、
チーム全体に緊張感を持たせる狙いだ。
 
自身も怒られて西武の礎となった。
広岡監督に「守れないのに一番の高給取り」と言われた。
「何クソってね。東尾と『優勝して、胴上げで監督を落とすぞ』と」。
82年、初優勝。監督は落とさなかったが、反骨心が原動力となった。

草野は「この年で怒られてもねえ」と苦笑いしたが、
田淵ヘッドは「オレのサンドバッグにするか!? 
踏んでも“草の”ように生えてくる」と笑って締めた。
闘将だけじゃない厳しさ注入で、楽天を強くする。

[日刊スポーツ:2011/03/04 10:29]

2011年3月 4日 (金)

『しあわせの書』を使った手品

泡坂妻夫著『しあわせの書~
迷探偵ヨガガンジーの心霊術』(新潮文庫)を使って,
久しぶりに生徒たちに手品を披露した。

先月の昭島サークル(正式名は,たのしい教師入門サークル)で
佐竹さんが紹介してくれた手品である。
以下のようにやった。

(1) 教卓の前の「信頼できる生徒」に本を検(あらた)めてもらう。
(2) 元気そうな生徒に「先生がパラパラ本をめくっていくので,
 どこかでストップをかけて下さい」と頼む。
(3) 生徒がストップをかけたら,本を半分に折って,
 そのページの最初の言葉を覚えさせる。
(4) 「先生といっしょに,その言葉を言って下さい。せーの・・・」
(5) 生徒と私が同じ言葉を言うので,他の生徒たちは驚く。
(6) (2)から(5)を,同様にあと数人にもやっていく。

これはかなりウケます。
(残念ながら,タネはここでは書けません。
本の中に書いてあります)
いい手品を教えてくれた佐竹さんに感謝です。
まだ絶版になっていなければ,
たくさん仕入れてサークルで分けたいと思います。
(420円だが,なかなか新本で見つけるのは難しいかも。
私はブック・オフにて250円で購入しました)

私の受け持ちクラスは6つもあるので
普段は授業数が多くて大変なのですが,
こういう楽しい時間も小学校の先生の6倍あるわけで,
痛し痒(かゆ)しというところかな。

003_2

「河川の名前」が好評!

昨日の「川」の話題をまとめた「河川の名前」を
たの社メーリングリストに提供したところ,
何人もの方から好意的な反応があった。

中には新たな情報をくれたり,
問題形式にしてくれたり,
「はみだしたの大賞」への推薦を
約束してくれたりする人も出るほどだった。
(2月に決まってしまっては,他の方に申し訳ないが・・・。笑)
ありがたいし,励みにもなった。

しかし,河川だけにとどまらず,
とりあえず脳が活性化している今のうちに,
「砂漠の話」「山地・山脈の話」などへ向かっていきたい。

まず,「砂漠の話」に使えそうな砂漠。

サハラ・・・「砂漠」の意味
ゴビ・・・「砂漠」
カラハリ・・・「砂漠」
グレートサンデー・・・「大きな砂漠」
リトルサンデー・・・「小さな砂漠」

タクラマカン・・・「入ったら出られない」


つづく

楽天情報(3/3)

昨日楽天は仙台での練習を打ち上げ,
オープン戦の遠征に出発したようだ。
田中とともに開幕投手を狙う岩隈も明日先発する。
どんなピッチングをするか,とても楽しみだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩隈「抑える、抑えないは…」(日刊スポーツ)

楽天は3日、Kスタ宮城での練習を打ち上げ、
オープン戦の遠征に出発した。
まずは5日、長崎で西武と対戦する。
先発は岩隈久志投手(29)の予定。
今季の実戦初登板となる右腕は「試合の感覚を確かめたい。
抑える、抑えないは、あまり意識しません」と狙いを説明。
ブルペン入りし、調整を進めた。

[日刊スポーツ:2011/03/03 08:04]


楽天ベンチ裏リポート「佑ちゃん&マー君、劇的再会の舞台裏」(Sportiva)

久米島キャンプ、沖縄本島でのオープン戦を終えて、
1カ月ぶりに仙台に戻ってきました。
沖縄ではいろいろなことがありましたが、
今回は2月27日に行なわれた日本ハムとのオープン戦で試合前に
田中将大選手と斎藤佑樹選手が談笑した一幕、
スポーツ新聞各紙の一面でも取り上げられた、
あの名場面の舞台裏について書きたいと思います。

「佑ちゃんとマー君のツーショットのフォトセッションを作ってくれませんか」と
日本ハム担当のメディアから連絡があったのが、
試合2日前のこと。私自身、「周りの選手にも迷惑がかかるし、危ないし、
それに本人たちも気を使うだろうから、あえてフォトセッションなどやらない方が
いいんじゃないか」と思っていました。
とりあえず「外野とかサブグラウンドでアップをしている時に、
同じ場所にいれば自然と話すだろうから、
その時に所定の取材エリアから撮ればいかがですか」と対応しました。

ところが、どうしてもツーショットの画がほしいのか、それでは納得してもらえず、
「日本中がそれを見たいから」「みんなが期待しているから」と、
何とかして約束を取り付けようとする。
それでも私は「他の選手のこともあるので……」と、首をタテに振りませんでした。

そしたら今度は日本ハムの広報にお願いされたようで、
翌日、日本ハムの広報の方から同じような内容の連絡がきました。
報道陣の“ガス抜き”にもなるからとも言われましたが、
やはりフォトセッションは危険すぎるということで、お断りさせていただきました。

ただ、「うちは球場に着いたら投手陣はサブか外野でアップをすると思うので、
そこでタイミングが合えば自然と話すでしょうし、
報道陣に近いところで絡むと危険なので、
グラウンド内で自然発生的にやるのがいいのではないでしょうか。
まだオープン戦ですし、別に無理して作らなくていいと思います。
田中本人にはベンチ前とかベンチ裏の通路とか狭い場所で、
報道陣が近くにいるところで斎藤君と絡むと大混乱になり、
周りの人に迷惑がかかるので、
そういうところで絶対に絡まないようにと注意しておきます」とだけ言いました。

結果は予想通り、外野でアップ中にふたりは笑顔で近づき、
握手をして、会話を交わしていました。
それを各社が外野スタンドやファールゾーンから撮影。
この件に関して、斎藤選手を田中選手のところまで連れて行ったダルビッシュ投手が
「広報がうるさく言うんで」とコメントをしたように、
かなり気を使ったことは容易に想像がつきます。

試合後に、日本ハム担当のメディアの人たちから「いい画が撮れました。
ありがとうございます」と言われましたが、実際、私は何もしていません。
もしツーショットのフォトセッションをセッティングして、
囲み会見などをやっていたら……。

ちなみにこの件に関して、楽天担当のメディアからは何も要求はありませんでした。
その背景には、田中選手が入団した頃から斎藤選手関連の質問が多く、
どんな些細な一言でも強引に結びつけられて番組や記事を作られたことに
田中選手がうんざりしていたのを知っているので、
担当記者たちが気を使ったみたいです。
誤解がないように念のため書いておきますが、
田中選手と斎藤選手は個人的には仲がいいんです。

でもこの感覚、なんか懐かしいなと思っていたら、
4年前に楽天でも同じようなことが……。
そうです、田中選手が入団した時にも同じようなことがあったんです。
報道陣の数もすごかったですし、要望もたくさんありました。
 
ある程度、メディアの要望につきあうことも大事ですが、
それが必ずしも本人たちの気持ちや
世の中のニーズと合っているわけではありません。
メディアのペースに巻き込まれたり、流されたりせず、
自分の考えや信念をもとに、自分の土俵で仕事をすることの大切さを
改めて考えさせられた一件でした。

そして最後にもうひとつ。
斎藤選手と田中選手のふたりの接触に
メディアが熱狂していた直後のことです。
外野でキャッチボールをしている岩隈久志選手に
ダルビッシュ選手が歩み寄っていき、談笑がスタート。
その後、ふたりは球場を出てファンの間を歩いて
ブルペンの方へ向かって行きました。
それまで騒いでいたファンもふたりのオーラに圧倒されたのか、
「ワァー」とも「キャー」とも言わず、
ただただ通り過ぎるのを黙って見つめていました。
次の日の新聞に一切そのことが載っていなかったのが残念でした。

岩越亮(楽天イーグルス広報)●文 text by Iwakoshi Ryo

2011年3月 3日 (木)

「九死に一生」のビデオに助けられる

昨日は道徳があった上に,
さらに三送会の準備として45分が与えられた。
中心の係の仕事はたくさんあるのだが,
個人作業は終わってしまっているので,
全員の仕事があるというわけではない。
このピンチを救ってくれたのは,
10年ほど前に録画した
「九死に一生」のビデオだった。

1,石油ストーブの誤用で火災発生
2,阪神淡路大震災のエピソード
3,トラクターの下敷きになった男性を救助
4,お父さんが突然倒れた!
5,幼児がノドに飴をつまらせた
6,真夏の沖縄。トランクに子どもが閉じ込められる
7,幼児が川に落ちた。必死の救助

1話が15分程度にまとめられていて,
「ピンチ → 救命」とドキドキする展開なので
中学生も飽きさせないのである。
安全教育としても役に立つ。

かくして私のピンチも「九死に一生」を得た
というわけである。

最初に「川」があった!

人間はというより,生物はと言ったほうが
いいかもしれないが,
水なしには生きていけない。
だから,飲み水の得られる川の近くに
生活の拠点を置くことになる。
そこで人間は,それぞれの地域の言葉で
水の流れを「川」「大きな川」と
その恵みに感謝して
名前を呼んだのだと思う。

リオ・グランデ(スペイン語で「大きな川」)
ミシシッピ(インディアンの言葉で「大きな川」)
長江(中国語で,「長くて大きな川」)
ナイル(エジプトの言葉で「川」)
メコン(大きな川)
メナム(川)
ライン(川)
ドン(川)
ドナウ(川)
ニジェール(川)
士別(アイヌ語で「大きな川」)
大川(筑後川の別名?)

これらを使って,お話を作ってみたいと思う。

PS その後作ってみたので載せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サハラとは「砂漠」という意味です。
だから,サハラ砂漠とは「砂漠・砂漠」なんです。
同様に,ナイルとは「川」という意味です。
だから,ナイル川も「川・川」なんです。

リオ・グランデ(米国とメキシコの国境の川)の意味は,
スペイン語で「大きな川」。
では,ミシシッピ(米国の中央を流れる川)はどういう意味?
実はこれもインディアンの言葉で「大きな川」。
同様に,長江(中国)やメコン(東南アジアを流れる川)も「大きな川」。

日本でも,北海道の士別がアイヌ語で「大きな川」。
また九州の筑後川が昔「大川」と呼ばれていたらしい。

ライン,ドン,ドナウ,メナム,ニジェールといえば,
どれも有名な国際河川です。
そして,どれもが現地の言葉で「川」を意味します。

人間が生きていくには,水が必要。
だから,それをもたらしてくれる川には,
きっと感謝を込めて名前をつけたのでしょうね。

楽天情報(3/2)

昨日の仙台は,雪がちらつく寒さだったとのこと。
そんな中でも楽天の選手たちは熱心に練習し,
星野監督はそれを熱く見守った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督、雪の中で仁王立ち(日刊スポーツ)

楽天は2日、前日に続きKスタ宮城で練習を行った。
この日は雪がちらつく寒さ。星野仙一監督(64)も
「こんな中、練習するのは、わがチームぐらいだな。
監督、コーチ用に厚手のユニホームを作ってくれないかな」
と思わず肩をすくめた。
ただ、そう言いながらも打撃ケージ裏に仁王立ち。
雪の中、練習する選手に鋭い視線を送っていた。

[日刊スポーツ:2011/03/02 08:08]


ルイーズが捕手転向?(日刊スポーツ)

楽天ランディー・ルイーズ内野手(33)が捕手転向? 
2日、Kスタ宮城でのチーム練習での1コマ。
走塁練習の順番が回ってきたルイーズが、
なぜかマスクなど捕手の防具一式を身に着けグラウンドに現れた。
実は前日の走塁練習で、打球を太ももに当てもん絶していた。
同じ過ちを防ぎたかった? 
本人は「セーフティー、セーフティー」とニヤリ。
周囲の笑いを誘った。

[日刊スポーツ:2011/03/02 20:08]

2011年3月 2日 (水)

地名の雑学

知らなくても別に生活には支障ないが,
知っているとたのしい話題にできる知識が地理にはけっこうある。
題して「地名の雑学」,少々おつきあいを・・・。

(1) サハラ砂漠・・・「サハラ」自体が荒れた土地=砂漠を意味する。
 だから,サハラ砂漠というと「さばく・さばく」という意味になる。
 これはけっこうウケます。

(2) タクラマカン砂漠・・・「タクラマカン」とは現地の言葉で,
 「入ったら出られない」という意味だそうだ。「こわっ」という反応。

(3) リオ・グランデ・・・スペイン語で,「リオ」は川,
 「グランデ」は大きいという意味。なーんだ,米国とメキシコの国境は,
 「大きな川」だったというわけか。

(4) モヘンジョ・タ゜ロ遺跡・・・「死者の丘」という意味。
 アーリア人の民族移動で皆殺しの目にあった?

(5) ノートルダム寺院・・・「ノートル」は私たちの,「ダム」は女神さま。

(6) ニュー○○・・・アメリカに多いこの地名は,ヨーロッパに由来。
 ふるさとを懐かしんでつけたのかも。

(7) セント○○,サン○○・・・キリスト教のえらい神父さんの名前に由来する。

(8) 川,河,江・・・中国の地形を教える時,「チュー川」「黄河」「長江」と
 中国にはいろいろな「かわ」の表し方があることを教える。

(9) ○○海・・・一般の海だけでなく,内陸の塩湖のこともそう呼ぶ。
 カスピ海,黒海,アラル海など。

(10) ミシシッピ川・・・インディアンの言葉で「大きな川」の意味。
 長い間世界最長だと考えられていたんだそうだ。

(11) ナイル川・・・「ナイル」はエジプトの言葉で「川」。
 「かわ・かわ」じゃ,サハラ砂漠の「さぱく・さばく」と同じである。

(12) チグリス・ユーフラテス川・・・「チグリス」は虎,
 「ユーフラテス」は有益という意味とのこと。

(13) アマゾン川・・・古代インディオの言葉「アマズン」から。
 意味は,? 私は「川」のことだと思うんだけど・・・。

つづく・・・

北海道の地名

北海道の地名には昔のアイヌ語に由来するものが多い。
それを知っておくと地理がたのしくなるし,
また探究心も育てられるのではないかと思い,
ウィキペディアから転載してみる。
(地名例は私が記入した)

別=ペツ(川) ・・・登別,士別など
内=ナイ(小川) ・・・稚内,歌志内など
平=ピラ(崖)・・・滝平など
若=ワッカ(質の良い水)・・・稚内など
登=ヌプル(濁る)・・・登別など

幌=ポロ(大きい) ・・・札幌など
士、支=シ(大きい、本来の) ・・・士別など
茂、望=モ(小さい) ・・・
本=ポン(小さい) ・・・
幌加=ホロカ(後戻りする) ・・・

歌=オタ(砂浜)・・・歌志内など
愛=アイ(矢) ・・・愛国など
岩尾=イワウ(硫黄)・・・
牛、臼=ウシ(存在する) ・・・
熊=クマ(魚干し棚)・・・

札=サツ(乾く) ・・・札幌など
尻、知=シリ(峰、島) ・・・国後,奥尻島など
知来=チライ(イトウ) ・・・知床半島など
当=トー(湖) ・・・洞爺湖など
舞=オマイ(~のところ) ・・・歯舞諸島など

美=ピ(小石原)・・美瑛など

すなわち,稚内(質の良い水の小川),
札幌((大きな乾いた場所),
登別(濁った川),
士別(大きな川)など。
これだけでもけっこういけそうではある。

この項は,仮説実験授業研究会の根本巌さんが
「土地の名前」という総合読本を書いたのに刺激を受けて書いてみた。
これも総合読本にできると授業に使えるのだが・・・。

3月の部活動 (改訂版)

3月の部活動の予定がだいぶ変わったので,
改訂版を載せておく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月5日(土) 午前8~12時に変更
3月6日(日) なし

3月12日(土) 午前8~12時
3月13日(日) 午後1~5時

3月19日(土) 午前8~12時 狭山経済高校へ
3月20日(日) 午前8~12時
3月21日(月) 午後1~5時

3月26日(土) 午前7時~午後4時 鳩山中へ 弥生杯に参加

以降,「春休みの練習」。
ただし,3月26日と27日は「なし」。

協会長杯・地区大会は4月に入ってからの模様。
(現在確認中)

楽天情報(3/1)

3月に入り,楽天は地元仙台で練習開始だ。
20℃あった沖縄からまだ寒い仙台では,
風邪や怪我が心配だがどうだっただろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督「寒ささほどでも」(日刊スポーツ)

楽天は1日、Kスタ宮城でチーム練習を行った。
前日にキャンプとオープン戦を行った沖縄から
1カ月ぶりに仙台へ戻ったばかりだが、
休日を入れず早速、練習だった。
沖縄と比べ20度ほど低い気温にも、選手は元気に体を動かした。
星野仙一監督(64)は「今日は風がないし暖かい方だろう。
覚悟を決めて帰ってきたから、それほどの寒さでもない、となる」
と頼もしそうに見詰めていた。

[日刊スポーツ:2011/03/01 20:49]


星野監督が提案 沖縄で公式戦を(日刊スポーツ)

楽天星野仙一監督(64)が2月28日、「らしい」提言をした。
1カ月滞在した沖縄もこの日が最後。
「本当に長年お世話になってる」とし「沖縄県を使わせてもらっている球団が、
持ち回りで公式戦を主催すればいいのでは」と語った。
「巨人がキャンプを行った那覇の球場で、2連戦くらい。
沖縄のファンにナイターで野球を見てもらう機会を増やしてあげたい。
恩返しになるんじゃないかな」と話した。

[日刊スポーツ:2011/03/01 10:08]

2011年3月 1日 (火)

時間配分

職員会議が来年度の体育祭をめぐって2時間かかった。

原案では「組体操」「ダンス」を復活させたかったようだが,
日頃「授業確保」の名の下に忙しくしているので,
反発があったのである。

確かに私も「組体操」「ダンス」が登場する
総合的な体育祭を志向するところはある。
しかし,そのためには多くの時間が
かかるのも確かなのであった。

結局結論は出ず(といっても,「原案反対」が優勢),
3月10日の職員会議に先送りとなった。
その2時間の会議で疲れてしまい,
クラス編成をしようとしていた学年会も
本日以降に延期ということに・・・。

会議としての時間配分。
1年間の教育計画としての時間配分。
その感覚が問われた出来事だった。

1兆円とは?

面白い例えを思いついた。
1兆円とはどのぐらい多いかである。

毎日1億円おこづかいが使えたとする。
これが1年間なら365億円ということになる。

さらにこれが10年間続けば3650億円。

1兆円の財産とは,30年間毎日1億円ずつ使えるほど
大きな金額だったのであった。

楽天情報(2/28)

昨日は,移動日だった。
いよいよ本拠地の仙台での練習が始まる。
星野監督と長谷部投手の話題から・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

星野監督、仙台「寒げいこ」へ(日刊スポーツ)

那覇空港で仙台便の搭乗口に向かう楽天星野(中央)(撮影・山崎安昭)

久米島と沖縄本島での1カ月滞在を終えた楽天は28日午後、
那覇空港発の航空機で仙台へ戻った。
3月1日から早速Kスタ宮城で全体練習を再開し、
徐々に本番モードに入る。
星野仙一監督(64)は「仙台がこの時期寒いのは当たり前。
いいじゃないか。寒げいこだな」。
大きな故障者もなく2月を乗り切り、笑顔で機上の人となった。

[日刊スポーツ:2011/02/28 06:40]


楽天・長谷部康平「星野監督に成長した姿を見せたい」(Sportiva)

星野仙一監督が就任した楽天のキャンプは、とにかく声がよく出ていた。
選手たちの表情は明るいが、緩んだ感じはない。
ほどよい緊張感というところか。
その中で、厳しい目つきで練習に取り組んでいたのが4年目の長谷部康平だ。

「今年ダメならあとがない、最後だというつもりでやっています」

長谷部の過去3シーズンは左ひざとの戦いだった。
愛知工業大時代は学生でただひとり、
北京オリンピックアジア予選日本代表のメンバーに選ばれ、
本大会出場に貢献した。08年ドラフト1位で楽天に入団し、
「将来は田中将大と左右の両エースに」と大きな期待を集めた。

だが、オープン戦での左ひざ半月板の損傷がつまづきとなった。
1年目は1勝したのみ。2年目に5勝を挙げて、
ようやく開花の兆しが見えたと思ったら、
昨シーズンは開幕2連勝のあと、またしても古傷が再発し、
わずか10試合の登板で終わってしまった。
大卒の入団4年目。あとがないと悲壮感を漂わせるのは当然だろう。

しかし、今シーズンは厳しい中にも明るい笑顔がのぞける。
「去年の秋からキャンプまで、一度もひざの痛みが出なかった。
入団してからはじめてです。ようやく野球をやっている気持ちになれました。
コンディションは100%です」

自主トレからキャンプにかけては、
ひざの痛みのために崩れていたフォームの改造に取り組んだ。
「ひざをかばいながら投げていると、下半身にタメができなかった。
今年はひざの状態に不安がないので、
しっかりタメのできるフォームに作り上げていこうと考えています」

スリークォーターからのスライダーとチェンジアップが
持ち味の技巧派と見られがちな長谷部だが、
本人はあくまでストレート主体の投手と考えている。
「小手先の投球はいやですね。スライダーにしてもチェンジアップにしても
ストレートがしっかり投げられていて、はじめて効果が出ますから」 
外見は小柄な優男(やさおとこ)だが、ストレートでグイグイ押す
強気のピッチングが本来の持ち味なのだ。

北京オリンピック予選のメンバーに長谷部を選んだのは、
ほかならぬ星野監督である。大学生で選ばれた長谷部には、
なによりも見える形でのファイティングスピリットを重んじる
星野監督の琴線に訴えるものがあったのだろう。
当然、監督の期待も大きいはずだ。
「就任されたと聞いて、成長した姿をお見せしたいと思ったんですが、
正直、去年の段階ではその自信はありませんでした。
でも、今年は開幕までにしっかりと見てもらって、
監督が使いたいと思う投球をしたい」

先発はもちろん、中継ぎ、ワンポイントと、使われ方に注文はない。
「そういう立場でもありませんしね。必要とされるところで、
しっかりいい仕事がしたいです。
どんな数字を残すといったことではなく、一球一球魂を込めて投げたいですね」

楽天は岩隈久志、田中将大、永井怜と右の先発は揃っているが
左には軸になる投手がいない。
椅子はひとつ空いているともいえる。
かつてのドラフト1位がそれを狙わない手はない。

阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ