« 昨日の部活動 2/6 | トップページ | 床屋で気分転換 »

2011年2月 7日 (月)

楽天キャンプ情報(2/6)

昨日は地元久米島の主婦・さわやかさんから
コメントを入れていただいて,
ご機嫌な肥さんであります。
では,今日も張り切って楽天キャンプ情報を
お届けすることにしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩隈→永井→マー君の豪華声出し(日刊スポーツ)

浜辺での声出しで開幕投手宣言をする楽天田中(撮影・蔦林史峰)

楽天の沖縄・久米島キャンプで6日、3本柱による“豪華リレー”が実現した

。早朝散歩後に行われる「声出し」。
この日は、まず岩隈久志投手(29)が“先発”。
「今シーズンの目標は優勝することです。
しっかりローテを守り戦っていきたい」と意思表明した。

2番手で永井怜投手(26)が“継投”。
昨季は10勝10敗で貯金を作れなかっただけに
「今年は必ず15勝し、1つでも多く貯金を作ります。
星野監督を胴上げし、楽しい優勝旅行をしましょう」と呼び掛けた。

最後は、田中将大投手(22)が“抑え”で登場。
「リーグ優勝、日本一はもちろん、
岩隈さんから開幕投手の座を奪い、沢村賞を目指して頑張ります」
と堂々と宣言。
3人の公約を、星野監督は頼もしそうに聞いていた。

[日刊スポーツ:2011/02/06 11:21]


久米島で少年野球教室(日刊スポーツ)

久米島の小学生と笑顔で話す永井(左)。右は田中(撮影・蔦林史峰)

楽天の久米島1軍キャンプメンバーが6日、
キャンプ地の久米野球場で野球教室を行った。
島内の小学生80人を対象に、約1時間、
全選手が熱心に指導した。
最後は、選手会長の嶋基宏捕手(26)があいさつ。
「プロ野球選手になるんだという強い気持ちをもって、
毎日、練習して下さい」とメッセージを送った。

[日刊スポーツ:2011/02/06 21:34]


テギュンはサク越え封印 3発にも手応え(日刊スポーツ)

ロッテ金泰均内野手(28)がキャンプ前半での柵越えを封印した。
5日、本格的なフリー打撃が始まり、
32スイング中、わずか3発に終わったが
「当たりは気にしていない」と平然とした表情だった。

来日1年目の昨季、第1クール3日目に
48スイング中22球をスタンドにたたき込み、
度肝を抜いた。今季は第2クールで3発。
「飛距離を気にする段階ではない。キャンプは始まったばかり。
無理に引っ張り、本塁打を狙うとバランスを崩す。
フルスイングしているが、無駄な力が入っていない」と受け流す。
 
昨季は自分をアピールするため、練習から常に本塁打を狙い、
シーズン前半でスタミナ切れした。
教訓を胸に、はやる気持ちを抑える姿に、
西村徳文監督(51)も「慣れもある。
去年と表情が違う」と成長を認めた。

オリックスに朴賛浩、楽天に金炳賢が加入した。
金は「朴先輩は英雄。対戦できるだけで楽しみ。
金さんは昔は最高の抑えだった」と先輩をたたえながらも、
表情からは2年目の手応えが伝わってきた。

[日刊スポーツ:2011/02/06 10:06]

« 昨日の部活動 2/6 | トップページ | 床屋で気分転換 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 2/6 | トップページ | 床屋で気分転換 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ