« 楽天キャンプ情報(2/3) | トップページ | 楽天キャンプ情報(2/4) »

2011年2月 4日 (金)

私の「邪馬台国」論~ノーミソが働く時

「邪馬台国」のありかについて考えることは,
単に昔の日本の歴史を考えることではない。

自分の学習と論理の力を試す
いい機会なのだと思う。

昨日wajinさんから「邪馬台国」(熊本平野説)について,
コメントしてほしいと言われた時も,
「さあ,何と答えよう」とノーミソがよく働いた。

最終的には「里程と日程は別概念」と
「考古出土物の分布図の重視」に落ち着いたが,
けっこう悩みながらコメントさせていただいた。

私は中1の歴史の時間に
「「邪馬台国」はどこだ!」という授業プランをやる。
それは,生徒たちに生徒たちなりの意見を
持ってもらいたいと思うからである。

それが「魏志」倭人伝からでもいいし,
考古出土物の分布図からでもいいけれど,
何らかの根拠で自分の「邪馬台国」論を持つことが,
自信やプライドにもなり,少なくとも歴史好きに
させるのではないかと思っている。

昨日山形県の鈴木昭彦先生から,
「邪馬台国の授業」にコメントをいただいた。
(教研集会で「邪馬台国の学習」の報告された方である)
またステキな方と「邪馬台国」論を通して出会えた。

« 楽天キャンプ情報(2/3) | トップページ | 楽天キャンプ情報(2/4) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天キャンプ情報(2/3) | トップページ | 楽天キャンプ情報(2/4) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ