« 『たの授』公開編集会議2011年2月 | トップページ | 楽天情報(2/27) »

2011年2月27日 (日)

環太平洋造山帯の中のニュージーランド

埼玉県の入試問題に「環太平洋造山帯」が出た。
「太平洋をぐるっと囲む壮大な造山帯」である。
(もう1つは「アルプス・ヒマラヤ造山帯」)

その環太平洋造山帯の西側の南端に,
今回のニュージーランドは位置する。
「人の数より羊が多い」と称される
「観光の国」のイメージがあるが,
火山が多く,夏スキーもできる。
(最高峰はアオラキ/マウントクックで,3754mである。
アオラキとはマオリ語で“雲を突き抜ける山”を意味している)

太平洋プレートとオーストラリアプレートが近くにあって,
地震が起こりやすい点では日本と変わりがない。
今勤務校にオーストラリア人が来ているが,
彼ならちょっとした地震にも慌てふためくかもしれないが,
(オーストラリアは地震が少ないので)
ニュージーランド出身のAETなら
地震に慣れっこなのであわてないかも。

今回の直下型地震で不幸だったのは,
震源が浅く,しかも都市に近かったことだ。
まだ捜索は続いているようだが,
多くの方が亡くなられ,
また土の下で救出されないでいる。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたい。

PS 昨日仮説社で梶さんの「地震と火山」という
授業プランを拝見したが,
オーストラリアとニュージーランドでは
圧倒的にニュージーランドに地震の発生が多いことを
分布図で表していて興味をひかれた。

« 『たの授』公開編集会議2011年2月 | トップページ | 楽天情報(2/27) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』公開編集会議2011年2月 | トップページ | 楽天情報(2/27) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ