« 楽天キャンプ情報(2/11) | トップページ | 「聡美センセイの「御蔵島便り」~「はみだしたの大賞」への道」 »

2011年2月12日 (土)

「古田史学会報」の最新号

昨日「古田史学会報」の最新号が届いた。
お手紙・資料付きの「豪華版」である。
(先月の修学旅行の際お会いした大下さんは,
「古田史学の会」の総務部を担当されているため)

内容的にも,古賀さんの
「前期難波宮の考古学」の連載が始まったりとか,
九州王朝の天子と思われる「斉明」が
大和の天皇とする日本書紀の「虚構」を
暴いていく正木さんの論文が載っていたりとか,
なかなか興味深い号のようだ。
今日は読書をひと休みして,
「古田史学会報」を読むことにしよう。

「会報」は年6回発行される。
年会費が5000円で,この会報の選集である
『古代に真実を求めて』が年1回いただける。
本当にお得な「古田史学の会」なのだ。

« 楽天キャンプ情報(2/11) | トップページ | 「聡美センセイの「御蔵島便り」~「はみだしたの大賞」への道」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天キャンプ情報(2/11) | トップページ | 「聡美センセイの「御蔵島便り」~「はみだしたの大賞」への道」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ