« 「噛むこと」の大切さ | トップページ | 日本の農業のグラフ »

2011年2月11日 (金)

楽天キャンプ情報(2/10)

沖縄・久米島キャンプ第3クール初日の10日,
選手たちはそれぞれの動きを見せた。
4人の例を紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最年長の山崎武、2軍で講演会(日刊スポーツ)

2軍選手に講演する山崎武司(撮影・蔦林史峰)

楽天最年長の山崎武司内野手(42)が講師になった。
沖縄・久米島キャンプ第3クール初日の10日、
練習後に2軍選手を相手に講演を行った。
今季で25年目を迎えたベテランは、自身のこれまでの経験を語った。
「普段、一緒にやっている仲間の前で話すのは恥ずかしかったけどね。
何か伝わればいい」と約1時間の熱弁だった。

[日刊スポーツ:2011/02/10 20:54]


マー君昨夏以来打者に投げた!(日刊スポーツ)

打撃投手としてマウンドに上がった田中(撮影・蔦林史峰)

楽天田中将大投手(22)が10日、フリー打撃に登板した。
昨夏に右大胸筋を痛め離脱して以来、打者に投げるのは初めて。
「打者への感覚を確かめました」と鉄平、牧田、聖沢に計45球を投げた。
「実戦に向けてドンドン上げていければ」と次のステップを見据えた。

[日刊スポーツ:2011/02/10 20:54]


枡田が愛の告白「いい思いを」(日刊スポーツ)

楽天枡田慎太郎内野手(23)が10日、愛の告白を行った。
沖縄・久米島キャンプで朝の散歩後に行われる「声出し」は、
この日から内野手が担当。
先頭で枡田が円陣の真ん中に進み出る
と「いつも迷惑ばかりかけている愛する妻に、
オフはちょっとでも良い思いをさせられるよう頑張ります」と叫んだ。
6年目への決意に、チームメートからは温かい拍手が飛んだ。

[日刊スポーツ:2011/02/10 09:49]


大広、目指すは「浪速のジョー」(日刊スポーツ)

楽天大広翔治内野手(28)が「浪速のジョー」を目指す。
沖縄・久米島キャンプ第3クール初日の10日、朝の声出しの時間で
「チームの優勝に貢献したい。
辰吉丈一郎のように、闘争心丸出しでいきます」と宣言。
ボクシングの世界王者のように、不屈の精神で今季に挑む。

[日刊スポーツ:2011/02/10 09:49]

« 「噛むこと」の大切さ | トップページ | 日本の農業のグラフ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「噛むこと」の大切さ | トップページ | 日本の農業のグラフ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ