« 今年度の「空き時間」の残り | トップページ | 「金八先生ファイナル」のあらすじ »

2011年2月26日 (土)

楽天情報(2/25)

楽天が対外試合5試合目にして初勝利をあげた。
これをきっかけに,ぜひ勝ち進んでいってほしい。
勝つ喜びこそスポーツにおけるカンフル剤はないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国最高左腕KO!5戦目初勝利(日刊スポーツ)

初勝利にも険しい表情でコーチ陣と握手を交わす星野監督
(右から2人目)(撮影・蔦林史峰)

星野仙一監督(64)が対外試合5戦目で初勝利だ。
25日のハンファ戦(宜野湾)を8?4で勝利した。
ハンファ先発は韓国最高の左腕柳賢振投手(23)。
最速149キロの直球で押してきた立ち上がりをとらえた。
各打者が積極的に打ちにいき、打者9人で5安打、4得点。1回でKOした。
その後も攻撃の手を緩めず押し切った。
星野監督は「ファーストストライクから積極的にいくことは非常に大事だ」と、
若手主体で勝ち取った1勝目に納得していた。

[日刊スポーツ:2011/02/25 09:30]


ノムさん孔子文化賞「説教するため論語」(日刊スポーツ)

「孔子文化賞」を受賞した野村克也氏と沙知代夫人(撮影・斎藤直樹)

楽天名誉監督の野村克也氏(75)が25日、
「野村の実践『論語』」(小学館)の著者として
孔子文化賞(財団法人日中韓経済貿易促進協会制定)を受賞した。
監督時代は論語の言葉を引用してミーティングを行っていた。
その理由について「選手に毎日説教しなくてはいけないので
論語を使わせてもらった。
野球選手は無知、無学なので論語を挟むと賢く見える」と、
あけすけに語っていた。

[日刊スポーツ:2011/02/25 21:30]


楽天ゴルゴ打線だ「3球以内勝負」命中(日刊スポーツ)

険しい表情でコーチ陣と握手を交わす星野監督(右から2人目)

最強左腕を攻略して星野楽天が対外試合5戦目で初勝利だ。
チームは25日、韓国の古豪ハンファと沖縄・宜野座で練習試合。
14安打8得点で勝った。相手先発は柳賢振投手(23)。
国際試合で日本を苦しめた本格派左腕をファーストストライクから砕き、
1回だけで5安打を集めKO。
星野仙一監督(64)が傾倒している不朽の名作
「ゴルゴ13」ばりの的中率だった。
沈黙を破った星野楽天は、
一発で獲物を仕留めるスナイパー集団に変ぼうしていた。

3球以内で…。仕留めろ…。韓国の至宝・柳賢振を打つべし…。
スナイパーたちに指令が下りた。
1回、ルイーズが先制打を放ち、なお2死満塁。
打席に向かうコードネーム「シャーパー」こと
中島の脳裏に田淵ヘッド兼打撃コーチの言葉がよぎった。
「どんどん振っていけ」。空振り、ファウルで3球目。
相棒のSSK社製メープルバット「E8タイプC」が射抜いた。
内角142キロの鉛球は左前に着弾し2点追加。
井野も右前適時打で続く。
打者一巡、単打5本の速射砲が北京五輪金メダル左腕を葬り去った。

3球以内のヒット率は13分の10、76・9%だ…。
“殺し屋”たちの司令官・田淵ヘッドは「13(サーティーン)理論」を説いた。

田淵コーチ 13本、安打が出たとしたら
、うち10本は3球目以内に打ったものである。
2ストライクに追い込まれてからは、3本だけだ。
13分の3なんだ。初球から振っていかないと。

早いカウントから仕掛ける優位性を示す確率論。
1回は5安打中4本が、全体でも14安打中12本が
3球目以内という事実が、13理論を実証していた。
2安打の枡田は「3球以内で勝負と言われています。
いつも、その意識です」。若きスナイパーに浸透してきた。

おれには昔話をする趣味はない…。
戦前「真っすぐでどんどん押してきて、チェンジアップがある」と
難攻不落を覚悟していた星野総帥だが、
実戦5戦目での1勝目に感慨はなかった。
「ファーストストライクを積極的にいくことは非常に大事だ。
みんな知らなかったんじゃないか。
彼が、韓国を代表するピッチャーだということを。
後で教えて、自信を持ってもらわないとな」と、
指令を完遂した兵を極めてクールに評した。
「ヤツは失敗しない。1発で撃ち抜く」と
「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷に心酔する。
楽天の「ヤツら」も1発で打ち抜く。
14安打の「ホシノ14」。今日の指令はオレ竜撃破だ。【古川真弥】

[日刊スポーツ:2011/02/26 10:13]

« 今年度の「空き時間」の残り | トップページ | 「金八先生ファイナル」のあらすじ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年度の「空き時間」の残り | トップページ | 「金八先生ファイナル」のあらすじ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ