« 金八先生「定年」でお別れ | トップページ | 『沢柳政太郎の生涯』読了! »

2011年1月22日 (土)

西村さんの名刺

京都で西村さん,大下さん,不二井さんの
古田史学の会の3人にお会いしたことは,
すでに書いた。

その際西村さんからいただいた名刺には驚いた。
名詞の背景に「魏志倭人伝」が印刷されているのだ。

全体は淡い緑色だが,しかも「壹」の字だけくっきりと
浮かび上がるように印刷されているので,
この名刺をもらつた人は,まずそれを話題にすることが
「義務付けられている」というわけではないが,
「話題にしない方が不自然」な仕組みとなっている。
つまりいきなり前置きなしに自己紹介から
古代史の話が始まるということだ。

つけ加えると,「魏志倭人伝」の版本は
改行のため「邪」の字が最下部に来ているのだが,
この名詞では見やすいようにそれを修正してあり,
原文が「邪馬台国」ではなく「邪馬壹国」であることが
一目瞭然となっている。

私は職業柄「名刺を持っていなくても済む
稀有な職業」に携わっている者だが,
そしてまた,その方が気楽でいいとも思っているのだが,
西村さんの名刺をいただいてからは
「こんな名刺だったら持っていたいなあ」
と思うようになってきた。

« 金八先生「定年」でお別れ | トップページ | 『沢柳政太郎の生涯』読了! »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金八先生「定年」でお別れ | トップページ | 『沢柳政太郎の生涯』読了! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ