« 昨日の部活動 1/10 | トップページ | 「ハモネプ12」最終予選(2) »

2011年1月11日 (火)

『地球の発明発見物語』

西村寿雄著,近代文藝社刊,
1600円+税の上記の本を読んでいる。

「将来,第19巻として刊行される」と
板倉聖宣さんによって予告された
「地球の発明発見物語」が,
ついに西村さんによって実現されたのだ。

内容は,ウェゲナーの大陸移動説などの
地質学の研究の進展を,
古代から時代の順に読みやすく書いたもので,
小中学生でも通読できるように工夫されている。

ぜひ学級文庫に入れて
生徒たちにも読んでもらいたいと思っている。

これを応用して,「歴史学の発明発見物語」が
書けないものかとふと思った。

« 昨日の部活動 1/10 | トップページ | 「ハモネプ12」最終予選(2) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。
徳島へは行かれなかったとのこと。
R高では当日のいくつかの講演をUstreamで
生中継いたしました。現在録画保存してVODで
ご覧いただけるようにしてあります。
よろしければご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/11962969

R高Yさんへ
コメントありがとうございます。

冬の大会に行けなかったので,
板倉講演,竹田講演などが見られてうれしいです。
素晴らしい新年のプレゼントを
ありがとうございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 1/10 | トップページ | 「ハモネプ12」最終予選(2) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ