« 2学期後半・2日目 | トップページ | 祝 30万アクセス! »

2011年1月13日 (木)

千恵さんのカナダ報告(16)

しばらくぶりに千恵さんがカナダの報告をしてくれました。
カナダの冬はどんな感じなのでしょうか?
ぜひ皆さんもいっしょにお楽しみ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生へ

お久しぶりです。
ご連絡ありがとうございます。
(注・クリスマスカード&新年のあいさつを
いただいたお礼メールを送りました)

カナダの冬の報告をしようと思っていたのですが、
引越などでご連絡がすっかりできなくてすみませんでした。

今、カナダ人の友達と一緒に住んでいるのですが、
回線につないでネットを使うのですが、
何やら電話会社に連絡したり、手続きが大変だそうで、
まだ自分のパソコンからはインターネットが使えない状況です。
友達が日本語をインストールしてくれたので、
友達のパソコンをいつも借りています。

中国人の生徒がクラスにいるのですね。
私は大学に行くまで、海外からの同級生
といのがいませんでしたから、
なんだか新鮮な感じがします。
今一緒に住んでいる友達は学生なのですが、
友達によると、こちがの学校には
インターナショナルの学生が多いだけではなくて、
先生陣もインターナショナルなんだそうです。

びっくりしたのですが、以前、インド人の先生が
教えるクラスをとっていたそうですが、
とても訛りが強くて、ほとんど聞き取れなかったそうです。
そして、そのクラスのほとんどの学生が単位を落として
問題になったことがあるそうです。

そしてすみません、こちらのメールで
カナダの冬の報告をさせていただきます。

こちらの冬は本当に寒いです。
まだマイナス40度以下に達してはいませんが、
最低気温がマイマス30度という日はすでに何日かありました。

雪が降っている日は雲が蓋の役割を果たし、
気温がそこまで寒くはならないのですが、
晴れた日ほど気温がぐっと下がります。

ただ、私は、冬でもスカッと晴れるエドモントンの空が大好きです。
そして、こちらは湿度がかなり低いので、
同じ気温でも日本のほうが寒く感じると思います。

たまにマイナス1度とか0度という時があるのですが、
そうなると「今日は何てあったかいんだろう」とすら
感じるようになってきました。
日本でそんな気温だったらもっと寒く感じているような気がします。

あと面白いなと思うことがありました。
こちらの人にとって冬の気温がマイナスなのは当たり前とのことで、
明日の天気の話をするときや、何か気温に関して言及するとき、
マイナスは付けないそうです。
逆に、たまに温かくなって気温がプラスになったときに限っては
敢えてプラスをつける、何だか寒い国ならではなんだなとおもいました。

そちらのクリスマスとお正月はいかがでしたか?
私はカナダで始めてのクリスマスとお正月を体験しました。
おそらくクリスマスはカナダで一番大きな行事だと思います。
家族・親戚が集まってみんな休暇をとります。
スケールで言うと日本の年始のそれなんではないかと思います。

ほとんどのお店が閉まっています。
私は、ホストファミリーの息子一家に招待されて、言ってきました。
何度も行っている家なのですが、
小さな村にあって、小麦畑が真前にあります。
ほとんどのカナダ人がその地名を知らないほど小さな村です。
親戚がたくさん集まってプレゼント交換をしました。
クリスマスまでは、ツリーの下にプレゼントをおいて置いて、
クリスマス当日、主がプレゼントを配り、
皆で一緒にあけるというちょっとしたイベントですね。
私もたくさんプレゼントを貰ってとても嬉しかったです。

それから、田舎の村ならではの貴重な体験をしました。
「クロスカントリースキーやらない?」と聞かれて、
やってみたいと答えたのですが、
私はどこかに行くのかと思いました。

そうしたら、スキーを靴を出してもらって、
「これ履いて」と言われました。
どうするのかと思いきや、
玄関を開けてすぐクロスカントリースキーが始まりました。

途中、近所の人に出くわしたのですが、
スキーを履いて犬の散歩をしていました。
なるほど、ここまでくると交通手段なんだとおもいました。

そのような感じでクリスマスは盛り上がったのですが、
年越しは、友達同士で集まって
ご飯を食べたり少し花火があがった程度で、
日本であればすっかり正月モードになるかと思いますが、
こちらでは元旦は静かな祝日とい感じでした。

それから、クリスマスイブの日にとても心温まることがあったので、
ぜひ報告させてください。

仕事が終わって、スーパーで買い物をして家に帰る途中のことでした。
スーパーから家までは歩いて20分程度です。とても寒い日でした。
大きな道沿いを歩いていると「プープー」とクラクションの音がしました。

どこか邪魔なところに誰かが車をとめたんだと思って、
そのまま歩いていました。
でもクラクションの音が鳴り止まないので、振り返りました。
すると、バスが私に向かってクラクションを鳴らしていたのです。
すぐにドライバーが私の横に車を着け、
ドアを開けて話しかけてきました。
「早くのりな!!」と言われました。

何が何だか分からなかったのですが、
とりあえず皆見ているのでバスに乗りました。
そしてバスパスを取り出して見せようとしました。
するとドライバーが「こんな寒い日に歩いて帰るなんて!! 
パスはいいから、このバスで温まりな」と言ってくれました。
何だかエドモントンの人の心の温かさに感動して涙が
出そうになりました。寒い国の温かい人達。
私は改めて、エドモントンが好きになりました。


まだまだ他にもいろいろと報告したいことがあります。
また追ってご連絡させていただきますね。
毎度のことですが、長くなってしまってすみません。

お身体にお気をつけて!!

近藤千恵

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千恵さんの報告を読んで,
俵万智の短歌を思い出しました。
「「寒いね」と言えば「寒いね」と答える人の温かさ」
日本でもカナダでも
人間の温かさに違いはないのですね。
ステキな話をどうもありがとう!

« 2学期後半・2日目 | トップページ | 祝 30万アクセス! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2学期後半・2日目 | トップページ | 祝 30万アクセス! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ