« 世界バレー(女子)第3戦~アルジェリア | トップページ | 「社会の科学ことば事典」の会議 10/31 »

2010年11月 1日 (月)

『ととのいました!』

「おやこで「脳活」!なぞかけドリル」という副題で,
Wコロン(ねづっち+木曾さんちゅう)が書いた
上記の本を入手した。

前著『なぞかけで「脳活」!』も
(東邦出版,1200円)
なぞかけの魅力を伝える素晴らしい本だったが,
小中学生には少々難しい内容ではあった。

今回はその小中学生がターゲットだ。
わかりやすいドリル式になっていて,
段階を踏んでスモールステップで
なぞかけをトレーニングできるようになっている。

たとえば,次のようなステップで構成されている。

(1) 共通ワードを考える
(2) 同じことばを考える
(3) 動詞をさがし出す
(4) 同音異義語をさがす
(5) なぞかけをつなぐ

(6) なぞかけを考える
(7) なぞかけをととのえる/初級編
(8) なぞかけをととのえる/中級編
(9) なぞかけをととのえる/上級編

学級文庫に置いて生徒たちに読んで
もらうのもいいと思うし,
自らの「脳活」に使うのもいい。

東邦出版,952円+税。

« 世界バレー(女子)第3戦~アルジェリア | トップページ | 「社会の科学ことば事典」の会議 10/31 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界バレー(女子)第3戦~アルジェリア | トップページ | 「社会の科学ことば事典」の会議 10/31 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ