« 昨日の部活動 11/3 | トップページ | 世界バレー(女子)第5戦~セルビア »

2010年11月 4日 (木)

早大が優勝

50年ぶりの早慶戦による優勝決定戦は,
慶応の先発投手・竹内を徹底した右打ちで打ち崩し,
早大の先発・斉藤佑の快投(7回まで無安打)もあって
一方的な勝利で終るかに見えた。

しかし,野球の神様は8回裏に斉藤に試練を与えた。
先頭打者を三失で出塁させると,
この回5安打を集中され,慶応が3点を返したのだ。
なおも,二死二三塁のピンチで,打者は4番の伊藤。
ここで中越え3塁打が飛び出し,7ー5となる。

二死三塁となったところで,さすがに投手交代。
大石が5番松尾を三振に打ちとってチェンジにした。

ここで慶応は投手登録の選手を使い切り,
もともと野手の急造投手でしのぐ。
しかし,これはやはり無理というもので,
早大が3点を追加し,セーフティーリードにした。
(10ー5)

今後斉藤佑投手(早大100代目の主将)は,
大学選手権を経てプロ野球(日本ハム)に入団する。
大石(西武),福井(広島)とともに,
その活躍を私は祈る。

今回「これは何かありそうな試合だ」と考え,
ビデオ録画の上視聴したが,
斉藤佑の7回までのノーヒットノーラン
までは予想できなかった。
また,8回に彼をノックアウトした
慶大打線も見事だった。

さらに,ここで3時間の放送時間が切れ,
BS2に移動してしまったため
私の録画が尻切れとんぼに終ってしまった。
まさしく「早計」戦であった。

« 昨日の部活動 11/3 | トップページ | 世界バレー(女子)第5戦~セルビア »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 11/3 | トップページ | 世界バレー(女子)第5戦~セルビア »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ