« 浦和仮説サークル2010年11月例会 | トップページ | 世界バレー(女子)~アメリカを破り,32年ぶりのメダル獲得! »

2010年11月15日 (月)

『野村の「監督ミーティング」』読了!

橋上秀樹著,日文新書,780円の
上記の本を読み終わった。

以前にも野村監督に関する本は何回か紹介したが,
監督を担任,選手を生徒と置き替えると
教育にもすぐ当てはまるので,
読んでいてわかりやすいのだ。

特に橋上氏はヤクルト,阪神,楽天で,
選手およびコーチとして
合計12年間野村監督の薫陶を受けているので,
説得力が違うといえるだろう。

本書は全部で4つの章から構成されている。

第1章 人生を教える「監督ミーティング」
第2章 組織を伸ばす野村のボヤキ術
第3章 一流になる自分のみがき方,人の伸ばし方
第4章 野村監督に教えられた指導者論

具体的な選手や監督の名前が出てきたりして
ちょっとドキっとするところもあるが,
本当に本人はそう思っているのだから
しょうがないかな。

本書を通して感じることは,
(1) 「変化すること」を恐れるなということ。
(2) 「言い訳は進歩の敵」だということ。
(3) スポーツマンであるだけでなく,
 人間として尊敬される人になれ。
ということだろうか。

なお,中日の落合監督も野球の話が大好きで,
交流戦などの際には試合前に監督室で
談笑していることもあるという。
あまり知られていないが,
2人とも本当に野球が好きなんだなあと思った。

005_2

« 浦和仮説サークル2010年11月例会 | トップページ | 世界バレー(女子)~アメリカを破り,32年ぶりのメダル獲得! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦和仮説サークル2010年11月例会 | トップページ | 世界バレー(女子)~アメリカを破り,32年ぶりのメダル獲得! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ