« 壮行試合 | トップページ | 「渡る世間は鬼ばかり」最終シリーズ »

2010年10月14日 (木)

初めての朝練と「最初で最後の体育館」

昨日は初めての朝練と体育館練習だった。

【初めての朝練】

40分間を20分ずつ,声出し&パート音確認と
合わせに使った。
「朝の力が本当に力」という言葉があるが,
あとわずかの練習の差で「賞状の有無」
「順位の差」が出てしまうのに,
何と欲のないことか。
まだ「この地球のどこかで」との間に
距離があるのかなあ。
歌い込んで歌い込んで
自分たちのものにしていく手法は,
もう生徒たちには別世界のものなのなのか。
あるいは,体育祭を持てる能力で
カバーしてしまった彼らには,
努力の積み重ねの意味がよくわからないのか。
いずれにしても,私はあと3回の朝練を
無駄にしてはならじと思っている。

【放課後の体育館練習】

これはもう「後でビデオを録画するだけ」と
自分のやることが明確なだけに,
2回分(15分で2回とは情けないが)収録し,
教室に戻って3回再生した。
アップしておくと注目すると思ってやってみたら,
その通りだった。
体育館の後ろから録画すると
声量的に足りない(本番は1000人の人間に
音が吸収される)ということ。
もっとハモネプのように自由に表現しないと,
聴いている人たちにもアピールできないこと。
等々を確認した。

音楽のТ先生にも,
「何回もスタートのところを
練習するようにして下さい」
とありがたいアドバイスをいただいた。
やはりどの曲でもスタートが肝心だ。
「自分たちの歌の大きさを規定してしまう」
という点で,もっと意識してよい。

あと,ピアノを使える部屋は2回。
本日の第1音楽室と前日月曜日の武道場だ。
こういう「生演奏」の機会にこそ
自分たちのパフォーマンスができることを,
本日以降追求していきたい。

« 壮行試合 | トップページ | 「渡る世間は鬼ばかり」最終シリーズ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 壮行試合 | トップページ | 「渡る世間は鬼ばかり」最終シリーズ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ