« 『古代ローマ人の24時間』 | トップページ | ドラフト会議2010 »

2010年10月28日 (木)

できないこと以外はできるのだ

昨夜九想さんとのオフ会から帰って,
(とても楽しかったです!)
「ザ・ペストハウス123」のドキュメントを観た。

「生まれつき手足の無い少女が
チアーリーダーに」という特集だった。

感動的な番組だった。
ビデオにも録画したので,
いつか生徒たちに見せたい。

生徒たちには障碍に対しての偏見が
少なからず存在する。
その突破口になればと思う。

先ほど「手足がない」と書いたが,
佐野有美さんには左足(指は3本)があった。
その足を器用に使い日常生活を送っていった。
お母さんの「特訓」は彼女に生きる希望を与え,
その能力を身につけさせていった。

もちろん順風満帆というわけにはいかない。
小学校入学に際しては,
教委の「前例がない」という壁に突き当たる。
高学年ではいじめにも会う。

しかし,親子は困難を乗り越え,
中学・高校へ進学した。
高校ではチアリーダー部に所属し,
最後の発表会では演技もした。
(顧問の先生と仲間の存在が大きかった)

今彼女(現在20歳)は就職も果たし,
OLとして事務の仕事をこなす。
ワープロだって3級の資格を取得している。

この番組を観て思ったのは,
「やろうとすればたいていのことはできる」
(やれないこと以外はできる)
ということだ。
やろうという気持ちがなければ
やれることもできないのだから。

そういう勇気を与えてくれる
素晴らしい番組だったと思う。

« 『古代ローマ人の24時間』 | トップページ | ドラフト会議2010 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『古代ローマ人の24時間』 | トップページ | ドラフト会議2010 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ