« 11/27(土)に狭山経済高校杯 | トップページ | もっと強く »

2010年10月21日 (木)

「嵐本」の善意と経済法則

流出した「嵐本」がネットオークションで
8万円の値段がついたという。

私は「やはり出たか」と思った。
これは観光庁が「嵐の善意に対して失礼」
と言おうがどうしようが,
需要と供給の問題なのである。

本当に「日本の良さ」を知らせたいなら,
若いファンが手の届く数千円程度で
発売する方が余程健康的であるし,
経済法則にもかなっている。

だいたい無償で二冊ずつ寄贈された
全国の学校の方だって困っているのだ。
生徒には見せてあげたいが,
もし「熱心なファン」に持ち去られたら
責任問題だからである。

定価でもついていればいくら弁償すればいいか
かんたんに分かるけれど,
定価がついていないのだから,
ついている以上に責任を感じるのが
人の常だから。

結果,「嵐本」は厳重な管理の下に置かれ,
「嵐の善意」は全国の学生たちには
あまり通じることにならないというのが,
私の予想である。

嵐の皆さんへ
今からでも遅くはないから,
定価3000円位で売ってくれませんか?
ファンもお小遣いで買えるだろうし,
私も学級文庫に入れることを
約束しちゃいますよ。

« 11/27(土)に狭山経済高校杯 | トップページ | もっと強く »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/27(土)に狭山経済高校杯 | トップページ | もっと強く »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ