« 授業プラン〈日本の災害の歴史〉 | トップページ | 新米 »

2010年9月30日 (木)

「洛中洛外日記」の出版構想

先ほど「新・古代学の扉」を訪問したら,
「古賀達也の洛中洛外日記」に
(9月26日現在,283話まで)
上記の話題が出ていた。

この「夢ブログ」でも時々
転載させていただいているが,
古賀さんの古代史情報は鮮度が高く,
刺激の多いものが少なくない。

また,出版されるということで,
今までとは違う人たちの目に触れる
という可能性もある。
私はこの出版に大賛成である。

ところで,以前話題が出た『九州年号の研究』は,
その後どうなったのだろう?
インパクトという点では,
これ以上ないものだと私は思うのだが・・・。

« 授業プラン〈日本の災害の歴史〉 | トップページ | 新米 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。古田先生の講演でお会いした笠原です。
初めての講演会で、面識の無い方々の中でとまどっていたのですが、
気さくに話しかけてくださり、ありがとうございました。
学校の先生という同じ職種の方でしたから一層親近感もありました。
またいつか古田先生の講演などに行った時は宜しくお願いします。

笠原さんへ
コメントありがとうございます。

お母様にはだいぶ前から研究会でお世話になっていましたが,
学校の先生をしている息子さんがいて,
ご本人とお知り合いになれるとは思いませんでした。
とてもうれしいです。

古田先生は「汲めども尽きぬ泉」のような方です。
これからも大いに学んでいきましょう。
今後ともよろしくお願いします。

「新・古代学の扉」というサイトを
「お気に入り」に入れておくと便利ですよ。

「洛中洛外日記」お褒めに預かりありがとうございます。
「九州年号の研究」も鋭意編集中です。
現在、ミネルヴァ書房からの第一校を待っているところです。
もう少し、お待ちください。
古田先生の原稿も新たに頂き、収録します。

古賀達也

古賀達也さんへ
コメントありがとうございます。

古田先生からも原稿いただいたとのこと,
本当に楽しみです。
古賀さんの今までの雑誌の論文を収録した本も,
ぜひ出版していただきたいと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業プラン〈日本の災害の歴史〉 | トップページ | 新米 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ