« 千恵さんのカナダ報告(11) | トップページ | 昨日の部活動 9/18 »

2010年9月19日 (日)

平均寿命と平均余命

フジテレビに出演した精神科医の和田秀樹氏が
上記のことについて分かりやすく説明していた。

「日本人の平均寿命は世界一となった」などと
よく間違って言われるが,
平均寿命とは,その国のすべての人の
年齢を足してその人数で割ったもので,
まったく違うものである。

日本や西欧諸国・・・45
米国・・・35
アフリカ・・・25
などとなる。
(米国は意外に「若い国」!)

それに対して,「今0歳の人が何歳まで生きられるか」を
推定したものが平均余命で,
よく平均寿命と間違えられるものだ。
これだと日本人の男性が79歳,女性が86歳で,
まさしく「世界一の長寿国」ということになる。

世界一の長寿国と言われるのはうれしいが,
長く生きることが幸せにつながるような
仕組みができていないと,
ある意味「不幸」になりかねない。
日本は高齢者にとって幸福な国?不幸な国?

« 千恵さんのカナダ報告(11) | トップページ | 昨日の部活動 9/18 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千恵さんのカナダ報告(11) | トップページ | 昨日の部活動 9/18 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ